« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

小野川温泉 高砂屋(1)

昨年3月以来の小野川温泉。
Img_9607 今回は2008年お世話になってから7年ぶりの高砂屋さんへ。
全10室の鄙び宿。
小野川温泉の中心街、共同浴場尼湯のほぼ向かいにあります。

(2015/08/24宿泊)

Img_9534 玄関を入るとこんな感じ。


Img_9535 飲泉も出来る足湯があります。


Img_9541 ロビーフロント周辺。


Img_9538 館内へ上がると「血液サラサラルーム」が。


Img_9537無料で利用できる「岩盤浴」スペース。

Imgp7018 奥には着衣のまま水圧でマッサージ出来るハイテクマシン「アクアスパ」。
(こちらはフロントへ要予約、別途有料1回10分600円)

Img_9536 こちらで飲泉も出来ます。
よくお出汁の利いた軽い塩味。
微かにやさしい硫黄の香り。



Img_9610 廊下の様子。

次回はお部屋へ。

小野川温泉 五つの心の宿 高砂屋さんの楽天トラベル宿情報

五つの心の宿 高砂屋 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

楢下宿 丹野こんにゃく

Img_9481七ヶ宿から冬季閉鎖の峠越えをして上山に入り、楢下宿にある「丹野こんにゃく番所」へ立ち寄りました。(2015/08/27)
この日のランチはこちらで。


Img_9523 中に入るとこんな感じ。


Img_9482 こちらが本店入り口。


Img_9488  本店の館内。

山形名物というと玉こんにゃくが有名ですが、こちらではなんと、全てこんにゃくを使った懐石膳がコース料理として出されていて、大人気というから驚きです。


Img_9503 さて、お席はこちら。予約はしていなかったのですがなんとか座れました。
早速頂いてみることに。


Img_9490 メニューはこんな感じ。
初めてなので1,080円(税込)コースにしました。

Img_9491 献立表です。


Img_9499 こちらが1,080円(税込)コースのお膳。
全部こんにゃくです(笑)
でもお味はしっかり、歯応えもそれぞれ違っていて、かなりリアル。一瞬こんにゃくとは判りません(@_@;)


Img_9487帰りに 磯部巻き風「醤油餅こんにゃく」や焼き鳥風な「こん肉」焼きをお持ち帰りしました。こちらもとても美味しかったです。



楢下宿 丹野こんにゃく
山形県上山市楢下1233-2

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

滑津大滝~旬の市七ヶ宿

Img_9457 遠刈田温泉を後に、国道113号(七ヶ宿街道)を抜けて上山に行く途中、「滑津大滝」に立ち寄りました。
(2015/08/24)

Img_9458 入り口から階段を下りて・・。


Img_9468 渓流沿いの遊歩道を歩くと・・。


Img_9471滝が見えてきました。
高さ約10mで川幅約30m。「二階滝」とも呼ばれる独特の形です。






Img_9460生憎この日は水量がイマイチでしたが、近くに行くとダイナミックさは伝わってきました。


Img_9466 滝のすぐ横に階段があり、下から見るのとは違う景観も楽しめます。




Img_9475 滝を観た後は、すぐそばにある「旬の市七ヶ宿」に立ち寄りました。


Img_9476 その名の通り七ヶ宿の旬な農産物を豊富に取り揃えた産直施設。


Img_9478 地元食材や物産の販売のほか、軽食コーナーもあり。
名物メニューは町内産の野菜と新品種のお米「やまのしずく」を使った「七ヶ宿源流米和風カレー」だとか。


旬の市七ヶ宿

宮城県刈田郡七ヶ宿町滝の上12
TEL 0224-38-1050

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(8)

朝食膳です。

Img_9436 場所は昨晩と同じダイニングにて。


Img_9443 こちらもこだわりの朝食。
品数豊富です。



Img_9453朝の前菜



長谷川屋さんの揚げ豆腐Img_9452遠刈田で人気の長谷川屋さんのお豆腐です。
直接、火で炙って頂きます。




焼き物Img_9455仙台ノイマルクト製ソーセージ


Img_9445 または焼き魚かどちらか1品をチョイス。



Img_9439 ご飯も色々(^。^)/



Img_9456 食後はコーヒーとデザートも。



Img_9356お世話になりました。
源泉掛け流しのお湯と、拘りの美味しいお食事。
そしてスタッフの心のこもったおもてなし。また訪れたいお宿です。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(7)

さて、評判の良いここ大忠さんの食事。Img_9362場所は夕、朝食ともダイニングにて。

Img_9364こちらが最初にならんだテーブルのお膳。

Img_9370 お酒もなんとフリードリンクです。

Img_9376 最初はスパークリングワインで乾杯(^。^)/。


Img_9384 献立表です。
題して「蔵王 旬菜の膳」。
「ふるさとが育んだ旬を、一番おいしく」
それが大忠のお料理のテーマだそう。




以下、お料理を順にご紹介。Img_9366蔵王 彩りの前菜。
醍醐味豆腐・青海苔コンニャク田楽味噌・生湯葉刺身
彩り順菜・フルーツトマト変わり焼き・豚バラエリンギ

Img_9391サラダ
  蔵王産 朝採り野菜と虹鱒のサラダ
料理長特製わさびドレッシング


Img_9394 揚物は大忠名物の「きのこと竹の子の包み揚げ」。
具沢山の包みの中には、トロ~リ半熟玉子。手掴みでガブリ!
やっぱり大忠に来たらコレ!とても美味しかったです。


Img_9398 お口直し
メインのお料理の前にレモンシャーベットで口直し。


Img_9396  お焼き物
黒毛和牛A5ランク「仙台牛」のサーロイン。
山葵をのせて、吟醸醤油で頂きます。

Img_9402 ご飯は鮎飯。
蓋を開けると、ふわっと香る爽やかな鮎の香り。

Img_9405 美味しく頂きました。

Img_9406 デザート。
ビターチョコケーキ 抹茶アイス添え


Img_9407 残ったご飯はおにぎりに。
他にお夜食としてお部屋お持ち帰りのフルーツも付きます。



Img_9363 こちらは取り放題の「おばんざい」コーナー。
中央のカウンターに、「田舎のおばあちゃんが作ってくれた懐かしい味」 をコンセプトに、数種類のおばんざいが用意されています。



素晴らしい夕食膳。
出てくるタイミング、お味はもちろん季節のあしらいもお洒落でした。


次回は朝食篇です。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(6)

Img_9283もう片方の貸切風呂「風みどりの湯」へ。



Img_9300脱衣所の様子。
マッサージチェアが付いてました。

Img_9301 パウダーコーナー。

Img_9305 浴室内はこんな感じ。



Img_9306 こちらは趣向変わって岩風呂になっています。



Img_9310 角度を変えて。半露天で開放感あり。
温度は適温。笹濁りのお湯は少量の加水のみの掛け流しでまったりできます。



Img_9280 湯上りには冷水処が。


Img_9312 泉質表示。
風みどりの湯(岩風呂)
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
低張性中性高温泉
泉温 65.7℃ 使用位置 46.7℃ 加水あり



次回は夕食篇です。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(5)

貸切風呂へ。
こちらの貸切風呂は2箇所あり、空いていれば滞在中予約なしで利用できます。利用時間は午後3時~午後10時、翌朝午前7時~午前10時。
Img_9279まずは手前側「紺碧の湯」へ。

Img_9284 入浴中は札を裏返し「入浴中」にして内鍵をします。


Img_9286 脱衣所の様子。


Img_9298 パウダーコーナーも。


Img_9288 浴室内はこんな感じ。


Img_9291 浴槽は青い信楽焼きの陶器風呂。


Img_9289 別角度から。温度は適温。
2人サイズで肌触りが良いです。


Img_9297 洗い場の様子。
シャワー付きカランが1基。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。


Img_9314 泉質表示。
紺碧の湯(陶器風呂)
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
低張性中性高温泉
泉温 65.7℃ 使用位置 46.7℃ 加水あり





次回は隣の
貸切風呂「風みどりの湯」へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(4)

Img_9409 さて、次は「庭園大風呂・露天風呂」へ。
時間帯で入れ替えあり。

Img_9416 脱衣所の様子。

Img_9415 パウダーコーナー。
こちら側にもシャンプーバーが。





Img_9422 浴室へ。



Img_9430 大きなお風呂の手前半分は半身浴用の浅い浴槽になっています。
ゆっくりと疲れを癒せる温まりのお湯。


Img_9431 湯口付近。
折出物が付いています。


Img_9434 オーバーフローあり。



Img_9424 洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。


Img_9425 ドアを出て露天へ。
広くはありませんが開放感あり。
独り占めでまったりできました。


Img_9419 こんな張り紙がありました。


次回は貸切風呂へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(3)

さて、お風呂へ。
こちら大忠さんのお風呂は全部で5つ。
時間帯男女別の内湯と露天、そして貸切風呂が2つあります。
Img_9226 ますはこの日の男湯「檜風呂」から。


Img_9261 脱衣所の様子。
パウダーコーナーも充実。


Img_9246シャンプーバー。
洗い場常備以外の種類のシャンプー&コンディショナーを置いています。
女性時間帯にはシャンプーバーも女性仕様になります。


Img_9247浴室へ。


  Img_9258 窓から差し込む光が美しい色ガラスは大正時代のものだそう。


Img_9274 湯口付近。
折出物がびっしり。成分の濃さを物語ります。

Img_9254 湯舟の脇には温泉蒸気を使った寝湯が。
スノコの下には、源泉がシャワー状に流れています。
蒸気の温熱で横になっているとじわ~っと汗が・・。体に良さそうです。

Img_9256 洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ常備。


Img_9269 温泉分析表。
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)
泉温 68.7℃ 使用位置 62.6℃

源泉に一滴の水を加えることなく、配管軽度の長さの調節と湯口から流れるお湯の量により適温の状態にお風呂を整えて源泉を維持しているそうです。




次回は「庭園大風呂・露天風呂」へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(2)

さて、お部屋へ。スタッフは玄関から荷物を持ってお部屋へ案内。
Img_9201今回お世話になったお部屋は3階にある「しゃくなげ」。



Img_920012.5畳の和洋室。眺めの良い角部屋です。
ツインの低床ベッドはイタリア・マニフレックス社製の高反発マットレスで快適でした。
プラズマクラスター付きの空気清浄機も完備。





Img_920426インチの液晶テレビはBS放送も映ります。
他、備品はDVDプレーヤー、CDプレーヤー、冷蔵庫、湯沸しポット、コーヒーメーカーと至れり尽くせり。


Img_9210キーとお茶請け。キーは2つ。


Img_9212 引き出しを開けるとお茶セットやら。


Img_9208DVDプレーヤーの下はセーフティボックス。





Img_9217クローゼットの様子。
乱れ箱には浴衣、羽織、大小タオル、湯足袋など。





Img_9218こちらは「おかみの愛情箱」。
お裁縫セットや胃薬、救急絆創膏などまで。





Img_9197洗面化粧台。


Img_9199 温水洗浄機能付トイレは掃除が行き届いていて清潔感あり。


次回はお風呂へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠(1)

Img_9234 2006年以来久しぶりに大忠さんへ。
(2015/08/23)

Img_9361  玄関へのアプローチが素敵です。


Img_9241 さて、中へ。玄関を入ると、ふんわり漂う「い草」の香り。
館内はフロントや廊下が全て畳敷き。


Img_9194 ウェルカムドリンクでゆったりとチェックイン。



Img_9242 こちらはお洒落なカウンターバー。


Img_9243 一角にあるパソコン。宿泊者は無料で利用できます。


Img_9323 売店コーナー。


Img_9244  廊下の様子。


Img_9245 中庭の見えるラウンジコーナー。


Img_9318 こちらは書庫。貸し出し用の本がずらり。
滞在中無料で利用できます。



Img_9223次回はお部屋へ。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

小安峡 大墳湯

Img_1389 小安峡温泉に行って来ました。(^。^)


Img_1351 温泉宿のご報告は後日改めてさせて頂きますが、まずは紅葉の「大墳湯(だいふんとう)」を。(2015/10/20撮影)


Img_1353 約200段の階段を下りて渓谷沿いの遊歩道へ。


Img_1358 遊歩道へ下りて振り返ると遠くに滝が見えます。



Img_1365 まもなく岩の裂け目から白い噴煙が上がっているのが見えてきます。


Img_1367 高温の蒸気は約98度だといいますが、遊歩道に達するまで大気ですぐに冷やされるため、熱気はさほど熱くありません。
微かにゆで卵のような匂いがあります。




Img_1368

Img_1373 凄い迫力ですねぇ\(◎o◎)/!


Img_1378 遊歩道は川に沿って南北に約800mあり、通り抜けして赤い橋の先の階段から上がれます。


Img_1384 こちらは橋の上から眺めた小安峡です。


小安峡 大墳湯

秋田県湯沢市皆瀬
問い合わせ 0183-47-5080小安峡観光物産協会 

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

蔵王ロープウェイ

Img_0862 紅葉狩りに蔵王に行ってきました。(2015/10/12)
何度か蔵王温泉へは足を運んでいますが、ロープウェイに乗って空中散歩は初めてでした(^。^)/

Img_0863 蔵王にはいくつかロープウェイが運行されているようですが、今回は初めてという事で山頂までいける「蔵王ロープウェイ」に乗りました。


Img_0866  通常ロープウェイ往復+ソフトドリンク付き3,100円(税込)のところチラシ持参で2,400円(税込)に。※他にウェブ割、JAF割もありですが併用不可。
さっそく乗車。


Img_0880まずは山麓線で中腹の樹氷高原駅へ。



Img_0883 途中は紅葉の真っ只中でした(^。^)/


Img_0893 続いて樹氷高原駅から小型のゴンドラに乗り換え、地蔵山頂駅まで。

Img_0896

Img_0897 途中はこんな感じ。


Img_0907 山頂駅展望台からの眺め。


Img_0908 山頂駅を出ると「開運の鐘」がありました。


Img_0916 お地蔵さんがお出迎え。
このお地蔵は今から200余年の昔、安永4年に建てられたもの。
麓の村の庄屋の跡継ぎが幼くして没し育たなかったことから、男子の長命を祈願して建てられたのだそう。もともと蔵王山は険しい山で遭難者が多かったが、お地蔵さんがまつられてから遭難者が少なくなったそうです。




Img_0901 冬場は一面真っ白で、スノーモンスターがお出迎えする有名な場所です。


Img_0926 山頂駅レストランにてコーヒーで一服。

楽しかったです。
次回は他のロープウェイも利用してみたいですね。

蔵王ロープウェイ
山形県山形市蔵王温泉229

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

ホテル森の風田沢湖(5)

さて、朝食篇です。
Img_9140 翌朝も同じ会場にて。

Img_9142 バイキングスタイルです。

Img_5540ご飯は地元角館の契約農家さんからこだわりの「炭壌米」を使用とのこと。
さすが米どころ秋田ですね。


Img_9143地元産の新鮮しゃきしゃきサラダ。

Img_9144 朝カレーも好評。

Img_9145 手作り出し巻き玉子も評判良し。

Img_5541デニッシュやクロワッサン。

  Img_9156 岩泉ヨーグルトはじめ、デザートメニューも豊富。

Img_9149 マイプレートはこんな感じです。

Img_9152 食後はコーヒーもセルフで。

Img_8987 お世話になりました。
お湯もさることながら美味しい食事とスタッフの対応の良さで居心地の良い宿。特にファミリーでの利用にオススメ。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

ホテル森の風田沢湖(4)

さて、夕食篇です。   
Img_9028 食事処は「ごっつおダインニング」にて。
こちらのウリは「地元秋田の旨みが詰まったごっつぉバイキング」。

Img_9064 今回も特別ゲストに「なまはげ」登場!!

Img_9065 目の前で男鹿名物の石焼鍋も振舞われ大盛り上がりでした。

Img_9040

Img_9039

Img_9035

Img_9045 地元食材を使った出来立てのお料理の数々。

Img_9053 紅ズワイガニも人気あり。

Img_9075 こんな感じで盛ってみました。


Img_9078 銀河高原ビールで乾杯です。

Img_9044 デザートコーナーも充実。

Img_9059 ノンアルコールのドリンクコーナー。

食後は別会場で、地元の「田沢湖龍神太鼓」のライブを鑑賞。Img_9091迫力ある太鼓の響きに宿泊客は大盛り上がりでした。

次回は朝食篇です。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

ホテル森の風田沢湖(3)

さて、大浴場へ。
男女別で翌朝入れ替えあり。
宿泊者は15:00~24:00、翌朝5:00~9:00
Img_9190 男湯側「こまくさの湯」をご紹介。
※翌朝入浴時間終了後メンテ前の9時すぎに入浴客がいない時間帯を見計らって撮影しました。

Img_9187 清潔感ある脱衣所。ベビーベッドも完備。

Img_9188 冷水サーバーもあり、パウダーコーナーもアメニティ充実。

Img_9183 浴室内へ。
新しく、また掃除が行き届いているようで清潔感があります。

Img_9181 入ってまず洗い場。シャワー付きカランが左右に4基ずつ。
シャンプー、コンシショナー、ボディソープあり。

Img_9180 その先、左手にサウナ。隣に水風呂があります。

Img_9162 向かい側には寝湯。

Img_9163 奥にはメインの浴槽(変わり湯)があります。
しっかりオーバーフローもあり。広い窓で開放感あり。
窓の向こうには森の緑。そして露天風呂が配置されています。

Img_9166 浴槽は温度管理されていて適温。
お湯は透明で匂いもなく、クセのないサッパリ系。
この浴槽は塩素投入ありですがさほど気にならず。

Img_9178 ドアを出て露天へ。大きな岩が組まれた向こうは小川が流れています。

Img_9170 向って右手前側の大きな浴槽は42度前後。
こちら側は屋根付き。

Img_9173 左手側にある2、3人サイズの小さめな浴槽。
こちらも42度前後でした。
露天は塩素臭はなく快適に入れました。

Img_6296温泉分析書。
源泉名 ホテルタザワ温泉(駒草の湯)
泉質 単純温泉 (ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉)
泉温 26.3℃ 使用位置 42.0℃
pH値 7.6

Img_6297加水、加温あり。
露天風呂および内風呂(寝湯)は掛け流し。
内風呂(変わり湯)は循環ろ過、塩素投入あり。

※反対側「かたくりの湯」は混んでいたので撮影は遠慮しました。前回記事をご参照下さい。

次回は夕食篇です。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

ホテル森の風田沢湖(2)

さて、お部屋へ。 Img_8990今回お世話になったのは禁煙の325号室。
広々和室12.5畳というタイプ。

Img_8994 畳に和ベッドが置かれた部屋です。

Img_8997 広縁の様子。

Img_9026 窓からは深緑の風景が広がります。

Img_8998 テレビは26インチ。地デジ&BS放送もバッチリ。
下には金庫あり。

Img_9000 キーとお茶請け。

Img_9008 Img_9003 洗面化粧台&温水洗浄付きトイレ。
ユニット式バスも付いています。

Img_9011 広いクローゼット。乱れ箱には一般的なアメニティが一揃え。
お風呂行きのカゴも付いていました。

次回はお風呂へ。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

ホテル森の風田沢湖(1)

Img_8985 秋田県は仙北市のホテル森の風田沢湖へ。
(2015/08/12宿泊)

Img_5349お邪魔するのは今年5月に泊まって以来。
ホテル名が昨年11月に「ホテル森の風田沢湖」に改称されましたが、ホテルタザワの頃から数えて都合5度目。

Img_9191 ロビーの様子。

Img_5526WiFi完備。滞在中は無料で利用できます。

Img_8989 選べる色浴衣のサービス。女性用はもちろん男性用もあり。

Img_5513部屋へのアロマの貸し出しも無料。

Img_9017 広いラウンジ。

Img_9019 宿泊者は滞在中コーヒーがセルフで無料。

Img_9018 売店コーナー。

Img_9025; 廊下の様子。
次回はお部屋へ。。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

男鹿温泉 元湯 雄山閣(7)

Img_8943 さて、朝食篇です。
場所は前夜と同じレストランにて。

Img_8950 お膳はこんな感じ。
じゅんさいや、ハタハタの甘露煮など地元色満載でボリュームあり。
もちろん米どころ秋田はご飯もおいしかったです。



Img_8921 お湯良し、スタッフの応対もとても良かったです。
男鹿に行くならまた是非利用したい宿。




オマケ画像/(~_~;)Img_8954 Img_8960 宿を出た後、男鹿半島を周り、帰り道に寄った「ゴジラ岩」です。

男鹿温泉郷 元湯雄山閣さんの楽天トラベル宿情報

元湯 雄山閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五風なまはげ太鼓ライブ

Img_8854夕食の後は宿から送迎車で会場を移動し、「男鹿温泉交流会館五風」で「五風なまはげ太鼓」のライブを鑑賞しました。
通常は入場料一人540円ですが、なんとこの日は土曜日「ふれあい無料感謝デー」でタダ!

Img_8858館内は各お宿から来たお客さんで立ち見が出るほどいっぱい。

Img_8863 ショーは2部構成で、1部はなまはげ太鼓のパフォーマンス。


Img_8887 2部は五風太鼓のパフォーマンス。地元の若手太鼓奏者達の熱い鼓動が会場内に響き渡り、凄い歓声で盛り上がっていました。

Img_8878 素晴らしい太鼓のパフォーマンスでとても楽しかったです。
男鹿温泉にお泊りの方はもちろん、これだけを目当てに遠くから駆けつけるお客様も増加中とか。
男鹿に行ったら是非観ておくべき。オススメです(^。^)/


Img_8918 五風なまはげ太鼓ライブin男鹿温泉交流会館五風


男鹿温泉交流会館 五風
秋田県男鹿市北浦湯本字草木原22-1
TEL 0185-33-3191 FAX 0185-33-3192
 

次回は宿に戻り朝食篇です。

男鹿温泉郷 元湯雄山閣さんの楽天トラベル宿情報

元湯 雄山閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

男鹿温泉 元湯 雄山閣(6)

さて、夕食篇です。
Img_8810 場所は眺めの良いレストランにて。

Img_8812 こちらがお品書きです。

Img_8820 テーブルに並んだお膳の様子。

お料理をアップで(順不同)。
Img_8814

Img_8815 Img_8816

Img_8817

Img_8818

Img_8821

Img_8826

Img_8828

Img_8831



今回はご当地名物の「石焼鍋」が付きます。Img_8832目の前で鍋に熱く焼けた専用の石を投入!

Img_8838 鍋は味噌仕立てでカワハギ、ワタリガニ、エビなどが入っています。


Img_8848 男鹿の魅力満載のお料理。大変美味しく頂きました(^。^)/


さて、次回は、「男鹿温泉交流会館五風」でなまはげのライブの模様を。

男鹿温泉郷 元湯雄山閣さんの楽天トラベル宿情報

元湯 雄山閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

男鹿温泉 元湯 雄山閣(5)

Img_8734 さて、女湯側をご紹介(カミサン撮影)。


Img_8721 脱衣所の様子。


Img_8720 パウダーコーナー。


Img_8733 内湯の様子。
男湯側とほぼ左右対称です。


Img_8736 こちら側のなまはげは黒い顔。
お湯は潮の香りの笹濁りで、やや熱めの適温。

Img_8727 洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。


Img_8732 ドアを出て露天へ。


Img_8731 露天の様子。こちら側も屋根付きの半露天。
男湯側と違い、なまはげはいませんでした。


Img_8730 こちら側は内湯と違いややぬるめでした。





Img_8791 温泉分析書
泉質 ナトリウム-塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温 55.0℃
pH値 7.6
遊離二酸化炭素 55.0
メタケイ酸 113.4

お風呂上りはポカポカに温まり、湯冷めしにくいのが特徴。
日帰り湯も利用可能(700円・11:00~15:00)

次回は夕食篇です。

男鹿温泉郷 元湯雄山閣さんの楽天トラベル宿情報

元湯 雄山閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

男鹿温泉 元湯 雄山閣(4)

さて、露天へ。
Img_8769 内湯浴場のドアを出て階段を降ります。

Img_8782露天風呂は屋根付きの湯小屋になっている半露天です。

Img_8777お湯は緑掛かった笹濁り。
10人位は入れそうな広い浴槽です。

Img_8771 こちらにもお湯は噴いていませんが、なまはげの顔がお出迎え。


  Img_8774浴槽の周りはびっしりと折出物が付着。
湯の花も豊富で成分の濃さが分かります。
お湯は適温でした。


Img_8791 温泉分析書
泉質 ナトリウム-塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温 55.0℃
pH値 7.6
遊離二酸化炭素 55.0
メタケイ酸 113.4
 
メタケイ酸豊富な美肌の湯。
湯上りは汗の引かない塩湯系です。
次回は女湯側へ。

男鹿温泉郷 元湯雄山閣さんの楽天トラベル宿情報

元湯 雄山閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

男鹿温泉 元湯 雄山閣(3)

さてお風呂へ。Img_8738まずは男湯側。


Img_8739 脱衣所の様子。


Img_8931 一角にこんなものが展示されていました。
源泉を引く管が温泉の成分が堆積したもの。
まるでバームクーヘンのようでした。
約3ヶ月で直径10cm以上にももなるそうです。。(@_@;)


Img_8742 パウダーコーナー。


Img_8942 さて、お風呂へ。
加水、加温なし源泉掛け流し。オーバーフローあり。
汗の引かない塩湯系(ナトリウム塩化物泉)。
混んでいなくて独占状態でした。


Img_8746 浴室内では名物のなまはげが口を開けてお出迎え。
自家源泉のお湯を口から吹き出しているユニークな内湯。


Img_8749 源泉は季節や気温で茶褐色、緑、白色と湯色を変えるそう。
この日はやや緑掛かった笹濁り。


Img_8940 折出物が体積して床が変色しています。成分の濃さを物語ります。




Img_8760 洗い場の様子。
パテーション付きのカランがずらり。
全てシャワー付きでシャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。


Img_8767 次回は露天風呂へ。。
・・続く。

男鹿温泉郷 元湯雄山閣さんの楽天トラベル宿情報

元湯 雄山閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

男鹿温泉 元湯 雄山閣(2)

さて、お部屋へ。

Img_8706 今回お世話になったお部屋は8畳広縁付。
スタンダードなお部屋です。


Img_8702 スタッフさんが荷物を持ってお部屋へ。
さっそくお茶を淹れていただきます。
お宿のスタッフはみなさん気さくでとてもいい感じでした。

Img_8715 テレビは32インチ。地上波の他BS放送も映りました。
下に金庫あり。


Img_8717 備え付けの冷蔵庫。



Img_8713 クローゼットには乱れ箱。
アメニティは一般的なものがひと揃え。


Img_8709 洗面台周り。


Img_8710 トイレは温水洗浄機能付。


Img_8712 広縁の様子。


Img_8716 窓からの眺め。
温泉街の向こうに日本海を望む眺めの良いお部屋です。

Img_8808 眼下には温泉の源泉口の取水小屋が見えます。


次回はお風呂へ。
なまはげの口から温泉が吹き出すというお風呂が楽しみです。

男鹿温泉郷 元湯雄山閣さんの楽天トラベル宿情報

元湯 雄山閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

男鹿温泉 元湯 雄山閣(1)

Img_8906 久しぶりに男鹿に行ってきました。
温泉郷の入り口にはなまはげがお出迎え(@_@;)
(2015/08/01)
Img_8701 かねてから気になっていた「元湯雄山閣」さんに初のお泊りです。


Img_8796 玄関にもなまはげが。


Img_8795 ロビーの様子。


Img_8801 売店コーナー。


Img_8794 館内には男鹿半島にゆかりのある江戸時代の紀行家「菅江真澄」の資料が展示されたコーナーも。


Img_8806 廊下の様子。


次回はお部屋をご紹介。

男鹿温泉郷 元湯雄山閣さんの楽天トラベル宿情報

元湯 雄山閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

志戸平温泉 游泉 志だて(6)

Img_8640 翌朝の朝食も同じ個室で。

Img_8642 献立表も付きます。

Img_8645 品数豊富でボリュームあり。
スタッフさんが出来たてを運んでくれます。
ご飯はお粥も選べます。


Img_8648 みょうがのサラダには2種類のドレッシングで。


Img_8647 こちらは里芋のそぼろ煮。

Img_8649 飲み物は地元花巻の八重樫牛乳か江刺産のりんごジュースを選べます。

Img_8646 温泉水で炊いた湯豆腐も美味しかったです。

Img_8652 この朝のデザートはパインアップル。

Img_8655 食後はラウンジにてコーヒーのサービスを。

Img_8692 お湯もさることながら、食事の質、ボリューム、スタッフのサービス、全て申し分無し。
記念日毎にお世話になっている定宿です。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

志戸平温泉 游泉 志だて(5)

  さて、夕食篇です。
Img_8615 食事は夕、朝食とも食事処「風とオルゴオル」にて。
中に入るとオープンキッチンになっています。

Img_8616 場所はこちらの個室ダイニング。

Img_8618 今回の献立表。

Img_7646お酒はいつも通り、地元石鳥谷の「七福神まいり」を。

以下、お料理をご紹介。  Img_8620 先付
もずく酢


Img_8621 旬菜
季節の大皿盛り

Img_8623 スープ
ホヤスープ

Img_8624 造り
北海の旬鮮 旨味三種盛り~宮守生山葵添え~

Img_8627 揚物
鮎の唐揚げ~ヒマラヤ岩塩を添えて~

Img_8628 冷し鉢
蟹の水晶蒸し


Img_8630 焼物
いわて牛ステーキ


Img_8632 またはタラバ蟹バター焼きも。
いずれかをチョイス。2人で別々に選んでシェアしました(^。^)/



Img_8633 サラダ
釜揚げ桜海老サラダ


Img_8634 食事
雲丹ご飯 味噌汁 香の物

Img_8636 フルーツ
メロン マスカット 

デザート 
シャーベット

いつもながらお料理の内容、出てくるタイミングとも素晴らしいものでした。

次回は朝食編です。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

志戸平温泉 游泉 志だて(4) 

Img_8690 翌朝暖簾が入れ替わってもう一方のお湯へ。

Img_8659 脱衣所の様子。

Img_8661 パウダーコーナー。
基本男湯側同様ですが、女湯の時間帯のアメニティは当然女性仕様です。

Img_8679 こちら側の内湯は石造り。変則の三角。5、6人が入れそうな浴槽。

Img_8687 洗い場の様子。
左手に掛け湯。シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。
こちらもパテーション付4、なし2。

Img_8666 続いて露天へ。 川沿いの開放感溢れる庭園露天。
無味無臭でクセの無いお湯。トロリとしていて肌にやさしいです。

Img_8673 木枠の少し小さめの浴槽もあり。温度はどちらも適温でした。

Img_8663 加水はありますが天然塩による消毒のため塩素臭は皆無。
内湯は100%源泉掛け流し、露天も温度管理の為大きい露天のみ循環ありだそうです。

Img_8584 湯上り処も充実。
ソフトドリンクサーバーやマッサージ機2基が無料で設置。

Img_8585 外に出れば足湯処。ちょっと出てみます・・。
川沿いの緑を眺めながらの足湯もオツなものです。

次回は夕食篇を。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

志戸平温泉 游泉 志だて(3)

さて、ここ「志だて」のお風呂は基本的には源泉掛け流し。露天の一部のみ循環併用、となっています。

Img_8586 大浴場は日によって男女入れ替え。
まずはこの日の男湯、右側へ。

Img_8587 入って直ぐ右手に冷水のサービス。スリッパロッカーはUV殺菌灯あり。

Img_8588 脱衣所はこんな感じ。バスタオル常備。

Img_8591 パウダーコーナー周りも充実してました。

Img_8593 変則三角形の木枠の浴槽。まずまずの広さ。
各部屋が全て露天風呂付きのためか大浴場はいつも空いていました。

Img_8599 内湯から見た窓の外はこんな感じ。

Img_8594洗い場の様子。パテーション付4、なし2。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープと充実。
入って右手前には掛け湯もあり。

Img_8600 露天の様子。
こちらは天然石を配置した庭園露天。
吸い込み口はありましたが稼動してないように思いました。
お湯はトロリとしていて肌触り良く温まるタイプ。

Img_8602 もう一つの浴槽は一枚岩を刳り貫いた御影石仕立て。
こちらは100%源泉掛け流し。

Img_8603 湯船に浸かり深緑の豊沢川も望めます。

Img_7731泉質表示
源泉名 喜久の湯 
源泉温度 73.7℃ pH 8.2
泉質 ナトリウム-硫黄酸、塩化物温泉

営業時間 5:00~24:30(朝晩で男女が入れ替わります)
消毒処理には塩素を使わず天然塩を使用しているそうです。

次回は反対側のお風呂をご紹介。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

志戸平温泉 游泉 志だて(2) 

Img_8570 さて、部屋の露天風呂へ。
浴槽は露天のみ。陶器製のまあるい浴槽。
もちろん100%源泉掛け流しです。

Img_8572 温度計は43度前後の熱めの適温。

Img_8571深 緑の豊沢川を望む露天。
お湯に浸かりながら季節の移ろいを感じます(*^_^*)

     Img_8568 室内シャワーブース。
こちらはシャンプー、コンディショナー、ボディソープと充実。

部屋風呂もちゃんと泉質表示あり。Img_7733源泉名 志戸平温泉 たけの湯 
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度 71.5℃ pH 8.3

実は部屋風呂は大浴場のお湯とは別の源泉。
癖が無くサッパリした湯上り感。何度でも入れるお湯です。

Img_8561 こちらはウッドデッキ。
湯上り後、涼むもまた良し。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

志戸平温泉 游泉 志だて(1) 

Img_8545 記念日月はいつもの「志だて」さんへ。(2015年7月28日宿泊)
2月以来、都合18回目のお泊りです。
到着するとすぐにスタッフがお出迎え、荷物を持ってくれます。

Img_8547 チェックインはラウンジにてゆったりと。
お茶とお茶請けを頂きながら。。

Img_8656 廊下の様子。朝はお部屋に朝刊が入ります(翌朝撮影)
お世話になったのは3階の露天風呂付き客室(Cタイプ)「朧雲」。

スタッフは荷物を持って部屋に。館内や食事時間などの説明をした後はチェックアウトまで一切干渉無し。

Img_8549お部屋の様子。
和風ツインベッドの寝室と和室6畳の造り。

Img_8548ルームキーは2個あり。


Img_8563 テレビは地デジのほか、BSも対応の32インチデジタル液晶テレビ。
テレビ台の下にはDVDプレーヤー。

Img_8555 和風ツインベッドは羽毛掛布団、クッショニングのよい敷布団。

Img_2697羽織、パジャマ、湯足袋など下の引き出しには男女2種類の浴衣。それぞれサイズあり。


Img_8559 クローゼット左手にはセーフティボックス。

Img_8560 CDプレーヤーも完備。
DVDやCDは1階ライブラリで選びフロントにて貸し出しあり。
右下に見える紫の球体は空気清浄機&加湿器。


 
Img_8564 冷蔵庫の氷とミネラルウオーターは無料。

Img_8566アメニティ充実の洗面ドレッサー。

Img_8565 温水洗浄機能付きのトイレ。

次回は部屋風呂をご紹介。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »