2012年2月29日 (水)

別荘 今昔庵(7)

Imgp3298さて、今昔庵さんの朝食は昨晩と同じ食事処にて。



Imgp3299お膳はこんな感じ。
お味、ボリュームとも申し分なしでした。

11

Imgp3302そして、湯布院から高速道で福岡、福岡から飛行機で仙台へ。
あっという間の4日間でした。

11
Imgp3202冬の九州旅行、レンタカーを使っての旅もいいもんですね。
楽しかったです。
ただレンタカーを借りるときはくれぐれも冬装備をお忘れなく。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報


別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

別荘 今昔庵(6)

趣向を凝らした食事の後は・・。Imgp3297母屋の喫茶「茶太郎」に移り。。

Imgp3284

Imgp3286高級オーディオから粋なジャズの流れるレトロな佇まいの中、デザートとコーヒーを頂きました。

Imgp3282Imgp3283 手作りジェラートは4種類。
お皿それぞれ2種類ずつ(*^_^*)







次回は朝食篇です。。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報


別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

別荘 今昔庵(5)

Imgp3287さて、食事篇。ますは夕食から。
場所は食事処「吉一」にて。

Imgp3266炭火を囲んで、出来たて熱々を頂ける会席膳です。

Imgp3265

Imgp3267通されたテーブルはこんな感じ。

Imgp3273お酒は地酒の「湯布の生酒」をチョイス。

1

以下お料理を一品ずつ(順不同)。。

Imgp3268Imgp3269Imgp3270

Imgp3272

Imgp3271

Imgp3279

Imgp3277メインは地元特産の豊後牛や豊後赤鶏を炭火焼で。。

Imgp3280Imgp3281焼きおにぎりのお茶漬けでシメ。
一つ一つどれも手が込んでいて地産地消が効いています。
お味も素晴らしかったんですが、それにしても凄いボリュームでした。
お料理の説明、出されるタイミング、全て納得。
評判の高さが頷けます。

この後は母屋に移り、デザートとコーヒーです。。1

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報

別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

別荘 今昔庵(4)

Imgp3296内湯の湯小屋へ。やはり浴室は2つあります。

Imgp3288こちらも家族風呂。空いていれば内鍵を掛けて予約なしで入れます。

Imgp3290家族風呂なので脱衣所も広くはありません。

Imgp3291木枠の浴槽は2、3畳ほどの広さ。大人2人で入れるサイズ。
ゆったりできる雰囲気です。露天よりは幾分か熱めの適温。

Imgp3292洗い場の様子。
シャワー付きカランが2基。シャンプー、リンス、ボディソープあり。

1

もう片方の浴室も撮影のみでお邪魔しました。Imgp3294

Imgp3293Imgp3295浴室内は基本同仕様のようです。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報


別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

別荘 今昔庵(3)

さて、まず家族露天風呂へ。。

Imgp3250部屋の離れを出てすぐ左手にあります。
お風呂は2室あり。空いていれば内鍵を掛けて利用可能。

Imgp3253脱衣所はシンプル。一応洗面台にドライヤーあり。

Imgp3251屋根のない開放感のある石造りの浴槽。
3畳ほどのサイズです。
温度は適温で、くせのないお湯。まったりと過ごせました。


Imgp3252洗い場もあり。シャンプー、リンス、ボディソープも完備です。


こちらはもう片方の露天浴室。Imgp3255

Imgp3256同じく洗い場はシャワー付きカラン2基。シャンプー類完備。
基本外なので冬場じゃ寒いですけど。。


次回は内湯をご紹介。。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報

別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

別荘 今昔庵(2)

さて、部屋付きの露天風呂へ。。

Imgp3231Imgp3232こちらが脱衣所。こちらにも洗面化粧台が。

露天は石造りの浴槽。池の鯉になった気分です(笑)Imgp3233大人一人で余裕、二人でチョイつらい位のサイズ。
ボコボコとジャグジー付き。もちろん100%源泉掛け流しですが、こうする事で加水なしでも常に温度調整がされています。
ほとんど無味無臭で肌に優しい、くせのないお湯です。

Imgp3234塀で目隠しされ、眺めはイマイチですが、屋根のない野天なので開放感はあります。吹きっさらしなので冬場は上がるとやや寒いのが難点かも。

Imgp3260源泉名 今昔温泉
泉質 アルカリ性 単純温泉
泉温 69.7℃
pH 8.5


次回は部屋の外のお風呂へ。。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報

別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

別荘 今昔庵(1)

九州旅行も佳境に入って来ました。
Imgp3221初めての湯布院でお世話になった宿は、じゃらんnetでの評価も4.8(12年2月現在)と頗る高い「別荘 今昔庵」さんへ。

Imgp3222こちらは湯布院のやや郊外に位置し、それでいてコンビニまでも徒歩5分、金鱗湖までもせいぜい15分程度の立地の良さ。
緑と心地よい静寂に包まれた癒しの宿です。

120年前の庄屋を改築した母屋と露天風呂付き離れの2タイプがあり。Imgp3226今回お世話になったのは贅沢にも離れのほう。
こちらは「ほたる」というお部屋。
離れだけに専用玄関があります。

さあ、中へ。Imgp32238畳ほどのメインの和室。
こたつが備え付けてあり、まるで親戚の家に遊びに来たような雰囲気。
エアコンの他、温風ファンヒーターも備え付け。
東北の冬となんら変わりません(笑)

Imgp3235テレビは液晶アクオスサイズは確か22インチ位とやや小振り。
BSデジタルも受信可能でした。

Imgp3236Imgp3237(左)金庫あり。
(右)備え付けの冷蔵庫。

Imgp32272間続きの別室は4畳程。

Imgp3229Imgp3225(左)レトロな姿見。引き出しにはドライヤーあり。
(右)クローゼット内には大小タオル、足袋ほか一般的なアメニティ。

Imgp3230 Imgp3228

(左)トイレは温水洗浄便座付き。
(右)洗面化粧台は2箇所あり、こちらは部屋の中にあるほう。もう1箇所は、次回紹介する部屋付きの露天風呂の脱衣所にあり。。



・・続く。。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報

別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

金鱗湖

やっと湯布院に到着。
正確に言えば、2005年合併により今は由布市湯布院町。
「湯布院」と「由布院」の違いですが、町名とインターチェンジは「湯布院」、でも駅名と温泉地名は「由布院」。これは1955年、由布院町と湯平村が合併した際に、町名を「湯布院町」として発足したからだそう。
つまり合併前からあった地名は「由布院」、合併後にできたものは「湯布院」という訳らしいです。

Imgp3238こちらは名峰「由布岳」。標高は1584mです。

1

さておき、宿にチェックイン後、まだ明るいうちに近くの景勝地「金鱗湖(きんりんこ)」周辺を散策しました。Imgp3243

Imgp3247

Imgp3248

Imgp3245周囲約400メートル。湖という割にはこじんまりした印象でした。
明治の儒学者、毛利空桑という人が、魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたんだそうです。


Imgp3239周辺も散策。平日でも観光客で賑わってました。

Imgp3249帰りに近くのお店で見つけた懐かしい「風のハルカ」のポスター。
2005年の朝の連ドラでしたっけ・・日焼けしてました(~_~;)





次回はお宿をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

別府の夜景 別府タワー~スパビーチ

最終日の夕食後、別府の夜景を見にすぐ近くの別府タワーに上ってみました。料金は一人200円。

Imgp2940画像は望海さんの露天男湯側から見た別府タワー。
高さは100m。名古屋テレビ塔、通天閣に次ぎ、日本で3番目に建てられた高層タワーらしいです。

Imgp3147_2

Imgp3148

Imgp3149 別府タワーから見た市街。
アクリルガラスの汚れと手ブレでイマイチですが・・。

Imgp3154 イマイチな眺望だったんで、その後スパビーチを散策。
北浜テルマス前からみた別府タワー方面です。



悠彩の宿 望海さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

別府温泉 悠彩の宿 望海(6)

別府最後の夜のお膳はリクエストで高級魚クエ料理中心のメニューにしてもらいました。場所はこの日も部屋食でした。

Imgp3140 献立表です。

Imgp3138お膳の様子。既に置いてあるのはクエの肝和えと梅酒です。

Imgp3136クエのお造りです。生簀で活きていたものを裁いて頂きました。尾頭付きで凄い迫力でした。身は甘みがありとても美味しかったです。

Imgp3137こちらはクエ鍋の具材。

Imgp3141 こちらはタイのあら炊き。これも出来たてを後出し。

Imgp3139こちらは牛フィレステーキ。この辺まで来るともう食べきれなくなってきました(苦笑)


Imgp3142茶碗蒸し。これもアツアツを後出し。



Imgp3144クエのお味噌汁。クエのいいダシが出てました。


Imgp3146デザートのメロンまで。全てタイミング良く運ばれてきました。






翌朝の朝食膳。Imgp3165場所はいつも通り1階のお食事処「海音」にて。
この日も相変わらず品数、ボリュームありましたが美味しく頂きました。

お湯の良さはもちろん、食事の質、量、スタッフの良さ、アクセスの良さ、眺望も含め、コストパフォーマンス抜群の宿。
また来る時も「悠彩の宿 望海」さんにしようと思います。

別府温泉 悠彩の宿 望海さんの楽天トラベル宿情報

悠彩の宿 望海さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

九州>大分・別府・湯布院 | 九州>熊本・阿蘇・黒川 | 九州>福岡 | 北陸>石川>加賀・小松 | 北陸>石川>金沢 | 北陸>福井>三国・あわら | 東北>宮城>仙台・秋保・作並 | 東北>宮城>松島・塩竈 | 東北>宮城>白石・蔵王 | 東北>宮城>石巻・気仙沼 | 東北>宮城>鳴子・大崎 | 東北>山形>尾花沢・新庄・東根 | 東北>山形>山形・天童・上山 | 東北>山形>月山・寒河江 | 東北>山形>米沢・置賜 | 東北>山形>酒田・鶴岡 | 東北>岩手>奥州・金ケ崎 | 東北>岩手>安比・八幡平 | 東北>岩手>平泉・一関 | 東北>岩手>盛岡 | 東北>岩手>県北・沿岸部 | 東北>岩手>矢巾・紫波・滝沢 | 東北>岩手>花巻 | 東北>岩手>西和賀・北上 | 東北>岩手>雫石 | 東北>福島>いわき | 東北>福島>会津 | 東北>福島>猪苗代>表磐梯 | 東北>福島>相馬 | 東北>福島>福島・二本松 | 東北>福島>裏磐梯・磐梯高原 | 東北>福島>郡山・磐梯熱海・須賀川 | 東北>秋田>大館・鹿角・八幡平 | 東北>秋田>横手・湯沢・鳥海 | 東北>秋田>田沢湖・角館・大曲 | 東北>秋田>秋田・白神・男鹿 | 東北>青森>下北・三沢・八戸 | 東北>青森>弘前・黒石・大鰐・碇ヶ関 | 東北>青森>津軽西海岸・津軽半島 | 東北>青森>青森・八甲田・十和田 | 東海>岐阜>岐阜 | 東海>愛知>名古屋・小牧・知多 | 東海>静岡>伊豆 | 海外 | 甲信越>新潟>瀬波・村上・岩船 | 近畿>和歌山>南紀 | 関東>千葉>勝浦・鴨川 | 関東>東京 | 関東>栃木>那須 | 関東>群馬