« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

夏油温泉観光ホテル(2)

Img_8688 さて、お部屋は8畳広縁付。
掃除が行き届いていて新しく綺麗な部屋です。

Img_8697 部屋のキーとお茶請け。

Img_8694テレビは26インチで地デジのみ。
ちなみに携帯の電波もドコモ以外はダメなようです。
朝夕は冷え込むので石油ストーブが用意されています。

Img_8696 クローゼットには大小タオル、浴衣、羽織など一般的なアメニティがひと揃え。

Img_8692 洗面所付き。

Img_8689 広縁の様子。


Img_8872 窓からは紅葉真っ只中の夏油渓谷が。


Img_8698 部屋にトイレはありませんが共同使用のトイレは温水洗浄機能付きで不自由はありませんでした。



次回はお風呂へ。

夏油温泉観光ホテルさんの楽天トラベル宿情報

夏油温泉観光ホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

夏油温泉観光ホテル(1)

Img_8875 紅葉真っ只中の夏油に泊まって来ました(^。^)


Img_8685今回お世話になったのは元湯夏油の方でなく、今年6月、3年ぶりにリニューアルした夏油温泉観光ホテルさんです。絶景の渓流露天をはじめ旬の山菜や茸、岩魚など地元食材を使ったお料理も楽しみな宿です。
(2014/10/19)


Img_8793 ロビーの様子。
売店コーナー&ラウンジあり。


Img_8797 こちらは休憩処。



Img_8798 休憩処には本のライブラリがあり滞在中は自由に読む事が出来ます。


Img_8699 廊下の様子。
お世話になったのは新館側の2階。


Img_8702 新館2階廊下のどん詰まりにある階段口。
宿泊者はこちらの扉から建物を降りて渓流露天風呂「新太郎の湯」に行く事が出来ます。ちなみにスリッパがある時は入浴中の意味です。



Img_8794 ちなみに渓流露天風呂「新太郎の湯」は日帰り利用も出来ます。
フロントにて要予約。



次回はお部屋へ。

夏油温泉観光ホテルさんの楽天トラベル宿情報

夏油温泉観光ホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

百沢温泉 清明館(5)

Img_8664翌朝、朝食は1階の広間にて。



Img_8670窓からは色づき始めた紅葉が。



Img_8669お膳はこんな感じ。
茸の沢山入ったお味噌汁が絶品v(^。^)



Img_8666お味噌汁もセルフでお替り自由でした(*^_^*)



Img_8578お世話になりました。
近場には岩木山や岩木山神社、岩木運動公園、百沢スキー場など。
弘前駅からの送迎も受け付けていてアクセスも至便。
源泉かけ流しのお湯と手づくり料理のおもてなしで、また来たいと思わせるアットホームな温泉宿。



Img_8675 ※オマケ画像。
チェックアウト後に訪れた岩木山神社です。


温泉旅館 清明館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

百沢温泉 清明館(4)

さて、夕食篇です。
Img_8633 場所は空いている別室にて。
19時にリクエスト。


Img_8645 お膳はこんな感じ。



Img_8639 特別に献立表もご用意頂きました。
地元津軽の食材を活かした心づくしの手作り料理(季節によって山菜料理)だそうです。





以下いくつかお料理の画像を・・。Img_8642

Img_8637

Img_8636

Img_8643

Img_8644 出来立てを頂きました。
特に気取ったお料理はありませんが温かい物は温かい内に出され、ボリュームも申し分なし。
大変美味しく頂きました。

次回は朝食篇です。


温泉旅館 清明館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

百沢温泉 清明館(3)

Img_8608 続いて女湯側へ(カミサン撮影)。



Img_8609

Img_8607 脱衣所の様子。



Img_8603浴室内。


Img_8606 浴槽サイズは男湯側と同じ。
こちら側もしっかりオーバーフローあり。



Img_8605 洗い場の様子。
カラン数、シャンプー類とも同仕様のようです。



Img_8628 源泉名 岩木温泉(再)
泉質 ナトリウム・マグネシウム-炭酸水塩泉
泉温 51.2℃ PH 7.1

Img_8629
浴室内温泉水主要成分。
メタケイ酸は248.5と美肌の湯。


Img_8630
加水なし、加温なし、循環・ろ過なし、入浴剤使用なし、清掃、入れ替えを毎日実施、の素晴らしいお湯です。

もちろん日帰り湯も受け付けています。

次回は夕食篇です。


温泉旅館 清明館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

百沢温泉 清明館(2)

Img_8600 さて、お風呂へ。久々の百沢の湯です。
男女入れ替えはなし。
まずは男湯から。

Img_8660

Img_8662 シンプルですが清潔感ある脱衣所&洗面台。


Img_8647 浴室内へ。
換気と湯冷ましのため窓が全開になっていて、目隠しの塀には植木鉢が掛けてありました。


Img_8655 3、4人サイズの四角い浴槽。

Img_8658
お湯は笹濁り。
ライオンさんの口からドバドバと掛け流され、オーバーフローあり。
香りは弱い金気臭。湯口で舐めてみると鉄分味。
温度は体感43、4度前後と熱めですが、温まりにくい独特なサッパリ系のお湯です。逆に何度でも入れる湯あたりしにくいお湯ですね。


Img_8653 洗い場の様子。
シャー付きカランが全部で4基。リンスインシャンプー&ボディソープあり。

次回は女湯側へ。


温泉旅館 清明館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

百沢温泉 清明館(1)

久々に百沢温泉へ。
Img_8579 今回は岩木山神社に隣接する「清明館」さんに初めて宿泊。
(2014/10/12)

Img_8580 こちら側が正面入り口。
源泉掛け流しのお湯と手づくり料理でおもてなしの宿だとか。



Img_8599 玄関の様子。



Img_8602 お世話になったお部屋は新館側の2階です。



Img_8581 お部屋の様子。 
10畳+広縁付き。まだ新しいお部屋です。
綺麗に掃除が行き届いていていました。
お布団は最初から敷いてありました。


Img_8582 テレビは32インチ。地デジに加えBS放送も映ります。


Img_8589 クローゼット内には大小タオル、浴衣など一般的なアメニティ。
下には金庫あり。


Img_8597 空の冷蔵庫。


Img_8594 洗面所周り。


Img_8596 トイレは温水洗浄機能付。



Img_8587 キーとお茶請け。
特にお茶出しはありませんが、逆に気を使わなくてアットホームな雰囲気。


Img_8592 窓辺では紅葉が色づいていました。



Img_8598廊下の様子。

次回はお風呂へ。


温泉旅館 清明館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

津軽岩木スカイライン

  Img_8518 秋を感じに岩木山へ。
(2014/10/12)

Img_8519 岩木スカイラインの料金所です。
料金は往復1800円でした。JAF割引もあるそうです。


Img_8523車で8合目まで上ります。
途中は紅葉が見ごろを迎えていました。


Img_85778合目の駐車場に到着。

Img_8529 最初はレストハウスへ。

Img_8535 レストハウスの展望台からの眺めです。
天気に恵まれ遠く津軽海峡を越えて北海道まで。

Img_8547 さらにリフトに乗ります。
料金は大人一人往復で820円。


Img_8567 このリフトで9合目まで一気に登ります。


Img_8559 9合目からの眺めです。
8合目よりもさらに俯瞰のダイナミックなパノラマです。


Img_8561 山頂(鳥ノ海噴火口)が間近に。
普段登山はしませんがここはリフトで山頂付近まで来れるので山登り気分を味わえますね。秋晴の天候に恵まれラッキーでした。

津軽岩木スカイライン
青森県弘前市大字常盤野字黒森56-2
TEL 0172-83-2314

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

フランス食堂 シェ・モア 弘前

Img_8481 弘前でランチといえばやっぱりフレンチで。(2014/10/12)
この日お邪魔したのは「シェ・モア」さん。

Img_8490 店内の様子。日曜日のランチタイムとあってほぼ満席。
店名の由来はフランス語で「わが家」という意味。形式にこだわらずに気軽にご来店してほしいという願いをこめて名づけられたそうです。


Img_8488
メニューです。
2人ともBランチをチョイス。



Img_8489
ランチは各々メインのお料理を一皿選べます。
カミサンは「仔羊背肉のローストペルシャード風」を。
自分は「ハンバーグステーキ200g」をチョイス。





以下お料理の画像を。Img_8492

Img_8491

Img_8493

Img_8494

Img_8498

Img_8496

Img_8503

Img_8504
お料理は地元の素材をふんだんに使った創作フレンチ。
とても美味しく頂きました。


フランス食堂 シェ・モア 弘前
青森県弘前市代官町53-2
TEL 0172-33-7990

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

水沢温泉郷 ホテルタザワ(5)

さて、朝食篇です。
Img_8415 翌朝も同じ会場にて。

  Img_8424  ご飯は地元角館の契約農家さんからこだわりの「炭壌米」を使用とのこと。
さすが米どころ秋田ですね。

Img_8423  本日のイチオシ「山海勝手丼」。


Img_8431 朝カレーも好評。


Img_8418 玄米パンやクロワッサン、

Img_8419フレンチトーストなどの洋食メニューも充実。

Img_8426 地元産の新鮮野菜。


Img_8428 デザートメニューも豊富。

Img_8433 マイプレートはこんな感じです。

Img_8437 食後はコーヒーもセルフで。

Img_8439 お世話になりました。
お湯もさることながら美味しい食事とスタッフの対応の良さで居心地の良い宿でした。特にファミリーでの利用におすすめですね。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

水沢温泉郷 ホテルタザワ(4)

さて、夕食篇です。 Img_8350 食事処は「ごっつおダインニング」にて。

Img_8351 こちらのウリは「地元秋田の旨みが詰まったごっつぉバイキング」。

Img_8354目の前で調理されるオープンキッチン。

Img_8357 出来立てのお料理の数々。

Img_8356 地元田沢湖の胡麻味噌たんぽ。

Img_8358 こちらは地元野菜「つば釜のふろふき大根」。

Img_8359 そして何といっても秋田の郷土料理といったら「きりたんぽ鍋」。

Img_8355 紅ズワイガニも人気あり。

  Img_8371 こんな感じで盛ってみました。銀河高原ビールで乾杯です。


Img_8362 デザートコーナー。

Img_8374 ソフトクリームも大人気。


Img_8373 ノンアルコールのドリンクコーナー。

次回は朝食篇です。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

水沢温泉郷 ホテルタザワ(3)

Img_8377 日付変わって翌朝の男湯側「こまくさの湯」。

Img_8412 清潔感ある脱衣所。ベビーベッドも完備。

Img_8413 冷水サーバーもあり、パウダーコーナーもアメニティ充実。

Img_8406 浴室内へ。
新しく、また掃除が行き届いているようで清潔感があります。

Img_8405 入ってまず洗い場。シャワー付きカランが左右に4基ずつ。
シャンプー、コンシショナー、ボディソープあり。

Img_8381 その先、左手にサウナ。隣に水風呂があります。

Img_6267向かい側には寝湯。

Img_8403 奥にはメインの浴槽(変わり湯)があります。
しっかりオーバーフローもあり。広い窓で開放感あり。
窓の向こうには森の緑。そして露天風呂が配置されています。

Img_6293浴槽は温度管理されていて適温。
お湯は透明で匂いもなく、クセのないサッパリ系。
この浴槽は塩素投入ありですがさほど気にならず。

ドアを出て露天へ。Img_8398大きな岩が組まれた向こうは小川が流れています。
向って右手前側の大きな浴槽は39度前後。
こちら側は屋根付き。

Img_8400 左手側にある2、3人サイズの小さめな浴槽。
こちら41度前後でした。
露天は塩素臭はなく快適に入れました。

Img_6296
泉質表示。
源泉名 ホテルタザワ温泉(駒草の湯)
泉質 単純温泉 (ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉)
泉温 26.3℃ 使用位置 42.0℃
pH値 7.6

Img_6297
加水、加温あり。
露天風呂および内風呂(寝湯)は掛け流し。
内風呂(変わり湯)は循環ろ過、塩素投入あり。

次回は夕食篇です。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

水沢温泉郷 ホテルタザワ(2)

さて、大浴場へ。
男女別で翌朝入れ替えあり。
日帰り利用は11:00~15:00
宿泊者は15:00~24:00、翌朝5:00~10:30

Img_8313 まずはこの日の男湯側「かたくりの湯」からご紹介。

Img_8316 清潔感ある脱衣所。ベビーベッドも完備。
冷水サーバーもあり、パウダーコーナーもアメニティ充実。

Img_8319 浴室内へ。
新しく、また掃除が行き届いているようで清潔感があります。

Img_8321 洗い場。シャワー付きカランが全部で8基。
シャンプー、コンシショナー、ボディソープあり。


Img_8320 奥にサウナ。隣に水風呂があります。


Img_6372サウナの手前には寝湯。


Img_8324 こちらがメインの浴槽(変わり湯)。
循環されていますが、しっかりオーバーフローもあり。

Img_8323 浴槽は温度管理されていて適温。
お湯は透明で匂いもなく、クセのないサッパリ系。

ドアを出て露天へ。Img_8335 坪庭の露天風呂。



Img_8333 真ん中にあり屋根付きのメインの浴槽。
雪だるま型に2重になっていて、丸側が微妙にやや熱め、三日月側がややぬるめ。



Img_8331 こちらは趣向を凝らした壷湯。




Img_8326 他にもう一つやや小ぶりの円形浴槽もあり。

Img_8327 全ての浴槽に温度計が付いていて温度調整されています。


Img_6347泉質表示。
源泉名 ホテルタザワ温泉(駒草の湯)
泉質 単純温泉 (ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉)
泉温 26.3℃ 使用位置 42.0℃
pH値 7.6

