2016年12月14日 (水)

弘前市 レストラン山崎

弘前に行ったならランチはやはりフレンチで、という事で今回お邪魔したのは、フランス料理の街ひろさきを代表するお店の一つ「レストラン山崎」さんへ。

Img_1579正面はこんな感じ。
街中のメインストリートから一本左に辻を折れたところにあります。
駐車場は右下の入り口から階下に。





Img_1580入り口に本日のサービスランチが掲示されています。
今日はこれにしようかな(^O^)/




Img_1593店内の様子。





Img_1584テーブルの様子。





Img_1585<スープ>
家の畑のかぼちゃのスープ エダムチーズ味




Img_1588長谷川自然牧場産熟成豚骨と丸鶏のガーリックブイヨンスープ 白と黒のニンニク風味

(または木村秋則さんの自然農法栽培りんごの冷製スープ ※+540円)





Img_1589<メーンディッシュ>
長谷川自然牧場産熟成豚ロースソテ- じゃがいも マルサラ酒風味のソース

(または 津軽海峡産釣りタラと白子のムニエル サフラン風味のソース※+540円)
※一部追加料金あり。




Img_1592<デザート>
チーズとムースとベリーいろいろ



Img_1594<コーヒー又は紅茶>

サービスランチとはいえ本格フレンチのコース料理で大変おいしかったです。



レストラン山崎

弘前市親方町41
TEL:0172-38-5515
FAX:0172-35-1236

営業時間
11:30~14:00(L.O)
17:30~20:30(L.O)
定休日:月曜日

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

星野リゾート 界 津軽(6)

さて、朝食篇です。
Img_1530場所は前夜と同じ「折鶴」にて。






Img_1531テーブルの様子。





Img_1533献立表です。





Img_1540こちらは「小雪」にちなんだ朝の一品。





Img_1541朝食膳。
品数も豊富で大変おいしかったです。






Img_1548デザートのりんごは地元産の「サンふじ」でした。




Img_1578お世話になりました。
星野リゾートのおもてなしスタイルを堪能させていただきました。

星野リゾート 界 津軽さんのJTBトラベル宿情報

星野リゾート 界 津軽さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

星野リゾート 界 津軽(5)

さて、夕食篇です。

Img_1491場所はダイニングラウンジ「折鶴」にて。



献立表です。
Img_1493「季節と地域にこだわった食材を、ときに伝統的に、ときに革新的な調理法で。」だそうです。




以下お料理をアップで。
Img_1495大間のまぐろ 羽二重づくり




Img_1497八寸 蟹と菊花の砧巻き 
    フォアグラ干し柿
    寄せ豆乳 春菊味噌 八方だし
    小松菜と焼き椎茸のお浸し
    鴨燻製とりんごの串
    鮭煎餅 アーモンド
    ずいきの土佐和え
    くずし茄子 とんぶり 飛び子


Img_1501お椀 南京のすり流し
      大根餅の揚げ出し
      棒蟹 絹さや



Img_1504お造り 界津軽流 お造りの取り合わせ




Img_1507揚げ物 白魚のけんちん揚げ
      野菜天婦羅 抹茶塩 レモン




Img_1508蓋物 茄子と鶏そぼろの博多蒸し
       菊花餡 トマト味噌 



Img_1515台の物  鮑の包み焼き 肝だれ




Img_1511または  和牛を陶板焼きで堪能する一皿





Img_1520食事  白飯
     止め椀 香の物





Img_1522甘味  界津軽特製 淡雪チーズ りんごソース




Img_1524または、 冬のおすすめ 林檎のデザート
(以上2種のほか、ほうじ茶のクリームブリュレも選べます)



地域の食材を要所に使った創作会席膳。
お料理はタイミングよく運ばれてきてスタッフの対応も良かったです。





Img_1528夕食の後、ロビーにて壁画の前で津軽三味線のライブ演奏がありました。
素晴らしかったです


次回は朝食篇です。

星野リゾート 界 津軽さんのJTBトラベル宿情報

星野リゾート 界 津軽さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

星野リゾート 界 津軽(4)

Img_1551翌朝女湯側へ(カミサン撮影)。





Img_1562脱衣所の様子。
カギ付きロッカーあり。




Img_1554パウダーコーナーはこちら側もアメニティ充実。洗顔ソープにクレンジング、化粧水、乳液、ボディーローションなどなど。





Img_1557浴室内へ。





Img_1560入って左手にサウナあり。





Img_1574洗い場の様子。





Img_1558浴槽はこの時期期間限定のりんご風呂に。
「こぎん刺し」模様のシートでパテーションされていています。






Img_1568シートの向こう側へ。。





Img_1565こちらは窓がちょっとだけ開けられた状態でした。





Img_1570窓越しに庭園を望みながらりんごの香りに癒されました。






Img_1448温泉分析書。

源泉名 萢頭源泉
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 68.6℃
pH値 7.7
メタケイ酸 74.2
加水あり、加温あり、循環ろ過あり、塩素投入あり。





次回は夕食篇です。

星野リゾート 界 津軽さんのJTBトラベル宿情報

星野リゾート 界 津軽さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

星野リゾート 界 津軽(3)

さて、お風呂へ。
Img_1443大浴場は「古代檜の湯」。男女別の内湯のみで入れ替えはなし。




Img_1444まずは夜に入った男湯側。






Img_1446脱衣所の様子。
カギ付きロッカーあり。



Img_1445パウダーコーナーはアメニティ充実。
バスタオルやフェイスタオルも用意されてます。

浴室内へ。
Img_1473入って右手にサウナあり。





Img_1474洗い場の様子。






Img_1454浴槽はこの時期期間限定のりんご風呂に。
泉質は「ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」。
循環、塩素投入ありですが、檜の浴槽にりんごの香りでさほど気になりません。



Img_1457そして「こぎん刺し」模様のシートで仕切られていました。



Img_1455浴槽脇にはお酒も用意されていてます。





Img_1469シートで仕切られた向こう側に行くと・・。
窓を全開にして人口池を望む半露天仕様になっていました。




Img_1463池の周りがライトアップされていて中々幻想的な雰囲気。
雪化粧を施された庭園を眺めながら、りんごが浮かぶ古代檜の湯で贅沢な雪見酒も楽しめました。




Img_1447古代檜の湯の由来が掲示されています。






Img_1475湯上りにはビールやソフトドリンクも用意されていました。



次回は女湯側です。

星野リゾート 界 津軽さんのJTBトラベル宿情報

星野リゾート 界 津軽さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

星野リゾート 界 津軽(2)

さて、お部屋へ。
今回お世話になったのは「津軽こぎんの間・和室二間」。
当初は一番リーズナブルに泊まれるプランで予約したのですが、お部屋に空きがあり、宿のご厚意でグレードアップして頂けました。
Img_1529こちらは部屋の入り口に置かれた「津軽こぎん刺し」のあしらい。




Img_1416こちらが主室の和室12.5畳。




Img_1423青森の伝統工芸「津軽こぎん刺し」をプロデュースする青森県出身のkoginアーティスト・山端家昌氏とともに、津軽こぎん刺しの魅力をふんだんに盛り込んだお部屋だそう。



Img_1437障子にも「こぎん刺し」の模様があしらわれています。





Img_1420テーブルの様子。
キーは2つ。ミネラルウオーターはサービス。




Img_1486テレビは22インチ。BSチャンネルも映ります。





Img_1487チェックアウトが翌日昼12時までと長めなのでDVDプレーヤーをお借りしました。空きがあればフロントで無料で借りられます。




Img_1422次の間6畳です。
文机と姿見、行灯が用意。



Img_1431パウダーコーナーへ。
トイレは温水洗浄機能付き。





Img_1432洗面ボウルは2つ。
備え付けのアメニティは石鹸、洗顔ソープにクレンジング、化粧水、乳液、ボディーローションまで。至れり尽くせり。
持って帰れるアメニティセットがあり、中身は歯ブラシセットやコットン、麺棒、ブラシ等。




Img_1435使いませんでしたがユニットバスも備え付け。





Img_1426クローゼット。
羽織、浴衣、帯、湯足袋など。






Img_1428反対側には金庫あり。





Img_1429水屋周り。





Img_1430下には冷蔵庫あり。




次回はお風呂へ。

星野リゾート 界 津軽さんのJTBトラベル宿情報

星野リゾート 界 津軽さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

星野リゾート 界 津軽(1)

Img_1404青森県は大鰐温泉にある「星野リゾート 界 津軽」にお泊りしてきました。
(2016/12/06)



Img_1406玄関前。

かつては「南津軽 錦水」という高級旅館でしたが、2011年に旅館のオーナーが運営を星野リゾートに委託したそうです。





Img_1408人工池に掛かるシースルーのお洒落な渡り廊下を抜けてロビーへ。





Img_1409ロビーの壁面一面に飾られているのは加山又造画伯の「春秋波濤」という作品。5月の桜、秋の紅葉、そして津軽の荒波を現したものだそうです。




Img_1413こちらで、ウェルカムドリンク(シードル)を頂きながらゆったりとチェックイン。





Img_1478ラウンジの一角にはドリンクコーナーも。
コーヒーなどが滞在期間中フリーで頂けます。




Img_1480こちらは売店コーナー。
特産のりんごジュースや地酒、奥には津軽塗など青森のおみやげ品が。





Img_1550「浮舟」。
トラベルライブラリーがあります。





Img_1441開放的なガラス張りの二重天井で設えられた廊下。
間接光を活かしたモダンな作りです。

次回はお部屋をご紹介。

星野リゾート 界 津軽さんのJTBトラベル宿情報

星野リゾート 界 津軽さんのじゃらんnet宿情報


blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

羽州路の宿 あいのり(6)

朝食篇です。
Img_3961朝食は大広間にて。






Img_3970お膳はこんな感じ。




Img_3964ハーフバイキングでサラダやヨーグルトなど。




Img_3975食後はコーヒーも。





Img_3913お世話になりました。
「赤湯」はもちろん、この季節ながらの雪見露天も楽しめました。
食事もおいしかったです。

羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

羽州路の宿 あいのり(5)

夕食篇です。
Img_3847夕食膳は部屋食でした。リクエストした時間(17~20時)にスタッフさんが運んでくれます。



Img_3850献立表はありませんが、こちらが「花コース膳」。








お料理をアップで・・。Img_3856
Img_3853
Img_3854
Img_3852
Img_3855
Img_3858
Img_3859
Img_3860
Img_3868
Img_3851アワビの焼き物やきりたんぽ鍋などもあり、大変おいしくいただきました。



次回は朝食編です。

羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

羽州路の宿 あいのり(4)

Img_3871続いて女湯側(カミサン撮影)。
男女湯入れ替えはなし。






Img_3872脱衣所の様子。






Img_3873パウダーコーナー。
カギ付きロッカーはこちら側にもあり。






浴室内へ。Img_3893内湯の様子。
10人以上は入れそうな四角い浴槽。サイズは男湯側同様。





Img_3892洗い場の様子。
シャワー付きカランが6基。リンスインシャンプー&ボディソープあり。






Img_3898露天へ。
石造りの広い露天風呂。





Img_3896そして、「赤湯」のお風呂はこちらも2人サイズ。
ドバドバと掛け流されていて、金気臭がしました。
湯上りはしっとりスベスベ温まりの湯でした。







温泉分析表。
赤湯側。Img_3835源泉名 相乗1号源泉 
泉質 ナトリウム-塩化物泉(等張性アルカリ中性高温泉)
泉温 43.4℃
pH値 7.23
メタケイ酸 99.3






内湯および、露天岩風呂側。Img_3836源泉名 相乗2号源泉 相乗3号源泉 相乗4号源泉
泉質 単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 52.4℃
pH値 8.35
メタケイ酸 64.7


次回は夕食篇です。

羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

九州>大分・別府・湯布院 | 九州>熊本・阿蘇・黒川 | 九州>福岡 | 北陸>石川>加賀・小松 | 北陸>石川>金沢 | 北陸>福井>三国・あわら | 東北>宮城>仙台・秋保・作並 | 東北>宮城>松島・塩竈 | 東北>宮城>白石・蔵王 | 東北>宮城>石巻・気仙沼 | 東北>宮城>鳴子・大崎 | 東北>山形>尾花沢・新庄・東根 | 東北>山形>山形・天童・上山 | 東北>山形>月山・寒河江 | 東北>山形>米沢・置賜 | 東北>山形>酒田・鶴岡 | 東北>岩手>奥州・金ケ崎 | 東北>岩手>安比・八幡平 | 東北>岩手>平泉・一関 | 東北>岩手>盛岡 | 東北>岩手>県北・沿岸部 | 東北>岩手>矢巾・紫波・滝沢 | 東北>岩手>花巻 | 東北>岩手>西和賀・北上 | 東北>岩手>雫石 | 東北>福島>いわき | 東北>福島>会津 | 東北>福島>猪苗代>表磐梯 | 東北>福島>相馬 | 東北>福島>福島・二本松 | 東北>福島>裏磐梯・磐梯高原 | 東北>福島>郡山・磐梯熱海・須賀川 | 東北>秋田>大館・鹿角・八幡平 | 東北>秋田>横手・湯沢・鳥海 | 東北>秋田>田沢湖・角館・大曲 | 東北>秋田>秋田・白神・男鹿 | 東北>青森>下北・三沢・八戸 | 東北>青森>弘前・黒石・大鰐・碇ヶ関 | 東北>青森>津軽西海岸・津軽半島 | 東北>青森>青森・八甲田・十和田 | 東海>岐阜>岐阜 | 東海>愛知>名古屋・小牧・知多 | 東海>静岡>伊豆 | 海外 | 甲信越>新潟>瀬波・村上・岩船 | 近畿>和歌山>南紀 | 関東>千葉>勝浦・鴨川 | 関東>東京 | 関東>栃木>那須 | 関東>群馬