« 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(4) | トップページ | 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(6) »

2016年7月30日 (土)

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(5)

Img_7961男女入れ替わって向かって左手の大浴場「伏見の湯」へ。




Img_8021浴室入り口には女性専用のシャンプーバーが。
お好みのシャンプーをコップに入れて浴室に持っていくシステム。
ボトルごと持っていけないのでご注意。







「伏美の湯」の脱衣所へ。Img_8018カギ付きのロッカールーム。




Img_8017洗面台周り。



Img_8016パウダーコーナー。
アメニティ充実です。







さて、浴室内へ。Img_8003一番広い浴槽は「伏美の湯」。
源泉放流循環式(浴槽内の温泉を循環濾過し、源泉の温泉を足し湯する形式)。
会津の名瀑「伏美ヶ滝」に因んで名付けられたそう。




Img_8012その名のとおり広い窓からは「伏美ヶ滝」が目の前に。







Img_8004弐の湯は「庄助ひのき風呂」。
その名のとおり国産檜を全面に使用したお風呂です。
源泉100%掛け流しの(一部加温の場合あり)です。




Img_7982入って左隣にある「庄助桶風呂」。
小原庄助さんが実際に使用していたお風呂に因んだ浴槽。
こちらは「ヒバ材」が使用されています。源泉放流循環式。





Img_8008洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。





露天へ。Img_7991露天風呂「瀧見の湯」。



Img_7995「伏美ヶ滝」を一番間近で堪能できます。
源泉放流循環式です。




Img_7993露天側にも洗い場が。
アメニティは内湯と同様です。





Img_7843源泉名 会津東山温泉(源泉名 組合混合泉)
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
(旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)低張性弱アルカリ高温泉
泉温 45.2℃
pH値 8.55




Img_8024浴室前には「お風呂で読む小説」が。
読書で長湯も乙なもの。





Img_7883湯上り処にある無料のビールサーバーと麦茶のサービス。





Img_7836さらに「ところてん」も(@_@)






Img_7887オマケ画像。
新選組副長の土方歳三が足の傷を治療した温泉場は、こちら「瀧の湯」の敷地内であった会津藩の共同浴場だったそうです。



次回は夕食篇です。

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯さんの楽天トラベル宿情報

庄助の宿 瀧の湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(4) | トップページ | 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/63926205

この記事へのトラックバック一覧です: 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(5):

« 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(4) | トップページ | 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(6) »