Img_6346加水、加温あり。
露天風呂は掛け流し。
内風呂(変わり湯)は循環ろ過、塩素投入あり。

次回は「駒草の湯」へ。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

水沢温泉郷 ホテルタザワ(1)

Img_8295 秋田県は仙北市のホテルタザワへ再訪。
8月に泊まって来た時に印象が良かったので今年2度目。
(2014/10/03宿泊)

Img_8297 ロビーの様子。

Img_8298 こちらは選べる色浴衣。女性用はもちろん男性用もあり。

Img_8337 広いラウンジ&売店コーナー。


Img_8310 廊下の様子。

Img_8308 お部屋へ。
今回お世話になったのは禁煙の218号室。
広々和室12.5畳というタイプ。
畳に和ベッドが置かれた部屋です。

Img_8304 窓からは川のせせらぎ、と思いきや、たまたま護岸工事の最中でした。。

Img_8345 テレビは26インチ。地デジ&BS放送もOK。
下には金庫あり。

Img_8301 洗面化粧台周り。

Img_8300 温水洗浄付きトイレ。
ユニット式バスも付いています。



Img_8303 空の冷蔵庫。

Img_8299 広いクローゼット。乱れ箱には一般的なアメニティが一揃え。
お風呂行きのカゴも付いています。

で、次回はお風呂へ。

ホテル森の風 田沢湖さんの楽天トラベル宿情報

ホテル森の風田沢湖さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

熱川温泉 たかみホテル(6)

Img_8235 翌朝。



朝食も部屋食です。Img_8251 お膳はこんな感じ。
朝も海の幸が満載でボリュームあり。


Img_8252 前日の伊勢海老のお造りの頭がお味噌汁に入ってイイお味です。


Img_8253 名産のアジの開きもその場で香ばしく焼けます。


Img_8257 湯豆腐も美味しかったです。




Img_8260 帰りも伊豆熱川駅まで送っていただきました。
建物こそ年季が入った感がありますが食事も露天風呂付きの部屋もがんばってる宿だと思います。
リーズナブルなプランならコスパも高くオススメかも。

熱川温泉 絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんの楽天トラベル宿情報

絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

熱川温泉 たかみホテル(5)

さて、評判の良い「たかみホテル」さんの食事。
夕、朝食とも部屋食になります。
ます夕食から。
Img_8217 今回チョイスしたのは「金目鯛の姿煮と解禁地物伊勢海老付」のプラン。
豪華磯料理中心です。



以下お料理をご紹介。
Img_8226伊勢海老のお造り!
身がプリプリ しています(^。^)



Img_8211伊勢海老の黄金焼きです。
こういう洋皿もうれしいですね。


Img_8210 地元特産金目鯛の姿煮。
甘辛の煮付けはクセになるお味です。


Img_8215 新鮮な伊豆のお刺身盛合わせ。



Img_8213 海の恵がつまった 熱々の海鮮鍋
伊勢海老ももちろん入っていました。


Img_8221酢の物



Img_8214 ホタテの陶板焼き


 Img_8218 煮物


Img_8219 小付


Img_8222 茶碗蒸し


Img_8229 食事
ご飯 吸物 香の物


Img_8230 水菓子
二ューサマーオレンジヨーグルトムース。


豊かな相模湾と天城連山が隣接する独自な地形がもたらす「魚介類」と「山の幸」を、伊豆独自の調理方法で演出されているそうです。


次回は朝食篇です。

熱川温泉 絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんの楽天トラベル宿情報

絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

熱川温泉 たかみホテル(4)

Img_8150 続いて大露天風呂をご紹介。
通常は混浴となりますが20時以降無料で貸切利用も可(チェックイン後要予約)

Img_8232 また貸切利用時には湯舟に浮かべて楽しめるお酒のサービスも。



Img_8152 脱衣所の様子。


Img_8153こちらが大露天風呂。
屋根のない開放感のある石組みの露天。
100%源泉掛け流しでは20名位は入れる大きさ。




Img_8163 湯口付近。
匂いはほとんどなし。


Img_8155 海一望という事ですが入浴目線だとちょっと水平線は見えづらいかも。


Img_8158
とはいえブーゲンビリアに囲まれながらゆったりとした気分になれます。
お湯はややぬるめの適温でした。


Img_8154 洗い場の様子。
シャワー付きカランでリンスインシャンプー&ボディソープあり。
外なので冬場はちょっと辛そうですね。





Img_8167 泉質表示。
源泉名 一本松温泉(掘削自噴)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
泉温 源泉又は採取地 97.6℃ 使用位置 70.0℃
pH値 8.1





これ以外にも利用しませんでしたが岩盤浴(別途有料)もあるようです。


次回は食事篇です。

熱川温泉 絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんの楽天トラベル宿情報

絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

熱川温泉 たかみホテル(3)

Img_8171 大浴場へ。
まずは男湯から。場所は同じ1階にあります。

Img_8172 脱衣所の様子。




Img_8174 内湯はこんな感じ。
窓が広く開放感のあるお風呂です。

Img_8180 浴室の窓からの眺め。


Img_8177 浴槽からはしっかりオーバーフローあり。
温度はやや熱めの適温でした。


Img_8181 湯口には折出物がびっしり。
張り出しには“濾過器、循環器を一切使用していない天然温泉100%”とあります。

Img_8182 洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。




Img_8239 続いて女湯側(カミサン)撮影。

Img_8244 脱衣所の様子。

Img_8248 浴室内。
男湯よりも一回り狭い印象です。

Img_8249 湯口付近。
こちらも折出物が。

Img_8247 洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。


Img_8188 泉質表示。
源泉名 混合泉
    熱川・北川(6号・9号・29号)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
    (低張性・アルカリ性・高温泉)
泉温 源泉又は採取地 82.8℃
pH値 8.5




次回は露天風呂へ。

熱川温泉 絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんの楽天トラベル宿情報

絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

熱川温泉 たかみホテル(2)

Img_8259部屋風呂は太平洋を見渡す絶景の露天風呂です。




Img_8195陶器製のまあるいお風呂はサイズ的には一人でゆったり&まったり。お湯はもちろん源泉掛け流しです。そのままではかなり熱いので加水やむなし、という感じ。

お湯は薄い塩湯系の匂い。くせのない肌触りで浴後は温まり系のお湯です。



Img_8140
洗い場の様子。
ちゃんと囲われたシャワーブースがあります。
リンスインシャンプー&ボディソープ付き。



Img_8207 夜は熱川の夜景が。

Img_8237そして朝は天気が良ければご来光が(*^_^*)


Img_8135泉質表示。
源泉名 一本松温泉(掘削自噴)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
泉温 源泉又は採取地 97.6℃ 使用位置 70.0℃
pH値 8.1


次回は大浴場へ。  

熱川温泉 絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんの楽天トラベル宿情報

絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

熱川温泉 たかみホテル(1)

Img_8126 2日目の宿は熱川の老舗宿「たかみホテル」さん。
自家源泉100%掛け流しのお湯に加え、解禁したばかりの伊勢海老と伊豆の郷土料理金目鯛の煮付をお部屋出し提供して頂けます。
伊豆熱川駅まで送迎あり。
(2014/09/26)




Img_8200 ロビー階は3階になります。
太平洋を見渡す高台にあります。


Img_8148 廊下の様子。


Img_8133 お部屋は1階。
8畳+広縁付き・・だけでなく、今回は贅沢に露天風呂付きです。
年季が入っていますが、掃除は行き届いているお部屋。





Img_8143 お茶とお茶請け。
仲居さんが部屋まで荷物を運んでくれ、お茶も入れてくれます。
館内の説明もきちんとあります。


Img_8129テレビは22インチで地デジのみ受信。
金庫あり。





Img_8145 Img_8130 (左)クローゼット内には浴衣、帯、大小タオルなど一般的なアメニティ。
(右)冷蔵庫あり。




Img_8131 Img_8132(左)洗面化粧台
(右)温水洗浄機能付きトイレ




Img_8142 部屋からの眺め。




次回は部屋風呂をご紹介。

熱川温泉 絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんの楽天トラベル宿情報

絶景と露天風呂の宿 たかみホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

下田市内散策

Img_8089 食後はペリーロードを散策して・・。

Img_8104 無料開放している「旧沢村邸」を見学。

Img_8094

Img_8098 邸内はこんな感じでした。


Img_8107来たペリーロードを折り返し・・。


Img_8109 ペリー一行の応接所となり、後に米人休息所となった「了仙寺」、と巡り・・。


Img_8111 バスで駅前に戻った後、徒歩で「道の駅 開国下田みなと」へ。


Img_8115下田特産の新鮮な海の幸・山の幸を食べたり買ったりできる。”おいしく”くつろげるスポットだそう。海産物の産直コーナーも品揃え豊富でした。
また「歴史の交流館」ハーバーミュージアムもあり、下田の昔から現在までが分かります。

Img_8113 こちらは下田港をクルーズする「サスケハナ号」。
当初は乗ってみたいと思っていたんですが、今回は時間の都合上パス。

Img_8119 帰りは「特急 踊り子号」でこの日の宿のある熱川へ移動。



下田市観光協会
TEL 0558-22-1531

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

レストラン ポルトカーロ

下田海中水族館を後にバスで市内へ。

Img_8076 ランチに立ち寄ったのはここ「レストラン ポルトカーロ」。
三島由紀夫が愛したマドレーヌで有名な「日新堂菓子店」さんの2階にあります。(2014/09/26)




Img_8077 下田港で水揚げされた魚介類と、伊豆の山でとれた山の幸を使った地中海料理のお店です。四季の旬を大切に、その季節にとれた食材を最大限に引き出した料理を常に提供できるよう心がけているそうです。

Img_8078 店内の様子。
どこか懐かしい昭和の雰囲気。

Img_8081 メニューです。

Img_8085 自分はお店イチオシの「魚介の天城風パスタ」を。

Img_8083 カミサンは「漁港のペスカトーレ」を頼んでシェア。

Img_8082 どちらもスープ付です。


具材はほとんど同じでしたが、「魚介の天城風パスタ」は天城梨本産の本格生ワサビを使用しているだけあって、わさびの風味が活かされた一品です。麺はアルデンテで美味しく頂きました。
ペスカトーレの方も悪くなったのですが、極めて普通という感じ。


Img_8086 オマケ画像。
店を降りて角を曲がると日新堂さんの前には「手湯」がありました。



レストラン ポルトカーロ
TEL:0558-22-5514
静岡県下田市3-3-7 日新堂ビル2階
営業時間 : 11時30分~14時、18時~20時45分(各LO)
定休日 : 水曜日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

下田海中水族館

Img_79182日目は下田へ。
(2014/09/26)



7919 駅前から定期バスに乗り下田海中水族館へ。
バス代は一人片道200円でした。

Img_7921 こちらが正面玄関。
国内でも珍しい天然の入り江を利用して海上に浮かぶ浮遊円形水族館で、来場者がイルカと遊べる水族館としても有名です。


Img_7923チケットは大人2,000円のところウェブ割引利用で1,700円でした。


7963 まずは海上ステージのイルカショーを観覧。
こちらのイルカさんは「バンドウイルカ」という種類です。

7976 広い入り江の中で繰り広げられるショーは迫力満点でした。


Img_8003続いてドルフィンフィーディングに挑戦。
直接エサをあげたり、握手やジャンプなどの合図を出すことができます。
申し込みは当日先着1回6名までで、1人1,300円。


8024 こちらでは今年7月に東伊豆海岸で保護されたジンベイザメが飼育されていました。サイズ的には3~4m位でしょうか。まだまだ大きくなるようです。


Img_8033 さて、その後はマリンスタジアムにてアシカショー。
ユーモラスなしぐさに会場は大爆笑です。


Img_8044アシカショーに続いて、さらにマリンスタジアムでもイルカショーが。

Img_8052 こちらのイルカさんは「カマイルカ」という種類だそうです。
至近距離での演技は大迫力でした。

Img_8059 フンボルトペンギンのいるペンギンプールです。


8058 ゴマちゃんで有名なゴマフアザラシ。



Img_8055 もちろん他にも海の生物館シーパレスにはたくさんの魚や海中生物たちが飼育されていました(*^_^*)。

Img_8057 これは熱帯の海。

Img_8056 こちらは三陸の海だそう。

Img_8063 迫力ある巨大水槽。

Img_8067 クラゲは見ていて飽きないですね。


Img_8060 イルカと触れ合えたり、ショーがかなり盛りだくさんで大人でも結構楽しめます。伊豆のオススメスポットですね。


下田海中水族館
静岡県下田市3-22-31
TEL 0558-22-3567
アクセス:伊豆急下田駅バス乗り場7番下田海中水族館行きで約7分

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

潮騒の宿 白田荘 (4)

Img_7886翌朝、太平洋から朝日が昇ります。水平線には伊豆大島。
この日は雲が掛かっていてご来光はイマイチでしたがそれでも気持ちの良い朝。

Img_7894潮騒の音に加えて窓際からイソヒヨドリの軽やかな鳴き声。

Img_7896 朝食は昨日と同じ1階の食堂にて。



Img_7900 さて、朝食膳はこんな感じ。
地物を活かした心づくしのお料理です。
大変美味しかったです。


Img_7905 食後はコーヒーも。



Img_7908 お世話になりました。
良質の温泉と何もしない贅沢、白田温泉は東伊豆の穴場的存在。
中でもここ白田荘さんはオススメ宿。

潮騒の宿 白田荘さんの楽天トラベル宿情報

潮騒の宿 白田荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

潮騒の宿 白田荘 (3)

Img_7860 さて、白田荘さんの夕食です。
漁師のご主人が獲って来る新鮮な東伊豆の海の幸が評判とか。


Img_7870 今回は1番人気の「地物あわびと東伊豆の金目鯛こってり丸煮」プランで。


Img_7864 お品書きは普段は特に出してないそうですが、ブログに載せたいので、とお願いして特別に書いて頂きました。


以下お料理をご紹介。Img_7861お造りもこのボリューム(2人前)です。

Img_7862 焼き物
秋茄子の肉味噌焼き
サザエの壷焼きも(^。^)

Img_7871 揚物
手作りコロッケです。


Img_7872 陶板蒸し
静岡県のブランド豚「ふじの国熱川ポーク」と季節の野菜蒸し鍋。


Img_7865 地物あわびは踊り焼きで!

Img_7867 金目鯛の煮付けは少々甘め?とも思いましたがご飯のおかずにピッタリ。


Img_7875 食事


Img_7877デザート
伊豆の良質な天草を使った手作り心太。


以上、ボリュームもあり大変美味しく頂きました。

次回は朝食篇です。

潮騒の宿 白田荘さんの楽天トラベル宿情報

潮騒の宿 白田荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

潮騒の宿 白田荘 (2)

Img_7819 さて、お風呂は男女別で露天風呂付き。
混み具合にもよりますが20時~24時までは貸切風呂として利用できます。
この日は自分達だけの貸切でしたので自由に利用できました。


Img_7823 まずは男湯側。
脱衣所の様子。


Img_7824パウダーコーナー。

Img_7822 内湯はこんな感じ。4、5人サイズの四角い浴槽。

Img_7831 もちろん100%源泉掛け流しの天然温泉です。
湯口からは薄っすら塩湯系の匂い。
温度は適温でした。

Img_7829 洗い場の様子。
シャワー付きカランが2基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。


Img_7833 露天へ。
内湯よりもややぬるめ。

Img_7834 まるい陶器の浴槽はゆったり一人サイズ。


Img_7853 こちらも伊豆急の高架があります。
距離は部屋よりもさらに近く、海岸線を通る伊豆急電車が目の前。


Img_7850 高架越しにはなりますが、素晴らしい太平洋の水平線。
絶景が広がります。





女湯側はカミサン撮影。Img_7845脱衣所の様子。


Img_7846 基本仕様はほぼ同じレイアウトです。


Img_7847 女湯側の露天です。



  Img_7826泉質表示。
源泉名 柏屋温泉 白田23号
泉温 93.1℃ 
pH値 7.9
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
  (低張性・弱アルカリ性・高温泉)

メタケイ酸は188.8と豊富な美肌の湯。

湯上り後は汗の引かない温まり系のお湯でした。


次回は夕食篇です。

潮騒の宿 白田荘さんの楽天トラベル宿情報

潮騒の宿 白田荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

潮騒の宿 白田荘 (1)

Img_7800 初日の宿は片瀬白田にある民宿「潮騒の宿 白田荘」さん。
(2014/09/25)

Img_7797 その名の通り、潮騒が聞こえる目の前がすぐ海の絶景宿です。


Img_7803こちらが正面。
漁師のご主人が獲って来る新鮮な東伊豆の海の幸と源泉掛け流しの天然温泉が評判の宿だそうです。


Img_7805 ロビーの様子。



Img_7818 通されたお部屋は3階の8畳、302号室。
この日は自分たちだけで貸しきり状態でした。


Img_7806 部屋の様子。
至ってシンプルな部屋です。


Img_7811 別角度から。
テレビは19インチ、地デジのみ。



Img_7808 広縁側に冷蔵庫と洗面台あり。


Img_7809 冷蔵庫の中はこんな感じ。


Img_7812 乱れ箱には浴衣、タオル、バスタオルあり。
ちなみに通常の民宿ではバスタオルのない所も多数。


Img_7814 トイレは温水洗浄機能付。
ありがたいです。


Img_7810 部屋からの眺め。太平洋の水平線が一望。


Img_7910白田港の防波堤がすぐそば。釣り客も多いようです。
目の前に見えるのは伊豆大島。
※この画像は翌朝撮影。



Img_7907 圧巻は伊豆急の高架。
時折目の前を電車が通ります。
噂を聞きつけ鉄道ファンの宿泊も多いとか。

次回はお風呂へ。。

潮騒の宿 白田荘さんの楽天トラベル宿情報

潮騒の宿 白田荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

大人の休日倶楽部パス 2泊3日の伊豆旅行

遅い夏休みを頂き、9/25~27日で2泊3日の伊豆旅行と洒落込みました。
今回はJR東日本の「大人の休日倶楽部パス」を利用しての鉄道の旅です。
Img_7760まずは盛岡から「はやぶさ」に乗って・。



Img_7771 東京駅で「スーパービュー踊り子」号に乗り換え。


Img_7803 初日の宿は片瀬白田にある民宿「潮騒の宿 白田荘」さん。
もちろん100%源泉掛け流しで目の前が海の絶景宿。


Img_7870 とびきり大きな金目鯛の煮付けや鮑の踊り焼きも良かったんですが・・。


Img_7857 それ以上に凄かったのは、露天から見える伊豆急の高架!
なんとお風呂の目の前を電車が通過します!(@_@;)


Img_7918 翌26日は下田へ。


Img_8044「下田海中水族館」でイルカショーを楽しみ・・。



Img_8107 その後ペリーロードを散策。


Img_8126 2日目の宿は熱川の老舗宿「たかみホテル」さん。


Img_8259 太平洋を見渡す絶景の露天風呂付きのお部屋に泊まり・・。



Img_8226 解禁されたばかりの伊勢海老他、豪華な海の幸を頂きました!(^^)!


Img_8290 最終日は「スーパービュー踊り子号」の先頭車両で伊豆半島の海岸線を堪能。温泉もさることながら、なんだかプチ鉄道オタクしてきました/(~_~;)

詳しくは次回からぼちぼちご紹介していきますんで暫くの間お付き合いの程を。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

志戸平温泉 游泉 志だて(6)

Img_7676  翌朝の朝食も同じ個室で。

Img_7677 献立表も付きます。

Img_7686 品数豊富でボリュームあり。
スタッフさんが出来たてを運んでくれます。
ご飯はお粥も選べます。
新鮮大根サラダはシャキシャキでした。

Img_7681 飲み物は地元花巻の八重樫牛乳か江刺産のりんごジュースを選べます。

Img_7685 温泉水で炊いた湯豆腐も美味しかったです。

   Img_7690 デザートはブルーベリーヨーグルト。

Img_7691 食後はラウンジにてコーヒーのサービスを。

Img_7692 お湯もさることながら、食事の質、ボリューム、スタッフのサービス、全て申し分無し。
記念日毎にお世話になっている定宿です。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

志戸平温泉 游泉 志だて(5)

さて、夕食篇です。
Img_7633 食事は夕、朝食とも食事処「風とオルゴオル」にて。
中に入るとオープンキッチンになっています。

Img_7634 場所はこちらの個室です。


Img_7636今回の献立表。


Img_7646 お酒はいつも通り、地元石鳥谷の「七福神まいり」を。


お料理をご紹介。Img_7637 先付
あみたけ たたき長芋

Img_7639旬菜
季節の大皿盛り

Img_7643 スープ
三陸スープ

Img_7644 造り
北海の旬鮮 旨味三種盛り~宮守生山葵添え~

Img_7647 揚物
ズワイガニ磯風味 彩り野菜~ヒマラヤ岩塩を添えて~

Img_7648 煮物
鱈と海老のしょうがあんかけ

Img_7652 焼物
いわて牛ステーキ。

Img_7651 こちらはタラバ蟹バター焼き
ふたり別々に選べてシェアできます(*^_^*)

Img_7650 サラダ
野菜スティック
胡麻味噌マヨネーズ

Img_7653 食事
帆立ご飯 味噌汁 


Img_7654 香の物

Img_7657 フルーツ  メロン 巨峰
デザート  シャーベット

次回は朝食編です。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

志戸平温泉 游泉 志だて(4)

Img_7700 続いて女湯側へ(男女入れ替えありですが、男湯時間内に撮影できなかったためカミサン撮影)。
入って直ぐ左手に冷水のサービス。
スリッパロッカーはUV殺菌灯あり。

Img_7743脱衣所は基本的に同仕様。
バスタオル常備。


Img_7759 パウダーコーナー周りも充実してました。

Img_7758 こちらは変則三角形の木枠の浴槽。まずまずの広さ。 
各部屋が全て露天風呂付きのため大浴場が混みあう事はなし。
しっかり温度管理されていてこちら側も42度前後の適温でした。

Img_1864湯口付近。
ほぼ無味無臭のトロリとした泉質です。

Img_7757 洗い場周り。パテーション付4、なし2。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープと充実。
入って右手前には掛け湯もあり。

露天へ。Img_7752こちらも天然石を配置した庭園露天。
お湯はトロリとしていて肌触り良く温まるタイプ。

Img_7747 もう一つの浴槽は一枚岩を刳り貫いた御影石仕立て。
こちらは100%源泉掛け流し。


Img_7750 湯船に浸かりゆったり豊沢川のせせらぎを感じられます。



Img_7731泉質表示。
源泉名 喜久の湯 
泉質 ナトリウム-硫黄酸、塩化物温泉
源泉温度 73.7℃ pH 8.2
営業時間 5:00~24:30(朝晩で男女が入れ替わります)
消毒処理には塩素を使わず天然塩を使用しているそうです。

次回は夕食ををご紹介。。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »