2014年9月14日 (日)

赤倉温泉 みどりや旅館(5)

Img_7183 朝食篇です。


Img_7184 朝食も夕食を頂いた同じ食事処にて。

Img_7188 お膳はこんな感じ。


Img_7193 そして山形名物玉こんにゃくも。


Img_7205 食後はアイスコーヒーのサービス。
緑のお庭を眺めながら・・(*^_^*)


Img_7123 赤倉温泉はアットホームな雰囲気の宿が多く、いつものんびりまったり寛げます。こちらもそんな宿のひとつ。



赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

赤倉温泉 みどりや旅館(4)

さて、夕食篇です。

Img_7135 場所は食事処にて。


Img_7136

Img_7143 テーブルの様子。


Img_7198 献立表です。
仕入れが毎日変わるので本来は出されないそうですが特別に書いていただきました。
地産地消を活かした創作会席は評判も高いようです。


Img_7138  お酒は女将さんのご実家が蔵元だと伺い、その銘柄を。
「花羽陽」。大蔵村のお酒です。


ではお料理の数々を。Img_7141

Img_7139

Img_7149

Img_7150

Img_7151

Img_7152

Img_7154

Img_7156

Img_7160

Img_7161 出てくるタイミング、お味、ボリュームも文句なしでした。
19時から始まって20時25分終了。
ゆったりと会話を楽しみながらお料理、お酒を美味しく頂きました。
次回は朝食篇です。

赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

赤倉温泉 みどりや旅館(3)

Img_7164 暖簾入れ替わって前日の女湯側をご紹介。
男女湯入れ替えあり。



Img_7165 脱衣所の様子。


Img_7110 浴室内の様子。
男湯側と比べると狭いですね。


Img_7171別角度から。
昔は男湯側と繋がっていたと思われる造りです。

Img_7173 湯口には白い折出物がびっしり。
お湯はもちろん源泉掛け流し。
適温でまったり寛げました。


Img_7178 洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Img_7084 泉質表示。
源泉名 みどり屋2号源泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉
泉温 源泉61.0℃ 使用位置41.0℃
pH値 8.6
メタケイ酸 58.1

Img_7080 加水なし。加温なし。循環ろ過なし。 入浴剤・消毒なし。





次回は夕食篇です。

赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

赤倉温泉 みどりや旅館(2)

Img_7078 さて、お風呂へ。
宿自慢の天然岩風呂の大浴場。
男女別ですが入れ替えあり。

Img_7079 まずは男湯側。


Img_7081 脱衣所の様子。


Img_7086 浴室内へ。
男湯側は20人ぐらいは入れそうな広い浴槽。


Img_7124 内風呂ですが迫り出す岩肌は迫力あり。
もちろん100%天然掛け流し。


Img_7126 天井も高いです。
くせのないサラリとした泉質で温度は適温でした。



Img_7087 掛け湯口。
匂いはほとんどありませんが湯口ではほんのり香るゆでたまご臭+微芒硝臭といった感じ。




Img_7108 洗い場の様子。
シャワーも温泉です。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。


Img_7096 露天はハチ、アブの発生によりメンテナンス中でした。


Img_7095 ちなみにこんな様子です。



Img_7084 泉質表示。
源泉名 みどり屋2号源泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉
泉温 源泉61.0℃ 使用位置41.0℃
pH値 8.6
メタケイ酸 58.1

Img_7080 加水なし。加温なし。循環ろ過なし。 入浴剤・消毒なし。





次回は女湯側をご紹介。

赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

赤倉温泉 みどりや旅館(1)

Img_7057 昨年12月以来の赤倉温泉です。
今回は「みどりや旅館」さんへお泊りです。(2014/08/16)
100%源泉掛け流しの天然温泉と地元山形の旬の味覚を使った料理が自慢の宿。

Img_7056 駐車場はお宿手前の川沿いにあります。
以前お世話になった「しゃくなげ荘」さんの駐車場の隣です。



Img_7075 ロビーの様子。


Img_7071 廊下の様子。


Img_7059 さて、お部屋へ。こちらは和室6畳+洋室付き。


Img_7069 別角度から。
和室側にはすでに布団が敷かれていました。

Img_7063 テレビは26インチで地デジのみ。
下に金庫あり。


Img_7067 川沿いの窓際に洋室があります。


Img_7070 窓からは小国川のせせらぎが。


Img_7060 キーとお茶請け。
お茶出しはなし。


Img_7068 クローゼットには一般的なアメニティ。


Img_7066 冷蔵庫あり。空きスペースも若干。



Img_7058 バスルーム。
浴槽もありますが使用禁止でした。
トイレは残念ながら通常タイプ。



次回はお風呂へ。

赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

瀬見温泉 プチ散策(湯前神社~薬研の湯)

瀬見温泉を散策しました。
といっても喜至楼の周りをちょっとだけですが・・/(^_^;)
Img_5857 喜至楼別館隣にある湯前神社。
足湯、飲泉処とありました。
クセがなく飲みやすいお湯です。

Img_5858 瀬見温泉の由来が。。
ここも義経主従が見つけたお湯だそうです。

Img_5856湯前神社向いの共同浴場。
有名な「ふかし湯」もここで体験できるそうです。


Img_5849 その建物の脇を行くとこんな立札が。


Img_5850 この階段を降りていくと川沿いに有名な「薬研の湯」が。

Img_5852「薬研の湯」は小国川にある野天で、産気づいた静御前の産湯を探して弁慶が、なぎなた「せみ丸」で岩を砕き温泉を発見した場所だそう。
6月に日テレの「有吉ゼミ」でもここやってました。
番組では芸人の博多大吉さんが入ってましたが、実際は70℃近い源泉で誰も入れない激熱。
喜至楼の宿の方に伺うと撮影当日はポンプで川水を汲み上げて無理やり敢行したそうです。放送では“雪解け水や川の水で適温になる期間限定温泉”と紹介されてましたが、地元でもまず入らないそう。


Img_5853熱いところと冷たいところがあり調整が難しいらしいです。
他にも番組では演出で館内放送をさせられたりとかあったそうです。
翌朝、小国川は前夜からの集中豪雨で増水、かなりヤバそうで自分はとても入れませんでしたね。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

瀬見温泉 喜至楼(9)

Img_6051 翌朝、朝食は会食場にて。


Img_6054 お膳はこんな感じ。
ふきやわらびなどの山菜、地元産の食材を使ったお料理。
なんといってもご飯が美味しかったです。





Img_6061 鮎の一夜干し。
この辺で捕れる鮎は「松原あゆ」といわれ、他の川で取れるものと違い香りも食感も全然違うそうです。昔は、殿様が食べる鮎として禁猟区で大切に育てられ、明治天皇御巡幸の折にも献上されるなど、長い歴史があるそうです。


Img_6055 さらにオプション料理で地元産の山形最上牛ステーキ。




Img_6058 デザートには地元尾花沢産のスイカ。


Img_6059 コーヒー他
セルフサービスで。


Img_5845 源泉掛け流しのお湯の良さもさることながら、歴史ある建物、館内めぐりも楽しめました。一度は泊りがけで出かけてみるのもいいかも。

瀬見温泉 喜至楼さんの楽天トラベル宿情報

瀬見温泉 喜至楼 別館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

瀬見温泉 喜至楼(8)

さて、夕食篇。
Img_6025 夕食は個室にて。


Img_6026 最初に並んでいたお膳です。
食前酒は梅酒。
お造りは鯉の昆布〆
煮物は月山竹の子 椎茸 花人参 厚揚 鰊の炊き合せ
地元最上町産のアスパラも◎。



Img_6028 前菜は蟹の酢の物。



Img_6030 焼物は最上町産岩魚の塩焼を焼きたて後出し。


Img_6032 揚物は天麩羅。ネタは海老、鱚、野菜。
こちらも後出しでした。


Img_6034 鍋物は最上川産もずく蟹を味噌仕立てで。


Img_6029 お凌ぎの蔵王蕎麦。


Img_6039 食事。
お吸物 しめじ 海老 つみれ
香の物 青菜漬物 沢庵 胡瓜柴漬
もちろんお米も地元産です。


Img_6037 デザートは庄内産メロンで。

地元食材をふんだんに使った地産地消の創作会席でした。
大変美味しく頂きました。
次回は朝食篇です。

瀬見温泉 喜至楼さんの楽天トラベル宿情報

瀬見温泉 喜至楼 別館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

瀬見温泉 喜至楼(7)

Img_5979 さて、最後にご紹介するのは宿自慢の「ローマ式千人風呂」。
こちらは基本的混浴ですが女性専用タイムもあり。
今回は女性専用タイムだったのでカミサン撮影です。




Img_5980 脱衣所の様子。



Img_5992 こちらには「犬と花咲じいさん」の飾り細工が。


Img_5990 円形の広々としたタイル張りの浴槽。真ん中にはローマ風?な円柱。
千人は無理ですが、20人位は余裕で入れそうなサイズ。
中央の円柱から源泉掛け流しです。

Img_6002 壁の一角には神話風なタイル画があり。



Img_5986 別角度から。
温度は適温。泉質は柔らかくて肌に優しいくせのないお湯。



Img_6001 洗い場あり。
シャンプー類はありましたがシャワーはなし。



Img_5981 奥にあるのは「滝湯」です。
うたせ湯があり、滝壺風な石組みの浴槽になっています。



Img_5930泉質表示。
源泉名 町営5号源泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
源泉温度 67.3℃
pH値 7.6

メタケイ酸は95.4と豊富な美肌の湯です。


■男性専用時間19時~21時30分 ■女性専用時間15時~18時
次回は夕食篇です。



瀬見温泉 喜至楼さんの楽天トラベル宿情報

瀬見温泉 喜至楼 別館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

瀬見温泉 喜至楼(6)

Img_5931 左手にある「あたたまり湯」(男湯側)です。

Img_5932 脱衣所の様子。

Img_5938 脱衣棚の上にはユニークな飾り細工が。
熊と金太郎のようです。


Img_5933 浴室内。

Img_5935 浴槽はタイル張りの楕円形で2、3人サイズといった感じ。


Img_5936 常時加水されていて適温でした。
透明でクセのないややトローリ系のお湯は同様です。


Img_5934 洗い場にはシャワー付きカランが1基。
シャンプー類も完備。


Img_5978 続いて「あたたまり湯」の女湯側(カミサン撮影)も。


Img_5963 脱衣所風景。


Img_5967 浴室内はこんな感じ。
基本男湯側と同じサイズ、レイアウト。


次回は「ローマ式千人風呂」をご紹介。

瀬見温泉 喜至楼さんの楽天トラベル宿情報

瀬見温泉 喜至楼 別館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

九州>大分・別府・湯布院 | 九州>熊本・阿蘇・黒川 | 九州>福岡 | 北陸>石川>加賀・小松 | 北陸>石川>金沢 | 北陸>福井>三国・あわら | 東北>宮城>仙台・秋保・作並 | 東北>宮城>松島・塩竈 | 東北>宮城>白石・蔵王 | 東北>宮城>石巻・気仙沼 | 東北>宮城>鳴子・大崎 | 東北>山形>尾花沢・新庄・東根 | 東北>山形>山形・天童・上山 | 東北>山形>月山・寒河江 | 東北>山形>米沢・置賜 | 東北>山形>酒田・鶴岡 | 東北>岩手>奥州・金ケ崎 | 東北>岩手>安比・八幡平 | 東北>岩手>平泉・一関 | 東北>岩手>盛岡 | 東北>岩手>県北・沿岸部 | 東北>岩手>矢巾・紫波・滝沢 | 東北>岩手>花巻 | 東北>岩手>西和賀・北上 | 東北>岩手>雫石 | 東北>福島>いわき | 東北>福島>会津 | 東北>福島>猪苗代>表磐梯 | 東北>福島>相馬 | 東北>福島>福島・二本松 | 東北>福島>裏磐梯・磐梯高原 | 東北>福島>郡山・磐梯熱海・須賀川 | 東北>秋田>大館・鹿角・八幡平 | 東北>秋田>横手・湯沢・鳥海 | 東北>秋田>田沢湖・角館・大曲 | 東北>秋田>秋田・白神・男鹿 | 東北>青森>下北・三沢・八戸 | 東北>青森>弘前・黒石・大鰐・碇ヶ関 | 東北>青森>津軽西海岸・津軽半島 | 東北>青森>青森・八甲田・十和田 | 東海>岐阜>岐阜 | 東海>愛知>名古屋・小牧・知多 | 東海>静岡>伊豆 | 海外 | 甲信越>新潟>瀬波・村上・岩船 | 近畿>和歌山>南紀 | 関東>千葉>勝浦・鴨川 | 関東>東京 | 関東>栃木>那須 | 関東>群馬