« 夏油温泉観光ホテル(5) | トップページ | 夏油温泉観光ホテル(7) »

2014年11月 4日 (火)

夏油温泉観光ホテル(6)

内湯「古代ひのき風呂」へ。
Img_8760 まずはこの時間帯の男湯側「白猿の湯」へ。
毎日19時で男女入れ替えあり。

Img_8833 画像はリニューアル前のレイアウト(蛇の湯側に掲示)。
ご主人に伺うと、内湯は元々混浴の広い浴場をリニューアル時に間仕切りして男女別になったとか。


Img_8763  脱衣所の様子。

Img_8762清潔感あるパウダーコーナー。
洗面ボウルは2基。ドライヤーも2つあり。


Img_8784 浴室内の様子。
浴槽は全部で3つあります。
風情ある古代檜作りのお風呂です。


Img_8780 手前側、6、7人サイズの檜風呂「長寿の湯」。
温度は熱めの適温、くせのないお湯で匂いもほぼなし。

Img_8772 隣に洗い場あり。
シャワー付きカランが2基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。
勢いあるシャワーでした。


Img_8781 奥右手に陶器風呂「金運の湯」。
カエルの置物の上にはお賽銭が載っていました。
お湯は適温でした。


Img_8779 一番奥にある檜風呂「白猿の湯」。
10人以上は入れそうな広さ。

Img_8778 しっかりオーバーフローあり。

Img_8786 湯口付近。
やや熱めの適温です。こちらもほぼ無臭。微芒硝臭かも。
こちらのお湯は露天と源泉が違いラジウムの湯だそうです。


Img_8787 「白猿の湯」から入浴目線です。
平日もソコソコ混んでいましたが、たまたま貸しきり状態でした。

Img_8766
泉質表示。
源泉名 夏油温泉(ラジウムの湯・白猿の湯)
泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
泉温 63.2℃  pH値 7.2
メタケイ酸 88.4



次回は反対側「蛇の湯」へ。

夏油温泉観光ホテルさんの楽天トラベル宿情報

夏油温泉観光ホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 夏油温泉観光ホテル(5) | トップページ | 夏油温泉観光ホテル(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏油温泉観光ホテル(6):

« 夏油温泉観光ホテル(5) | トップページ | 夏油温泉観光ホテル(7) »