« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

花巻 台温泉 ホテル三右エ門(3)

Img_4135女湯側をご紹介(カミサン撮影)。






Img_4139脱衣所の様子。



Img_4140パウダーコーナーは男湯側よりも広い感じ。






Img_4141浴室内へ。






Img_4146男湯ほど広くない細長い浴槽。





Img_4151湯口付近。
お湯はキリリと若干熱めだったそうです。
源泉は男湯と同じ台温泉(2号泉)、泉質は単純硫黄泉です。






Img_4147洗い場の様子。
備品はシャンプー、コンディショナー、ボディソープ。






Img_4145露天の様子。
男湯同様2、3人用の石造りの浴槽。
フェンスが高く眺望はイマイチですが、季節の移り変わりは充分感じられました。


次回は夕食篇を・・。

台温泉 いやしろの湯 ホテル三右ェ門さんの楽天トラベル宿情報


いやしろの湯 ホテル三右エ門さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

花巻 台温泉 ホテル三右エ門(2)

さて、お風呂へ。
男女別の内湯と露天が各1つで入れ替えは無し。

Img_4066まずは左手、男湯側から・・。




Img_4104脱衣所の様子。清潔感あるウッディーな造り。



Img_4107パウダーコーナーにはドライヤー完備。




Img_4110内湯の様子。ガラス張りで天井が高く開放感がある浴室。
浴槽は深い方と浅い方(寝湯)があります。
源泉掛け流しでほぼ無味無臭。トロリとした泉質でしっとり感あり。




Img_4133お湯の投入口は階段状のユニークな形。
熱い源泉を加水することなく、冷ましながら注がれます。




Img_4115浴室の出入り口が2カ所あり、こちら側から入ると浅め側です。
温度調整も熱からず温からず適温でした。




Img_4109
Img_4119洗い場も2カ所あり。シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。




Img_4121内湯を出て露天へ。





Img_4129石造りの屋根の無い露天があります。



Img_41312、3人で満員の小さめなサイズです。




Img_4127露天側は気持ちトロリ度も高く、微かに出し汁のような成分臭も香り。




Img_4065泉質表示。
源泉名 台温泉(2号泉)
泉質 単純硫黄泉
泉温 源泉 86.5℃ 
pH値 8.5
メタケイ酸 87.8


次回は女湯側をご紹介。。

台温泉 いやしろの湯 ホテル三右ェ門さんの楽天トラベル宿情報


いやしろの湯 ホテル三右エ門さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

花巻 台温泉 ホテル三右エ門(1)

Img_4040花巻市にある台温泉のホテル三右エ門さんへ。
お邪魔するのは2011年6月以来2度め。





Img_4044明るく広いロビー。
チェックインもスムーズ、愛想のいいベテランの仲居さんが荷物を持って部屋まで案内。前回泊まった時もお世話になった方で、その時「開湯1200年の台温泉の源泉が一時枯れてしまい大変でだった事、その後、湯量が徐々に戻って、元通りになった」というお話を伺ったのを思い出しました。




Img_4060こちらは売店コーナー。




Img_4059廊下の様子。
お部屋は3階の301号室。





Img_4045今回通されたお部屋は和洋室。和室8畳&ベッドルーム+広縁付。
新しくは無いものの掃除は行き届いていました。




Img_4053テレビはデジタル液晶32インチ。
地デジ&BS両方映りました。


Img_4048ベッドはツイン。お願いすれば和室側にお布団も敷いてくれます。




Img_4049空の冷蔵庫。


Img_4058お茶請けはこんな感じ。




Img_4055クローゼットの様子。
浴衣、タオルなどアメニティが一揃え。



Img_4056下に金庫あり。





Img_4050洗面台はバスルーム兼用のユニットタイプ。




Img_4051トイレは独立。温水洗浄便座付き。



Img_4068窓からの眺め。雨からみぞれに変わって肌寒い空模様でした。

次回はお風呂へ・・。

台温泉 いやしろの湯 ホテル三右ェ門さんの楽天トラベル宿情報


いやしろの湯 ホテル三右エ門さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

ホテル森の風田沢湖(6)

さて、朝食篇です。

Img_4012 翌朝も同じ会場にて。





Img_4016 バイキングスタイルです。





Img_4031 ご飯は米どころ秋田のあきたこまち。






Img_4023 地元産の新鮮しゃきしゃきサラダ。





Img_4022 温野菜も好評。





Img_4019 圧焼き玉子も評判良し。





Img_4024 もちもちバターロールやクロワッサン。





Img_4027 朝のイチオシ、しっとりフレンチトースト。





Img_4021 デザートメニューも豊富。





Img_4035 マイプレートはこんな感じです。





Img_4037 食後はコーヒーもセルフで。





Img_4038 お世話になりました。
お湯もさることながら美味しい食事とスタッフの対応の良さで居心地の良い宿。特にファミリーでの利用にオススメ。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

ホテル森の風田沢湖(5)

さて、夕食篇です。   
Img_3952食事処は「ごっつおダインニング」にて。
こちらのウリは「地元秋田の旨みが詰まったごっつぉバイキング」。





Img_3983今回も特別ゲストに「なまはげ」登場!!





Img_3980目の前で男鹿名物の石焼鍋も振舞われ大盛り上がりでした。





Img_3958
Img_3955
Img_3954男鹿直送の紅ズワイガニをはじめ、地元食材を使った出来立てのお料理の数々。





Img_3972こんな感じで盛ってみました。





Img_3975銀河高原ビールで乾杯です。





Img_3963デザートコーナーも充実。

 

次回は朝食篇です。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

ホテル森の風田沢湖(4)

Img_4011翌朝男女入れ替わり「かたくりの湯」へ。





Img_3986清潔感ある脱衣所。ベビーベッドも完備。





Img_3985冷水サーバーもあり、パウダーコーナーもアメニティ充実。





Img_3997浴室内の様子。





Img_4000洗い場。シャワー付きカランが全部で8基。
シャンプー、コンシショナー、ボディソ ープあり。





Img_3995奥にサウナ。隣に水風呂があります。




Img_3993サウナの手前には寝湯もあり。





Img_3992こちらがメインの浴槽(変わり湯)。
循環されていますが、しっかりオーバーフローもあり。





Img_3998浴槽は温度管理されていて適温。
白濁のお湯が多い水沢温泉郷ですが、こちらは独自源泉で無色透明。
お湯は匂いもなく、クセのないサッパリ系。





Img_4006ドアを出て露天へ。坪庭の露天風呂。





Img_4008真ん中にあり屋根付きのメインの浴槽。
しっかりオーバーフローあり。
雪だるま型に2重になっていて、丸側が微妙にやや熱め、三日月側がややぬるめ。




Img_4004この他に壷湯と小ぶりの円形浴槽があるのですが、冬場は落雪の恐れがあるため使用休止されていました。





Img_3947源泉名 駒草の湯
泉質 単純温泉 (ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉)
泉温 25.4℃ 使用位置 42.0℃
pH値 7.8





加水、加温あり。
露天風呂は掛け流し。
内風呂(変わり湯)は循環ろ過、塩素投入あり。

次回は夕食篇です。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

="http://travel.blogmura.com/onsen/img/onsen88_31.gif" border="0" complete="true" />

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

ホテル森の風田沢湖(3)

さて、大浴場へ。
男女別で翌朝入れ替えあり。
宿泊者は15:00~24:00、翌朝5:00~9:00
Img_3915男湯側「こまくさの湯」をご紹介。





Img_3916清潔感ある脱衣所。ベビーベッドも完備。





Img_3918冷水サーバーもあり、パウダーコーナーもアメニティ充実。





Img_3921浴室内へ。
新しく、また掃除が行き届いているようで清潔感があります。





Img_3951入ってまず洗い場。シャワー付きカランが左右に4基ずつ。
シャンプー、コンシショナー、ボディソープあり。





Img_3927その先、左手にサウナ。隣に水風呂があります。





Img_3923向かい側には寝湯。





Img_3926奥にはメインの浴槽(変わり湯)があります。
しっかりオーバーフローもあり。広い窓で開放感あり。
窓の向こうは雪景色。そして露天風呂が配置されています。





Img_3941浴槽は温度管理されていて適温。
お湯は透明で匂いもなく、クセのないサッパリ系。
この浴槽は塩素投入ありですがさほど気にならず。





ドアを出て露天へ。Img_3930向って右手前側の大きな浴槽は42度前後。
こちら側は屋根付き。





Img_3935左手側にある2、3人サイズの小さめな浴槽。
こちらも42度前後でした。
露天は塩素臭はなく快適に入れました。





Img_3950温泉分析書。
源泉名 駒草の湯
泉質 単純温泉 (ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉)
泉温 25.4℃ 使用位置 42.0℃
pH値 7.8





Img_3948加水、加温あり。
露天風呂および内風呂(寝湯)は掛け流し。
内風呂(変わり湯)は循環ろ過、塩素投入あり。

次回は「かたくりの湯」へ。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

ホテル森の風田沢湖(2)

さて、お部屋へ。
Img_3886今回お世話になったのは禁煙の325号室。
広々和室12.5畳というタイプ。



Img_3878畳に和ベッドが置かれた部屋です。





Img_3882広縁の様子。





Img_3879この時期、窓からは一面雪のフィールドが広がります。





Img_3892テレビは26インチ。地デジ&BS放送もバッチリ。
下には金庫あり。





Img_3893キーとお茶請け。
キーは2つ。



Img_3894ただし部屋の電気は入り口でキーホルダーを差し込む形式。





Img_3899
Img_9003
洗面化粧台&温水洗浄付きトイレ。
ユニット式バスも付いています。





Img_3900広いクローゼット。乱れ箱には一般的なアメニティが一揃え。
お風呂行きのカゴも付いていました。

次回はお風呂へ。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

ホテル森の風田沢湖(1)

Img_3873秋田県は仙北市のホテル森の風田沢湖へ。
(2017/03/14宿泊)



Img_3871お邪魔するのは一昨年8月に泊まって以来。
ホテルタザワの頃から数えて通算6度目。




Img_3906ロビーの様子。





Img_3901WiFi完備。滞在中は無料で利用できます。





Img_3904選べる色浴衣のサービス。女性用はもちろん、子供用、男性用もあり。





Img_3902無料の卓球コーナーが新設されてました(^。^)/




Img_3908広いラウンジ。




Img_3909宿泊者は滞在中コーヒー、ソフトドリンク類がセルフで無料。





Img_3911売店コーナーも充実。




Img_3877廊下の様子。
次回はお部屋へ。。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

休暇村 岩手網張温泉(8)

さて、朝食篇です。

Img_3807
翌朝も同じ1階レストランにて。





Img_3808
Img_3811
Img_3813
朝食もバイキングスタイルです。





Img_3819
ライブキッチンで目玉焼きも。





Img_3815新鮮野菜が取り放題。





Img_3816自家製パンは評判良し。







Img_3817「田野畑ヨーグルト」や、「わらび餅」などデザートも充実しています。








Img_3827マイプレートはこんな感じで。






Img_3831もちろんコーヒーもおかわり自由。








Img_3832お世話になりました(*^_^*)
宿泊者は日帰り温泉館も利用できます。
源泉掛け流しの濁り湯とホスピタリティ溢れるスタッフ対応。
食事も美味しくリーズナブルですっかりご贔屓宿。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

休暇村 岩手網張温泉(7)

Img_3751食事は夕、朝食とも1階レストランにてバイキングプラン。








Img_3758
Img_3759
Img_3761
Img_3762
毎度評判の良い、こだわりの地産地消バイキングです。





Img_3765こちらは雫石伝統郷土料理の「重っこ(じっこ)料理」コーナー。





Img_3755お馴染みの天ぷらコーナー♪




Img_3757今回のプランにはすき焼きが付いてきました(^^♪





Img_3769こんな感じで取って見ました/(~_~;)





Img_3773食後のデザート、スィーツも充実。

次回は朝食篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

休暇村 岩手網張温泉(6)

Img_3685「白泉の湯」女湯側(カミサン撮影)。






Img_3673脱衣所の様子。





Img_3676パウダーコーナーのアメニティは女性仕様になっています。
給水コーナーは「網張の天然水」。







浴室内へ。Img_3681扇型の浴槽。基本的に左右対称で男湯と同仕様です。





Img_7771湯口付近。





Img_3679洗い場の様子。
ボディーソープ、シャンプー、トリートメントあり。










Img_3672源泉名:網張新湯
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性-弱酸性-高温泉)
源泉温度:72.9℃ pH 4.1
メタケイ酸 68㎎
加水あり。
日帰り入浴は日帰りは8:00~15:00まで。大人600円。

Img_0227脱衣所に貼ってあった源泉口からの経路図。
千年の名湯は森をぬけ、沢を横切りやってくるそうです。

次回は夕食篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

休暇村 岩手網張温泉(5)

Img_3653東館側「白泉の湯」へ。
基本男女同仕様で入れ替えはありません。





Img_3654こちらも浴槽温度はデジタル表示になっています。
こちらは昔ながらの網張温泉らしい高めの温度設定だそう。





Img_3669脱衣所はカギ付きロッカー。
広くは無いものの清潔で充分な設備。





Img_3656浴槽は変則の扇型。6、7人サイズといったところ。





Img_3666湯口付近にはクリーム色の折出物がしっかり。




Img_3667お湯は適温。混んでなくてまったりと独占できました。





Img_3658洗い場はシャワー付きカラン8箇所。水のみのカランが1箇所。
アメニティはボディーソープ、シャンプー、トリートメントあり。



次回は「白泉の湯」女湯側をご紹介。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

休暇村 岩手網張温泉(4)

Img_3739続いて「大釈の湯」女湯側へ(カミサン撮影)。





Img_3746脱衣所の様子。やはり鍵付きロッカー。






Img_3743パウダーコーナーも清潔で使い易い感じ。







Img_3733浴室内へ。




Img_3727入ると右手に掛け湯。






Img_3742浴槽は20人以上は一度に入れそうな広さ。
男湯側と違い、窓に沿った長方形です。






Img_3725洗い場。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイスソープ、メイク落としなど多数。





Img_3735露天の様子。こちらは7、8人サイズの浴槽。






Img_3738湯口付近。
雪見露天を独占~♪
温度も適温でした。





Img_3672源泉名:網張新湯
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性-弱酸性-高温泉)
源泉温度:72.9℃ pH 4.1
メタケイ酸 68㎎
加水あり。
日帰り入浴は日帰りは8:00~15:00まで。大人600円。

次回は「白泉の湯」をご紹介。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

休暇村 岩手網張温泉(3)

Img_3779まずは西館側「大釈(たいしゃく)の湯」へ。
以前は「見晴(みはらし)の湯」と呼ばれていましたが、開設50周年を機に名称を改めたそうです。





Img_3778入り口にはデジタルの温度表示が。
温度管理されていて、全ての浴槽が一目瞭然です。





Img_3780まずは男湯側へ。
脱衣所はカギ付きロッカー。





Img_3783パウダーコーナーはドライヤーも2基あり。
おいしい天然水の給水コーナーもあり。




Img_3785浴室内へ。





Img_3786入って左手に掛け湯あり。





Img_3789奥が内湯の広い浴槽。見た感じ10人以上入れそうです。





Img_3791湯口付近。
硫化水素臭+軽く鉄分臭も。
以前入った時より心なしかお湯が褐色掛かった感じがしました。






Img_3793入浴目線から。
この時期(2月)は表の雪景色が映えます。



Img_3788洗い場はシャワー付きカランが10基。
ボディーソープ、シャンプー、トリートメント付き。




Img_3803ドアを出るとその見晴しの良い露天。
L字型の石組の浴槽は7、8人サイズ。





Img_3702夜は夜でまた風情あり。
お湯は適温まったり寛げました。
湯上り後は汗の引きの早いサッパリ系。

次回は女湯側へ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

休暇村 岩手網張温泉(2)

さて、お部屋へ。Img_3643部屋はいつも利用している西館和室8畳。
今回は4階の禁煙室です。





Img_3636部屋のキーは2つ。
フロントでチェックイン後、荷物はセルフで移動。




Img_3641テレビは液晶32インチ。地デジの他、BSも映りました。
金庫、電気ポット、お茶道具、電気スタンドあり。




Img_3638空の冷蔵庫と部屋備え付けの岩手山から湧き出る天然水。







Img_3644クローゼットにはタオル、羽織、サイズの選べる浴衣。




Img_3634ドライヤー付き清潔な洗面ドレッサー。




Img_3635トイレは温水洗浄付き。
充分なクオリティ。




Img_3639広縁から。


Img_3646この季節は雪の山並みが美しいです。




次回はお風呂へ。。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

休暇村 岩手網張温泉(1)

Img_3616昨年6月以来、8か月ぶりに休暇村岩手網張温泉に泊まって来ました。
大釈(たいしゃく)の湯(旧名:見晴らしの湯)」の雪見露天が楽しみです。(2017/03/05宿泊)




Img_3618ロビー、フロント風景。チェックインはスムーズです。





Img_3621ラウンジの様子。






Img_3623一角にはFREESPOTのWiFiポイントがあります。
無料で使えるパソコンも一台あり。
空いていればフロントに声を掛けて利用できます。
パソコンコーナーの隣は文庫コーナー。
ほとんどの本はフロントに声を掛けてお部屋へも貸し出し可能。
(一部持ち出し禁止もあり)



Img_3748女性客向けの「いろどりゆかた」もあり。
宿泊者は無料で借りられます。





Img_3619こちらは売店コーナー。
地元雫石の特産品、岩手のお土産品も沢山ありました。





Img_3631廊下の様子。
次回はお部屋篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

大沢温泉 菊水舘(6)

Img_3540翌朝、朝食も1階の食事処です。




Img_3545サラダバーがあり、ドレッシングが2種類。




Img_3543ドリンクコーナーは番茶、オレンジジュース、牛乳あり。






Img_3548お膳はこんな感じ。
品数豊富で大変おいしかったです。





Img_3552食後はセルフでコーヒーも。
紙コップお部屋に持ち帰りも可。






Img_3567お世話になりました。
お湯良し、食事良し、風情あり。
スタッフの応対も良し。
おすすめです。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

大沢温泉 菊水舘(5)

さて、菊水館へ戻り夕食篇です。

Img_3356場所は夕、朝食とも1階の食事処にて。





Img_3358献立表です。




お膳はこんな感じ。Img_3362今回はお料理が山水閣と同じ特選膳のプランをチョイスしました。







では一品ずつご紹介。Img_3365先付
うるい浸し粉鰹和え




Img_3368酢のもの
もずく酢





Img_3367小鉢
山菜炒め





Img_3364前菜
煮豆益盛 薄皮海老揚げ
菜花サーモン巻 三食子持ち白魚
こごみ胡麻掛け



Img_3370吸物
鴨つみれ汁




Img_3363造り
寒八 小角鮪 甘海老




Img_3380焼物
岩手牛 竹の子木の芽焼




Img_3376煮物
飯蛸旨煮




Img_3371温物
雪見鍋




Img_3374揚げ物
鰈姿揚げ




Img_3381止め椀
白金豚味噌汁

香の物
二点盛り



Img_3386水菓子
リンゴ釜カスタード鋳込み焼き
日向夏 胡麻アイス

以上、大変おいしく頂きました。
次回は朝食篇です。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

大沢温泉 山水閣

Img_3442最後のご紹介は「豊沢の湯」。
こちらは山水閣にありますが、宿泊者以外も日帰り湯が可能です。




Img_3443脱衣所の様子。
小型の鍵付きロッカーあり。


Img_3451浴室内の様子。
10~20人はゆうに入れそうな広い浴槽です。





Img_3456
Img_3453この時期は雪景色の川辺を望む展望風呂。



Imgp7156ちなみにこちらが以前撮影した夏バージョン。


Imgp7160 夏場は前面のガラスが取り払われ半露天となります。






Img_3457湯口付近からはほんの微かに硫化水素臭のような成分臭。
トロリとした肌触りのウナギ湯系のお湯は適温で心地良かったです。





Img_3450洗い場の様子。
シャワー付きカラン多数。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ完備。





Img_3565続いて女湯側(カミサン撮影)。





Img_3562脱衣所の様子。



Img_3561パウダーコーナー。




Img_3558浴室内。豊沢川の渓流を望む広い浴槽。
基本仕様は男湯側同様です。




Img_3559洗い場の様子。
シャワー付きカラン多数。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ完備。





Img_3326源泉名 大沢温泉(大沢の湯)
泉質 アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 51.2℃ pH 9.0

加水なし 加温なし 循環なし 消毒処理(ごくまれに行う場合あり)







次回は夕食篇です。

大沢温泉 山水閣さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 山水閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

大沢温泉 湯治屋(4)

Img_3530大沢温泉 湯治屋(旧自炊部)のこちらが正面玄関。




Img_3532玄関を入るとまず帳場。





Img_3464隣にある売店もレトロな雰囲気。



Img_3473歴史を感じさせる昔ながらの湯治場の雰囲気です。


Img_0871調理場風景。




Img_0872コイン投入で使えるレトロなコンロが風情あり。





Img_3471こちらは湯治屋にある食事処「やはぎ」。
美味しいと評判だそう。
「湯治屋」といっても自炊だけではなく、食事付きプランやこんな食事処で頂くのも勿論ありです。



さて、次回は山水閣 豊沢の湯をご紹介します。

大沢温泉 湯治屋さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 湯治屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

大沢温泉 湯治屋(3)

  Img_3435湯治屋(旧山水閣自炊部)の女性専用露天「かわべの湯」へ。
(カミサン撮影)




Img_3557暖簾を潜るとこんな感じ。




Img_3556脱衣所の様子。




Img_3553扉をあけて浴室内へ。
お湯は適温、泉質的には「大沢の湯」と同じです。




Img_3392屋根付きの半露天。
夜の風情もまたいい感じです。

Imgp6043こちらは以前に撮影した画像です。

次回は大沢温泉 湯治屋の館内をご紹介。

大沢温泉 湯治屋さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 湯治屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

大沢温泉 湯治屋(2)

Img_3437湯治屋(旧山水閣自炊部)側、内湯「薬師の湯」へ。




Img_3438浴室へはらせん階段を下りていきます。






Img_3502Img_3509脱衣所の様子。





Img_3519浴室内にはカーブした角のない浴槽が2つ。
年配の方にも入りやすい形状になっています。





Img_3516入って左手にある勾玉状の浴槽。
タイル張りで片側は浅め。寝湯ができる形に。





Img_3512右手には手すりの付いた長方形の浴槽。
どちらも泉温はほぼ同じで適温でした。






Img_3524洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。
シャワーはなし。



Img_3436男女入れ替えはありませんが、同仕様のため男湯側のご紹介のみ。
次回は女性専用露天「かわべの湯」をご紹介。

大沢温泉 湯治屋さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 湯治屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

大沢温泉 湯治屋(1)

さて、大沢温泉(湯治屋、山水閣)のお風呂をご紹介。Img_3446泉質はどれも同じアルカリ性単純泉です。


Img_3448曰く・・・
「この大沢温泉は延暦年間に坂上田村麻呂が東征の折、毒矢に当たって苦しんだが、この温泉に浴して幾ばくもなく直ったとの伝説があります。千二百年以上の歴史があり南部藩主、宮沢賢治、高村光太郎ゆかりの温泉です」と、あり。

今回は山水閣宿泊客専用の「山水の湯」を除くお風呂をご紹介します。
山水閣の宿泊客専用「山水の湯」、「貸切家族風呂」については前回ブログをご参照ください。


Img_3476まずは有名な大露天風呂「大沢の湯」をご紹介。


Img_3477階段を下りて扉を開けると広がる大露天風呂。



Img_3478脱衣所はいきなり外です。


Img_3490女性用脱衣所あり(奥に見える赤い暖簾)。
混浴の大露天風呂ですが、女性専用時間あり。




Img_3491豊沢川沿いに面し、対岸の菊水館の茅葺屋根が。





Img_3487そして見渡すと名物の曲がり橋、周辺の山並みが広がります。

入った感じはトロ~リ系の温まり湯。外気に触れていてもぬるい感じはせず、適温でじっくりと長湯を楽しめました。




Img_3482洗い場もありますが、石鹸類はなし。




Img_3350夜の雪見露天もまた格別です。


Img_3431ちなみに曲がり橋の湯治屋側の袂にはかつて幼い頃、この地を訪れていた宮沢賢治の姿が。


次回は湯治屋側内湯「薬師の湯」へ。

大沢温泉 湯治屋さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 湯治屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

大沢温泉 菊水舘(4)

Img_3409「南部の湯」、続いて女湯側をご紹介(カミサン撮影)




Img_3412脱衣所の様子。




浴室内へ。Img_3422木枠の浴槽は程よいサイズ。
基本的に男湯側と同仕様です。




Img_3418お湯も適温でした。





洗い場の様子。Img_3414こちら側もシャワー付きカランが3つ。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。






Img_3424こちらは掛け湯。





Img_3326源泉名 大沢温泉(大沢の湯)
泉質 アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 51.2℃ pH 9.0

加水なし 加温なし 循環なし 消毒処理(ごくまれに行う場合あり)


Img_3430次回は橋を渡って本館側(湯治屋、山水閣)へ。。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

大沢温泉 菊水舘(3)

さて、菊水舘のお風呂「南部の湯」へ。Img_3328まずは男湯側。




Img_3426脱衣所の様子。





浴室内へ。Img_3329入って真ん中奥に掛け湯。






Img_3330左手に洗い場が。
カランは3つ。アメニティはリンスインシャンプーとボディソープ。





浴槽の様子。Img_3332木枠の内湯。3、4畳程の程好い広さが落ち着きます。
程好い湯加減でのんびり温まりました。
ちなみに夏場だけ前面が開放され半露天になります。





Img_3333見た目は判りにくいですが、お湯の投入口は湯底にあり、下から沸いてます。湯口付近は熱いので直接触らないように注意が必要。
勿論源泉掛け流し。無色透明な柔らかいお湯で、肌に心地よいですね。





Img_3335他にもお風呂が沢山ありますが
ここの内湯が一番落ち着きます。
温度、サイズ、木枠の造り、混んでいない、と申し分無し。


次回は女湯側をご紹介。。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

大沢温泉 菊水舘(2)

Img_3290さて、お部屋へ。
8畳+次の間6畳。前回と同様、お気に入りの「松の三」というお部屋。





Img_3299本間8畳。
菊水舘さんでは一番上のグレードに属する松のお部屋です。




Img_3316手前側6畳、次の間の様子。
建物は年季がありますが、手入れは行き届いているようです。
冬場は暖房もしっかり効いていて問題なし。





Img_3288広縁からレトロなガラス越しに外を眺めると豊沢川沿いの渓流の雪景色がまた風情があります。






Img_3296部屋に入ると仲居さんがお茶を入れてくれます。
最近はロビーラウンジでのウェルカムドリンクであったり、部屋でのお茶出しが省略された宿が多い中、昔ながらのこのおもてなしは貴重になりつつあります。






Img_3301冷蔵庫はこんな感じ。




Img_3298テレビは26インチで地デジのみ。
下に金庫あり。




Img_3293クローゼットには乱れ箱。浴衣、大小タオル、歯ブラシなど一般的なアメニティ類。




Img_3319次回は菊水館のお風呂「南部の湯」をご紹介。



大沢温泉はここ「南部の湯」はもちろんのこと、橋を渡って「大沢の湯」はじめ、本館側のお風呂もほとんど利用でき、館内の湯めぐりを楽しめます。

・・続く。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

大沢温泉 菊水舘(1)

Img_34742008年9月以来、約8年半ぶり4度目の宿泊の菊水舘さん。



Img_3283到着するとすぐにスタッフさんが来て荷物を持って案内してくれます。
(2017/02/26宿泊)




Img_3311別館らしく、専用の玄関からチェックイン。
普通の日曜日でしたが日帰り客だけでなく宿泊客も結構な混み合いでした。
やはり、かなりの人気宿です。




Img_3312歴史あるレトロな館内。
階段を上って二階へ。







Img_3308Img_3318階段の踊り場には幼少時代の宮沢賢治も湯治に訪れた時の写真が。






Img_32922階の廊下の様子。




Img_3306ちなみにお部屋にトイレ、洗面所は無し、ですがトイレは部屋を出てすぐ共同のウォシュレット付きがあります。




Img_3304洗面所もすぐ。
次回はお部屋をご紹介します。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

鶯宿温泉 長栄館(6)

Img_3238朝食篇です。



Img_3244朝食会場は前日と同じ2階「桃山」にて。







Img_3249朝食膳はこんな感じ。





Img_3246献立表です。





Img_3251ご飯はかまど炊き。一粒一粒ツヤツヤでした。(*^_^*)






セルフコーナーもあり。Img_3243しょうがたまり漬け、味付けのり、納豆、小岩井牛乳、ほうじ茶など。

朝食も美味しく頂きました。




Img_3281お世話になりました。
素晴らしい源泉かけ流しのお湯と美味しいお食事。
高いホスピタリティ、いつもながらのなごみ宿です。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

鶯宿温泉 長栄館(5)

Img_3205今回食事は夕、朝食とも2階「桃山」にて。


Img_3206まずは夕食篇です。







Img_3208こちらが献立表。




Img_3211お膳の様子。






では、お料理のご紹介を。。 
Img_3212先付け、葉わさびのおろし和え




Img_3213前菜、五種盛り合わせ





Img_3216お造り、本日のおすすめ





Img_3214
Img_3221鍋、当館オリジナル豚 「はぐみ」塩しゃぶしゃぶ




Img_3219蒸し物、カニ 茶碗蒸し



Img_3222揚げ物、 鰆の揚げだし




Img_3217炊き合わせ、 鯛の子と牛蒡の炊き合わせ







Img_3215酢の物、若布と菜の花の酢の物





Img_3234食事、春キャベツと浅利の炊き込みご飯





Img_3236甘味、よもぎプリン



リーズナブルなプランな割には内容充実。
総じて美味しかったです。

次回は朝食篇です。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

鶯宿温泉 長栄館(4)


Img_3256さて、女湯「小町の湯」へ(カミサン撮影)。




Img_3257脱衣所の様子。広く潔感あり。




Img_3259パウダーコーナーのアメニティも充実。




Img_3261ジャグジー付きの大浴場。しっかりオーバーフローされています。





Img_3272こちらは古代檜風呂。
レイアウトは異なりますが浴室内の仕様は男湯側と共通。




Img_3268洗い場の様子。こちらも間仕切り付き。カランの数も充分。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。




Img_3271シャンプーバーあり。



Img_3267こちらはサウナルーム。





Img_3276露天は女湯側のほうが広く眺望良し。




Img_3277雪景色の渓流ビュー露天です。
男女入れ替えは無いので、うらやましいですね(~_~;)。




Img_3203温泉分析書。
肌に優しい弱アルカリ泉です。
源泉名 鶯宿温泉(こまちの湯)
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度 46.1℃ 使用位置 43.1℃
pH値 8.4

次回は夕食篇です。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »