« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(6)

Img_7936夕食は御食事処「おはら亭」にて。





Img_7938こんな廊下を抜けて行きます。






Img_7937
Img_7939廊下の途中で観られる伊達政宗公が植えたとされる木や、由緒ある会津藩士の甲冑が展示されていたり、なかなか時代絵巻な雰囲気(@_@)





Img_7941会食場に到着。
こんな感じです。





Img_7953テーブルに並んでいたお料理。





Img_7945献立表です。
地場素材にこだわり、郷土料理をアレンジした月替わりの創作会席膳。







以下、主なお料理をアップで(順不同です・・悪しからず(^^ゞ)Img_7947
Img_7948
Img_7950
Img_7951
Img_7955
Img_7957
Img_7959以上、デザートまで。
※ご飯は食べきれなかったのでおにぎりにしてもらいました(^^ゞ
おいしくいただきました。(^O^)/


次回は朝食篇です。

庄助の宿 瀧の湯さんのじゃらんnet宿情報

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯さんの楽天トラベル宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(5)

Img_7961男女入れ替わって向かって左手の大浴場「伏見の湯」へ。




Img_8021浴室入り口には女性専用のシャンプーバーが。
お好みのシャンプーをコップに入れて浴室に持っていくシステム。
ボトルごと持っていけないのでご注意。







「伏美の湯」の脱衣所へ。Img_8018カギ付きのロッカールーム。




Img_8017洗面台周り。



Img_8016パウダーコーナー。
アメニティ充実です。







さて、浴室内へ。Img_8003一番広い浴槽は「伏美の湯」。
源泉放流循環式(浴槽内の温泉を循環濾過し、源泉の温泉を足し湯する形式)。
会津の名瀑「伏美ヶ滝」に因んで名付けられたそう。




Img_8012その名のとおり広い窓からは「伏美ヶ滝」が目の前に。







Img_8004弐の湯は「庄助ひのき風呂」。
その名のとおり国産檜を全面に使用したお風呂です。
源泉100%掛け流しの(一部加温の場合あり)です。




Img_7982入って左隣にある「庄助桶風呂」。
小原庄助さんが実際に使用していたお風呂に因んだ浴槽。
こちらは「ヒバ材」が使用されています。源泉放流循環式。





Img_8008洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。





露天へ。Img_7991露天風呂「瀧見の湯」。



Img_7995「伏美ヶ滝」を一番間近で堪能できます。
源泉放流循環式です。




Img_7993露天側にも洗い場が。
アメニティは内湯と同様です。





Img_7843源泉名 会津東山温泉(源泉名 組合混合泉)
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
(旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)低張性弱アルカリ高温泉
泉温 45.2℃
pH値 8.55




Img_8024浴室前には「お風呂で読む小説」が。
読書で長湯も乙なもの。





Img_7883湯上り処にある無料のビールサーバーと麦茶のサービス。





Img_7836さらに「ところてん」も(@_@)






Img_7887オマケ画像。
新選組副長の土方歳三が足の傷を治療した温泉場は、こちら「瀧の湯」の敷地内であった会津藩の共同浴場だったそうです。



次回は夕食篇です。

庄助の宿 瀧の湯さんのじゃらんnet宿情報

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯さんの楽天トラベル宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(4)

Img_7828大浴場へ向かう通路に「小原庄助」さん愛用の石風呂が展示。
民謡「会津磐梯山」に登場する謎の人物ですが実在だったみたいです。
曰く「小原庄助は最上から会津に移封の折、主君に従った郷頭で、
豪快な人柄で云々・・」とあります(@_@)






Img_7838さて、大浴場は男女入れ替えあり。まずは右手のこの日の男湯側「庄助風呂」へ。





Img_7871カギ付きロッカーの高級感ある脱衣所。

Img_7875洗面台周り。

Img_7872パウダーコーナー。






さて、浴室内へ。Img_7848まずは「庄助風呂」。
目の前には大きなガラス越しに名瀑「伏見が滝」が。
小原庄助さんに因んで名付けられた広い浴槽は国産の「大谷石」を使用した癒しのお風呂。源泉放流循環式(浴槽内の温泉を循環濾過し、源泉の温泉を足し湯する形式)で、浴槽内にも「天然トルマリン石」が使用されているそうです。



Img_7877そして、弐の湯「庄助ひば風呂」。
こちらは100%源泉掛け流し(一部加温あり)。
青森ヒバを全面に使用した浴槽です。



Img_7846間仕切り付きの広い洗い場。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ完備。






内湯から露天へ。Img_7853四角い浴槽の「古の湯(いにしえのゆ)」。源泉放流循環式です。
湯淵には高級銘木として知られる「ヒバ材」が使用されています。





Img_7862渓流寄りの湯淵付近に回れば「伏見が滝」が堪能できます。





Img_7873こちら「古の湯」の裏手にも洗い場があり。
アメニティは内湯側洗い場と同様です。





Img_7860露天風呂2つ目は「庄助酒風呂」。源泉放流循環式です。
全国的にも有名な酒造メーカー「花春酒造」から特別に譲り受けた酒の麹釜を利用した 浴槽。「古の湯」より1段高い位置にあります。

まさに小原庄助さん気分で滝見の「絶景露天風呂」を堪能しました(^O^)/




Img_7843源泉名 会津東山温泉(源泉名 組合混合泉)
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
(旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)低張性弱アルカリ高温泉
泉温 45.2℃
pH値 8.55




次回は逆側の大浴場「伏見の湯」へ。

庄助の宿 瀧の湯さんのじゃらんnet宿情報

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯さんの楽天トラベル宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(3)

さて、お風呂へ。
こちらのお風呂は1階に大浴場が2カ所で男女入れ替えあり。
他に屋上露天を含む6カ所に有料の貸切露天風呂があります。
今回は大浴場(露天を含む)とプランに含まれた1カ所の貸切風呂をご紹介します。

Img_7902まずは1階にある貸切風呂「幻の湯」をご紹介。
ここが6カ所ある貸切風呂で唯一源泉掛け流しです。
入浴時間はフロントでチェックイン時に予約が必要。






Img_7911脱衣所の様子。






Img_7913中には「庄助トルマリン風呂」なるサウナルームのような小部屋も。
日本三大鉱物産地である福島県石川町の高質トルマリンを使用した体に優しいトルマリン風呂だそうです。








Img_7907さて、お風呂へ。





Img_7927湯川の渓谷が目の前に迫る景観を満喫できる広い露天風呂。
渓谷の緑にライトアップされた能舞台が映えます。





Img_79282人で入るには充分ゆったりな広さ。
ややぬるめの適温で、さっぱりとしたくせのないお湯です。
無色透明、無味無臭ですが、ほんの微かに芒硝臭らしきものが。




Img_7924その昔、増水した時には姿を消し、水位が低くなった時にはまた姿を現すことから名付けられたまさに「まぼろしの湯」です。




Img_7843源泉名 会津東山温泉(源泉名 組合混合泉)
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
(旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)低張性弱アルカリ高温泉
泉温 45.2℃
pH値 8.55






Img_7883隣にある大浴場前の湯上り処にはビールサーバーやら麦茶のサービスが。
至れり尽くせりです。





Img_7886足湯処も。







Img_7832本当に渓流が目の前に迫る足湯ですね(^O^)/





Img_7885ワンちゃん用の露天風呂もありました。


次回は大浴場をご紹介。

庄助の宿 瀧の湯さんのじゃらんnet宿情報

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯さんの楽天トラベル宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(2)

さて、お部屋へ。
Img_7802
Img_7803
Img_7807今回お世話になったお部屋は「庄助浪漫亭」ツインベッドと畳敷きのリビングが付いた和洋室です。
もちろん無料WiFi完備。





Img_7816部屋からの眺め。
緑の渓谷が広がります。






Img_7820キーとお茶請け。
キーは2つ。スタッフさんが荷物を運んできた後は「プライベートルーム」としてお部屋には入らないように心掛けているそうです。





Img_7814テレビは32インチ。地デジのみでBSは非対応。
ラック下にはDVDプレーヤーあり。





パウダーコーナー。Img_7804洗面化粧台周り。





Img_7809もちろんトイレは温水洗浄機能付き。





Img_7810使いませんでしたがユニットバス付。







Img_7808備え付けの冷蔵庫。







Img_7811金庫あり。







Img_7812クローゼットには浴衣、帯、羽織ほかアメニティがひと揃え。






Img_7798廊下の一角には浴衣サイズが合わない場合の替えが用意されています。

次回はお風呂へ。。

庄助の宿 瀧の湯さんのじゃらんnet宿情報

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯さんの楽天トラベル宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(1)

Img_7779久々に会津にやってきました。
東山温泉にお邪魔するのは2012年の向瀧さんに続いて2度目。
こちら「庄助の宿 瀧の湯」さんは初のお泊りです。
(2016/06/19)




Img_7965会津の名所「伏見ヶ滝」を望む美しい景観と、おもてなしの素晴らしさで大変人気の宿とか。



Img_7787ロビーの様子。
ロビーフロアは4階になります。





Img_7796チェックインの後、ご案内の準備までの間、ラウンジにてゆったりとウェルカム抹茶を頂きながら。




Img_7791湯川の渓流沿いにあり、窓いっぱいに緑が広がります。
目の前には能舞台も。夜はライトアップされています。




Img_7793流石、「庄助の宿」だけあって「利き酒振る舞いサービス」が。
会津地方の人気の清酒を取り揃えてあり、利き酒したお酒を夕食時にオーダーできます。



Img_7897ラウンジの一角には無料のパソコンコーナーも。
またラウンジ付近では無料WiFiもあり。




Img_7788選べる色浴衣コーナー。宿泊客は無料で利用可能。






Img_7800さて、フロントからお部屋まではスタッフさんが荷物を持ってお部屋へ。
お部屋は1つ上の5階。

次回はお部屋の中へご案内。

庄助の宿 瀧の湯さんのじゃらんnet宿情報

会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯さんの楽天トラベル宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

休暇村 岩手網張温泉(9)

さて、朝食篇です。

Img_7718翌朝も同じ1階レストランにて。





Img_7726
Img_6049朝食もバイキングスタイルです。




Img_6055ライブキッチンで玉子料理も。





Img_7724新鮮野菜が取り放題。





Img_7725自家製パンは評判良し。



Img_7720もちろんご飯やお粥もあり。





Img_7728モンドセレクション金賞に輝いた「岩泉ヨーグルト」はじめ、デザートも充実しています。





Img_7730眺めの良い窓際で頂きます。





Img_7734もちろんコーヒーもおかわり自由。





Img_7778お世話になりました(*^_^*)
宿泊者は日帰り温泉館も利用できます。
白濁の硫黄泉とホスピタリティ溢れるスタッフ対応。
食事も美味しくリーズナブルですっかりご贔屓宿。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

休暇村 岩手網張温泉(8)

Img_7675食事は夕、朝食とも1階レストランにてバイキングプラン。





Img_7689
Img_7682
Img_7684毎度評判の良い、こだわりの地産地消バイキングです。





Img_7679お馴染みの天ぷらのライブキッチン♪





Img_7687ズワイガニの炙り焼きコーナーも(^O^)/。





Img_7694こんな感じで取って見ました/(~_~;)





Img_7690食後のデザート、スィーツも充実。

次回は朝食篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

休暇村 岩手網張温泉(7)

Img_7747「大釈の湯」女湯側へ(カミサン撮影)。





Img_7761脱衣所の様子。やはり鍵付きロッカー。





Img_7762パウダーコーナーも清潔で使い易い感じ。







内湯浴室へ。Img_7752入ると右手に掛け湯。







Img_7748浴槽は20人以上は一度に入れそうな広さ。








Img_7750湯口付近。
温度管理がしっかりしていて42度前後の適温です。








洗い場。Img_7749シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイスソープ、メイク落としなど多数。






露天の様子。Img_7755こちらは7、8人サイズの浴槽。
温度も適温。白濁で硫黄臭が香ばしい感じ。






Img_0226源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1

日帰り入浴は日帰りは8:00~15:00まで。大人600円。

Img_0227脱衣所に貼ってあった源泉口からの経路図。
千年の名湯は森をぬけ、沢を横切りやってくるそうです。

次回は夕食篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

休暇村 岩手網張温泉(6)

Img_7702さて、次は西館側「大釈(たいしゃく)の湯」へ。
以前は「見晴(みはらし)の湯」と呼ばれていましたが、開設50周年を機に名称を改めたそうです。





Img_7701入り口にはデジタルの温度表示が。
温度管理されていて、全ての浴槽が一目瞭然です。





Img_7703まずは男湯側へ。
脱衣所はカギ付きロッカー。





Img_7704パウダーコーナーはドライヤーも2基あり。
おいしい天然水の給水コーナーもあり。





Img_7705浴室内へ。





Img_6023入って左手に掛け湯あり。





Img_7708奥が内湯の広い浴槽。見た感じ10人以上入れそうです。





Img_7709湯口付近。
香ばしい硫黄臭。





Img_7710入浴目線から。





Img_7706洗い場はシャワー付きカランが10基。
ボディーソープ、シャンプー、トリートメント付き。





Img_7713ドアを出ると露天風呂が。
L字型の石組の浴槽は7、8人サイズ。
お湯は適温まったり寛げました。
湯上り後は汗の引きの早いサッパリ系。

次回は女湯側へ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

休暇村 岩手網張温泉(5)

Img_7775「白泉の湯」女湯側(カミサン撮影)。







Img_7764脱衣所の様子。







Img_7765パウダーコーナーのアメニティは女性仕様になっています。








浴室内へ。
Img_7767扇型の浴槽。基本的に左右対称で男湯と同仕様です。





Img_7771湯口付近。







Img_7768洗い場の様子。
ボディーソープ、シャンプー、トリートメントあり。







Img_0185源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1

次回は「大釈(たいしゃく)の湯」へ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

休暇村 岩手網張温泉(4)

Img_7654東館側「白泉の湯」へ。
基本男女同仕様で入れ替えはありません。





Img_7655こちらも浴槽温度はデジタル表示になっています。
こちらは昔ながらの網張温泉らしい高めの温度設定だそう。






Img_7657脱衣所はカギ付きロッカー。
広くは無いものの清潔で充分な設備。





Img_7659浴槽は変則の扇型。6、7人サイズといったところ。





Img_7661湯口付近です。
クリーム色の折出物がしっかり。





Img_7664洗い場はシャワー付きカラン8箇所。水のみのカランが1箇所。
アメニティはボディーソープ、シャンプー、トリートメントあり。



次回は「白泉の湯」女湯側をご紹介。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

休暇村 岩手網張温泉(3)

昨年5月以来1年ぶりの「仙女の湯(せんにょのゆ)」。

Img_7642今年から野天風呂「仙女の湯」に行くための入り口に新しいゲートが設営されました。
日帰りの入浴料も改定となり400円に(宿泊者は無料)。




Img_7645途中は山道。
急な階段もあり、滑るのでスニーカー履きがベター。




Img_7649湯小屋が見えて来ました。
ゲートから湯小屋までは350mあるそうで約7分ほど。

 




Img_7646湯小屋は入り口で男女別に分かれています。




Img_7647こちらも撮影禁止となったようです。
以下の画像は禁止になる以前(2016/05/17)撮影したものを使用しています。




Img_5594男性側脱衣所に入るとすぐ下駄箱があり。棚は脱衣籠のみ。
脱衣所を出てアプローチを渡り石組みの湯舟へ・・。





Img_5604目の前にはダイナミックな「亀滝」。雪解け水で水量は豊富です。
白濁のお湯を湛えています。
入浴のみの洗い場はなし。




Img_5597網張は深緑の只中。マイナスイオンに癒されます。
野天風呂「仙女の湯」は混浴ですがフロントで湯浴み着が300円で借りられます。




Img_4853 泉質表示。
源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1

営業時間 8時30分~15時まで(宿泊者は18時まで・雨天時クローズ)
入浴料金 400円(大人・小人とも)
営業期間 5月中旬~11月中旬頃まで(要問合せ)

次回は館内に戻り、「白泉の湯」へ。

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

休暇村 岩手網張温泉(2)

さて、お部屋へ。Img_7633部屋はいつも利用している西館和室8畳。
今回は3階の禁煙室です。



Img_7638部屋のキーは2つ。
フロントでチェックイン後、荷物はセルフで移動。




Img_7636テレビは液晶32インチ。地デジの他、BSも映りました。
金庫、電気ポット、お茶道具、電気スタンドあり。





Img_7631空の冷蔵庫と部屋備え付けの岩手山から湧き出る天然水。






Img_7635クローゼットにはタオル、羽織、サイズの選べる浴衣。





Img_7639ドライヤー付き清潔な洗面ドレッサー。




Img_7640トイレは温水洗浄付き。
充分なクオリティ。





Img_7743窓からの眺め。今回は濃霧で視界は悪かったですね(@_@)

次回は「仙女の湯(せんにょのゆ)」へ。。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

休暇村 岩手網張温泉(1)

Img_76513月以来、今年2度目、休暇村岩手網張温泉に泊まって来ました。
この時期は野天風呂「仙女(せんにょ)の湯」が楽しみです。(2016/06/19宿泊)





Img_7652ロビー、フロント風景。チェックインはスムーズです。





Img_7623ラウンジの様子。





Img_7625 一角にはFREESPOTのWiFiポイントがあります。
無料で使えるパソコンも一台あり。
空いていればフロントに声を掛けて利用できます。
パソコンコーナーの隣は文庫コーナー。
ほとんどの本はフロントに声を掛けてお部屋へも貸し出し可能。
(一部持ち出し禁止もあり)





Img_7653女性客向けの「いろどりゆかた」もあり。
宿泊者は無料で借りられます。





Img_7629こちらは売店コーナー。
地元雫石の特産品、岩手のお土産品も沢山ありました。
朝には評判の自家製パンも並びます。
人気で数が少ないのでお早めに(^O^)/





Img_7630廊下の様子。
次回はお部屋篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(12)

朝食篇です。Img_7570昨日と同じ本館側広間「鳳仙花」にて。





Img_7572テーブルの様子。


Img_7575献立表もちゃんとあり。



Img_7583朝食膳です。
ボリュームもあり大変美味しかったです。





Img_7587食後はコーヒーも。







Img_7614最後に本館「山吹の花」側の様子を少し。



Img_7432ロビーの様子。
フロントと売店コーナー。



Img_7487お庭を望むラウンジ。




Img_7431カラオケルームもあり。



Img_7429こちらは懐かしい昭和レトロな展示コーナー。
キャンディーズのレコードやマジンガーZなど(^O^)/





Img_7336表には金色堂のオブジェが出現していました(@_@)






Img_7617お世話になりました。
いいお湯と緑に囲まれてのんびりまったりできました。
また訪れたい和み宿です。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(11)

さて、夕食篇です。
Img_7490会場は本館側広間「鳳仙花」にて。





Img_7491献立表です。







Img_7492最初に並んだお膳の様子。





Img_7499お酒は純米吟醸「美人の湯」を・・(@_@)





お料理をアップで・・(順不同)Img_7494
Img_7495
Img_7493
Img_7504
Img_7501
Img_7506
Img_7513
Img_7511
Img_7515以上デザートまで。






蕎麦味噌焼きや前沢牛陶板焼きなど、地場産品をふんだんに使った地産地消のお料理に舌鼓(^O^)/

大変おいしくいただきました。

次回は朝食篇です。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(10)

Img_7452貸切風呂「よし美の湯」へ。
今回のプランでは貸切風呂の利用が1回サービス。
チェックイン時にフロントで予約。





Img_7453脱衣所の様子。









Img_7457浴室内。
浴槽は2人で入るには充分な広さ。




Img_7465無色透明なくせのないお湯。
水入らずでまったりできました。



Img_7459洗い場の様子。
シャワー付きカランが2基。




Img_7454源泉名 瀬美温泉(美人の湯)
泉質 単純温泉(低帳性中性高温泉)
泉温 源泉45.1℃ 使用位置42.5℃
pH値 7.9
メタケイ酸は183.1

湯上りはつるすべになります。



次回は夕食篇です。


夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(9)

Img_7428こちらが女湯側(カミサン撮影)男女入れ替えはなし。






Img_7408脱衣所の様子。
コインロッカー(有料100円)あり。




Img_7409パウダーコーナー。




Img_7411内湯は基本的に男女同仕様です。



Img_7416温度管理されていて42度の適温。








Img_7405洗い場の様子。
こちらもシャワー付きカランが5基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。





露天へ。Img_7404夏油渓谷の緑がまぶしい季節です。



Img_4202 泉質表示。
源泉名 瀬美温泉(美人の湯)
泉質 単純温泉(低帳性中性高温泉)
泉温 源泉45.1℃ 使用位置42.5℃
pH値 7.9
メタケイ酸は183.1と豊富で流石「美人の湯」。
湯上りはサッパリとした感じで何度でも入れそうでした。


日帰り湯入浴料
大人(中学生以上)600円
小人(小学生)300円 幼児(3歳~)150円
日帰り利用時間は内湯、露天とも朝7時~21時まで。(4月~10月※11月~3月は20時まで)


次回は貸切風呂「よし美の湯」へ。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(8)

Img_7386さて本館側「山吹の花」へ。
こちらにあるお風呂は男女別の内湯「美人の湯」と「大露天風呂」、そして貸切風呂「よし美の湯」があります。

Img_7426まずは「美人の湯」&「大露天風呂」の男湯側へ。


Img_7425脱衣所の様子。コインロッカー(有料100円)あり。
湯治客や日帰り客も多く賑わっていました。


Img_7414内湯の様子。
もちろん源泉掛け流し。

Img_7419向かって右側(湯口と反対側)が浅めになっていてます。

Img_7415泉質は単純泉でほぼ無色透明、無臭に近いですが湯口付近で微かに硫黄臭。
適温ででややトロリとしたくせのないお湯です。

Img_7413洗い場の様子。
シャワー付きカランが5基。リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Img_7393さて、「大露天風呂」へ。

Img_7394広い露天は混浴ですが真ん中に間仕切りがあり、女性にも比較的ハードルは高くありません。

Img_7400のんびりまったりと寛げました。
ただこれからの季節、夏場は特にアブに注意が必要です。

次回は女湯側をご紹介。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(7)

Img_7544新館側「長寿の湯」をご紹介しています。
今回は女湯側(カミサン撮影)。



Img_7593
Img_7591脱衣所は清潔感あり。



Img_7592パウダーコーナーの様子。



Img_7595浴室内へ。
奥に露天が見えます。



Img_7604内湯は湯口が大きな一枚岩になっています。
浴槽は広く、基本的には男湯とほぼ同じのようです。



Img_7600お湯は無色透明、こちらも柔らかくツルツルとした肌ざわり。
オーバーフローあり。
泉質は「夢の湯」と同様、アルカリ単純泉です。



Img_7594洗い場は間仕切りのあるシャワー付きカランが7基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。



Img_7598ドアを出て露天「せせらぎの湯」へ。
夏油川に面した渓流沿いの石組み露天。
男湯側は野天でしたがこちら側は屋根付き。
開放感があり新緑を満喫できます。



Img_4318泉質表示。
源泉名 瀬美温泉 (夢の湯) 利用場所 長寿の湯(内湯)
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉42.5℃ 使用位置42.0℃
pH値 8.8
メタケイ酸 163.5



Img_4315源泉名 瀬美温泉(長寿の湯) 利用場所 せせらぎの湯(露天)
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性温泉)
泉温 源泉35.2℃ 使用位置35.0℃
pH値 8.0メタケイ酸 152.2



Img_7568このほかにも有料で利用できる貸切風呂「なご美の湯」があり。
※今回は本館側の貸切風呂「よし美の湯」を利用。レポは後日。



Img_4270各お風呂の泉質対象表。
「長寿の湯」のお湯が実は「夢の湯」だったり割りと複雑です。

次回は本館側へ。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(6)

Img_7521今回は新館側「長寿の湯」をご紹介。
まずは右手、男湯側。



Img_7523脱衣所は清潔感があり。
パウダーコーナーのアメニティも充実。



Img_7527内湯の浴室内。



Img_7530浴槽は広く、湯口が大きな一枚岩になっています。
お湯は無色透明、こちらも柔らかくツルツルとした肌ざわり。
泉質は「夢の湯」と同様、アルカリ単純泉です。



Img_7532湯口付近。
温度は40度とややぬる目の適温。



Img_7528洗い場は間仕切りのあるシャワー付きカランが7基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。



Img_7533ドアを出て露天「四季の湯」へ。





Img_7535夏油川に面した渓流沿いの石組み露天。





Img_7538湯船に浸かり、まったりと新緑を満喫しました。



Img_4240泉質表示。
源泉名 瀬美温泉 (夢の湯) 利用場所 長寿の湯(内湯)
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉42.5℃ 使用位置42.0℃
pH値 8.8
メタケイ酸 163.5



Img_4243源泉名 瀬美温泉(美人の湯) 利用場所 四季の湯(露天)
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉45.1℃ 使用位置42.5℃
pH値 7.9
メタケイ酸 183.1

次回は女湯側へ。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(5)

Img_7471続いて女湯側(カミサン撮影)




Img_7472脱衣所の様子。




Img_7474パウダーコーナー。
ドライヤーやアメニティも充実。




Img_7483浴室内。
基本仕様は男湯側と同じです。



Img_7485トロリとした泉質で湯上がり後はしっとりツルスベ。





Img_7479洗い場の様子。
シャンプー、トリートメント、ボディソープほか。



Img_4250 泉質表示。
源泉名 瀬美温泉 (夢の湯) 利用場所  夢の湯
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉42.5℃ 使用位置42.0℃
pH値 8.8
メタケイ酸 163.5

Img_4251 源泉名 瀬美温泉 (長寿の湯) 利用場所 打たせ湯
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉35.2℃ 使用位置35.0℃
pH値 8.0
メタケイ酸 152.2





Img_7546こちらは湯上り処。
待ち合わせにも良し(*^_^*)





Img_4264入り口にはコインロッカー(リターン式)もあり。



次回は「長寿の湯」をご紹介。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(4)

新館側のお風呂をご紹介。
Img_7545男女別内湯「夢の湯」。
日帰り湯の利用時間は7時~14時まで。まずは男湯側から。





Img_7548脱衣所の様子。パウダーコーナーのアメニティも充実。





浴室内へ。

Img_7565内湯のみで浴槽は2つ。
しっかりオーバーフローあり。





Img_7553向って左手にあるのが「長寿の湯」源泉。
以前は打たせ湯でした。
こちらだけは加温なしで源泉のまま。
温度は35度とかなり低め。湯口付近でほんの微かに硫黄臭。





Img_7561窓際に沿った広いほうの浴槽は「夢の湯」源泉。
こちらのお湯は源泉が42.5℃と丁度良い感じ。



Img_7554トロ~リとしたウナギ湯系のお湯がとても肌に心地よいです。
窓からは新緑の夏油川渓流が眺められます。





Img_7559洗い場の様子。
シャンプー、トリートメント、ボディソープほか。

次回は女湯側をご紹介。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(3)

Img_7437さて、部屋のお風呂へ。





Img_7438浴室内の様子。






Img_7440檜の浴槽は一人サイズ。
温度は適温で、加温ありですが100%源泉掛け流しです。



Img_7443窓を全開にすれば開放感あり。
狭さを感じさせません。



Img_7444網戸を閉めれば開放感はそのままに虫の侵入を防げます。






Img_7446洗い場の様子。
シャワー付きカランが1基。
シャンプー、トリートメント、ボディーソープ、クレンジング、洗顔フォームまで至れり尽くせり。








Img_7359温泉分析表。
源泉名 瀬美温泉(長寿の湯)
泉温 源泉35.2℃(加温あり)
pH値 8.0
メタケイ酸は152.0と豊富な美人の湯。
湯上りはしっとりつるすべです。

次回は新館側のお風呂をご紹介。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(2)

Img_7354さて、お部屋へ。
源泉かけ流しのお風呂付「杏」。






Img_7371主室の和室6畳。



Img_7370和室のテレビは32インチ。地デジのほかBS放送も映ります。





Img_7365リビング6畳。
2部屋の広々としたお部屋です。



Img_7379窓際からは夏油川の清流が一望できます。






Img_7355入り口の踏み込み。





Img_7356廊下の様子。






Img_7384部屋の鍵とお茶請け。






Img_7367空の冷蔵庫。
クローゼットには羽織、浴衣や大小タオル、湯足袋など一般的なものがひと揃え。





Img_7374金庫あり。




Img_7445プラズマクラスターもあり。






Img_7358洗面化粧台。ドライヤーあり。



Img_7357トイレは温水洗浄機能付。

次回は半露天部屋風呂へ。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(1)

Img_73522014年以来2年ぶりに訪れた「瀬美温泉」さん。
今回も新館「桐の花」側へ。
源泉かけ流しの部屋風呂付のお部屋にお泊りです(^O^)/
(2016/06/07)



Img_7614こちらは本館「山吹の花」の玄関。
名物「鬼剣舞」の面がお出迎え。
前回お邪魔した時には白だったお面が赤色に。
昨年塗り替えられたんだそうです。



Img_7350新館「桐の花」側の玄関。
雪深い地域らしく二重構造の風除室になっています。




Img_7345ドアを開けて中に進むと、新館「桐の花」のロビー。
館内は本館「山吹の花」も含め段差を極力無くしスリッパレスになっています。




Img_4285館内レイアウト。
こんな感じで繋がっています。
お風呂は新館側、本館側両方入れて、男女各3箇所(うち露天が混浴1、男女別各1、内湯男女別3)あります。館内の湯めぐりも楽しそうです。
ちなみに新館側に売店はなし。
売店コーナーは本館「山吹の花」側にあり。



Img_7346ラウンジの様子。
こちらでゆったりとチェックイン。




Img_7348ラウンジからは新緑の山並みと夏油川の清流が。




Img_7486新館「桐の花」の客室廊下の様子。
次回はお部屋へ。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

四季彩の宿 ふる里(7)

さて、朝食篇です。
Img_7281場所は前夜と同じ食事処にて。





Img_7286朝食も春のお献立です。
2種類から選べます。
前日チェックインの際にチョイス。



Img_7287こちらは「ふる里流 おすすめ朝食」。





Img_7291こちらは「ふる里 こだわり朝食」。





Img_7297
Img_7302デザートもそれぞれ別々です。






Img_7303食後はラウンジに移動。





Img_7307ゆったりとコーヒーを。





Img_7306お茶や地元産の八重樫牛乳もあり。
セルフなのでおかわりも自由です。





Img_7328ゆったりと気持ちをリセットしに来れる場所。
いつもながらのんびり出来ました。
本当におすすめ宿です。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

四季彩の宿 ふる里(6)

さて、毎度評判の良いここふる里さんのお料理。
Img_7251場所は夕、朝食とも食事処にて。
まずは夕食篇です。








Img_7257献立表です。
春の献立。テーマは「春のそよ風」だそう。




Img_7262テーブルの様子。
食前酒はグリーンムーン






Img_7252八寸盛  鰆の若草焼
        焼き筍
       菜の花 サーモン
      うるいのもろマヨ和え
      牛肉の貝割巻
      磯部明太子揚げ
      スナップチーズ巻
      手長海老の甘露煮
       






Img_7264お造里 春鰹のカルパッチョ






Img_7263温 物 岩手和牛のピリ辛鍋
(若しくは 春蛸と魚介の桜しゃぶしゃぶ)






Img_7266箸休め チアシード入りヨーグルトサラダ






Img_7268揚 物  野菜の天婦羅






Img_7276鍋の〆   雑炊、若しくはうどん
※今回はうどんをチョイス






Img_7278デザート  桜ムースとグレープフルーツ






Img_7270夜食皿 筍のいなり寿司

鍋のシメや夜食まであり、満足度高し。
お味はもちろん、お料理の説明、出てくるタイミング、いつもながら言うことなしです。

次回は朝食をご紹介します。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

四季彩の宿 ふる里(5)

Img_7312女湯篇です(カミサン撮影)。





Img_7316脱衣所の様子。
男湯側と比較すると新しく清潔感あり。





Img_7314パウダーコーナーも充実しています。





Img_7320内湯の様子。
一度に10人以上は入れそうな浴槽。
湯量豊富でオーバーフローあり。





Img_7318洗い場の様子。
椅子、湯桶とも男湯側と比べてお洒落です。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープと充実してます。





Img_7324露天は木枠。
女湯側といえど眺めは悪くない感じです。
こちらもオーバーフローあり。





Img_1670源泉名 湯川温泉(ふる里の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 56.6℃ pH 8.0





Img_7206加水、加温無しの100%源泉掛け流し。

日帰り入浴料(大人500円・小人300円)

次回は夕食篇を。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

四季彩の宿 ふる里(4)

さて、大浴場は男女別で入れ替えなし。
趣は若干異なります。
Img_7201まずは男湯から。





Img_7202脱衣所の様子。簡素ですが充分な設備。





Img_7208内湯の様子。
この時期は内湯の窓からも新緑がきれいです。





Img_7213源泉掛け流しでトロリ系の泉質。
ほんのり焼き塩系の香り。温度は適温でした





Img_7214内湯、露天とも浴槽の底から湧いてくるタイプの湯口なので足元注意。





Img_7210洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。





露天へ。Img_7219名物露天は渓流沿いのベストロケーション。
外気に触れて内湯より僅かにぬるめ。





Img_7221暫し貸切状態でいつまでも入っていたい気分でした。





Img_5021源泉名 湯川温泉(ふる里の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 56.6℃ pH 8.0

加水、加温無しの100%源泉掛け流し。

次回は女湯篇です。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »