2014年2月12日 (水)

3泊4日シンガポール旅行(10)

最終日は早朝5時にチェックアウトし、あっという間に帰国の途に。
Img_1431 シンガポール8時25分発。帰りの便も787です。

Img_1444 座席に着くと早速ウェルカムドリンク。

Img_1462まもなく上空へ。
安定飛行になると機内食のサービスが。



Img_1453 帰りの機内食も「和食」、「洋食」と「軽めの食事」からチョイスできますが、またまた「洋食」をチョイス。メインディッシュを二人でシェアする事に。

Img_1456 まずおつまみとドリンクのサービス。
往き便と同じカリフォルニアワインのカベルネ・ソービニオンを。


Img_1457 アペタイザー。
スモークサーモンのタルタルと海老のマリネ。

Img_1459 メインディッシュ。
自分は
仔牛ほほ肉の煮込みを。


Img_1461 カミサンは
白身魚のスチーム マレーシア風で。


Img_1464 デザートは
ストロベリートライフル。


Img_1466 自分はさらにワインがすすみ・・/(~_~;)
おすすめチーズの盛り合わせ(チェダーチーズ、カルボゾーラ)を。


Img_1470 夕刻16時過ぎに成田空港到着。
大きな揺れも無く快適ななフライトでした。

Img_1472 国内便の乗り継ぎを待つ間、空港ラウンジを利用できます。


Img_1475 成田空港の混雑で仙台到着は20時30分過ぎ。
短い間でしたが寒い北国の気候を忘れさせてさせてくれた旅でした。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

3泊4日シンガポール旅行(9)

Img_1351 マリーナ・ベイ・サンズから「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へ行くためにはホテル内を貫く連絡橋を通って。


Img_1353この連絡橋へは館内からは行けず一旦1階から表に出て専用エレベーターで6階へ。
セキュリティー上の理由からでしょうが実に複雑で判りにくかったです。


Img_1361 通り抜けるとこのどこか近未来SFチックな風景が飛び込んできます。
総面積は約100万平方メートルの巨大植物園。巨大ツリーや滝などが点在する広い園内で世界各地の植物を観ることが出来ます。一部の有料エリアを除き無料で入園可能。


Img_1365 振り返るとホテルの建物が。
間近で見るとまた迫力がありますねぇ。


Img_1364見えてきた不思議な木は「スーパーツリー・グローブ」と呼ばれる高さ最大50mもある巨木群。

Img_1378 ツリー上には吊り橋「OCBCスカイウェイ(料金5SGドル)」もあり空中散歩を楽しめます。


他にも「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」には有料施設として低温多湿な雲霧林を再現した「クラウド・フォレスト」や、地中海沿岸部や南アフリカなどに生息する500種類以上の植物が観られる「フラワー・ドーム」など見所満載だそうです。


Img_1374 オマケ画像
敷地内で見つけた野良ニャンコさん。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

3泊4日シンガポール旅行(8)

Img_1336 さて、マーライオンパークからエスプラネード橋を渡りちょっと行った所にある屋台村「マカンスートラ・グラットンズ・ベイ」。
ともかく安いし、美味いのでロコから旅行者までごったがえしていました。


Img_13972日間とも夕食はここで取りました。B級グルメから高級食材まで何でもござれ。
高級店なら目玉が飛び出そうなシーフードもここならかなりリーズナブル。

Img_1402 まずは定番サテー(7SGドル)にご当地タイガービールで乾杯。


Img_1405 一番人気「チリクラブ(30SGドル)」。「スリランカ・マッドクラブ」というワタリガニを使った一品。
チリソースが効いて絶品。一緒に蒸しパンにソースを浸して頂くのもまた格別。


Img_1407 さらに「牡蠣オムレツ」や「空芯菜のオイスタソース炒め」も美味しかったです。
美味しすぎて食べ始めちゃってから気がついて撮影・・/(~_~;)

Img_1412 この辺りからの眺めも絶景。
夕食後はレーザーショーを眺めながらロマンチックに、というカップルも多いようです。

Img_1342 帰りはライトアップされたロマンチックな歩行者用ブリッジ「ヘリックス・ブリッジ」を通ってホテルへ。


Img_1418 途中にある展望プラットフォームからマリーナ・ベイの夜景を見渡せます。


次回は巨大植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へ。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

3泊4日シンガポール旅行(7)

Img_1299 夜はマリーナ・ベイ・サンズのレーザーショーが必見。
もちろんホテル内からは観る事が出来ないので、リバータクシー(水上タクシー)を利用してみることにしました。対岸のマーライオン・パークまでは一人4SGドル。
レーザーショーは毎日20時、21時30分(金、土曜は23時もあり)。
21時30分に水上タクシーに乗り込みます。

Img_1305

Img_1307

Img_1310

Img_1321

Img_1323洋上からマリーナ・ベイの夜景とレーザーショーを満喫しました。

Img_1326 マーライオン・パークに到着。
ムード満点でカップルやら観光客多数。
ここからの眺めも素晴らしかったです。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

3泊4日シンガポール旅行(6)

さて、今回のツアーにはホテル57階にある「チョコレートバー」の利用が一回付きました。Img_1274 20時に「チョコレートバー」へ。

Img_1284

Img_1285

Img_1286 ブッフェスタイルで人気のチョコレートやチーズがより取り見取り。(アルコールは別)

Img_1288眺めの良いのオーシャンサイトビューテラス席で頂きます。


Img_1282 眼下にはライトアップされた「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」が。
オーシャンサイドは停泊している船の灯りも綺麗ですね。

Img_1295 チョコレートバーを楽しんだ後は、暫く空中庭園「サンズ・スカイ・パーク」を散策。
ここはタワー3側、先端のウッドデッキスペース。
宿泊者以外も20SGドル払えば上がってこれます。


Img_1296マリーナ・ベイサイドの夜景はこんな感じ。

Img_1294 こちらは世界最大級の大観覧車「シンガポールフライヤー」。


風は強かったですが素晴らしい夜景を堪能でしました。
次回もマリーナ・ベイ周辺の夜景をお届けします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

3泊4日シンガポール旅行(5)

さて、ホテル向かいにある巨大ショッピングモール「ショップス・アット・マリナベイサンズ」へ。ホテルからは地下通路で繋がっていて便利です。

Img_1261 広い敷地内にはルイ・ヴィトンやシャネルなどの有名ブランドから薬局やスーパーまで300店舗以上が入っています。一流レストランやフードコートなどグルメスポットも沢山あります。


Img_1271 同じ敷地内にはカジノも・・。ついぞ行きませんでしたが(~_~;)


Img_1265 ランチタイムはこの一角にある世界的な有名店「鼎泰豊(ティンタイフォン)」へ。台湾や香港旅行に行った時も訪れてました(*^_^*)

Img_1267 館内の様子。
あのニューヨークタイムスで世界の10大レストランの一つに選ばれたというお店です。

Img_1268名物の小籠包をはじめ、熱々出来立てのお料理が次々と運ばれて来ました。
どれも凄く美味しくて大満足でした。他にもチャーハンや青菜炒めなど沢山頼んだのですが、あまりに美味しかったので撮影を忘れてしまいました・・失礼(^^ゞ




Img_1250 モール内を流れる運河をゴンドラで遊覧できる「サンパン・ライド」。
往復で一人10SGドル。

Img_1257 こちらは巨大なアクアボウルから水が流れ落ちる「レイン・オキュルス」。
無料でみられます。


Img_1263 そしてこちらはなんと「スケート.リンク」。
利用は1時間7SGドル。
専用スケート靴(レンタル3SGドル)が必要です。


Img_1389周りはフードコートになっています。
翌日のランチタイムはこちらのフードコートで。


Img_1391 これは「泰豊」のシンガポールのB級グルメ「フライドホッケンミー」。海老入りの焼きそばみたいな感じ。海老風味が効いて中々イケます。

Img_1392「黄亜細肉骨茶餐室」の「バクテー」(右)。
豚肉をスパイスと煮たお料理はシンガポールでは定番料理とか。
「青梗菜のガーリック炒め」とご飯も一緒に。
どちらも美味しく頂きました。



blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

3泊4日シンガポール旅行(4)

さて、屋上へ行くには低層階エレベーターから22階で高層階エレベーターに乗り換え55階へ。セキュリティチェックを通ってまたエレベーターに乗り57階へ。
Img_1217 こちらが空中庭園「サンズ・スカイパーク・インフィニティプール」。
宿泊者専用で一般ビジターは入れません。
更衣室はないので部屋で水着に着替えバスローブを巻いてエレベーターに乗り込みます。バスタオルはプールサイドで貸し出し。



Img_1223 横から見たところ。思ったよりも風が強いです。
プールは一体に見えますが間仕切りがあり3つに別れています。
早速泳いでみましたが思ったより水が冷たく、どうりであまり泳いでいる人はいませんでした(~_~;)

Img_1239 インフィニティエッジに向っていくと先はこんな感じです。


Img_1246 遠くマーライオンもみえます。


Img_1290 夜はこんな感じです。夜景が素晴らしいです。
夜になると風がさらに強くなってとてもプールに入れる気分ではありませんでした。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

3泊4日シンガポール旅行(3)

Img_1344 朝食はホテル1階の「レストラン&ラウンジRISE」でブッフェ。
今回のプランは2日分の朝食が付いていました。


Img_1202 こちらが入り口。

Img_1205 スタッフに人数を告げるとテーブルに案内されます。


Img_1206

Img_1208

Img_1210

Img_1211コンチネンタルスタイルから、シリアル、カレーや中華、海鮮まで
新鮮な各国のお料理がずらり並んでいます。

Img_1209 作りたてのオムレツは大人気で長い行列が出来ていました。


Img_1214 こんな感じで取ってきました/(~_~;)


次回は屋上の空中庭園「サンズ・スカイパーク・インフィニティプール」へ。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

3泊4日シンガポール旅行(2)

Img_1408今回宿泊したホテルは話題の5つ星ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」。
あのそびえ立つ地上200メートルの3つのタワーとその上に横たわる空中庭園、そこにあるインフィニティエッジの巨大プールで泳いでみたくなったからです。


Img_1177 中に入ると高く吹き抜けになっているエントランスゾーン。
今まで泊まったホテルの中では桁違いに巨大な建物です(@_@;)。
メインフロントでチェックインを済ませさてお部屋へ。



Img_1183自分達が泊まったのは3本あるタワーの真ん中、タワー2の11階。宿泊者用の専用カードキーを使い22階までの低層階用エレベーターを利用。低層階2~22階用と、高層階22~55階用とエレベーターも違います。フロントも一般用の他にVIP用の専用フロントが別にあったり、どうも場違いな所に来てしまった様な感じでした。


Img_1185 部屋の前の廊下です。低層階は吹き抜けになっています。


Img_1186 こちらがお世話になった1171号室。
部屋はプレミアルームです。広さは47平方メートルだそう。


Img_1190 別角度から。
テレビはチャンネル多数。日本語放送(NHK海外向け)もあり。


Img_1187 ツインベッドは寝心地は柔らかめ。
ベッドサイドにあるミネラルウォーターは毎日1本無料。

Img_1191 冷蔵庫は自動計算式。
ちょっとでもイジるとチャージされるそうです。

Img_1189 窓際のリビング。

Img_1192 プレミアルームのバスルーム。独立したバスタブがあります。

Img_1196 パウダーコーナー。
ソープ類からちょっとしたソーイングセットまでアメニティは流石一流ホテル、充実していました。

Img_1195ウォークインシャワー(右)とトイレ(左)。
トイレはTOTO製ながらウォシュレットではありません(笑)


Img_1197 クローゼットにはバスローブが。
これを羽織って屋上プールへ移動できます。
あと、映ってませんが逆側にはセーフティボックスも完備。

Img_1273 部屋の窓からの眺め(翌日夕方撮影)オーシャンビューとシティービューとあり、一応シティビューですがなにせ低いので向いのカジノとショップスのある巨大モールの屋根に隠れて眺めはイマイチでした。

次回は朝食篇です。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

3泊4日シンガポール旅行(1)

遅い正月休みが取れたので仙台発~成田経由でシンガポールに行ってきました。実質、中2日間という短い間でしたが楽しんできました。
普段の温泉紀行とは違いますが、暫くの間ご容赦ください。
(2014/01/24~27)

Img_1121 まずは仙台空港から15時10分発のANA/NH3234便で成田へ移動。
フライト時間は55分ほど。

Img_1122 成田空港の滑走路の混雑で上空で待たされました。
その間に雲の間から垣間見えた富士山です。

Img_1128 さて、成田では奮発してビジネスクラスにしたので成田では専用ラウンジをを利用できました。

Img_1130 成田からシンガポールへはANA901便です。こちらは何かと話題の最新鋭機ボーイング787。準国産機と言っていいほど至るところに日本の技術が活かされているそうです。


Img_1136 機内に入ると目に付くのがLED照明。色や明るさを細かく調整可能。
目に見えない部分ですがキャビンに加湿器が標準搭載され機内の乾燥を防いでいます。天井も従来機と比べ20センチ高いとか。

Img_1138 ビジネスクラスのシートです。
全シートにユニバーサル電源、USBポートあり。
座席間にパテーションと読書灯があり快適に過ごせました。ブランケットやスリッパなどのアメニティはブルーで統一されています。カーディガンの貸し出しもあり。
リクライニング時にはシート全体で体をしっかりとサポートし、ゆりかご感覚の心地良いくつろぎ感を追求しているそうです。

Img_1140 タッチパネル式の大型12.1インチモニター(最前列は10.6インチ)で、多彩なジャンルのエンターテイメントプログラムを楽しめます。

Img_1468 窓は従来機に比べ約1.2倍、縦方向が8センチ拡大。
手動式のシェードはなくなり、代わりに電子カーテンが搭載されています。
(往きは夜便なので帰国便の様子です)

Img_1152 787のトイレです。ウォシュレットが装備され快適でした。


Img_1139 乗り込むと早速ウェルカムドリンクのサービス。


Img_1147離陸してまもなく機内食サービスが。
まず軽いおつまみとシャンパンを頂きました。

Img_1144 和食か洋食か迷いましたが、二人ともおすすめの洋食メニューをチョイス。
今回はミシュラン東京で3年連続選出の「レストランよねむら」とANAのコラボとの事。メインディッシュだけ変えてみました。

Img_1154 アペタイザーです。
平目のカルパッチョ 雲丹添え 小玉葱のピクルス いくら添え
焼き茄子とラタトゥイユ いわしの山椒煮添え
フルーツトマトのファルシ 蟹とキウイ酢味噌
ブレッドは蒜山ジャージーバターとオリーブオイルとともに。
赤ワインはカリフォルニアワインのカベルネソービニオン。


Img_1163 メインディッシュは2種類。
カミサンは黒毛和牛のシチューを入れたハンバーグ 京都産九条葱添え。

Img_1162 自分は国産穴子とフォアグラのリゾット 京都産九条葱添え。

Img_1169 デザートは丹波の黒豆と栗の渋皮煮のモンブラン 抹茶クッキー添え。
チョコのサービスも。

Img_1172 うとうとしている内にシンガポールチャンギ国際空港に到着。
フライト時間は約6時間半で時差がマイナス1時間。

Img_1419 空港から30分ほどでホテルへ。
次回はホテル篇です。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

九州>大分・別府・湯布院 | 九州>熊本・阿蘇・黒川 | 九州>福岡 | 北陸>石川>加賀・小松 | 北陸>石川>金沢 | 北陸>福井>三国・あわら | 東北>宮城>仙台・秋保・作並 | 東北>宮城>松島・塩竈 | 東北>宮城>白石・蔵王 | 東北>宮城>石巻・気仙沼 | 東北>宮城>鳴子・大崎 | 東北>山形>尾花沢・新庄・東根 | 東北>山形>山形・天童・上山 | 東北>山形>月山・寒河江 | 東北>山形>米沢・置賜 | 東北>山形>酒田・鶴岡 | 東北>岩手>奥州・金ケ崎 | 東北>岩手>安比・八幡平 | 東北>岩手>平泉・一関 | 東北>岩手>盛岡 | 東北>岩手>県北・沿岸部 | 東北>岩手>矢巾・紫波・滝沢 | 東北>岩手>花巻 | 東北>岩手>西和賀・北上 | 東北>岩手>雫石 | 東北>福島>いわき | 東北>福島>会津 | 東北>福島>猪苗代>表磐梯 | 東北>福島>相馬 | 東北>福島>福島・二本松 | 東北>福島>裏磐梯・磐梯高原 | 東北>福島>郡山・磐梯熱海・須賀川 | 東北>秋田>大館・鹿角・八幡平 | 東北>秋田>横手・湯沢・鳥海 | 東北>秋田>田沢湖・角館・大曲 | 東北>秋田>秋田・白神・男鹿 | 東北>青森>下北・三沢・八戸 | 東北>青森>弘前・黒石・大鰐・碇ヶ関 | 東北>青森>津軽西海岸・津軽半島 | 東北>青森>青森・八甲田・十和田 | 東海>岐阜>岐阜 | 東海>愛知>名古屋・小牧・知多 | 東海>静岡>伊豆 | 海外 | 甲信越>新潟>瀬波・村上・岩船 | 近畿>和歌山>南紀 | 関東>千葉>勝浦・鴨川 | 関東>東京 | 関東>栃木>那須 | 関東>群馬