« 四季彩の宿 ふる里(5) | トップページ | 四季彩の宿 ふる里(7) »

2014年11月29日 (土)

四季彩の宿 ふる里(6)

さて、毎度評判の良いここふる里さんのお料理。
場所は夕、朝食とも食事処にて。
Img_0148 まずは夕食篇です。

Img_0149 テーブルの様子。

Img_0150献立表です。
11月30日までの秋のお献立です。

Img_0153 ・前 菜   栗渋皮煮 揚銀杏
        柿博多 ばい貝 合鴨ワイン煮 

Img_0157 ・お造り   烏賊の鳴戸造り
        鰹の土佐造り
        帆立の刺身

Img_0161 ・吸い物   舞茸土瓶蒸し

Img_0169

Img_0168 ・焼き物  短角牛の鉄板焼
              若しくは 鮑と魚介の陶板焼き

        

Img_0158  ・温 物   ふる里 三陸鍋

Img_0170 ・中 皿   サーモンのエスカベッシュ

Img_0171 ・揚 物   秋刀魚のロール揚
        椎茸の豚肉巻物

Img_0173・ご 飯 県産米炊き立て土鍋ご飯
・ご飯のお供 さわもだしの甘露煮
・香の物 長芋のワイン漬け ブロッコリーの浅漬け
・止め椀   しじみ汁

Img_0178 ・デザート  茄子のコンポート

お味はもちろん、お料理の説明、出てくるタイミング、いつもながら言うことなしです。

次回は朝食をご紹介します。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 四季彩の宿 ふる里(5) | トップページ | 四季彩の宿 ふる里(7) »

コメント

ばびさん、こんにちは!

いつも楽しく拝見しています。
ばびさんのブログをいつも見て「四季彩の宿 ふる里」に是非泊まりたいなぁ~と思っていました。
来月の秋田旅行の後に思い切って寄ってみようかと考えております。ただ我々はとても大食いでして…メニューを見ても「通常」のコースでもなかなか食べ応えあるかな、と想像しているのですが、やはりここはドーンと「前沢牛贅沢」コースにしちゃうべきでしょうか?
多少「質より量!」の食いしん坊チームの我々に、どちらのコースが真のおススメか!?ばび師匠の率直なご意見をご頂ければ光栄です!

投稿: みるみる | 2015年1月15日 (木) 02時35分

みるみるさんはじめまして(*^_^*)/
日頃よりよくご覧頂きありがとうございます。
師匠だなんてとんでもない、ただの温泉宿好きにすぎません。
さて、岩手にいらっしゃるのなら一度は前沢牛を召し上がってみて下さい。
「前沢牛贅沢」コースおすすめですよ。
http://vabi330xi.air-nifty.com/vabi_blog/2013/12/post-0a71.html

投稿: ばび | 2015年1月15日 (木) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季彩の宿 ふる里(6):

« 四季彩の宿 ふる里(5) | トップページ | 四季彩の宿 ふる里(7) »