« 青根温泉 湯元不忘閣(9) | トップページ | 奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭(1) »

2014年9月23日 (火)

青根温泉 湯元不忘閣(10)

Img_7420青根御殿は伊達家のお殿様が宿泊するため造られた建物。
現在は伊達家ゆかりの品々を展示した資料室になっています。
宿泊客は希望すれば翌朝案内してもらえます。
朝食後8時50分にロビー集合でした。
所要時間は30分ほど。



Img_7504 まず御殿へ向う途中、通路を行くとイラストが掲げられていました。
伊達家23代目仙台藩主のお殿様が青根御殿に湯治に訪れた際の様子が解説付きで描かれています。


Img_7475 さて、青根御殿へ。


Img_7476まず1階です。
お供の武士達の控えの間だったそうです。

Img_7483 欄間には伊達家の家紋が施されています。


Img_7481 奥の間には与謝野晶子、与謝野實や、青根御殿ゆかりの文豪達の書画が展示されいました。


Img_7496 2階です。

Img_7487 特筆は伊達家16代目当主、伊達輝宗公(正宗の父君)の鎧兜が飾られていました。もちろん本物だそうです。

Img_7490 そして伊達政宗公の座像や・・。

Img_7491 Img_7492 狩野丹川の金屏風など、お宝がザクザクでした。


Img_7495青根御殿からの眺望です。
文豪、山本周五郎がこちらに滞在し歴史小説「樅ノ木は残った」の推敲を重ねた際、ヒントとなった樅ノ木が、あの中央付近で先端が左に曲がった木だそうです。

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 青根温泉 湯元不忘閣(9) | トップページ | 奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/60306888

この記事へのトラックバック一覧です: 青根温泉 湯元不忘閣(10):

« 青根温泉 湯元不忘閣(9) | トップページ | 奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭(1) »