« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

花巻 台温泉 観光荘(5)

さて、観光荘さんの夕食。
今回のプランは部屋食となりました。
時間は18時30分をリクエスト。時間前にお膳を部屋に運んでくれます。
旬の山菜やキノコ等に三陸魚介類料理が好評です。
今回も一人ずつ1ドリンクサービスのプランでした。

Img_4437お膳はこんな感じ。





さて、お料理をアップで。(順不同)Img_4438
Img_4439
Img_4450
Img_4441
Img_4443
Img_4444
Img_4445
Img_4446
Img_4448
Img_4457
Img_4447
以上デザートまで。

おなじみの海老きのこのグラタンや、メインの岩手牛のステーキが美味しかったです。茶碗蒸しも温かく、天ぷらは揚げたてで美味しく頂きました。

次回は朝食篇です。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

花巻 台温泉 観光荘(4)

    Img_4458さて、入れ替え後の女湯側「花子の湯」へ。
こちらは2階にあります。
入口には貴重品ロッカーあり。



Img_4494脱衣所の様子。




Img_4463パウダーコーナー。こちらはちゃんと中にあり。
アメニティ等の仕様は基本女性用になっています。




Img_4466浴室内の様子。入って正面に奥に長い木枠の浴槽が。


Img_4489半分仕切りがあり、手前がぬるめ。

Img_2631ぬるめ側にあった温度計は43度弱。
あつめ側でも体感僅かに高い44度位かなという程度。


Img_4469奥が熱め。もちろん加水なしの100%源泉掛け流し。
浴槽は変則の横長ですが全然狭い感じはなく、良い雰囲気でした。



Img_4483洗い場はパテーション付きが3基、無しが2基あり。
全てシャワー付き。リンスインシャンプー、ボディーソープあり。
シャワーのお湯も全て温泉水だそうです。

Img_6742源泉名 台温泉(1号泉)
泉質 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
泉温 95℃  pH 8.3
メタケイ酸 128.0
「太郎の湯」側とは微妙ですが違う源泉のようです。

次回は夕食をご紹介。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

花巻 台温泉 観光荘(3)

さて、観光荘さんの浴室は男女2ヶ所あり時間帯で入れ替え。
まずは男湯「太郎の湯」からご紹介。場所は3階。




Img_4427男性客の利用は11時00分~翌朝6時、女性は朝6時~9時まで。




Img_4433洗面所スペースは宿泊客用を兼ねて脱衣所の外にあります。
合理的でユニーク。


Img_4523脱衣所の様子。剃刀も1人1個までサービス。

 


Img_4532中に入ると湯気が凄いですが採光があり良い雰囲気。
10人ぐらいは一度に入れそうな浴槽。




Img_4530向かって左手が熱め。



Img_2662備え付けの温度計で44℃ぐらい。

Img_4531仕切を挟んで右手がぬるめ。
こちらは体感43℃ぐらい。







Img_4526洗い場の様子。




Img_4527シャワー付きカランが全部で5基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

 


Img_4429脱衣所の一角でこんなものを発見。
各旅館に温泉を分配する箱に付いた温泉成分が固まったもの。
何気にお湯の濃さを物語ってますねぇ。

Img_0502源泉名 台温泉(新湯)
泉質 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
泉温 96℃   pH 8.2
メタケイ酸 101.2
肌当たりの柔らかいクセの無いお湯です。

次回は入れ替え後の女湯側「花子の湯」へ。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

花巻 台温泉 観光荘(2)

Img_4410部屋は8畳+変則4畳の「桜」の間。
リニューアルされて畳や障子は新しく、昔ながらの佇まいを残しながら良い感じ。以前にも一度お世話になったお部屋です。

Img_4406別角度から。

Img_4409テレビは地デジの他、BS放送も映ります。
金庫あり。

Img_4407お茶請けはこんな感じ。




Img_4411窓の外は雪景色。

Img_4414広めのパウダールーム。ハンドソープ、ドライヤーあり。




Img_4416下にある冷蔵庫は空きスペースほぼなし。

Img_4417トイレはもちろん温水洗浄便座機能付き。




Img_4413クローゼットにはタオル、浴衣ほか一般的なアメニティ。

次回はお風呂へ。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

花巻 台温泉 観光荘(1)

Img_4392昨年2月以来、ほぼ1年ぶりの観光荘さんへ。(2016/01/19)
こちらの専用駐車場に車を停め、宿までは徒歩1、2分。

Img_4394玄関前。

Img_4395こちらには温泉たまごを作る木箱が。
源泉温度が高いので夏場は6~7分、冬場でも13分ほどで出来るそうです。

Img_4403フロントの様子。
日帰り湯も400円で受け付けています(11:00~21:30)。
日帰りのお客さんでいつも賑わっていますね。

Img_4397ロビーの様子。


Img_4399女性には無料で選べる色浴衣が。

Img_67132階には広間があり、日帰り客の休憩スペースに開放されています。

Img_4425部屋のある2階の廊下の様子。女湯はこの階にあり。
古い建物ですが掃除は行き届いています。


次回はお部屋へ。

花巻台温泉 観光荘さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 観光荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(6)

Img_4331
翌朝の朝食も同じ「うららダイニング」にて。





Img_4334テーブルの様子。



Img_4339



朝食のお料理をアップで。Img_4349
Img_4341
Img_4343
Img_4344
Img_4348
Img_4346以上デザートまで。
デザートは岩泉ヨーグルトでした。

大変おいしくいただきました。



Img_4374食後は前日チェックイン時に頂いたサービス券を利用してカフェラウンジで手作りアイスを。



Img_4321お世話になりました。
大ホテルにありながら、源泉100%掛け流しのお湯がお部屋でも楽しめる、温泉露天風呂付客室「別邸うらら」は大切な方との記念日やカップルにおすすめな隠れ家的お宿です。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(5)

さて、夕食篇です。

Img_4311「別邸うらら」の宿泊者は夕、朝食とも同じ階にある、お食事処「うららダイニング」利用になります。



Img_4284各個室のダイニングはそれぞれのお部屋専用になっています。



Img_4287中はこんな感じ。





Img_4291献立表です。
吟味された山海の幸を地産地消で頂く「うらら」専用の創作会席膳。




Img_4285こちらはお飲み物のお品書き。





Img_4295ここは地酒の「浜千鳥」をチョイス。





さて、お料理を一品づつ。。Img_4293先付
長芋織切
防風
三陸産塩雲丹

Img_4294八寸
なまこ 鯖寿司 鮑酒蒸し
海老キャビア添え たたみ鰯

食前酒 山の木ぶどう

Img_4297刺身
鮪トロ 北寄貝 鮃花作り
 活きタコ梅肉 つま色々





Img_4298椀盛り
菊花 帆立貝 しめじ
 めかぶ 人参 
しじみ仕立て





Img_4302中皿
前沢牛ステーキ
 茄子 じゃが芋 クレソン
 ブロッコリー ミニトマト





Img_4303煮物
炊き合わせ
 里芋 南瓜 カブ 牛蒡
 すだれ麩 菜の花 鴨治部煮





Img_4306食事
岩手産ひとめぼれ
香の物 
止椀 ひっつみ汁

Img_4308水菓子 江刺林檎 苺 柿


以上大変おいしくいただきました。
次回は朝食篇です。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報


つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(4)

さて、お風呂、今回は男湯側のみで。
Img_4356ここ大観さんのお湯は加水加温無し100%自家源泉掛け流し。
湯量豊富で自家源泉の熱を給湯余熱に利用したり、掛け流しの排湯もさらに熱利用したりと、温泉エネルギーを利用し年間323トンものCO2削減を実現しているそうです。




Img_4358脱衣所の様子。




Img_4360パウダーコーナー。

Img_4387男湯側内湯の様子。広い大浴場は浴槽が2つ。
こちらはガラス窓に沿ったL字型石造り。20~30人は入れそうな広さです。
湯量豊富でドバドバと掛け流されています。やや熱めの適温でした。

Img_4363向って左奥にある古代檜の7、8人ぐらい入れそうな浴槽。
古代檜風呂側は気持ちぬるめでした。

Imgp4563湯の花も豊富で白い消しゴムカス状。
軽い硫黄臭が心地よいです。

Img_4362洗い場の様子。カランの数も充分、全部で20基ありました。
シャンプー、リンス、ボディソープあり。

Img_4369ドアから外へ出て右手に打たせ湯のある露天風呂。

Img_4385こちらは露天「簾下り(すおり)の湯」。


Imgp7429かつて南部藩主やご一族が入られた際、簾を降ろして入浴された事に由来するそうです。



Img_438210人以上は入れそうな石組みの屋根なし露天。
硫黄臭とトロ~リとした感触のお湯。外気に触れて適温。


Imgp7440天気が良ければお湯に浸かりながら岩手山が望めます。

Imgp7359源泉名:つなぎ温泉(大観の湯)
泉質:単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温:52.4℃ pH :9.0
湧出口が敷地内にあり湯畑を通り丁度良い温度で湯舟に運ばれる混じり気無しの100%源泉掛け流しだそうです。

Imgp7369こちらは湯上り処。
冷水器もあり。

女湯篇は2012年10月取材分を。

次回は食事篇です。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報


つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(3)

Img_4252部屋付きの露天風呂へ。



Img_4326浴槽はL字型で片方は浅くなっています。





Img_4272入浴目線です。眺望はこんな感じ。





Img_4328湯口付近。
ほんのり硫黄の香り。温度は適温。
もちろん加水なしの源泉100%掛け流しです。





Img_4264角度を変えてデッキ側から。
映画「エマニエル夫人」に出てきたようなハンギングチェアが付属。





Img_4321デッキスペースからの眺め。






Img_4245パウダールームに隣接したシャワーブース。
シャンプー、コンシショナー、ボディソープあり。


Img_4260こんな説明書きが。
曰く、54℃の自家源泉を給湯と暖房用の水道水と熱交換して温度を下げさらに湯冷まし水路と湯畑で温度を下げ適温にして供給。
だから大観のお湯は全国でもまれにみる加水ゼロなんだそう。



Img_4212温泉分析表。
源泉名 つなぎ温泉(大観の湯)
泉質 単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 源泉 52.4℃
pH値 8.9
メタケイ酸 76.8



次回は大浴場へ。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報


つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(2)

さて、お部屋へ。
Img_4330今回お世話になったのは「曙」というお部屋。
翌朝はご覧のように朝刊が入ります。





Img_4235露天風呂付客室スタンダードで和室6畳 + 2ベッド + シャワールーム。






Img_4242ツインのベッドはシモンズ製。
寝心地良かったです。







Img_4237畳敷きのリビングスペース。
壁に掛けられたテレビは50インチと大きめ。
空気清浄機もあり。






Img_4232クローゼットにはバスローブあり。






Img_4231金庫あり。





Img_4240デスク周り。
冷蔵庫、湯沸かしポット、コーヒーメーカーなど





Img_4259部屋のキーは2つ。






パウダールームへ。Img_4244洗面化粧台周り。





Img_4234トイレは最新の温水洗浄便座。





Img_4241次回は露天風呂へ。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報


つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

盛岡つなぎ温泉 ホテル大観(1)

2013年3月にお邪魔して以来ほぼ3年ぶりのホテル大観さん。
今回は昨年暮れに新しく温泉露天風呂付客室「別邸うらら」がオープンしたのでモニター企画での宿泊です。
(2016/01/11宿泊)Img_4210いつもながら車寄せに到着するとすぐにスタッフが荷物を持ってくれます。

Img_4208玄関前には飲泉・手湯処が出来ていました。
加水加温なしの100%源泉掛け流しのお湯はトロリとした硫黄泉で好きな泉質です。



Img_4214フロントの様子。

Img_4391フロント横のロビースペース。ゆったり寛げそうなソファが置かれてます。




Img_4217御所湖を望むカフェラウンジ。




Img_4220こちらでお茶とお茶請けを頂きながらチェックイン。
さらに手作りアイスのサービス券も頂きました。

Img_4216売店コーナー。

Img_4353館内を鯉が優雅に泳いでいます。



Img_4256「別邸うらら」専用階、3階のレイアウト図。

Img_4255専用階エレベーター前。
男女とも色浴衣が選べます。

Img_4280専用階廊下の様子。



Img_4350次回はお部屋篇です。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報


つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

上北温泉郷 温泉旅館 松園(6)

さて、食事篇です。
Img_4162場所は夕、朝食とも食事処にて。





Img_4166夕食膳はこんな感じ。
今回はお料理グレードアッププランで通常8品の所品数は14品ありました。
八甲田の山の幸など、その季節の旬の食材を盛り込んだお料理の数々。





ではアップで(順不同)。Img_4167
Img_4168
Img_4169
Img_4170
Img_4171
Img_4172
Img_4173
Img_4174
Img_4175
Img_4176
Img_4177
Img_4178
Img_4181
Img_4180以上デザートまで。大変おいしかったです。






Img_4191翌朝の朝食膳はこんな感じ。






Img_4193お世話になりました。
モール泉のツルツルのお湯とアットホームなおもてなし。
食事もおいしくオススメの宿です。

温泉旅館 松園さんの楽天トラベル宿情報

温泉旅館 松園さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

上北温泉郷 天然温泉 まつのゆ

Img_4131さて、松園さんから道路一つ挟んで、日帰り温泉の「まつのゆ」へ。
(2016/01/10)




Img_4161こちらは温泉旅館松園さんが経営している大きな日帰り温泉です。
宿泊客は滞在中無料で入る事ができます。



Img_4133館内は多くの来場者でにぎわっていました。





Img_4156入浴料は大人290円とリーズナブル。









Img_4160フロントには看板犬がお出迎え。





Img_4134さて、男湯へ。





Img_4136内湯の浴槽は熱め、ぬるめ、電気風呂、 水風呂、ジェットバスなど。
源泉かけ流しで、オーバーフローあり。





Img_4151スノコが敷かれた寝湯もありました。




Img_4137サウナは遠赤外線、ミストサウナ2種類あり。




Img_4141ドアを出て露天風呂へ。屋根付きの半露天。
街中のため、眺望は望めませんが開放感あり。





Img_4145入浴目線で。
広い岩風呂です。
お湯は薄い琥珀色。塩素臭は全くありません。





Img_4149内湯に戻り、洗い場の様子。



Img_4159温泉分析表。
源泉名 松の湯温泉
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 49.2℃
PH値 7.6
メタケイ酸 169.2
お湯はツルツルでトロリとした美肌の湯。


次回は松園さんに戻り、食事篇です。



天然温泉まつのゆ
青森県上北郡東北町上北北一丁目34-49
TEL:0176-56-5953

料金/大人:290円、中学生:200円、小学生:100円、幼児:50円
営業時間/AM5:00~PM10:00

※情報は2016年1月取材時のものです。

温泉旅館 松園さんの楽天トラベル宿情報

温泉旅館 松園さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

上北温泉郷 温泉旅館 松園(5)

Img_4088続いて「ひば風呂」の女湯側(カミサン撮影)。
男女入れ替えはなし。




Img_4090脱衣所の様子。




Img_4091パウダーコーナー。






さて、浴室内へ。Img_4105冬場は特に湯気が凄いです。



Img_4098浴室の壁と浴槽の縁が青森ヒバで基本的には男湯側同仕様。
もちろん源泉かけ流しでオーバーフローあり。





Img_4099洗い場はリンスインシャンプー&ボディソープ。



Img_4127温泉分析表。
泉質はアルカリ性単純温泉 PH値は7.6
お湯はトロリとした美肌の湯。
メタケイ酸が豊富で湯上りはツルすべです。



次回は「まつのゆ」へ日帰り湯です。

温泉旅館 松園さんの楽天トラベル宿情報

温泉旅館 松園さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

上北温泉郷 温泉旅館 松園(4)

Img_4106続いて別館側の「ひば風呂」へ。
宿泊者は本館2階から渡り廊下で移動できます。




Img_4107ロビーの様子。日帰り湯もできます。




Img_4108さて、男湯側から。。





Img_4110脱衣所の様子。





Img_4111パウダーコーナー。




さて、浴室内へ。Img_4114
Img_4123その名の通り、浴室の壁と浴槽の縁が青森ヒバです。



Img_4117洗い場にはリンスインシャンプー&ボディソープ。




入浴目線で。Img_4122トロリとしたお湯が滔々とかけ流され、いい感じでオーバーフロー。






湯口付近。Img_4121薄琥珀色のお湯で、匂いはほとんどありませんでした。



次回は女湯側をご紹介。

温泉旅館 松園さんの楽天トラベル宿情報

温泉旅館 松園さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

上北温泉郷 温泉旅館 松園(3)

さて、まずは本館側にある男女別の露天風呂へ。

Img_4063残念ながら冬場は女湯側がクローズ。
今回のレポは男湯側のみ。




Img_4065脱衣場の様子。狭いです。



Img_4087ドアを開けると・・。
アクリル製の透明な屋根の付いた露天です。







Img_4071露天は縦長の石造り。
100%源泉かけ流しでオーバーフローあり。




Img_4076お湯はホースからボコボコと供給されていました。
色は薄い琥珀色。いわゆるモール泉です。






Img_4084入浴目線で。
トロトロの感触。外気に触れて温度はややぬるめ。





Img_4068洗い場の様子。
この日は寒かったのでちょっとここで洗うのはしんどいですね。



次回は別館側の「ひば風呂」へ。

温泉旅館 松園さんの楽天トラベル宿情報

温泉旅館 松園さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

上北温泉郷 温泉旅館 松園(2)

Img_4045お世話になったのは12畳の広い和室。広縁はありません。

Img_4049別角度から。
すでにお布団が用意されていました。
チェックインも14時と早く、部屋に出入りされる事もなくのんびりできます。

Img_4059浴衣やタオルなどのアメニティ一式はお布団の上にスタンバイ。

Img_4053テレビは20インチ。BS放送も映りました。
下に金庫あり。冷蔵庫はなし。

Img_4047パウダールーム。
洗面台の隣に温水洗浄機能付きトイレ。

Img_4048使いませんでしたが、ユニットバスもあり。






Img_4050窓からの眺め。
普通の街中のお家といった感じ。

次回はまず露天風呂へ。

温泉旅館 松園さんの楽天トラベル宿情報

温泉旅館 松園さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

上北温泉郷 温泉旅館 松園(1)

Img_4042東北町にある温泉旅館松園へ。



Img_4041場所はJR「上北町駅」より徒歩3分のアクセスの良さ。
メインストリートに面した看板が目印です。

Img_4127モール泉で有名な上北温泉郷、源泉かけ流しのお湯が自慢の温泉旅館です。



Img_4131宿泊者は隣接する日帰り温泉の「まつのゆ」にも滞在中は無料で入れるそうです。
弱アルカリ単純泉、薄琥珀色でトロトロの美肌湯が楽しみです。



Img_4043玄関の様子。

Img_4044ロビー。
アットホームな雰囲気でなんとなく落ち着きます。

Img_4062廊下の様子。

次回はお部屋へ。

温泉旅館 松園さんの楽天トラベル宿情報

温泉旅館 松園さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

小川原湖~道の駅おがわら湖

さて、浅虫からみちのく有料道路を抜けて東北町へ。


Img_4028小川原湖に立ち寄りました。(2016/01/10)

Img_4039小川原湖は青森県では最大、日本で11番目に広い湖で汽水湖。
水産資源が豊富で、ヤマトシジミやワカサギ、他シラウオやウナギなど。



Img_4034白鳥が羽を休めています。


ワカサギ釣りの釣り客が多く訪れていました。
この時期しか見られない雪の小川原湖を堪能。





Img_4194その後は近くの「道の駅 おがわら湖 湖遊館」へ。




Img_4198
Img_4201
Img_4197
Img_4205産直コーナーには特産のながいもやにんにくなどの農産物や、小川原湖から獲れるヤマトシジミなどの水産物が所狭しと並んでいました。
翌日、宿の帰りに立ち寄り、シジミをお土産に買って帰りました。



交流施設やレストランもあり。

道の駅 おがわら湖 湖遊館

営業時間 4~9月 8:30~18:00
10月~3月 9:00~17:30
駐車場・トイレなど24時間利用可能。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

鶴亀屋食堂

マグロ丼のデカ盛りで有名な「鶴亀屋食堂」さんへ。
(2016/01/10)

Img_4016場所は浅虫温泉のど真ん中、ホテル秋田屋さんの隣、国道沿いにあり、すぐ看板が見えますが、一本裏の県道側から入る事も出来ます。



Img_4018店内の様子。
お昼前に入ったのでまだ空いていました。





Img_4020メニューです。色々ありますが、さて、何にしましょうか。。



Img_4019この時はメキシコ産の本マグロ、あるいはインドマグロ。
やはりマグロ丼でしょうか?





Img_4021で、お昼前という事であまりお腹も空いてなかったので、
自分は本マグロ丼のミニを。。





Img_4024連れはインドマグロ中おち・イクラハーフ丼に決定。
2人でシェアして頂いたら丁度イイ感じに収まりました。




本マグロ丼は大トロ、中トロも載ってお味は濃厚!
比べると中おちは味は割とさっぱり、イクラの変化もあって飽きません。
臭みはまったくなく、大変おいしかったです。



鶴亀屋食堂

青森県青森市大字浅虫字蛍谷293-14
TEL 017-752-3385

営業時間 9:00~18:00

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

羽州路の宿 あいのり(6)

朝食篇です。
Img_3961朝食は大広間にて。






Img_3970お膳はこんな感じ。




Img_3964ハーフバイキングでサラダやヨーグルトなど。




Img_3975食後はコーヒーも。





Img_3913お世話になりました。
「赤湯」はもちろん、この季節ながらの雪見露天も楽しめました。
食事もおいしかったです。

羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

羽州路の宿 あいのり(5)

夕食篇です。
Img_3847夕食膳は部屋食でした。リクエストした時間(17~20時)にスタッフさんが運んでくれます。



Img_3850献立表はありませんが、こちらが「花コース膳」。








お料理をアップで・・。Img_3856
Img_3853
Img_3854
Img_3852
Img_3855
Img_3858
Img_3859
Img_3860
Img_3868
Img_3851アワビの焼き物やきりたんぽ鍋などもあり、大変おいしくいただきました。



次回は朝食編です。

羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

羽州路の宿 あいのり(4)

Img_3871続いて女湯側(カミサン撮影)。
男女湯入れ替えはなし。






Img_3872脱衣所の様子。






Img_3873パウダーコーナー。
カギ付きロッカーはこちら側にもあり。






浴室内へ。Img_3893内湯の様子。
10人以上は入れそうな四角い浴槽。サイズは男湯側同様。





Img_3892洗い場の様子。
シャワー付きカランが6基。リンスインシャンプー&ボディソープあり。






Img_3898露天へ。
石造りの広い露天風呂。





Img_3896そして、「赤湯」のお風呂はこちらも2人サイズ。
ドバドバと掛け流されていて、金気臭がしました。
湯上りはしっとりスベスベ温まりの湯でした。







温泉分析表。
赤湯側。Img_3835源泉名 相乗1号源泉 
泉質 ナトリウム-塩化物泉(等張性アルカリ中性高温泉)
泉温 43.4℃
pH値 7.23
メタケイ酸 99.3






内湯および、露天岩風呂側。Img_3836源泉名 相乗2号源泉 相乗3号源泉 相乗4号源泉
泉質 単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 52.4℃
pH値 8.35
メタケイ酸 64.7


次回は夕食篇です。

羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

羽州路の宿 あいのり(3)

Img_3915さて、大浴場へ。




Img_3995脱衣所の様子。


Img_3939カギ付きロッカーあり。






浴室内へ。

Img_3994内湯の様子。
10人以上は入れそうな浴槽。オーバーフローあり。




Img_3989湯口付近。
源泉がドバドバと掛け流されています。
匂いはほとんどなく、くせのないお湯です。



Img_3982洗い場の様子。




Img_3984シャワー付きカランが6基。




露天へ。
露天は2か所。
Img_39231つは山を背にした庭園風岩造露天風呂。
こちらも10人以上は入れそうなサイズ。




Img_3925湯口付近。
こちらは単純泉で内湯、部屋風呂と同じ泉質。







Img_3917そしてこちらが人気の「赤湯」です。
2人がやっと入れそうな小さい浴槽。
泉質はナトリウム-塩化物泉。



Img_3920入浴目線で。金気臭で鉄分味。炭酸ガスの泡がはじけます。
浴後は温まりの湯です。




次回は女湯側をご紹介します。

羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

羽州路の宿 あいのり(2)

さて、お部屋の露天をご紹介。
広縁を出ると・・。

Img_3943小さい露天風呂が。




Img_4003一人で入るには十分な広さ。
青森ヒバの浴槽には源泉100%かけ流しの天然温泉。
お湯はくせのない適温でした。





Img_3958入浴目線です。
雪見露天をのんびりまったり満喫できました。





Img_3945洗い場もありますが、冬場は寒いですね。
シャワー付きのカランには凍結防止の電熱線がまかれていました。

源泉名 相乗2号源泉 相乗3号源泉 相乗4号源泉
泉質 単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 52.4℃
pH値 8.35
メタケイ酸 64.7



次回は大浴場へ。。

羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

羽州路の宿 あいのり(1)

Img_3795碇ヶ関にある「羽州路の宿 あいのり」さんへ初めてのお泊りです。
(2016/01/09)



Img_3798フロントの様子。
かつての相乗り温泉で入った「赤湯」にまた入れると地元でも人気だとか。
日帰り湯は大人350円。






Img_4001廊下の様子。




Img_3806お部屋は「らん」。小露天付き客室です。





Img_3800部屋のキーは1つ。
ご案内のあと、お茶とお菓子が出ました。





Img_3812テレビは22インチと小さめながら、BS放送もあり。
県境らしく青森、秋田両県の放送が映りました。






Img_3801クローゼットの様子。
浴衣、大小タオルほか一般的なアメニティがひと揃え。



Img_3810空の冷蔵庫。お水とお茶のサービス。







Img_3811金庫あり。






Img_3803トイレは温水洗浄機能付き。







Img_3814洗面台周り。ドライヤー、ハンドソープあり。







Img_3815広縁の様子。
デッキの向こうは露天風呂です。

お風呂の様子は次回に。。





羽州路の宿 あいのりさんの楽天トラベル宿情報

羽州路の宿 あいのりさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

巣郷温泉 静山荘(5)

Img_3707翌朝の朝食膳は1階の食事会場にて。

Img_3710お膳はこんな感じ。
ご飯が炊きたてで美味しかったです。

Img_3712湯田牛乳の「なめらかヨーグルト」も付きました(*^_^*)

Img_3719食後はコーヒーのサービスもあり。





いつものオマケ画像(~_~;)Img_3778

Img_3780看板犬ハクちゃんとチェックアウト時にまた会えました。
とっても元気でしたよ。

Img_3772いつもならこの時期、雪深い西和賀ですが、今回は本当に少なかったです。
お湯良し、食事良し、雰囲気よし。
また来ようと思います。

巣郷温泉 静山荘さんの楽天トラベル宿情報


巣郷温泉 静山荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

巣郷温泉 静山荘(4)

Img_3667夕食は別室に準備。
リクエストした時間に部屋に仲居さんが呼びに来てくれます。





Img_3690並んだお膳はこんな感じです。



Img_3670今回も献立表を特別に書いて頂けました。





Img_3673メイン料理の一つ、お頭付きの高級魚「キンキン(キンキ)」。




Img_3685こちらは岩手牛のすき焼き。



その他のお料理をアップで・・(順不同)。
Img_3680
Img_3675
Img_3683
Img_3674
Img_3676
Img_3681
Img_3684
Img_3689
Img_3677
Img_3678
Img_3702
Img_3696
Img_3704
名物「山菜釜めし」や、「西わらび」などの地元食材を使ったお料理は相変わらずすごい品数!。
味、ボリュームとも申し分ありませんでした。

次回は朝食篇です。

巣郷温泉 静山荘さんの楽天トラベル宿情報


巣郷温泉 静山荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

巣郷温泉 静山荘(3)

Img_3721今度は女湯側(カミサン撮影)。
男女の入れ替えはなし。





Img_3725脱衣所の様子。
掃除が行き届いていて清潔感あり。




Img_3731内湯の様子。
こちらはやや熱めでした。




Img_3737別角度から。
浴室内のレイアウトは男湯同様のようです。





Img_3732洗い場はシャワー付きのカランが浴室左右に全部で5基。




Img_3733リンスインシャンプーとボディソープも常備。






Img_3728一歩出て露天へ。
露天は男湯と違い木枠の浴槽。
サイズ的には2、3人というところ。
こちらはやや温るめだったそう。




Img_0796源泉名 巣郷温泉混合泉(巣郷温泉3号泉と秀衛の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性アルカリ高温泉)
泉温 76.4℃ pH 8.6

次回は夕食篇です。

巣郷温泉 静山荘さんの楽天トラベル宿情報


巣郷温泉 静山荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

巣郷温泉 静山荘(2)

Img_1235さて、お風呂へ。入口にカギ付きロッカーあり。
まずは男湯から。

Img_3743脱衣所はこんな感じ。パウダーコーナーにはドライヤーも完備。
日帰り湯利用もリーズナブルで人気があります。
(入浴料大人300円)

Img_3763浴室に4、5人サイズの浴槽です。
内湯は一部循環ろ過の表記。入るとプーンと香るアブラ臭。

Img_3766湯口付近には折出物も。温度はやや熱めの適温でした。

Img_3760洗い場はシャワー付きのカランが浴室左右に全部で5基。
リンスインシャンプーとボディソープも常備。

一歩出て露天は100%掛け流し。Img_3750心なしかアブラ臭も強いようです。
石組みの浴槽は2、3人サイズといった感じ。
この日はややぬるめ。
お湯は日によって熱かったり温かったり温度管理が大変らしいです。

Img_375512月というのにこの時は雪の少ない露天風呂でした。今まで何度も来てこんな事は初めてですね。

Img_0796温泉分析書。
源泉名 巣郷温泉混合泉(巣郷温泉3号泉と秀衛の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性アルカリ高温泉)
泉温 76.4℃ pH 8.6

次回は女湯側へ。。

巣郷温泉 静山荘さんの楽天トラベル宿情報


巣郷温泉 静山荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

巣郷温泉 静山荘(1)

Img_36172014年12月以来1年ぶりの巣郷温泉 静山荘さんへ。
(2015/12/23)


Img_3620西和賀も今シーズンはかなり雪が少ないです。
独特のアブラ臭のお湯は最高に好きな泉質です。
名物のキンキも楽しみです。

Img_3621ロビーの様子。

Img_3624お世話になった部屋は2階の12畳「萩の間」。

Img_3625広縁の様子。
12畳といっても2畳分が広縁仕様です。
板の間ではないので素足でも寒くないですね。



Img_3628液晶テレビは20インチと小さ目ながら地デジとBSも対応。
下には金庫。

Img_3622お茶請けと部屋のキーです。
スタッフさんが部屋まで荷物を運んでくれ、お茶を入れて頂きます。

Img_3635洗面所はハンドソープ、ドライヤー付き。
トイレは温水洗浄便座です。

Img_3632冷蔵庫は自動計算式で空きスペースは無し。

Img_3629クローゼット内は浴衣、タオル大小、歯ブラシなど。

Img_36422階の廊下の様子。

次回はお風呂へ。。

巣郷温泉 静山荘さんの楽天トラベル宿情報


巣郷温泉 静山荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »