2011年5月 2日 (月)

磐梯熱海温泉 四季彩 一力(4)

さて、食事篇。

Imgp8658場所は食事処にて。
時間は18時30分をチョイス。

8660献立表です。
温かいものはタイミングを計って後出しで。
品数こそ少な目ですが手抜きはありませんでした。

Imgp8665お酒は地酒の「榮川(エイセン)」をチョイス。


お料理はこんな感じ。Imgp8664先附 桜豆腐。

Imgp8662お造りは鯛、カンパチ、海老の三種盛り。
新鮮でした。

Imgp8668焼き物。海老グラタン風。
洋皿ですが香ばしくて美味しかったです。

Imgp8669温物
茶碗蒸し。アツアツでした。

Imgp8671揚げ物は揚げたてを。
海老真丈と山菜(ふきのとうなど)。

Imgp8667メインの鍋物は
川俣シャモつみれ鍋。
コリコリとした食感、コラーゲンたっぷりで美味しく頂きました。

Imgp8672ご飯は郡山産「あさか舞コシヒカリ」使用。
留椀は赤だし、と地元色を活かしています。

品数の少なさを感じさせない食材とお料理の巧を感じました。



翌朝、朝食も同じ場所です。Imgp8674お膳はこんな感じ。
味、ボリュームともまずまず満足できました。

復興支援プランの中にはとかく食事がイマイチの場合が多いと聞きますが、こちらの宿は概ね満足できるレベルでした。

磐梯熱海温泉はやわらかな泉質が「美人の湯」として有名です。
今風評被害で福島県のお宿はどこも大変な状況です。
この機会に是非出かけてみて下さいね。

磐梯熱海温泉 四季彩 一力さんの楽天トラベル宿情報


磐梯熱海温泉 四季彩 一力さんのじゃらんnet宿情報


blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

磐梯熱海温泉 四季彩 一力(3)

Imgp8645さて、お風呂へ。
今回は混んでいたので女湯側の撮影は無し。
男湯のみでご容赦を。

源泉は「姫肌の湯」と呼ばれるほど美肌効果が高く、無色・無臭・透明な単純温泉。男性大浴場の「雪ぼうし」には、サウナ、露天風呂の他に、源泉の違う内湯が2つあり、その1つが37度の「ぬる湯」。一力が源泉を所有する古くからの名湯だそう。

Imgp8675

Imgp8646

Imgp8676 Imgp8677

こちらが脱衣所。なぜか2箇所ありました。

Imgp8648大浴場の様子。いわゆる「あつ湯」です。

Imgp8649一部循環らしいですが塩素臭は皆無。トロリとした泉質で肌に優しい感じのお湯。

Imgp8651こちらが「ぬる湯」側の小さめの浴槽。そのままではかなりぬるめなので「あつ湯」側と一部繋がっていて程よいぬるさ。ゆっくり浸かることで体が内側から温まります。

Imgp8650

Imgp8680洗い場は片側に7箇所と充分。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。
サウナも左右2箇所あり。

Imgp8682 もう一方の内湯はやや狭い三角型の木枠の浴槽。こちらも「ぬる湯」でしたが適温。塩素臭は無し。

Imgp8684 左右の内湯浴室から出入りできる露天は真ん中で繋がっています。
中2階の場所にありながら開放感ある造りです。

Imgp8647

Imgp8687泉質表示(それぞれの脱衣所にあったものを併記)

源泉名 郡山市営第1号泉 第4号泉 第7号泉統合泉
泉質 単純泉 
53℃(源泉)
pH 9.40


源泉名 保護組合泉
泉質 単純泉 
33.1℃(源泉) 29℃(浴槽)
pH 9.28

後者が宿自慢の「ぬる湯」といわれる源泉。
「ぬる湯」は100%源泉掛け流しだそうです。


次回は食事篇を。

磐梯熱海温泉 四季彩 一力さんの楽天トラベル宿情報


磐梯熱海温泉 四季彩 一力さんのじゃらんnet宿情報


blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

磐梯熱海温泉 四季彩 一力(2)

Imgp86356畳の次の間からみた12畳のお部屋です。広いですねぇ。

Imgp8642部屋の玄関はこんな感じ。

Imgp8626浴衣、タオル大小、歯磨きセットなど。

Imgp8633洗面ドレッサーが2つあるパウダーコーナー。

Imgp8628 Imgp8625

(左)廊下も畳敷きです。(右)クローゼット。

Imgp8630Imgp8634(左)トイレはウォシュレット付き。(右)バスルーム付き。

Imgp8631Imgp8643(左)冷蔵庫は自動計算式。 下側に若干スペースあり。(右)6畳の部屋にある金庫。

次回はお風呂へ。。

磐梯熱海温泉 四季彩 一力さんの楽天トラベル宿情報

磐梯熱海温泉 四季彩 一力さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

磐梯熱海温泉 四季彩 一力(1)

Imgp8691磐梯熱海温泉は初めてです。今回お世話になったのは「四季彩 一力」さん。大正7年創業という老舗のお宿。大きな施設です。
今回利用したプランはじゃらんネットの 【がんばろう福島プラン】というもの。

Imgp8655ロビーラウンジの様子。
チェックイン時のスタッフ対応は明るくスムーズでしたが節電のためか照明暗めでBGMも無しでした。

Imgp8657ロビーの一角にはインターネットルームが2室あり無料で利用可(LANケーブル、電源完備、パソコンは持参)。

さて、お部屋へ。Imgp8623部屋は12畳+6畳+広縁付きの豪華な和室でした。

Imgp8624別角度から。テレビもデジタル液晶32インチ。

Imgp8627こちらは6畳の次の間。大家族で泊まる時など便利かも。
こちらにも小さめながらデジタル液晶テレビ、下の扉は金庫です。

Imgp8637広縁スペースも広めです。

Imgp8690部屋からは、宿自慢の日本庭園「水月園」が一望できます。

Imgp8636お茶請けは「山塩ようかん」でした。

次回もお部屋の紹介です。
続く・・。

磐梯熱海温泉 四季彩 一力さんの楽天トラベル宿情報

磐梯熱海温泉 四季彩 一力さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

三春の滝桜 2011

先週の土日(4月24、25日)、こんな時だからと思い立ちETC1000円を利用して福島観光に行って来ました。
まず日本三大桜の一つという「三春滝桜」へ。

Imgp8596例年だとピーク時は3、4時間渋滞も珍しくないという事でしたが、震災の風評被害の影響か、船引三春インターからスイスイ来れて駐車場にもすんなり入れました。

Imgp8598

Imgp8601

Imgp8603

Imgp8621人出はソコソコの賑わい。生憎の小雨模様でしたが満開の桜を楽しめました。


ちなみに滝桜情報はこちらから。

三春滝桜 takizakura.com - 三春の滝桜 観光・開花情報サイト


次回は磐梯熱海温泉の「四季彩 一力」さんをご紹介。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

おとぎの宿 米屋(7)

Imgp6225翌朝の朝食会場「食の杜ダイニング」。
ここは全て低めにしつらえられたイス席です。
このイス、座る際にくるりと回転して楽ちんでした。

Imgp6226

Imgp6227

その名の通り元々がお米屋さんだっただけあってご飯には拘りが。
朝食の時間に合わせて炊き上げる「釜炊きご飯」は絶品。
専任の仲居さんがよそってくれます。

Imgp6229お膳はこんな感じ。

Imgp6230Imgp6228

Imgp6233

Imgp6234

Imgp6235

Imgp6236

それぞれ素材に拘ったお料理で品数も少なからず。ご飯はもちろん他のお料理も文句なしの美味しさでした。

美味しいお料理、知る人ぞ知る素晴らしいお湯、スタッフさんの気さくでフレンドリーなおもてなし。どれをとっても評判に違わず満足度高い宿です。日常を離れ本当に心地よいひとときを過ごす事が出来ました。また来たいです。

おとぎの宿 米屋さんの楽天トラベル宿情報

おとぎの宿 米屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

おとぎの宿 米屋(6)

さて、米屋さんの夕食。

Imgp6193個室スタイルの食事処「森のことば」にて。

Imgp6199献立表はこんな感じ。
おとぎ話になぞらえた会席膳です。今回のテーマは「シンデレラ」。

Imgp6197専任の仲居さんがお給仕の時もずっと付いてくれます。
お料理の説明もシンデレラのお話もバッチリでした。
途中自分が手元を誤ってステーキを囲炉裏に落としてしまったんですが彼女の機転で直ぐ代わりを用意してくれて事なきを。
キュートで気さくな方でした。

以下一品づつを。
Imgp6195

Imgp6200

Imgp6203

Imgp6202

Imgp6204

Imgp6205

Imgp6207

Imgp6209

Imgp6211

Imgp6212

Imgp6216以上、ガラスの靴をあしらったデザートまで。
順番が前後してるかもしれませんが悪しからず。

全てのお料理がどれも手が込んでいて大変美味しかったです。
加えてストーリーがあって大変楽しかったですね。

Imgp6218最後にお夜食用のおむすびまで用意してくれました。

Imgp6222部屋に戻るとお布団が用意してありました。
このお布団軟らかすぎず硬すぎずとても寝心地が良かったです。

次回は朝食篇を。

おとぎの宿 米屋さんの楽天トラベル宿情報

おとぎの宿 米屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

おとぎの宿 米屋(5)

さて、続いて女湯へ(カミサン撮影です念のため・・)。

Imgp6238脱衣所の様子です。

Imgp6239パウダーコーナーはアメニティ充実。

Imgp6240 タオルも大小常備してます。

Imgp6241内湯の様子。規格は男湯同様で広いです。

Imgp6246朝は光が差していい感じです。

Imgp6247洗い場もカラン多数有り。

Imgp6248シャンプー類のアメニティも充実してます。

Imgp6245

Imgp6244露天はこんな感じ。緑が豊富で開放感ありました。


お湯が本当に素晴らしいです。
トロ~リとした泉質は湯上がりすべすべでした。

次回は食事篇を・・。

おとぎの宿 米屋さんの楽天トラベル宿情報

おとぎの宿 米屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

おとぎの宿 米屋(4)

さて、お風呂へ。

Imgp6160まずは男湯からご紹介。

Imgp6161 Imgp6164

Imgp6168Imgp6169脱衣所の様子。
パウダーコーナーも充実。
湯上りの冷水やタオル大小も完備されていました。

Imgp6170広い大浴場の内湯。

Imgp6185 Imgp6184 手前側は寝湯になっています。
温度管理もしっかり。42度前後になってました。

Imgp6172サウナもあり。

Imgp6171洗い場も充実。

Imgp6175露天へ。

Imgp6181 Imgp6182 屋根付の露天は適温でとても心地よいです。
内湯露天とも源泉掛け流しでほんのりとアブラ臭のするトロリとしたウナギ湯系です。正直ここのお湯がこれほどとは思ってもみませんでした。

Imgp6165泉質表示。
源泉名 ホテル米屋温泉
泉質名 アルカリ性単純温泉
泉温 51.6℃ pH 8.7 

毎分550リットル湧き出るという米屋さんの源泉はなめらかな化粧水のようなお湯でした。

Imgp6155帰りに中庭にある足湯に立ち寄りました。

Imgp6159飲泉処もあり。くせのない飲みやすいお湯です。

次回は女湯側を。

おとぎの宿 米屋さんの楽天トラベル宿情報

おとぎの宿 米屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

おとぎの宿 米屋(3)

さて、お部屋紹介後半です。
Imgp6131ミニバーコーナーも充実してます。
湯沸しポット、お茶、コーヒーメーカー(コーヒーもあり)

Imgp6130Imgp6148冷蔵庫の中身はすべてサービスだそうです♪

Imgp6139 こちらはパウダーコーナー兼脱衣スペース。

Imgp6138 ドライヤーや化粧水などアメニティは充分です。

Imgp6135部屋のお風呂はベランダに面して開放感に溢れる半露天タイプ。

Imgp6137もちろん100%源泉掛け流しです。
源泉温度が51.6度と熱めなので自分で温度調整。
単純アルカリ泉ですが微かにアブラ臭が香るトロリとした泉質。
とても好きなタイプのお湯です。
Imgp6136シャワー付のカランにはシャンプー、コンディショナー、ボディソープが。

Imgp6134ベランダの様子。風呂上りにウッドデッキで和むも良し。

次回は大浴場へ。。

おとぎの宿 米屋さんの楽天トラベル宿情報

おとぎの宿 米屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

九州>大分・別府・湯布院 | 九州>熊本・阿蘇・黒川 | 九州>福岡 | 北陸>石川>加賀・小松 | 北陸>石川>金沢 | 北陸>福井>三国・あわら | 東北>宮城>仙台・秋保・作並 | 東北>宮城>松島・塩竈 | 東北>宮城>白石・蔵王 | 東北>宮城>石巻・気仙沼 | 東北>宮城>鳴子・大崎 | 東北>山形>尾花沢・新庄・東根 | 東北>山形>山形・天童・上山 | 東北>山形>月山・寒河江 | 東北>山形>米沢・置賜 | 東北>山形>酒田・鶴岡 | 東北>岩手>奥州・金ケ崎 | 東北>岩手>安比・八幡平 | 東北>岩手>平泉・一関 | 東北>岩手>盛岡 | 東北>岩手>県北・沿岸部 | 東北>岩手>矢巾・紫波・滝沢 | 東北>岩手>花巻 | 東北>岩手>西和賀・北上 | 東北>岩手>雫石 | 東北>福島>いわき | 東北>福島>会津 | 東北>福島>猪苗代>表磐梯 | 東北>福島>相馬 | 東北>福島>福島・二本松 | 東北>福島>裏磐梯・磐梯高原 | 東北>福島>郡山・磐梯熱海・須賀川 | 東北>秋田>大館・鹿角・八幡平 | 東北>秋田>横手・湯沢・鳥海 | 東北>秋田>田沢湖・角館・大曲 | 東北>秋田>秋田・白神・男鹿 | 東北>青森>下北・三沢・八戸 | 東北>青森>弘前・黒石・大鰐・碇ヶ関 | 東北>青森>津軽西海岸・津軽半島 | 東北>青森>青森・八甲田・十和田 | 東海>岐阜>岐阜 | 東海>愛知>名古屋・小牧・知多 | 東海>静岡>伊豆 | 海外 | 甲信越>新潟>瀬波・村上・岩船 | 近畿>和歌山>南紀 | 関東>千葉>勝浦・鴨川 | 関東>東京 | 関東>栃木>那須 | 関東>群馬