« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月30日 (月)

協和温泉 四季の湯(3)

さて、お風呂へ。
宿から撮影許可を頂き、客のいない早朝6時前に撮影しました。Img_7326
Img_7327お風呂は男女別大浴場。
他、家族風呂もあるようです。




Img_7347
Img_7346脱衣所の様子。





Img_7372浴室内へ。
浴室の基本レイアウトは男女左右対称のようでした。



Img_7350入って左手にサウナあり。





Img_7353洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。





Img_7356内湯のみですが広い窓と高い天井で開放感あり。




Img_7351手前の小さい浴槽はサウナ用の水風呂。






Img_7354一度に10~20人ぐらいは入れそうな半円形の浴槽。
真ん中付近にジャグジー発生装置があってブクブク出てました。





Img_7355湯口付近。
お湯は無色透明で無臭。
適温でくせのないお湯。




Img_7360浴槽に浸かって窓から外を眺めれば、ちょうど桜が見頃を迎えていました。







Img_7330温泉分析表。
源泉名 協和温泉2号井
泉質 硫酸塩泉(ナトリウム-カルシウム-硫酸塩温泉)
泉温 源泉 51.3℃ 使用位置 42℃
pH値 8.8


湯上りはポカポカ、湯冷めしにくい温まりの湯。
ゆったりまったりできました。



次回は食事篇です。

協和温泉 四季の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

協和温泉 四季の湯(2)

さて、お部屋をご紹介。Img_7309入り口はバリアフリーでスロープ付き。
フロントでチェックインの後、セルフで荷物を持って部屋へ移動。




Img_7307入り口反対側にクローゼット。
下は下駄箱。ちなみに館内はスリッパレスの裸足移動で土足厳禁。





Img_7302今回お世話になったのは8畳タイプ。




Img_7303別角度から。
布団はすでに敷かれていて、部屋へのスタッフの入室は無し。




Img_7313テレビは20インチと小さめですが地デジとBS放送も映りました。




Img_7311キーとお茶請け。




Img_7310乱れ箱には羽織、浴衣、大小タオル、歯ブラシなど一般的なアメニティ。





Img_7318洗面所はこの小さいキッチン(電熱ヒーター付き)兼用。
ハンドソープとケトルが備えつけ。




Img_7319下には小さめながら冷蔵庫あり。





Img_7305トイレは温水洗浄機能付き。




Img_7317窓からの眺めはこんな感じ。


次回はお風呂へ。

協和温泉 四季の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

協和温泉 四季の湯(1)

Img_7386今年も角館に桜を観に行くために、周辺から温泉宿を探してお泊りしてきました。今回は初めてお世話になる「協和温泉 四季の湯」さんへ。
日帰り湯がメインのようですが宿泊もできます。
(2018/04/25宿泊)






ロビーの様子。
Img_7324
Img_7299
Img_7375
Img_7374
ホールには売店コーナー、湯上り処が。
一角には冷水サーバーも。







Img_7301こちらが館内レイアウト。
客室棟は8畳タイプ×7室、10畳タイプと18畳タイプが各1の全9室。
館内には男女別大浴場(各サウナ付き)のほか
家族風呂×1、レストラン、宴会場など。




Img_7300館内ではFree WiFiも使えます。



Img_7321客室棟の廊下の様子。



次回はお部屋をご紹介します。

協和温泉 四季の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

2018 角館の桜

Img_7387今年も本日、角館に桜見物に行ってきました~(^^♪
(2018/04/25撮影)








Img_7391
Img_7395
Img_7406
Img_7408武家屋敷界隈。








Img_7427
Img_7399
Img_7397角館樺細工伝承館付近。








Img_7413
Img_7414
Img_7421
Img_7417
Img_7422桧木内川沿いのソメイヨシノも満開に。






Img_7424今年の「角館のさくらまつり」は4月20日~5月5日まで。
今年はドンピシャリなタイミングでした~♪




角館町観光協会
秋田県仙北市角館町上菅沢394-2
TEL:0187-54-2700 
FAX:0187-54-1755

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

湯川温泉 山人-yamado-(6)

Img_7262さて、朝食も同じ食事処にて。




Img_7268献立表です。




Img_7271テーブルの上はこんな感じ。






Img_7274地元産の美味しい食材を使ったお料理の数々。
もちろん西ワラビも♪





Img_7281地元で有名な源助豆腐店の美味しいお豆腐を使った湯豆腐。
南部かしわが入った水炊き風です。



Img_7280
Img_7278さらにお好みで白金豚のベーコンやオムレツなど注文を受けてから出来立てが食卓に(^^♪





Img_7285こちら左手は地元の湯田牛乳公社がエーゲ海から製造機械と技術者を招聘して作ったギリシャヨーグルト。
もちもちしていて伸びるヨーグルトで、とても濃厚なお味。
右側は湯田牛乳オリジナル。食べ比べが面白いですね。





Img_7284以上、デザートまで朝食も大満足。
質、量ともにすばらしいの一言でした。






Img_7290お世話になりました。
そうそうは来れませんが、また機会があれば是非お邪魔したい宿です。

湯川温泉 山人-yamado-さんの楽天トラベル宿情報

全室源泉かけ流し100%露天付客室 山人-yamado- さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

湯川温泉 山人-yamado-(5)

さて、夕食篇。
さて、評判の良い山人さんの夕食。毎度地産地消の食材に拘った意欲的な創作料理です。

Img_7222
Img_7223場所は食事処「福膳坊」(ふくぜんぼう)にて。
リクエストは19時に。




Img_7225テーブルの様子。




Img_7228献立表です。




Img_7229山人特製の季節のバーニャカウダ。




Img_7236バラエティ豊かな前菜盛り合わせ。
岩手短角牛の温泉ビーフ、南部かしわ山椒蒸し、蕎麦の実畑シメジ、岩魚柔か煮、ムカゴ新丈、ひろっこ酢味噌あえ。




Img_7239南部かしわ(銀雪)をしゃぶしゃぶで。


Img_7241さらに、鯉のタタキやら岩魚やら、すっぽんやらお酒に合いそうなおすすめの小品が。こちらもお好みで。



Img_7247こちらの白金豚のローストポークは厚め~薄目もお好みで、好きな量だけ頂けます。




Img_7248〆は稲庭うどん。
山人オリジナルの麺はよもぎを練りこんであるそうです。
美味しかったです。



Img_7251デザートはジャスミンティーのババロワ桜のアクセント
西和賀の残雪見立てのキャラメルフレグラッセ
緑のフィンガービスケット




Img_7253最後にはお夜食のパニーニまで(^^♪
お持ち帰りでお部屋で頂きました。

お料理のお味はもちろんボリューム、スタッフのサービングも素晴らしかったです。




オマケ。Img_7257食事の後は落ち着いてからゆっくりと、夜の野天風呂を満喫しました。

次回は朝食篇です。

湯川温泉 山人-yamado-さんの楽天トラベル宿情報

全室源泉かけ流し100%露天付客室 山人-yamado- さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

湯川温泉 山人-yamado-(4)

屋根の無い野天「湯場 一寸」(ゆば いっすん)は宿泊者専用の貸切露天です。

Img_7179この外気に触れる廊下を抜けて、屋根の無い野天「湯場 一寸」(ゆば いっすん)へ。
時間はチェックイン時に予め予約しておきます。
1回30分の利用で1泊2日の間に2回予約できます。





脱衣所の様子。Img_7194洗面台あり。




Img_7193湯上がり用に冷水サーバーも用意されていました。





Img_7200渓流に面して細長い浴槽は見た目4~5畳以上のサイズ。




Img_7199もちろん源泉掛け流しで塩素臭も無く温度は適温になっています。





Img_7203
お湯は肌触りが柔らかく湯上りも温まり感あり。




Img_7205
小鬼ヶ瀬川沿いの雪渓を満喫できました。




次回は夕食篇です。

湯川温泉 山人-yamado-さんの楽天トラベル宿情報

全室源泉かけ流し100%露天付客室 山人-yamado- さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

湯川温泉 山人-yamado-(3)

さて、部屋風呂へ。Img_7163入り口がにじり戸になっているので頭に気を付けて。。





Img_7164部屋のお風呂も勿論100%源泉掛け流し。




Img_7166割と広くて深め。

Img_7168湯口付近。温度は適温になってました。
ほぼ無臭で癖のない透明なお湯です。




Img_71712面ある窓を開け放てば半露天仕様に。
渓流沿いの残雪を部屋に居ながら味わえるこのお風呂は最高です。

Img_7165洗い場周り。シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。




Imgp2654_2 泉質表示。
源泉名 湯川温泉(出途の湯開発1号線)
泉質 単純温泉
泉温 源泉 47.1℃(気温22.8℃)
    使用位置 45℃
pH値 7.5


次回は野天風呂「湯葉 一寸(ゆば いっすん)」へ。。

湯川温泉 山人-yamado-さんの楽天トラベル宿情報

全室源泉かけ流し100%露天付客室 山人-yamado- さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

湯川温泉 山人-yamado-(2)

Img_7154今回お世話になったのは「麓樹坊(ろくじゅぼう)」というタイプで「桂」というお部屋でした。
2009年に「靖山樓(せいざんろう)」、2010年に「麓花坊(ろっかぼう)」と、それぞれのタイプに泊まっています。これで全タイプ泊まれました。



Img_7178部屋の上がり口です。
履物は下駄と滑り止め付き防水サンダルの2種類ありました。

Img_7184お部屋は天井が高く開放感あり。
リビングのソファもお洒落ですねぇ。床暖房が入っていて温かいです。




Img_7186ツインのベッドルーム。
シモンズ社製ベッドです。

Img_7172ベランダにはウッドデッキ。
お風呂側からの出入りも出来、湯上りに便利です。



Img_7155この時期は小鬼ヶ瀬川沿いの雪渓が楽しめました。
目の前の木は山桜だそう。



Img_7188備品は32インチ液晶テレビ(地デジ&BS放送)、DVDデッキ、BOSE製CDプレーヤー、WiFiルーターなど。
全館無料WiFiが使えます。




Img_7159冷蔵庫の中は全てインクルーシブで無料です。
上にはコーヒーメーカーも。





Img_7176クロークスペース。
中に金庫と、館内で着まわせる部屋着があります。









Img_7162パウダールームです。
アメニティも充実してます。





Img_7158トイレスペース。
もちろん温水洗浄機能付きです。

次回は部屋風呂をご紹介。

湯川温泉 山人-yamado-さんの楽天トラベル宿情報

全室源泉かけ流し100%露天付客室 山人-yamado- さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

湯川温泉 山人-yamado-(1)

Img_7143西和賀町にある湯川温泉 「山人-yamado-」(ヤマド)さんへは2010年6月以来実に8年ぶり。(2018/04/10宿泊)
全室100%源泉掛け流し部屋風呂付きのプレミアムな隠れ家宿。




Img_7291玄関前。





Img_7293フロント&ロビーはウッディーな隠れ家調。
スウェーディシュジャズが流れるイイ雰囲気。




Img_7150ここでお部屋で聴けるCDも無料貸し出しできます。




Img_7151お茶とお茶請けを頂きながらゆったりとチェックイン。
ちなみにお茶請けは地元西和賀の「わらび餅」。





Img_7152広い館内のレイアウト。全12室。





Img_7217Img_7216ロビーからは渡り廊下で移動します。









Img_7182野天風呂「湯場 一寸」(ゆば いっすん)の入り口が見えてきました。
今回お世話になったお部屋はすぐ近くででした。



Img_7181次回はお部屋をご紹介。

湯川温泉 山人-yamado-さんの楽天トラベル宿情報

全室源泉かけ流し100%露天付客室 山人-yamado- さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

四季彩の宿 ふる里(6)

さて、朝食篇です。Img_7106場所は前夜と同じ食事処にて。





Img_7108朝食も春のお献立です。
2種類から選べます。
前日チェックインの際にチョイス。





Img_7109こちらは「お野菜たっぷり朝食」。






Img_7113こちらは「和の朝食」。







デザートもそれぞれ別々です。
Img_7117こちらは「お野菜たっぷり朝食」。のデザートで「おからのみたらし団子風」





Img_7118「和の朝食」のほうは「湯田プレミアムヨーグルト」でした。







Img_7119食後はラウンジに移動。






Img_7126ゆったりとコーヒーを。





Img_7120お茶や地元産の八重樫牛乳もあり。
セルフなのでおかわりも自由です。






Img_7140ゆったりと気持ちをリセットしに来れる場所。
いつもながらのんびり出来ました。
本当におすすめ宿です。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

四季彩の宿 ふる里(5)

さて、毎度評判の良いここふる里さんのお料理。
Img_7085場所は夕、朝食とも食事処にて。
まずは夕食篇です。




Img_7088献立表です。
春の献立。テーマは「春の訪れ」だそう。




Img_7086テーブルの様子。
食前酒はキール



Img_7090前菜 生ハムと胡瓜のいも寿司
    山うど信田巻
    白魚の南蛮漬け
    桜海老の揚げ煮
    青柳とうるいの辛子明太子和え


Img_7089お造里 岩手和牛のタタキ
           二色コンニャク
     かんぱち昆布〆



Img_7093主皿 海鮮のブイヤベース
    ※予約時に龍泉洞黒豚のしゃぶしゃぶかどちらかチョイス可



Img_7092焼物 竹の子旨煮 帆立ベーコンしそチーズ風味焼




Img_7095中皿 春キャベツと海鮮ゼリー寄せ



Img_7097揚 物  日替わり山菜と海老の天婦羅




Img_7101Img_7100ご飯 岩手県産あきたこまち
    ※生姜とちりめんじゃこ
止め椀 雲丹はんぺん 菜の花 花びら百合根
香の物 炙り大根漬け 山東菜カラシ漬け
※下の画像が自分の分(漬物が苦手と伝えていたので替えて頂きました)



Img_7102デザート  桜のムース




お味はもちろん、お料理の説明、出てくるタイミング、いつもながら言うことなしです。

次回は朝食をご紹介します。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

四季彩の宿 ふる里(4)

Img_7048さて、大浴場は男女別で入れ替えなし。





Img_7071今は撮影禁止になりました。
今回は宿の了解を頂いて、他の客のいない時間に撮影させて頂きました。






Img_7051脱衣所の様子。簡素ですが充分な設備。






Img_4792鍵付きロッカーあり。






Img_7055内湯の様子。




Img_7059源泉掛け流しでトロリ系の泉質。
こちらは浴槽の底から湧いてくるタイプの湯口なので足元注意。




Img_7056洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。







Img_7065いつもの渓流沿いの露天へ。







Img_7068この時期は渓流沿いの残雪が楽しめます。





Img_7069こちらの湯口も槽の底から湧いてくるタイプ。
内湯より少し熱めになっていました。






Img_7132ちなみにこちらが女湯側の露天。
(カミサン撮影)



Imgp2590 泉質表示。
源泉名 湯川温泉(ふる里の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 56.6℃ pH 8.0

加水、加温無しの100%源泉掛け流し。

次回は夕食篇です。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

四季彩の宿 ふる里(3)

さて、お風呂へ。まずは貸切風呂篇です。

Img_7072こちらのお宿には一般客室宿泊者が無料※で利用できる貸切の家族風呂があります。(チェックイン後フロントにて要予約※50分1回限り)




Img_7073階段を降ります。




Img_7075狭い脱衣所ですが、家族利用ならまあ充分なスペース。






Img_7076浴室内はこんな感じ。






Img_70792人で入るにはちょうど良いサイズ。
お湯はやや熱めの適温。ほんのり焼き塩系の香り。
くせのないトロリ系のお湯でまったり過ごせました。





Img_7081窓の外の渓流沿いは雪がまだかなり残っています。
雪解け水で水量も豊富。





Img_7077洗い場にはシャワー付きカランが1基。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープも揃っています。




Img_8475源泉名 湯川温泉(ふる里の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 56.6℃ pH 8.0

加水、加温無しの100%源泉掛け流し。



※お風呂付客室ご利用の方は有料50分1,000円/日帰客は50分1,000円+入浴料(大人500円・小人300円)

次回は大浴場篇です。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

四季彩の宿 ふる里(2)

さて、お部屋へ。

Img_7020お部屋は南館の1階307号室。
いつもの10畳+広縁付き。
色んな部屋に泊まりましたが、ここが一番お気に入りです。




Img_7023お茶請けはこんな感じ。
部屋のキーは2つ。




Img_7022広縁の様子。





Img_7021窓の外の渓流沿いには雪渓が残ります。






Img_7024テレビは40インチ液晶デジタル。BS放送も映ります。
傍らには金庫あり。





Img_7033い草敷きのスリッパと目印用のクリップ。






Img_7027クローゼット内のアメニティ。
大小タオル、浴衣、湯足袋など。






Img_7032掃除が行き届いていて清潔な洗面化粧台。





Img_7034右下には空の冷蔵庫。






Img_7031トイレはもちろん温水洗浄機能付。

次回は貸切家族風呂へ。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

四季彩の宿 ふる里(1)

Img_7138昨年6月以来の湯川温泉 ふる里さんへ。
加水、加温も一切なし混じりけのない源泉100%掛け流しのお湯に、美味しいお食事で評判の高いお宿。
雪がまだそこここに残っていますが、今日は暖かで春の訪れを感じます。
(2018/03/28)




Img_7043ロビーの様子。チェックインも笑顔でスムーズ。
今回もくじ引きあり。空クジなし。
お土産処で使えるクーポン券をゲットしました。




Img_7046奥はお土産処。






Img_7041
Img_7040
Img_4764
Img_7037
館内には洒落たあしらいがあちこちに見受けられます。


Img_7036こちらは宿泊者専用の湯上り処。
新たにマッサージ機も2基完備。





Img_7017お部屋も含め、全館禁煙となったため、自販機コーナーの脇に喫煙スペースが設けられました。



Img_7018隣には無料で使える製氷機も。







Img_7035廊下の様子。
館内は無料WiFiあり。
次回はお部屋へ。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »