« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(4)

Img_0837続いて女湯側(カミサン撮影)。




Img_0842脱衣所の様子。





Img_0843パウダーコーナー。





Img_0864浴室内へ。
こちら側も男湯同様、浴槽は大きい浴槽と小さい浴槽の2つ。
もちろん源泉掛け流し。



Img_0863大窓に面した大きな浴槽。
やはり、広い方が「ぬる湯」。

Img_0854狭い方がジャグジー風呂になっています。





Img_0866小さめの浴槽は大きなお風呂より気持ち熱めの湯。






Img_0848サウナあり。


Img_0865洗い場の様子。



Img_08492カ所に分かれています。
シャワー付きカランでリンスインシャンプー&ボディソープあり。





Img_0850ドアを出て露天へ。





Img_0852開放感のある露天。





Img_0861この時期は紅葉が広がります。
お湯も適温でゆったりできました。





Img_0767温泉成分表。
源泉名 志賀来温泉(およねの湯)
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度  60.7℃ 使用位置 60℃
pH値 8.4
メタケイ酸 47.4

源泉かけ流し。塩素使用あり。

くりかえし何度も入れるくせのないお湯ですね。


次回は夕食篇です。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(3)

さて、お風呂へ。
普段から日帰りメインの浴場、加えて26日は「風呂の日」で入浴料が100円(※通常は中学生以上300円)だったためか、この日は大賑わい。
よって翌朝、人のいない時間帯で撮影させていただきました。
通常は日帰り利用が10時~21時30分まで。
宿泊客はチェックイン~夜22時まで、翌朝6時~8時まで。


Img_0763まずは男湯へ。



Img_0870脱衣所の様子。
コインロッカー(有料)あり。



Img_0872パウダーコーナー。





Img_0877浴室内へ。
お湯は源泉掛け流し。オーバーフローあり。




Img_0880大窓に面した大きな浴槽。この時期は紅葉が楽しめます。
向かって右手はいわゆる「ぬる湯」で体感43℃前後。
くせのない無色透明なお湯。微かに塩素臭も感じますが、焼き塩系の成分臭もあり。




Img_0883左手側はジャグジー発生装置付き。(この時は可動しておらず)
温度は右手側より気持ち熱め。





Img_0881浴室向かって左手にある小さい方の浴槽。
こっちは少し熱めで体感44℃前後。




Img_0889洗い場の様子。



Img_08752カ所に分かれています。
シャワー付きカランでリンスインシャンプー&ボディソープあり。





Img_0888サウナあり。




Img_0899ドアを出て露天へ。





Img_0891開放感のある台形型の浴槽です。






Img_0894入浴目線で。
丁度、紅葉が見ごろでした。
貸切状態でまったり。


次回は女湯側をご紹介。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(2)

さて、チェックイン後、荷物はセルフでお部屋へ。

Img_0735今回お世話になったお部屋は10畳+広縁付き。




Img_0752別角度から。
掃除も行き届いていて清潔感あり。



Img_0746テレビは22インチ。地デジの他、BS放送も映りました。




Img_0734部屋のキーとお茶請け。キーは1つ。





Img_0744クローゼット内。
羽織、浴衣、帯、大小タオルなど一般的なアメニティがひと通り。
下には金庫あり。
ちなみに冷蔵庫はなし。





Img_0748広縁の様子。





Img_0750窓からの眺め。




Img_0742洗面台周り。






Img_0737トイレは温水洗浄機能付き。



次回はお風呂へ。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデン(1)

Img_0727岩手県和賀郡西和賀町沢内にある沢内バーデンに泊まって来ました。
(2016/10/26)





ロビーの様子。Img_0731湯量豊富で源泉掛け流しのお湯が評判の温泉施設です。



Img_0757日帰り湯がメインですが宿泊も可能です。





Img_0762ロビーにある湯上り処。




Img_0780モダンな螺旋階段の上は、有料の休憩場となっています。





Img_0778ギャラリーコーナーも。





Img_0758入って左手にある売店コーナー。
西和賀のお土産品も多数あり。




Img_0783ロビーから向かって右手に通路を抜けて行くと新館側。
ロビー階にはレストラン、そして、宴会場があります。




Img_0761客室はそのレストランのある建物の下の階へ。






Img_0756新館側、1階の客室棟の廊下です。
次回はお部屋へ。

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんの楽天トラベル宿情報

志賀来温泉 およねの湯 沢内バーデンさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

花巻 台温泉 観光荘(6)

Img_0646さて、朝食篇です。




Img_0648場所は1階の食堂にて。




Img_0656お膳はこんな感じ。
結構ボリュームあり。




Img_0650各テーブルには自家製と思しきラッキョウも。





Img_0658食後はセルフでコーヒーもあり。





Img_0662お世話になりました。
お湯も食事もスタッフの応対も良かったです。
コスパ高いですね。また訪れてみたい宿。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

花巻 台温泉 観光荘(5)

さて、観光荘さんの夕食。
今回のプランは部屋食です。Img_0559時間は18時30分をリクエスト。時間前にお膳を部屋に運んでくれます。




Img_0575お膳はこんな感じ。
旬の山菜やキノコ等に三陸魚介類料理が好評です。
今回も一人ずつ1ドリンクサービスのプランでした。

さて、お料理をアップで。(順不同)Img_0565
Img_0576
Img_0572
Img_0566
Img_0567
Img_0568
Img_0569
Img_0571
Img_0580
Img_0582
以上デザートまで美味しく頂きました。

おなじみの海老きのこのグラタンや、メインの岩手牛のステーキが美味しかったです。

次回は朝食篇です。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報


花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

花巻 台温泉 観光荘(4)

さて、入れ替え後の女湯側「花子の湯」へ。Img_0603こちらは2階にあります。入口には貴重品ロッカーあり。




Img_0607脱衣所の様子。




Img_0606パウダーコーナー。こちらはちゃんと中にあり。
アメニティ等の仕様は基本女性用になっています。





Img_0609浴室内の様子。入って正面に奥に長い木枠の浴槽が。





Img_0611半分仕切りがあり、手前がぬるめ。





Img_0620奥が熱め。もちろん加水なしの100%源泉掛け流し。
ぬるめ側でも体感で43度弱と熱め。
あつめ側は体感僅かに高い44度位。




Img_0621奥側から見るとこんな感じ。
浴槽は変則の横長ですが全然狭い感じはなく、良い雰囲気でした。




Img_0614洗い場はパテーション付きが3基、無しが2基あり。
全てシャワー付き。リンスインシャンプー、ボディーソープあり。
シャワーのお湯も全て温泉水だそうです。




Img_0629源泉名 台温泉(混合泉:1.阿部の湯・2.滝の湯・3.寿の湯)
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 71.3℃   pH 8.2
メタケイ酸 71.7
以前泊まった時は「台温泉(1号泉)源泉」だったのが、表記が「太郎の湯」と同じ混合泉に変わっていました。

次回は夕食をご紹介。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報


花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

八幡平の紅葉 2016

Img_0670八幡平に紅葉を観に行ってきました。
ルートはいつも通り、アスピーテライン側から上り、樹海ラインを下って最後は県民の森へ。
(2016/10/22)



Img_0672御在所付近。





Img_0689山頂付近から見た岩手山。




Img_0725樹海ラインを下りて、松楓荘のはす向かいの池。






Img_0721八幡平地熱染め工房「夢蒸染」さんの前の池です。





14642236_1050962611689511_781609959
14463293_1050962608356178_360957413森の大橋から見た眺め。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

花巻 台温泉 観光荘(3)

さて、観光荘さんの浴室は男女2ヶ所あり時間帯で入れ替え。

まずは男湯「太郎の湯」からご紹介。場所は3階。Img_0632男性客の利用は11時00分~翌朝6時、女性は朝6時~9時まで。
今回は前日男湯タイムは日帰り客で盛況だったため、翌日チェックアウト前の無人時間にカミサンが撮影。



Img_0584洗面所スペースは宿泊客用を兼ねて脱衣所の外にあります。
合理的でユニーク。




Img_0635脱衣所の様子。






中に入ると広い窓があり開放感ある雰囲気。Img_064510人ぐらいは一度に入れそうな浴槽。



Img_0643向かって左手が熱め。





Img_0642熱め側にある湯口。





Img_8483備え付けの温度計で44℃ぐらい。





Img_0644仕切を挟んで右手がぬるめ。
といっても、こちらも体感43℃ぐらい。



Img_0639洗い場の様子。



Img_0638シャワー付きカランが全部で5基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。



Img_0636脱衣所の一角でこんなものを発見。
各旅館に温泉を分配する箱に付いた温泉成分が固まったもの。
何気にお湯の濃さを物語ってますねぇ。
手前にあるカミソリはお一人様1個まで。





Img_0629源泉名 台温泉(混合泉:1.阿部の湯・2.滝の湯・3.寿の湯)
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 71.3℃   pH 8.2
メタケイ酸 71.7
肌当たりの柔らかいクセの無いお湯です。

次回は入れ替え後の女湯側「花子の湯」へ。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報


花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

花巻 台温泉 観光荘(2)

さて、お部屋へ。
Img_0537今回お世話になったお部屋は3階の「萩の間」和室8畳。




Img_0527広縁の様子。
山側に面していて眺望は良くありませんが、落ち着いた佇まいのお部屋です。




Img_0535別角度から。
テレビは32インチ。地デジの他、BS放送も映ります。





Img_0534キーとお茶請け。





Img_0529金庫&冷蔵庫あり。





Img_0530クローゼットにはタオル、浴衣ほか一般的なアメニティ。




Img_0533トイレはもちろん温水洗浄便座機能付き。





Img_0599洗面台は部屋にはなく部屋を出た共同の洗面所を使用。
でも部屋を出てすぐの所だったのでさして苦にならず。



次回はお風呂へ。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報


花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

花巻 台温泉 観光荘(1)

Img_0518今年7月以来、3か月ぶりの観光荘さんへ。(2016/10/14)
こちらの専用駐車場に車を停め、宿までは徒歩1、2分。




Img_0519玄関前。




Img_0520こちらには温泉たまごを作る木箱が。
源泉温度が高いので夏場は6~7分、冬場でも13分ほどで出来るそうです。





Img_0522ロビーの様子。






Img_0525日帰り湯も400円で受け付けています(11:00~21:30)。
日帰りのお客さんでいつも賑わっています(*^_^*)。




Img_0523女性には無料で選べる色浴衣が。





Img_67132階には広間があり、日帰り客の休憩スペースに開放されています。







Img_0600部屋のある3階の廊下の様子。
男湯はこの奥のステップを上がって右手。
古い建物ですが掃除は行き届いています。


次回はお部屋へ。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報


花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

鶯宿温泉 寿広園(2)

Img_0470男性は大浴場のロッカーで専用浴衣に着替えを済ませて廊下を行きます。



Imgp3167もちろんこちらにも専用の更衣室があります。
カギ付きロッカーもありこちらも利用可です。


Img_0471いざ浴室へ。




Imgp4061これが浴室内の様子。浴室は10畳ほどで室内温度は46℃、湿度100%っていうか蒸気でムンムンです。サウナと違って呼吸は楽。
まぁ低温サウナっていうか、岩盤浴っぽいですね。
石の湯に使用されている天然石は、免疫力や体内細胞を活性化させる天然鉱石ラジウムのほか、リラックス効果のあるマイナスイオンを発生させるトルマリン鉱石など73種類の石が使用されているそうです。




Imgp4062ゴザは敷かれている天然石がゴロゴロしていてしかも熱いので敷物として使います。
ここで10分横になり・・。



Img_0472隣の休憩室で水分補給しながら5分休んで、を3回繰り返すのが基本です。
受付でもらったペットボトルの水が空になっても、備え付けのウオーターサーバーで補給できます。塩分補給用のお塩もあり。


Img_0481休憩室の網戸越しに中庭が見えます。
紅葉が始まっていました。



Img_0483実に汗が出易いです。サウナ嫌いでもこれならイケます。
デドックス効果高そうです。体脂肪も落ちやすくなるそうです。
終わったらまた大浴場に入り、汗を流して終了。
浴後はいつもながらサッパリ爽快でした。




日によって入浴料の安い日もあるようです。
※要問合せです。



鶯宿温泉 寿広園さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 寿広園さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

鶯宿温泉 寿広園(1)

Img_0445さて、ここ鶯宿温泉 寿広園さん。




Img_0515以前にお泊まりして以来、「みんなの石の湯」にハマってしまい、回数券を購入して今でも時々日帰り湯しています。(2016/10/11)



Img_0511ロビーの様子。



Img_0447まずはフロントで、「石の湯入浴セット」一式をもらいます。
内容はタオルが大&小、専用浴衣、ゴザ、ミネラルウオーター。
ちなみにミネラルウオーターは「富士山のパナジウム水」、「奥入瀬源流水」から1つ選べます。
※2016年10月現在「龍泉洞の水」は入荷未定との事。




Img_0450最初は大浴場へ。





Img_0452脱衣所の様子。ロッカーは一応鍵付きですが、貴重品は念のためフロントへ預けた方がベター。



Img_0451パウダーコーナー周り。
ドライヤーや男性化粧品もあり充実してます。




Img_0487浴室内の様子。





Img_0489内湯は10人以上は入れそうな広さ。




Img_0495衛生管理のため浴槽端の吸い込み口で若干吸い込んで半分ほど循環で利用しているらしいです。塩素臭は皆無。微かに硫黄臭。




Img_0503循環式を一部採用している割にはアルカリ系のトロ~リとした泉質で悪くないです。温度も適温で良いお湯でした。



Img_0502カランは7基。リンスインシャンプー&ボディーソープ付き。




Img_0461石造りの深めの露天。硫黄臭は内湯側よりもなお香りあり。
こちらは掛け流しのよう。
半露天式で、建物に添ってアブなどの虫から守られているネットが設置。
冬場は雪や寒さの進入も防止してくれるスグレモノです。




Img_0463露天はろ過していないため湯の花も豊富。




Img_0455温泉分析表。
源泉名 鶯宿温泉(あさひの湯)
泉 質 単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
温 度 52.3℃   使用位置 50.0℃
pH値 8.7

次回は「石の湯」をご紹介。

鶯宿温泉 寿広園さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 寿広園さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

湯瀬温泉 湯瀬ホテル(7)

さて、朝食篇。
Img_0323朝食も前夜と同じ本館「吉祥殿」2階の「ダイニング吉祥」にて。





Img_0359
Img_0341
Img_0294
Img_0339
Img_0337
地元食材を活かしたバイキングスタイルの食事になります。





Img_0340朝は目の前で焼きたての厚焼き玉子が頂けます。




Img_0332デザートコーナー。


Img_0343ドリンクコーナーも充実。



Img_0347いただきま~~す♪
大変おいしかったです。




Img_0345コーヒーももちろんお代わり自由。
専用カップに入れてお部屋へテイクアウトも可能です。



Img_0444お世話になりました。
全て源泉掛け流しとなりますますお湯良し。
もちろん食事良し、スタッフの応対良しで、家族連れからカップルまでオススメの宿です。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

湯瀬温泉 湯瀬ホテル(6)

Img_0277さて、夕食は吉祥殿2階の「ダイニング吉祥」にて。





Img_0279
Img_0293
Img_0292
Img_0287
Img_0288
Img_0284
Img_0283「稲庭うどん」や「いぶりがっこなど」秋田名物をそろえた評判の良い「郷土料理ビュッフェ(バイキング)」です。時間は18時~20時まで。








Img_0298秋田名物「きりたんぽ鍋」や・・。



Img_0299地元ブランド豚「八幡平ポーク」を使った豚しゃぶしゃぶはライブキッチンで。






Img_0302こんな感じで盛ってみました。
お酒は秋田の地酒、日の丸醸造の「まんさくの花」をチョイス。
大変おいしかったです。



次回は朝食篇です。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

おかげさまで400万アクセス!

Imgp7430いつもご訪問頂きありがとうございます。

おかげさまで「ばびぶろぐ」は本日400万アクセス(PV)に達しました。
拙いブログですが皆様に支えられて早11年目となりました。
100万アクセス(2012/05/04)までは7年、そこから2年弱で2倍の200万アクセス到達(2014/01/20)、そして昨年(2015/05/19)で300万アクセス。
今回そこから1年5か月で400万アクセスを達成できました。
これもひとえにお出で頂く読者の皆様のおかげです。
改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
あの大震災から5年7ヶ月経ちました。
そして今年は台風10号が岩手に来襲、岩泉町など県北沿岸を襲いました。
みなさんどうか観光にビジネスに是非東北へおいでください。
微力ながらも東北の温泉を盛り上げていきたいと思います。
これからも「ばびぶろぐ」をよろしくお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

湯瀬温泉 湯瀬ホテル(5)

Img_0439瑞祥殿 1階にある女湯側「美人の湯」へ(カミサン撮影)。





Img_0435脱衣所の様子。
広く清潔感あり。


Img_0432飲料水コーナーには「湯瀬のおいしい水」が。




Img_0431広いパウダーコーナーはアメニティ充実。


Img_5682 浴室内。まずは冷水コーナー。





Img_0381洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイスソープ、クレンジングまでありました。



Img_0385男湯側と異なる広く楕円の浴槽。
こちらも広い窓で開放感あり。しっかりオーバーフロー。



Img_5691 奥側から。こちら側にはジェットバスも。






Img_0420この2016年4月から大浴場も全て源泉掛け流しに。
湯の花も豊富です。
焼き塩系の成分臭もしっかり。




Img_0388こちらが2015年12月リニューアル、さらに広くなった女湯側の露天。
浴槽は奥側、手前側と2つ。



Img_0391開放感ある露天で、眺望良し。




Img_0426湯瀬渓谷の緑が鮮やかです。





Img_0393さらに横の通路を奥に進むと「せせらぎの湯 和(なごみ)」へ。




Img_0396こちらが2015年4月新設の「せせらぎの湯 和(なごみ)」。




Img_0400地元産の木材で設えられた広い浴室は眺めの良い半露天タイプ。
もちろん100%源泉掛け流し。




Img_0402湯に浸かりながら米代川源流、湯瀬渓谷の渓谷美を堪能できる贅沢。







Img_0376源泉名 湯瀬49と48-2
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉59.1℃ 使用位置41℃
pH 9.1
メタケイ酸 80.7

※上記温泉分析表は平成26年8月19日付のもの
2016年4月以降全て源泉掛け流しなり、現在変更を申請中。



くせのないお湯で何度も入れ湯上りはサッパリ系でした。
次回は食事篇です。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

湯瀬温泉 湯瀬ホテル(4)

Img_0276さて、渡り廊下を抜けて瑞祥殿側にある大浴場へ。


こちらのお湯は2016年4月以降すべて源泉掛け流しだとか。
男女別の大浴場と露天がそれぞれあり、入れ替えはなし。
Img_0197まずはB1にある男湯側「仙人の湯」をご紹介。





Img_0368脱衣所の様子。
入ってすぐ貴重品ロッカー、冷たい「湯瀬のおいしい水」もあります。




Img_0370パウダーコーナーもドライヤーありで洗面ボウル多数。
アメニティも充実しています。


Img_5583 浴室内へ。
入ってすぐ冷たい飲料水。




Img_0210左手にサウナ。



Img_5578ステップを降りて洗い場コーナー。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。





Img_0216その奥に縦長の広い浴槽が。窓が広く開放感あり。




Img_0220塩素臭はまったく感じず。
しっかりオーバーフローされています。
湯口付近からは微かに焼き塩系の成分臭も。
温度管理されていて適温でした。





Img_0222さらにドアを開けて露天へ。





Img_0223湯瀬渓谷を眼下に望む宿ご自慢の露天です。
こちらは塩素臭は皆無で内湯側よりややぬるめの適温でした。





Img_0226ここからさらにステップを上がり、2015年4月に出来た新しい展望浴場「せせらぎの湯 和(なごみ)」へ。





Img_0231こちらが「せせらぎの湯 和(なごみ)」。
もちろん100%源泉掛け流しでオーバーフローあり。
お風呂自体の意匠も、「秋田の森に包まれて」をコンセプトに、地元産の木材を多用した造りになっているそう。






Img_0235開放感ある半露天の造りになっていて、米代川源流、湯瀬渓谷の渓谷美を堪能できます。



次回は女湯側「美人の湯」へ。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

湯瀬温泉 湯瀬ホテル(3)

Img_0150さて、お部屋の露天風呂へ。




Img_0364もちろん源泉掛け流しです。





Img_0316ドアを開けるとウッドデッキになっていて檜の露天風呂が。
洗い場はなく、部屋のバスルームか大浴場を利用します。



Img_0152サイズ的には2人が余裕で入れます。





Img_0154湯量で調整されていて温度は42℃と快適でした。






Img_0157入浴目線で。





Img_0314屋根と目隠しがありますが、緑の木漏れ日が入り、開放感は抜群です。






Img_0318くせのない無色透明なお湯。
気持ちの良い露天風呂でゆったりまったりできました。
泉質はアルカリ性単純温泉。湯上りはよく温まりのお湯です。


次回は大浴場へ。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

湯瀬温泉 湯瀬ホテル(2)

さて、お部屋は吉祥殿4階の露天風呂付客室。
Img_0140和室12畳+広縁+露天風呂付。
今年4月オープンの新しいお部屋です。
お掃除が行き届いて清潔感あり。






Img_0141別角度から。





Img_0166テレビは40インチ。地デジのほかBSデジタルもバッチリでした。




Img_0142クローゼット内。
羽織、浴衣(中、大)大小タオルなど一般的なアメニティがひと揃え。
下には金庫あり。





Img_0138キーとお茶請け。
キーは2つ。





Img_0144冷蔵庫あり。





Img_0147清潔感ある洗面化粧台。
アメニティも充実。





Img_0149トイレは温水洗浄機能付。





Img_0146ユニットバスも完備。



Img_0148広縁の様子。
露天風呂が設置されている関係上、眺めはイマイチ。


次回はお部屋の露天風呂へ。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

湯瀬温泉 湯瀬ホテル(1)

秋田県は湯瀬温泉郷にある「湯瀬ホテル」さんにお世話になりました。
こちらに訪れるのは2014年6月以来、通算3度目です(2016/10/6宿泊)
Img_0133昨年4月に男女別新浴場「せせらぎの湯 和み」がオープン、続いて12月に女性大浴場「美人の湯」露天風呂が拡大改装、そして今年4月に「源泉掛け流し露天風呂付客室」が4室新規改装オープン、と大規模リニューアルが続いた模様。
早速、その露天風呂付客室を予約してみました。




Img_0271ロビーの様子。
スタッフの応対もみなさん素晴らしく、とても気持ちの良いものでした。




Img_0377自然庭園を望むラウンジの様子。





Img_0182ラウンジではウェルカムドリンクがセルフで頂けます。
(15:00~22:00)





Img_0180地元秋田の特産品をはじめ、品揃え豊富な売店コーナー。
秋田の地酒もたくさんありました。





Img_0176こちらはロビーに用意された子供用浴衣コーナー。
サイズ豊富で自由に選べます。







Img_0177同じくロビーにあるパソコンコーナー。
フロントにひと声かければ自由に利用できます。
ちなみに1階ロビーはWiFiが使えます。




Img_0190今回お世話になる部屋は本館「吉祥殿」側。
眺めの良いエレベーターで4階へ。






Img_0188大浴場へ向かう渡り廊下の途中にはビューポイントがあり、米代川沿いの湯瀬渓谷を一望できます。紅葉の季節もまた素晴らしいそうです。





Img_0175お部屋には中、大サイズが各2枚づつ準備されていますが、合わない方のための替えの浴衣(小と特大サイズ)がエレベーター前に。





Img_0172吉祥殿の廊下の様子。チェックインから部屋までの移動はセルフで。
次回はお部屋の様子を。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

山の神温泉 優香苑(5)

Img_0092朝食は和食処「葉山」にて、バイキング形式。





Img_0095
Img_0101
Img_0102新鮮野菜など地元産食材が随所に使われていてます。





Img_0099評判の良い玄米パンもあり。




Img_0110ドリンクコーナーも充実。





Img_0117こんな感じで取って来ました/(~_~;)。

大変美味しく頂きました。





Img_0119コーヒーもセルフでお替り自由。





Img_0125お世話になりました。
いつもながら、お湯の良さはもちろん、食事、そして接客態度に“おもてなしの心”を感しさせる宿です。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

山の神温泉 優香苑(4)

さて、夕食篇。Img_0043今回のプランは会場食でした。場所は本館2階の「早池峰」にて。
時間は18時30分をリクエスト。

Img_0044テーブルの様子。





最初に並んだお膳はこんな感じ。 Img_0063今回は「選べるメイン料理」のため、二人別々のお献立となりました。

「鯛味噌鍋+前沢牛」、「白金豚+吉次の煮付」、「白金豚+吉次の姿焼き」の中から一人ずつ選べる、というので「鯛味噌鍋+前沢牛」(手前側)と、「白金豚+吉次の煮付」(差し向かい)をチョイスして二人でシェア。





Img_0047メイン料理「鯛味噌鍋+前沢牛」。

Img_0045同献立表。





Img_0059メイン料理「白金豚+吉次の煮付」。



Img_0062同献立表。





以下お料理をアップで(順不同)。

Img_0051小鉢 
 海月 みず瘤 干し大根 
 糸寒天 人参 辛味大根 
 美味出汁ジュレ
    


Img_0054お造りは鮪、鯛、するめ烏賊
     



Img_0049メイン料理の前沢牛の焼物
      



Img_0050鍋物 鯛味噌しゃぶしゃぶ鍋



Img_0066焼物変り 吉次の煮付




Img_0056鍋物 白金豚 味噌しゃぶしゃぶ鍋



Img_0070煮物 鮭キャベツ巻
     信太巻 栗 小芋 南瓜
          銀杏薩摩芋 紅葉人参
    

 

Img_0072揚物 揚げ蕎麦饅頭
    きのこ餡
    揚げ葱
    

Img_0077蒸し物 チーズ養老茶碗蒸し



Img_0085食事 秋の炊き込みご飯
止め椀  ひっつみ汁 
香の物 季節のお漬物

  

Img_0091食べきれないご飯は夜食用におにぎりにしていただきました。



Img_0088水菓子 アイス マンゴープリン



地元産の新鮮な高級食材で吟味されたお料理の数々。
ボリューム、お味とも文句なしでした。

次回は朝食篇です。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

山の神温泉 優香苑(3)

さて、お風呂へ。
Img_0004さてここ優香苑さんのお風呂は男女別各2箇所。
大浴場側の「とよさわ乃湯」と「こもれび乃湯」。それぞれ内湯+露天付です。
1年ぶりにお邪魔したところ「撮影禁止」となったようでした。
以下、前回取材時(2015/06/24)の画像をご覧ください。


まずは「こもれび乃湯」。

Img_6992 天井が高くガラス張りで温室の様に日差しが入ります。

   Img_7015浴槽サイズは6、7畳といった感じ。お湯は滔々と掛け流されています。
湯口からは微かなゆでたまご臭。赤茶けた湯の花がチラホラ。
浴後は汗が中々引かない温まりの湯でした。

Img_7013 洗い場の様子。
シャワー付カランが7基。
シャンプー、リンス、ボディソープあり。男湯側の壁画は天女が舞う図柄。

Img_6994 入って左手にサウナあり。

Img_7002 露天は4、5畳ほどの四角い木の浴槽。
湯縁が見えないいわゆるインフィニティエッジ。
温度は内湯より気持ちぬるめ、トロ~リとした泉質でまったりできました(*^_^*)

源泉名 山の神温泉(寿の湯)
泉質  アルカリ性単純温泉
泉温 40.6℃  pH 9.2


若干の加温ありですが加水循環無しの源泉掛け流し。






Img_7075続いて「とよさわ乃湯」へ。

Img_7074日帰り入浴は入口にある自販機でチケットを購入。大人は700円。
10:00~20:00(平日)まで。


Img_7090広い浴室内。内湯は20人は入れそうな浴槽。
こちらも壁のレリーフが見事です。

Img_7091湯口から微かに硫黄の匂いのする透明なお湯が掛け流し。
うなぎ湯系のお湯は「こもれび乃湯」側よりトロリ度高めな体感。

Img_7080カランは10基。シャンプー類は色々とり揃えてあります。
ちなみに内湯、露天とも男女左右対称でほぼ同じレイアウト。

Img_7099内湯からドア一つで広い露天へ。。
宿によれば男女湯合わせて50畳で花巻温泉郷では一番の広さだそう。


源泉名  山の神温泉(福の湯)
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 42.3℃ pH 9.2

湯上りは肌が凄くすべすべに。


次回は夕食篇です。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

山の神温泉 優香苑(2)

さて、お部屋をご紹介。。

Img_9978以前にも泊まった和室10畳(広縁付き)+次の間6畳+洋室ツインベッド。
基本レイアウトは前回と同様です。



Img_9973別角度から。



Img_9980備品類。空気清浄機あり。



Img_9995テレビは40インチ。
地デジの他、BS放送も対応。




Img_9975次の間です。



Img_9972ツインベッドのある洋室。

Img_9996こちらは広縁。




Img_9997窓を開ければイングリッシュガーデンの緑。

Img_9981キーとお茶請け。キーは2つ。
ちなみにフロントスタッフさんが荷物を持ってお部屋へ。仲居さんのお茶出しはなし。布団もありますがフロントに連絡しなければセルフです。

Img_9974客室の天井ももちろん「格天井」。




Img_9987冷蔵庫は若干空きスペースあり。




Img_9983金庫あり。

Img_9970浴衣、帯、タオル、湯足袋などのアメニティは乱れ箱に。

   


Img_9992広く清潔感のある洗面化粧台。ドライヤー、ハンドソープあり。

Img_9990トイレは温水洗浄式トイレ。
足元もフラットにバリアフリー化されています。

次回はお風呂へ。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

山の神温泉 優香苑(1)

「山の神温泉 優香苑(ゆうかえん)」に昨年6月以来のお泊りです。
Img_9964車寄せではフロントスタッフがすぐ来て荷物を運んでくれます。
(2016/09/26宿泊)



Img_0008さて、チェックインはラウンジ「水芭蕉」にてゆったりと。





Img_0007ロビー風景。格調ある格天井です。
奥側には和食処「葉山」。

Img_0010中央には岩手の伝統工芸品「南部鉄器」の巨大なオブジェ。

Img_0009こちらはお土産処「かたくりの花」。





Img_0122今話題の「山の神化粧品」のジェルクリーム「山の神のめぐみ」や「山の神石けん」も販売されていました。






Img_0003廊下の様子。
フロントスタッフさんが荷物を持ってお部屋までご案内。館内の説明も丁寧です。スタッフの応対はみなさん笑顔で、とてもホスピタリティを感じます。




Img_9969お世話になったお部屋は五番館、1階の511号室です。

次回はお部屋の中へ。
・・続く。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

千貫石温泉 湯元 東館(8)

さて、朝食篇です。
Img_9917朝食会場は1階のお食事処「楓」。



Img_9919サラダとドリンク類はセルフサービス。



Img_9921ご飯とお味噌汁はスタッフさんが用意してくれます。






Img_9930お膳はこんな感じ。
美味しくいただきました。






Img_9937コーヒーもセルフでおかわり自由です。






Img_9940お世話になりました。
琥珀色のトロトロのお湯でつるすべでした。
食事も美味しく、スタッフの応対も丁寧でした。
またいつかリピートしたい宿です。

千貫石温泉 湯元 東館さんの楽天トラベル宿情報

森と湖の里 千貫石温泉 湯元東館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

千貫石温泉 湯元 東館(7)

夕食篇です。
Img_9761今回の夕食は部屋食でした。
チェックイン時にリクエストした18時30分にスタンバイ。





Img_9769献立表です。




Img_9770お膳はこんな感じで。
いっぺんに出てきましたが天ぷらや茶碗蒸しなどは温かかったです。




では、お料理をアップで・・。Img_9779
Img_9778
Img_9775
Img_9777
Img_9772
Img_9771
Img_9774
Img_9780
Img_9776
Img_9784
Img_9786
以上、デザートまで。
美味しくいただきました。


次回は朝食篇です。

千貫石温泉 湯元 東館さんの楽天トラベル宿情報

森と湖の里 千貫石温泉 湯元東館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

千貫石温泉 湯元 東館(6)

Img_9899さて、露天風呂の女湯側(カミサン撮影)へ。




Img_9900脱衣所の様子。






Img_9902小浴場の浴室内。
サイズは男湯側と同仕様な感じ。






Img_9904洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。




Img_9908ドアを開けて露天へ。







Img_9913こちら側も岩風呂の広い露天。
目隠しはあるものの開放感あり。



Img_9735温泉分析表。
源泉名 千貫石温泉(湯元幸輝の湯)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 源泉 51℃
pH値 8.0

お湯は大浴場と全く同じもの。
メタケイ酸は196.5と豊富な美肌の湯。
湯上りはお肌つるすべで温まりの湯です。


Img_9739「源泉100%源泉掛け流しのお湯です。
加温、加水、循環、ろ過、入浴剤の使用、消毒処理等、成分に影響を与える項目はありません」とはっきり明記されていました。


次回は夕食篇です。

千貫石温泉 湯元 東館さんの楽天トラベル宿情報

森と湖の里 千貫石温泉 湯元東館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »