« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(8)

朝食膳です。Img_5635場所は昨晩と同じダイニングにて。





Img_5637朝カレーやとろろなど、おばんざいコーナーも豊富に。





Img_5638ドリンクコーナーにはなんと朝シャン(シャンパン)も!(@_@)/





Img_5640こちらもこだわりの朝食。
秋刀魚の甘露煮
ゴボウのお煮付け
青菜しぐれ
昆布の佃煮
カブの田舎和えなど、品数豊富です。




Img_9325お汁は宮城の名物「おくずかけ」。
はんなりと優しいお味です。





Img_5642旬の生うにも~♪







Img_9318左から順に「炊き込みご飯」、「十穀米」、「宮城県産ひとめぼれ」と、ご飯も色々(^。^)/








Img_5645デザートはアロエの蜜漬け。






Img_5670お世話になりました。
源泉掛け流しのお湯と、拘りの美味しいお食事。
そしてスタッフの心のこもったおもてなし。また訪れたいお宿です。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(7)

さて、評判の良いここ大忠さんの食事。
Img_5634場所は夕、朝食ともダイニングにて。






Img_5548間仕切りされた個室ダイニングです。




Img_5551お酒もなんとフリードリンクです。






Img_5558それぞれ思い思いのお酒でで乾杯(^。^)/。








Img_5552献立表です。
題して「蔵王 旬菜の膳」。
「ふるさとが育んだ旬を、一番おいしく」
それが大忠のお料理のテーマだそう。




以下、お料理を順にご紹介。
Img_5549蔵王 彩りの前菜。
生ハムプラム・巨峰蜜漬け
生湯葉刺身・揚げ豆腐変わり焼き
豚バラエリンギ焼き・椎茸香草バター焼き





Img_5559サラダ
  蔵王山麓 虹鱒のタルタル サラダ仕立て





Img_5561揚物は大忠名物の「きのこと竹の子の包み揚げ」。
具沢山の包みの中には、トロ~リ半熟玉子。手掴みでガブリ!
やっぱり大忠に来たらコレ!とても美味しかったです。






Img_5563お口直し
メインのお料理の前にレモンシャーベットで口直し。






Img_5564お焼き物
黒毛和牛A5ランク「仙台牛」のステーキはランプとイチボ。
柚子塩、または吟醸醤油で頂きます。
美味しかったです(^O^)/





Img_5568または
蝦夷アワビの浜焼き レモンバターソース。
メイン料理は他に「吉次の炙り焼き」、「仙台名物・牛タン『芯』 とろける煮込みステーキ」と、4種類の中からチェックイン時に各々チョイスできます。
自分たちは以上の2種類を選びました。





Img_5576ご飯は鮎飯。
蓋を開けると、ふわっと香る爽やかな鮎の香り。
※お好みで事前に「白石うーめん」もチョイス可能。




Img_5578美味しく頂きました。




Img_5581デザート。
ビターチョコケーキ 抹茶アイス添え




Img_5584他にお夜食としてお部屋お持ち帰りのフルーツも付きます。





Img_5547こちらは取り放題の「おばんざい」コーナー。
中央のカウンターに、「田舎のおばあちゃんが作ってくれた懐かしい味」 をコンセプトに、数種類のおばんざいが用意されています。




出てくるタイミング、お味はもちろん季節のあしらいもお洒落でした。


次回は朝食篇です。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(6)

Img_5531もう片方の貸切風呂「風みどりの湯」へ。






Img_5532脱衣所の様子。
マッサージチェアが付いてました。





Img_5537パウダーコーナー。





Img_5538浴室内へ。






Img_5542こちらは趣向変わって岩風呂になっています。





Img_9239半露天で開放感あり。
温度は適温。笹濁りのお湯は少量の加水のみの掛け流し。
まったりできました~♪




Img_5545湯上りには冷水処が。
麦茶とミント茶が用意されていました。




Img_9312 泉質表示。
風みどりの湯(岩風呂)
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
低張性中性高温泉
泉温 65.7℃ 使用位置 46.7℃


次回は夕食篇です。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(5)

貸切風呂へ。
こちらの貸切風呂は2箇所あり、空いていれば滞在中予約なしで利用できます。利用時間は午後3時~午後10時、翌朝午前7時~午前10時。
Img_5589まずは手前側「紺碧の湯」へ。







Img_5590入浴中は札を裏返し「入浴中」にして内鍵をします。






Img_5591脱衣所の様子。






Img_5592パウダーコーナーも充実。






Img_5596浴室内はこんな感じ。





Img_5598浴槽は青い信楽焼きの陶器風呂。
2人サイズで肌触りが良いです。





Img_9187別角度から。温度は適温でした。






Img_5603洗い場の様子。
シャワー付きカランが1基。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。





Img_9183泉質表示。
紺碧の湯(陶器風呂)
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
低張性中性高温泉
泉温 65.7℃ 



次回は隣の
貸切風呂「風みどりの湯」へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(4)

Img_5586さて、翌朝は「庭園大風呂・露天風呂」へ。
時間帯で男女入れ替えあり。





Img_5630脱衣所の様子。






Img_5629
パウダーコーナー。





Img_5612浴室へ。






Img_5613大きなお風呂の手前半分は寝湯のできる浅い浴槽になっています。
ゆっくりと疲れを癒せる温まりのお湯。





Img_5617湯口付近。
折出物が付いています。




Img_9434オーバーフローあり。






Img_5614洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイスソープ。





Img_5620ドアを出て露天へ。





Img_5621広くはありませんが開放感あり。
独り占めでまったりできました。





Img_9419こんな張り紙がありました。







Img_5587温泉分析表。
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)
泉温 68.7℃ 使用位置 62.5℃


次回は貸切風呂へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(3)

さて、お風呂へ。
こちら大忠さんのお風呂は全部で5つ。
時間帯男女別の内湯と露天、そして貸切風呂が2つあります。

Img_5513ますはこの日の男湯「檜風呂」から。





Img_9195脱衣所の様子。





Img_5522衝立の裏には無料のマッサージチェアもあり。






Img_5521パウダーコーナーも充実。





Img_5655浴室へ。






Img_5669窓から差し込む光が美しい色ガラスは大正時代のものだそう。





Img_9211湯口付近。
折出物がびっしり。成分の濃さを物語ります。





Img_5658湯舟の脇には温泉蒸気を使った寝湯が。
スノコの下には、源泉がシャワー状に流れています。
蒸気の温熱で横になっているとじわ~っと汗が・・。体に良さそうです。





Img_5662洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイスソープ常備。




Img_9269温泉分析表。
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)
泉温 68.7℃ 使用位置 62.6℃

源泉に一滴の水を加えることなく、配管軽度の長さの調節と湯口から流れるお湯の量により適温の状態にお風呂を整えて源泉を維持しているそうです。




次回は「庭園大風呂・露天風呂」へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(2)

さて、お部屋へ。スタッフは玄関から荷物を持ってお部屋へ案内。


Img_5486今回お世話になったお部屋は2階にある「やまゆり」。
和室+広縁+ベッドルームです。





Img_5485広縁にはマッサージチェア。





Img_5493ツインの低床ベッドはイタリア・マニフレックス社製の高反発マットレスで快適でした。
プラズマクラスター付きの空気清浄機も完備。



Img_550432インチの液晶テレビはBS放送も映ります。
下はセーフティボックスと「おかみの愛情箱」。
お裁縫セットや胃薬、救急絆創膏などまで。




Img_5488他、備品は冷蔵庫、湯沸しポット、コーヒーメーカーなど。
引き出しを開けるとお茶セットやら。




Img_5487冷蔵庫あり。
中のミネラルウオーターはサービス。




Img_5506キーとお茶請け。キーは2つ。






Img_5483クローゼットの様子。
乱れ箱には浴衣、羽織、大小タオル、湯足袋など。





Img_5494洗面化粧台。






Img_5495温水洗浄機能付トイレ。


お部屋は隅々まで掃除が行き届いていて清潔感あり。




Img_5499窓からの眺め。
次回はお風呂へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(1)

Img_5473昨年8月以来1年ぶりの大忠さんへ。
(2017/08/20)

 



Img_5476玄関へのアプローチが素敵です。






Img_5479さて、中へ。玄関を入ると、ふんわり漂う「い草」の香り。
フロントや廊下は全て畳敷き。




Img_5481フロントの隣にはお洒落なカウンターバー。





Img_5523Img_5528宿泊者は15~17時までウェルカムドリンクが1杯無料。





Img_9243 一角にあるパソコン。宿泊者は無料で利用できます。






Img_5525売店コーナー。


 



Img_5514廊下の様子。






Img_5515中庭の見えるラウンジコーナー。





Img_9170こちらは書庫。貸し出し用の本がずらり。
滞在中無料で利用できます。




Img_5507次回はお部屋へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(6)

さて、朝食篇です。
Img_5463場所は前夜と同じレストランにて。





Img_5464テーブルの様子。







Img_5466お膳はこんな感じ。







Img_5470お世話になりました。
お湯は源泉掛け流しで、過不足なくコスパ高し。
また季節を変えてお邪魔したいですね。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(5)

Img_5417食事の場所は夕、朝食とも新館側ロビー階のレストランにて。
夕食時間は18時30分をリクエストしました。




Img_5419テーブルの様子。





Img_5423お膳はこんな感じ。
スタンダードなプランです。



Img_5422献立表です。






お料理をアップで(順不同)Img_5425
Img_5431
Img_5427
Img_5430
Img_5429
Img_5432
Img_5426
Img_5424
Img_5434
Img_5428
以上デザートまで。
名物西わらびや舞茸ごはんなど山菜もあり、品数豊富。
いっぺんに出てきますが、茶碗蒸しなどは温かかったです。




次回は朝食篇です。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(4)

Img_0837続いて女湯側(カミサン撮影)。







Img_5450脱衣所の様子。





Img_5451パウダーコーナー。








Img_5456浴室内へ。
こちら側も男湯同様、浴槽は大きい浴槽と小さい浴槽の2つ。
もちろん源泉掛け流し。
大窓に面した大きな浴槽は広い方が「ぬる湯」。




Img_5462狭い方がジャグジー風呂になっています。





Img_5461小さめの浴槽は大きなお風呂より気持ち熱めの湯。
朝早くの撮影だったので一旦お湯が抜かれてお湯貼りの途中でした。



Img_5454サウナあり。




Img_5455洗い場の様子。



Img_08492カ所に分かれています。
シャワー付きカランでリンスインシャンプー&ボディソープあり。




Img_0850ドアを出て露天へ。






Img_5459開放感のある露天。





Img_5411お湯も適温でゆったりできました。





Img_0767温泉成分表。
源泉名 志賀来温泉(およねの湯)
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度  60.7℃ 使用位置 60℃
pH値 8.4
メタケイ酸 47.4

源泉掛け流し。塩素使用あり。

くりかえし何度も入れるくせのないお湯ですね。


次回は夕食篇です。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(3)

さて、お風呂へ。
日帰り湯は中学生以上300円、利用時間は10時~21時30分まで。
宿泊客はチェックイン~夜22時まで、翌朝6時~8時まで。

Img_5401まずは男湯へ。



Img_0870脱衣所の様子。
コインロッカー(有料)あり。



Img_0872パウダーコーナー。






Img_5414浴室内へ。
お湯は源泉掛け流し。オーバーフローあり。






Img_5404大窓に面した大きな浴槽。
向かって右手はいわゆる「ぬる湯」。
くせのない無色透明なお湯。
左側はジャグジー発生装置付き。温度は右側より気持ち熱め。






Img_5405_3浴室向かって左手にある小さい方の浴槽。
こっちは少し熱め。





洗い場の様子。Img_5415シャワー付きカランでリンスインシャンプー&ボディソープあり。





Img_5402サウナあり。





Img_5407ドアを出て露天へ。






Img_5408開放感のある台形型の浴槽です。





Img_5413入浴目線で。
丁度、深緑に囲まれて貸切状態でまったりできました(^^♪


次回は女湯側をご紹介。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(2)

さて、チェックイン後、スタッフに案内されてお部屋へ。

Img_5390今回お世話になったお部屋は10畳+広縁付き。
掃除も行き届いていて清潔感あり。



Img_0752別角度から。
キーは1つ。




Img_5395テレビは22インチ。地デジの他、BS放送も映りました。




Img_5388クローゼット内。
羽織、浴衣、帯、大小タオルなど一般的なアメニティがひと通り。
下には金庫あり。




Img_5392冷蔵庫あり。




Img_5391広縁の様子。




Img_5397洗面台周り。





Img_5396トイレは温水洗浄機能付き。



次回はお風呂へ。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(1)

Img_5381昨年10月以来2度目の沢内バーデンお泊りです。
(2017/08/11)





ロビーの様子。Img_5383湯量豊富で源泉掛け流しのお湯が評判の温泉施設です。






Img_5384日帰り湯がメインですが宿泊も可能です。
この日も日帰り客でロビーは賑わっていました。




Img_0762ロビーにある湯上り処。




Img_0780モダンな螺旋階段の上は、有料の休憩場となっています。
ギャラリーコーナーもあり。





Img_5400入って左手にある売店コーナー。
西和賀のお土産品も多数。





Img_5463ロビーから向かって右手に通路を抜けて行くと新館側。
ロビー階にはレストラン、そして、宴会場があります。







Img_5437客室はそのレストランのある建物の下の階へ。





Img_5449新館側、1階の客室棟の廊下です。
次回はお部屋へ。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(5)

Img_5355翌朝は1階朝食会場「秀峰」にてバイキング。




Img_5357
Img_5358新鮮な地場食材が並びます。




Img_5372実演で頂ける玉子焼きは出来たてでとても美味しかったです。




Img_5359大観名物の絞りたてのフレッシュトマトジュース。




Img_5367地場産野菜のサラダも美味しい。




Img_5370パン食ももちろんOK。




Img_5376マイプレートはこんな感じです。




Img_5378コーヒーもセルフでお代わり自由。








Img_5288お世話になりました。
リーズナブルな企画でも手抜きは一切なし。
100%源泉掛け流しのお湯と過不足ないサービスでオススメですね。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(4)

今回のプランは夕、朝食ともバイキングスタイルでした。
Img_5330夕食会場は本館10階のダイニングルーム「清漣」にて。





Img_5349
Img_5331
Img_5334
Img_5339
Img_5341
オープンキッチンでの天ぷらやローストビーフ、握りたてのお寿司、紅ズワイガニもてんこ盛りでした~♪





Img_5352夕暮れの御所湖を眺めながら、こんな感じで。
ビール&酎ハイも60分飲み放題でした(^^♪




Img_5343スイーツ類も充実。

美味しくいただきました。


次回は朝食篇です。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(3)

Img_5324さて、お風呂篇。
ここ大観さんのお湯は加水加温無し100%自家源泉掛け流し。
湯量豊富で自家源泉の熱を給湯余熱に利用したり、掛け流しの排湯もさらに熱利用したりと、温泉エネルギーを利用し年間323トンものCO2削減を実現しているそうです。


現在こちらの浴室内は撮影禁止となったため、以下過去画像(2016/11/03撮影)を再掲します。

Img_4358脱衣所の様子。




Img_1067パウダーコーナー。








男湯側浴室内へ。広い大浴場は浴槽が2つ。Img_1021こちらは広い窓に沿ったL字型石造り。20~30人は入れそうな広さ。
この時期は紅葉のパノラマと岩手山を贅沢に眺められます。




Img_1062湯量豊富でドバドバと掛け流されています。やや熱めの適温でした。



Img_1011向って左奥にある古代檜の7、8人ぐらい入れそうな浴槽。
古代檜風呂側は気持ちぬるめでした。



Imgp4563湯の花も豊富で白い消しゴムカス状。
軽い硫黄臭が心地よいです。



Img_1055洗い場の様子。カランの数も充分、全部で20基ありました。
シャンプー、リンス、ボディソープあり。



Img_4369ドアから外へ出て右手に打たせ湯のある露天風呂。
※こちらは2016年1月に撮影した時のもの。



Img_1031こちらは露天「簾下り(すおり)の湯」。




Img_1001かつて南部藩主やご一族が入られた際、簾を降ろして入浴された事に由来するそうです。



Img_100210人以上は入れそうな石組みの屋根なし露天。
硫黄臭とトロ~リとした感触のお湯。外気に触れて適温。




Img_1005天気が良ければお湯に浸かりながら岩手山が望めます。





Img_0963源泉名:つなぎ温泉(大観の湯)
泉質:単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温:52.4℃ pH :9.0
湧出口が敷地内にあり湯畑を通り丁度良い温度で湯舟に運ばれる混じり気無しの100%源泉掛け流しだそうです。




Img_1068こちらは湯上り処。鍵付きロッカーや冷水器もあり。



※追記。浴室入り口に前回までは無かったシャンプーバーが出来ていました。好みのシャンプー類を選んで浴室内洗い場で使用できます。

次回は夕食篇です。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(2)

Img_5292さて、今回お世話になったお部屋は本館側7階の和洋室。





Img_5308別角度から。
新しくはないですが広いお部屋です。



Img_5298広いリビングスペースは7.5畳の畳敷き。
掃除も行き届いていました。




Img_5301テレビは22インチ。
地デジのほか、館内配信で一部NHKなど一部BS放送も地デジ放送の空きチャンネルを利用して楽しめます。



Img_5300キーは1つ。





Img_5293窓からは御所湖と晴れていれば岩手山が。
残念ながら終日曇り空でしたが・・(*_*;





Img_5296ツインのベッドルーム。





Img_5297広縁に面した化粧台スペース。





Img_5303空の冷蔵庫あり。





Img_5304広いウオークインクローゼット。
浴衣、羽織、大小タオル、スリッパほか。






Img_5309金庫あり。





Img_5307トイレ、バス、洗面台はユニットタイプ。



次回はお風呂へ。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(1)

昨年11月にお邪魔して以来9か月ぶりのホテル大観さん。
今回は「生ビール&チューハイ60分飲み放題 おひとり様1万円ポッキリ♪お部屋おまかせ★バイキングプラン」での宿泊です。
(2017/08/10宿泊)
Img_5286玄関前。
いつもながら車寄せに到着するとすぐにスタッフが荷物を持ってくれます。



Img_5289玄関前の飲泉・手湯処。
加水加温なしの100%源泉掛け流しのお湯はトロリとした硫黄泉で好きな泉質です。

Img_0921フロントの様子。

Img_5290フロント横のロビースペース。ゆったり寛げそうなソファが置かれてます。






Img_5291スペースの一角には宿泊者が無料で利用できるパソコンが2台設置されています。




Img_0953喫煙コーナー。




Img_5320御所湖を望むカフェラウンジ。





Img_5319売店コーナー。




Img_5321館内を鯉が優雅に泳いでいます。



Img_5322カラオケボックスもあり。





Img_5316今回お世話になった本館側廊下の様子。
次回はお部屋篇です。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »