« 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(3) | トップページ | 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(5) »

2016年7月29日 (金)

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(4)

Img_7828大浴場へ向かう通路に「小原庄助」さん愛用の石風呂が展示。
民謡「会津磐梯山」に登場する謎の人物ですが実在だったみたいです。
曰く「小原庄助は最上から会津に移封の折、主君に従った郷頭で、
豪快な人柄で云々・・」とあります(@_@)






Img_7838さて、大浴場は男女入れ替えあり。まずは右手のこの日の男湯側「庄助風呂」へ。





Img_7871カギ付きロッカーの高級感ある脱衣所。

Img_7875洗面台周り。

Img_7872パウダーコーナー。






さて、浴室内へ。Img_7848まずは「庄助風呂」。
目の前には大きなガラス越しに名瀑「伏見が滝」が。
小原庄助さんに因んで名付けられた広い浴槽は国産の「大谷石」を使用した癒しのお風呂。源泉放流循環式(浴槽内の温泉を循環濾過し、源泉の温泉を足し湯する形式)で、浴槽内にも「天然トルマリン石」が使用されているそうです。



Img_7877そして、弐の湯「庄助ひば風呂」。
こちらは100%源泉掛け流し(一部加温あり)。
青森ヒバを全面に使用した浴槽です。



Img_7846間仕切り付きの広い洗い場。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ完備。






内湯から露天へ。Img_7853四角い浴槽の「古の湯(いにしえのゆ)」。源泉放流循環式です。
湯淵には高級銘木として知られる「ヒバ材」が使用されています。





Img_7862渓流寄りの湯淵付近に回れば「伏見が滝」が堪能できます。





Img_7873こちら「古の湯」の裏手にも洗い場があり。
アメニティは内湯側洗い場と同様です。





Img_7860露天風呂2つ目は「庄助酒風呂」。源泉放流循環式です。
全国的にも有名な酒造メーカー「花春酒造」から特別に譲り受けた酒の麹釜を利用した 浴槽。「古の湯」より1段高い位置にあります。

まさに小原庄助さん気分で滝見の「絶景露天風呂」を堪能しました(^O^)/




Img_7843源泉名 会津東山温泉(源泉名 組合混合泉)
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
(旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)低張性弱アルカリ高温泉
泉温 45.2℃
pH値 8.55




次回は逆側の大浴場「伏見の湯」へ。

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯さんの楽天トラベル宿情報

庄助の宿 瀧の湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(3) | トップページ | 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/63913180

この記事へのトラックバック一覧です: 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(4):

« 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(3) | トップページ | 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(5) »