2017年11月13日 (月)

湯川温泉 大盛館 栖峰(5)

さて、毎度評判の良い大盛館栖峰さんの食事。
Img_6354夕食膳は広間となります。
この日宿泊したのは自分たち一組だけで貸切状態でした。



Img_6355こちらがお膳。全て出来たてでした。


その日によって仕入れが異なるためか献立表は特になし。
でも、素晴らしいお料理の数々でした(*^_^*)




では、お料理をアップで(順不同)。Img_6358
Img_6359
Img_6360
Img_6361
Img_6362
Img_6363
Img_6357
Img_6364
Img_6365
Img_6367
Img_6369
天ぷらや鮎の塩焼き、芋の子汁は出来立て熱々を後出し。
西和賀の名産「西わらび」を始め、地産地消にこだわり、どれもこれも手が込んだお料理で大満足でした。




Img_6372朝食も同じ広間で。




Img_6376朝食膳はこんな感じ。
全て美味しかったです。




Img_6405加温・加水なしの本物の源泉掛け流しのお湯と、日本海・太平洋の海の幸、地元の山の幸を使った手作りの和食膳。
全7室のちいさな宿ならではの寛げる雰囲気。
また季節を変えて何度でも訪れたい宿です。

湯川温泉 大盛館 栖峰

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

湯川温泉 大盛館 栖峰(4)

Img_6380続いて女湯側へ(カミサン撮影)。




Img_6382脱衣所の様子。




Img_6384パウダーコーナー。
アメニティは男湯側と同じ様子でした。




Img_6394浴室内。
やはり広く窓を取ってあり明るく開放的。
浴槽のサイズも男湯同様ですね。




Img_6398湯口付近。
源泉がドバドバと投入されていました。




Img_6396洗い場は左右にシャワー付きカランが左右に2基ずつ配置。




Img_6397シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。




Img_6347源泉名 湯川温泉(出途の湯開発1号線)
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ高温泉)
源泉温度 47.1℃ pH値 7.5




Img_6350加水なし、加温なし、循環ろ過なし。入浴剤使用なし。

何度も入れて肌触りよく湯上りはすべすべ感があり。

次回は食事篇です。

湯川温泉 大盛館 栖峰

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

湯川温泉 大盛館 栖峰(3)

さて、お風呂へ。
浴場は内湯のみ1箇所。24時間入浴可能です。
男女別で入れ替えはなし。
部屋からはとても近く便利でした。
Img_6330まずは男湯側へ。




Img_6331脱衣所の様子。掃除も行き届いていて清潔。




Img_6332パウダーコーナー。




内湯の様子。Img_63434、5畳ほどの広い浴槽です。もちろん100%源泉掛け流し。
男湯側はやや熱めの適温でした。




Img_6344クセの無いサラリとした肌触りの良い泉質。
無味無臭に近いですが、湯口からは微かに成分臭。
露天こそありませんが広い窓からは紅葉も垣間見られイイ感じ。




Img_6345洗い場周り。カランは4基で全てシャワー付き。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。

次回は女湯側へ。。

湯川温泉 大盛館 栖峰

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

湯川温泉 大盛館 栖峰(2)

Img_6314お部屋はいつものお風呂に近い離れ側の「夕菅(ゆうすげ)」。





Img_6312別角度から。
8畳+広縁付き。角部屋で明るいお部屋でした。



Img_6327部屋のキーとお茶請け。





Img_6317広縁はご覧の広さ。
ゆったりと寛げます。






23244181_1405508142901621_453860708窓からの眺め。
晩秋の里山。紅葉がまだ残っていました。




Img_6323テレビは液晶デジタル32インチ。地デジのほかBSもバッチリ。
下には金庫あり。




Img_6325広いクローゼット。アメニティは一般的なものが一揃え。




Img_6309持込み用の空の冷蔵庫あり。




Img_6310小さめながらも過不足なしの洗面化粧台。






Img_6311トイレは温水洗浄機能付。

次回はお風呂へ。。

湯川温泉 大盛館 栖峰

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

湯川温泉 大盛館 栖峰(1)

Img_6302晩秋の西和賀、湯川温泉の大盛館 栖峰さんへ。




Img_63032013年12月以来ほぼ4年ぶり、通算6度目のお泊りです。(2017/11/07宿泊)




Img_6305玄関前。



Img_6308ロビーの様子。





Img_6328館内のレイアウト。
客室は全7室。
1階の客室は別館側に2室のみ。
本館側の2階に5室あり。


Img_0687 2階の廊下(前回宿泊時撮影)。




Img_63511階、別館側から本館側を望む渡り廊下。



Img_6329別館側廊下の様子。







次回はお風呂へ。。


湯川温泉 大盛館 栖峰

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

湯本温泉 旅館 一城(5)

Img_6251さて、夕食膳は18時30分にリクエスト。
本館側、2階の広間にて。





Img_6254今回のプランのお品書き。
その日仕入れた新鮮な海の幸、山の幸、旬の味覚を元寿司職人のご主人がふるまう会席膳。





Img_6262最初に並んでいたお膳です。
茶碗蒸しやお寿司、天ぷらなどは出来立てを後出し。





Img_6257前菜 みずのこぶと菊 竹の子のみそ合え ぜんまい煮

香の物 二種盛り


Img_6268温物 いものこ汁




Img_6264造り その日仕入れた活きの良いお造りです。




Img_6270焼物 スズキの香草オイル焼き(※お品書きではさわらとなっていますがスズキのいいのが入ったので)





Img_6258煮物 大根煮
なんとキーマカレー掛けでスパイシーなお味がとても新鮮でした。





Img_6265食事 旬のにぎり
生ウニ、アオリイカ、本マグロ中トロと三貫。頗る美味しかったです~♪






Img_6271揚げ物 季節の天ぷら





Img_6267蒸し物 茶碗蒸し







Img_6272そして、献立にはない温かいおうどん~♪。






Img_6273水物 季節のフルーツ


以上、大変おいしく頂きました。
素晴らしいお料理の数々でした。

次回は朝食篇です。

湯田温泉郷 旅館 一城さんの楽天トラベル宿情報

旅館 一城さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

湯本温泉 旅館 一城(4)

Img_6225続いて男湯側へ。





Img_6227脱衣所の様子。





Img_6233パウダーコーナー。






Img_6236男湯側もとても広い浴槽。




Img_6239湯口付近。
無味無臭なお湯がドバドバと出ていました。



Img_6237無色透明なお湯がオーバーフロー。
温度はこの時期の適温でとても気持ちの良い湯加減でした。







Img_6244洗い場の様子。



Img_6235女湯側ほどではありませんが、シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど。






Img_6231温泉分析書。
源泉名 湯本温泉(第5号泉)
泉温 97.0℃
pH値 8.1
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)


湯上りはポカポカと冷めにくく、お肌つるつるの美肌の湯です。





次回は夕食篇です。

湯田温泉郷 旅館 一城さんの楽天トラベル宿情報

旅館 一城さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

湯本温泉 旅館 一城(3)

さて、お風呂へ。
Img_6208こちらのお風呂は男女別の内湯のみで入れ替えは無し。
まずはお部屋のすぐ前の女湯側(カミサン撮影)。






Img_6213脱衣所の様子。





Img_6211パウダーコーナー。







Img_6219広い浴槽です。



Img_6218無色透明なお湯が滔々と掛け流されています。
温度はこの時期の適温でとても気持ちの良い湯加減でした。


Img_6217洗い場の様子。




Img_6220
Img_6221
Img_6222色々なブランドのシャンプー、コンディショナー、
ボディソープなどシャンプーバー並みのバラエティー豊富さ。



湯上りはポカポカと冷めにくく、お肌つるつるの美肌の湯です。


次回は男湯側へ。。

湯田温泉郷 旅館 一城さんの楽天トラベル宿情報

旅館 一城さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

湯本温泉 旅館 一城(2)

お部屋は別館側1階の111号室。
ドアを出てすぐ男女別の大浴場がありとても便利です。
Img_6198和室8畳+2畳の広縁付き。
すでにお布団が敷かれていました。プライベート感を大事にのんびりしていただけるよう、チェックイン後のスタッフの入室がない様に配慮されているそう。
温風ファンヒーターも稼働していてお部屋はポカポカでした。
建物自体は決して新しくはありませんが掃除が行き届いていて清潔感あり。






Img_6196広縁の様子。





Img_6199テレビは22インチ。地デジ&BS放送も映りました。
金庫、湯沸しポットあり。





Img_6195冷蔵庫完備。





Img_6204洗面台にはハンドソープあり。





Img_6202トイレは温水洗浄機能付き。





Img_6205クローゼット内。





Img_6206乱れ箱。
アメニティ類一式。






Img_6207キーとお茶請け。



次回はお風呂へ。。

湯田温泉郷 旅館 一城さんの楽天トラベル宿情報

旅館 一城さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

湯本温泉 旅館 一城(1)

Img_6190西和賀は何度も訪れていましたが、今回お邪魔する「旅館 一城」さんは初めて。全10室とアットホームなお宿ですが、源泉掛け流しのお湯とその日仕入れた新鮮な海の幸と地元食材を使い元寿司職人のご主人がふるまうお料理は頗る評判が良く、リピーターが多いとか。
(2017/10/24宿泊)




Img_6290宿のすぐ近くには足湯広場が。





Img_6295広場から望む川岸の紅葉も見頃です。






Img_6191さておき、玄関へ。
女将自ら出迎えで、荷物を持ってお部屋までご案内して頂きました。
接客が素晴らしく、滞在中終始リラックス出来ました。







Img_6192ロビーラウンジ。









Img_6194浴衣は男女とも種類あり。
こちらでサイズを合わせられます。










Img_6193館内は無料WiFi。
そしてロビーには無料で使えるPCあり。





Img_6224廊下の様子。
今回お世話になるお部屋は廊下を挟んだ向かいにすぐ浴室がありました。
超~近くて便利でした(^^♪



次回はお部屋をご紹介。

湯田温泉郷 旅館 一城さんの楽天トラベル宿情報

旅館 一城さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

九州>大分・別府・湯布院 | 九州>熊本・阿蘇・黒川 | 九州>福岡 | 北陸>石川>加賀・小松 | 北陸>石川>金沢 | 北陸>福井>三国・あわら | 東北>宮城>仙台・秋保・作並 | 東北>宮城>松島・塩竈 | 東北>宮城>白石・蔵王 | 東北>宮城>石巻・気仙沼 | 東北>宮城>鳴子・大崎 | 東北>山形>尾花沢・新庄・東根 | 東北>山形>山形・天童・上山 | 東北>山形>月山・寒河江 | 東北>山形>米沢・置賜 | 東北>山形>酒田・鶴岡 | 東北>岩手>奥州・金ケ崎 | 東北>岩手>安比・八幡平 | 東北>岩手>平泉・一関 | 東北>岩手>盛岡 | 東北>岩手>県北・沿岸部 | 東北>岩手>矢巾・紫波・滝沢 | 東北>岩手>花巻 | 東北>岩手>西和賀・北上 | 東北>岩手>雫石 | 東北>福島>いわき | 東北>福島>会津 | 東北>福島>猪苗代>表磐梯 | 東北>福島>相馬 | 東北>福島>福島・二本松 | 東北>福島>裏磐梯・磐梯高原 | 東北>福島>郡山・磐梯熱海・須賀川 | 東北>秋田>大館・鹿角・八幡平 | 東北>秋田>横手・湯沢・鳥海 | 東北>秋田>田沢湖・角館・大曲 | 東北>秋田>秋田・白神・男鹿 | 東北>青森>下北・三沢・八戸 | 東北>青森>弘前・黒石・大鰐・碇ヶ関 | 東北>青森>津軽西海岸・津軽半島 | 東北>青森>青森・八甲田・十和田 | 東海>岐阜>岐阜 | 東海>愛知>名古屋・小牧・知多 | 東海>静岡>伊豆 | 海外 | 甲信越>新潟>瀬波・村上・岩船 | 近畿>和歌山>南紀 | 関東>千葉>勝浦・鴨川 | 関東>東京 | 関東>栃木>那須 | 関東>群馬