« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

志戸平温泉 游泉 志だて(3)

さて、ここ「志だて」のお風呂は基本的には源泉掛け流し。露天の一部のみ循環併用、となっています。

Img_7701 大浴場は日によって男女入れ替え。
この日の男湯、奥側へ。

Img_7702 入って直ぐ右手に冷水のサービス。
スリッパロッカーもUV殺菌灯完備。

Img_7704 脱衣所はこんな感じ。バスタオル常備。
パウダーコーナー周りも充実してました。

Img_7727こちら側の内湯は石造り。変則の三角。5、6人が入れそうな浴槽。
しっかり温度管理されていてややぬるめの適温でした。

Img_7722 カラン周り。パテーション付4、なし2。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープと充実。
入って左手前には掛け湯もあり。

Img_7714 続いて露天へ。豊沢川沿いに面して開放感溢れる庭園露天です。
無味無臭でクセの無いお湯。トロ~リとしていて肌にやさしいです。

Img_7710 木枠の小さめの浴槽もあり。
温度はどちらも適温でまったりと寛げました。

Img_7731 泉質表示。

源泉名 喜久の湯 
源泉温度 73.7℃ pH 8.2
泉質 ナトリウム-硫黄酸、塩化物温泉

営業時間 5:00~24:30(朝晩で男女が入れ替わります)
消毒処理には塩素を使わず天然塩を使用しているそうです。

Img_7693 湯上りラウンジも充実。
ソフトドリンクサーバーやマッサージ機2基が無料で設置。
CDやDVDのライブラリもあり。

Img_7696 ドアの向こうは足湯処「川辺の足湯」。
豊沢川のせせらぎを眺めながらゆったりとした時間を。

次回は女湯側をご紹介。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

志戸平温泉 游泉 志だて(2)

Img_7663 さて、部屋の露天風呂へ。
浴槽は露天のみです。


Img_7664 陶器製のまあるい浴槽。
もちろん100%源泉掛け流しです。

Img_7632 温度計は42度前後の適温でした。

Img_7665季節の移ろいを感じる豊沢川沿いの露天。
ゆったり寛げました。

  Img_7662  室内シャワーブース。
こちらはシャンプー、コンディショナー、ボディソープと充実。

Img_7733
部屋風呂もちゃんと泉質表示あり。

源泉名 志戸平温泉 たけの湯 
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度 71.5℃ pH 8.3

実は部屋風呂は大浴場のお湯とは別の源泉。
癖が無くサッパリした湯上り感。何度でも入れるお湯です。

Img_7629 こちらはウッドデッキ。
湯上り後、涼むもまた良し。

次回は大浴場へ。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

志戸平温泉 游泉 志だて(1) 

Img_7610 記念日月はいつもの「志だて」さんへ。(2014年9月16日宿泊)
2月以来、今年2度目、都合16回目のお泊りです。
到着するとすぐにスタッフがお出迎え、荷物を持ってくれます。

Img_7613 チェックインはラウンジにてゆったりと。
お茶とお茶請けを頂きながら。。

Img_7660 廊下の様子。朝はお部屋に朝刊が入ります(翌朝撮影)
お世話になったのは3階の露天風呂付き客室(Cタイプ)「青雲」。

スタッフは荷物を持って部屋に。館内や食事時間などの説明をした後はチェックアウトまで一切干渉無し。

Img_7623お部屋の様子。
和風ツインベッドの寝室と和室6畳の造り。

Img_7614 お茶請けはこんな感じ。ルームキーは2個あり。

Img_7620 和風ツインベッドは羽毛掛布団、クッショニングのよい敷布団。

Img_7628 テレビは地デジのほか、BSも対応の32インチデジタル液晶テレビ。
テレビ台の下にはDVDプレーヤー。


Img_7740 CDプレーヤーも完備。
備え付けのは「SONG BIRD」という1枚。DVDやCDは1階ライブラリで選びフロントにて貸し出しあり。
右下に見える紫の球体は空気清浄機&加湿器。




Img_7625 Img_7624 クローゼットにはセーフティボックス。羽織、パジャマ、湯足袋など下の引き出しには男女2種類の浴衣。それぞれサイズあり。


Img_7615
冷蔵庫の氷とミネラルウオーターは無料。

Img_7618 Img_7616
アメニティ充実の洗面ドレッサー&温水洗浄機能付きのトイレ。

次回は部屋風呂をご紹介。。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭(4)

Img_7583 さて、こちらの食事のお部屋食。
基本は「手打ちそばと旬の採れたて野菜を楽しむ田舎懐石」。
さらに今回は地元奥州市の前沢牛ステーキ80gをオプションでプラスしたプランです。



以下お料理を。Img_7586 ・小鉢

Img_7588・焼物前菜(焼き魚・珍味2品)

Img_7585 ・お造り三種盛り

Img_7591 ・天婦羅

Img_7590・茶わん蒸し

Img_7587 ・酢の物

Img_7589 ・野菜の炊き合わせ

Img_7598 ・前沢牛ミニステーキ
上質の脂身の旨味がぎっしり。
口の中でとろけるます。


Img_7600 ・手打ち二八そば
ご主人自ら打ちたての二八蕎麦は、歯ごたえがあり絶品です。


Img_7594 ・食事 ご飯  香の物  お吸物

Img_7601 ・水菓子 フルーツ


温かい物は温かいうちに後だしです。
打ちたてのおそばも美味しかったです。


Img_7603 翌朝の朝食は1階の食事処にて。


Img_7605 朝食膳はこんな感じ。

周囲の農家で収穫された米、野菜を使用しているそうです。
まさに地産地消の極みですね。
ご飯がとても美味しかったです。

Img_7607 食後はコーヒーのサービスもあり。



源泉掛け流しの豊富なお湯に浸かり、地産地消の田舎懐石に舌鼓。
平泉観光の折ならずとも、この宿を訪れてみるのも良いかも。

奥州平泉温泉 しづか亭さんの楽天トラベル宿情報

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭さんのじゃらんnet宿情報

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭(3)

Img_7552続いて女湯側(カミサン)撮影。

Img_7540脱衣所の様子。


Img_7544浴室内。
基本的には男女同仕様。


Img_7548別角度から。
湯量豊富でドバドバと掛け流されています。


Img_7547洗い場の様子。
シャワー付きカランが5基。
こちら側はシャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。



Img_7545ドアを開けて露天へ。
男湯側同様、内湯より一回り小さめな浴槽。
こちらはこの日、かなりぬるめだったそうです。


Img_7554浴室入り口にある湯上り処。
日帰り湯の待ち合わせにも最適。
写っていませんがコイン式のマッサージ器あり。


Img_7557
泉質表示。
源泉名 めぐみの湯
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩化物泉(低張性アルカリ性低温泉)
泉温 33.5℃
pH値 7.8
メタケイ酸 78.8


次回は食事篇です。

奥州平泉温泉 しづか亭さんの楽天トラベル宿情報

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭(2)

さて、お風呂へ。
Img_7553 宿泊者だけでなくもちろん日帰り湯(10時~15時まで)もできます。

まずは男湯から。

Img_7562 脱衣所の様子。



Img_7564 浴室内の様子。
浴槽は一度に10人ぐらいは入れそうなサイズ。
源泉100%でドバドバとオーバーフローあり。


Img_7566 別角度から。
お湯は柔らかくトロリとした肌触り。


Img_7577 匂いはほとんど無し。湯床が成分で赤くなっているため濁り湯に見えますがほぼ無色透明です。
源泉温度が33.5度と低いため加温あり。
湯口で舐めてみるとほんの微すかに塩味。


Img_7565 洗い場の様子。
シャワー付きカランが5基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。



Img_7567 ドアを開けて露天へ。
内湯より一回り小ぶりな浴槽。
こちらは外気に触れてややぬるめの適温。


Img_7574
目隠しの塀が高いため眺めは良くありませんが、屋根がないので開放感はあり。
秋の気配を感じながらのんびりまったり寛げました。
次回は女湯側へ。

奥州平泉温泉 しづか亭さんの楽天トラベル宿情報

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭(1)

平泉にある温泉宿、「しづか亭」さんへ。
2005年12月以来実に9年ぶり。
Img_7514 中尊寺の裏手から平泉の奥に入る静かな全10室の一軒宿。
100%源泉掛け流しのお湯とご主人が打つ自家製の手打ちそばが自慢です。


Img_7539 ロビーの様子。



Img_7538 2階まで吹き抜けになっています。



Img_7515 こちらで冷たいお絞りとウェルカムドリンク&お茶請けをいただきながらゆったりチェックイン。


Img_7523 お部屋は和室10畳。やや狭めの広縁付き。


Img_7524 別角度から。

Img_7528 テレビは32インチ。地デジの他、BS放送も映りました。



Img_7531パウダールーム周り。
トイレは温水洗浄機能付。


Img_7534 クローゼット内には一般的なアメニティが。


Img_7536金庫&冷蔵庫あり。


次回はお風呂へ。。

奥州平泉温泉 しづか亭さんの楽天トラベル宿情報

奥州平泉温泉 そば庵 しづか亭さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

青根温泉 湯元不忘閣(10)

Img_7420青根御殿は伊達家のお殿様が宿泊するため造られた建物。
現在は伊達家ゆかりの品々を展示した資料室になっています。
宿泊客は希望すれば翌朝案内してもらえます。
朝食後8時50分にロビー集合でした。
所要時間は30分ほど。



Img_7504 まず御殿へ向う途中、通路を行くとイラストが掲げられていました。
伊達家23代目仙台藩主のお殿様が青根御殿に湯治に訪れた際の様子が解説付きで描かれています。


Img_7475 さて、青根御殿へ。


Img_7476まず1階です。
お供の武士達の控えの間だったそうです。

Img_7483 欄間には伊達家の家紋が施されています。


Img_7481 奥の間には与謝野晶子、与謝野實や、青根御殿ゆかりの文豪達の書画が展示されいました。


Img_7496 2階です。

Img_7487 特筆は伊達家16代目当主、伊達輝宗公(正宗の父君)の鎧兜が飾られていました。もちろん本物だそうです。

Img_7490 そして伊達政宗公の座像や・・。

Img_7491 Img_7492 狩野丹川の金屏風など、お宝がザクザクでした。


Img_7495青根御殿からの眺望です。
文豪、山本周五郎がこちらに滞在し歴史小説「樅ノ木は残った」の推敲を重ねた際、ヒントとなった樅ノ木が、あの中央付近で先端が左に曲がった木だそうです。

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

青根温泉 湯元不忘閣(9)

朝食篇です。
Img_7461こちらも前日と同じ専用の個室にて。


Img_7462 お膳はこんな感じ。


Img_7467 夕食膳同様、地元宮城の食材を活かした朝食膳。
特にご飯が美味しかったです。



Img_7463

Img_7468 朝は眺めの良い縁側。
この食事処は湯治場として利用されていたお部屋のようです。




Img_7471 食後は「喫茶去 金泉堂」でコーヒーを頂きました。




Img_7417 次回は青根御殿の見学へ。

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

青根温泉 湯元不忘閣(8)

さて、食事の評判も頗る高いこちら不忘閣さん。Img_7339夕、朝食とも専用の個室にて。


Img_7341 献立表です。
地元宮城の食材を活かした地産地消の創作会席料理です。



以下お料理の画像です。Img_7340

Img_7356

Img_7349

Img_7358

Img_7362

Img_7347

Img_7364

Img_7368

Img_7354

Img_7369

Img_7374

Img_7375 とっても美味しくいただきました。
良い意味で秘湯の宿らしからぬ手の込んだ素晴らしい夕食膳でした。
次回は朝食篇です。

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

青根温泉 湯元不忘閣(7)

Img_7459 お風呂篇の最後は「大湯(大湯 金泉堂)」です。
老朽化で2006年に一旦閉鎖されましたが、伝統工法を用いて2年がかりで復活されたそうです。かつての「大湯」は共同浴場「じゃっぽの湯」として移築されています。
こちらも男女入れ替えあり。

Img_7382 浴室内の様子。
左手が脱衣場所。

Img_7436 プールのように広い縦長の浴槽。
もちろん源泉掛け流しです。お湯は適温でした。

Img_7443 別角度から。
使用木材は全て青森ヒバで、壁には温泉でこねた約9トンの土が塗られているそう。

Img_7454 開湯当時の状況が再現され荘厳な雰囲気が漂います。



Img_7445 朝方入りましたが混み合う事もなくのんびり浸かれました。
ちなみに洗い場はなし。

次回は夕食篇です。

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

青根温泉 湯元不忘閣(6)

Img_7316
続いて「新湯」へ。
こちらのお風呂も男女入れ替えあり。

Img_7317 年季の入った分析表が掛けてあります。

Img_7318 脱衣所の様子。

Img_7329 浴室内へ。
石造りの四角い浴槽。サイズは3、4人仕様といったところ。


Img_7331シャンプー類はありますがシャワーはありません。

Img_7323
格子越しの木漏れ日がイイ感じです
温度も適温でまったり寛げました。

次回は「大湯」をご紹介。

 

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

青根温泉 湯元不忘閣(5)

Img_7311 続いて「蔵湯(蔵湯浴司)」へ。

こちらも貸切風呂です。
入口にフロントで借りた貸切札を置きます。



Img_7287海鼠塀の壁づたいに進みます。

Img_7288 間に祠が祭られていました。

Img_7291 やっと蔵湯の入口です。
その名の通り明治初期から伝わる土蔵の中にお風呂があります。

Img_7296 浴室内へ。。


Img_7295 脱衣スペースの様子。
浴室内はワンフロアです。


Img_7297 土蔵だけに天井の梁が凄いですね。
格調高い感じ。
洗い場はありません。浸かるだけ。


Img_7298 浴槽はヒノキ造りでいい香りがします。
Img_7305 入浴目線で。
ライトアップが幻想的な雰囲気。
館内は、けやき、ぶな、栗などの広葉樹が使われ、塗料も柿渋、漆、木泊と、自然素材にごだわっているそうです。
他の秘湯の宿にはない贅沢な気分にさせてくれます。
お湯は適温でまったりできました。


次回は「新湯」へ

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青根温泉 湯元不忘閣(4)

Img_7260 さて、次は御殿湯をご紹介。
こちらはいつでも入れる男女別内湯。

Img_7259午後8時、午前8時で男女入れ替えあり。

Img_7258 「御殿湯」の由来が書かれていました。




さて、中へ。Img_7261 脱衣所はこんな感じ。



Img_7269 浴室内の様子。
この時の男湯側は4、5人サイズの木枠の浴槽。

Img_7267 別角度から。
殿様専用の木造の浴槽をこの場所に建築していたそうです。
当時の面影は窓の外の石垣のみだそうですが、伊達の殿様の気分を少しでも味わえたような気が・・/(~_~;)




Img_7274 柄杓があり、飲泉も出来るようです。
含み香も無く、くせのない無味無臭のお湯です。


Img_7277 洗い場の様子。
シャワー付きカランもあり、シャンプー類も充実しています。


Img_7421 こちらは反対側。
翌朝、男女入れ替え後入りました。


Img_7422 脱衣所の様子。
反対側より狭いです。


Img_7427
浴槽も小ぶりで2、3人サイズ。
それでもお湯は適温でまったり寛げました。
浴後はサッパリした感じですが温まりの湯です。




Img_7424 洗い場の様子。
こちら側もシャワー付きカランが1基。シャンプー類あり。


Img_7263
泉質表示。
源泉名 新名号の湯・花房の湯・新湯
     山の湯源泉・蔵王の湯・大湯 混合泉
泉質 単純温泉 低張性中性高温泉
泉温 49.8℃ 使用位置 49.7℃
pH値 7.4
メタケイ酸 65.4
加水なし 加温なし 循環なし 消毒処理なし 入浴剤なし


Img_7278 こちらは湯治場の雰囲気を残す共同洗面所。

次回は「蔵湯」へ。

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

青根温泉 湯元不忘閣(3)

Img_7220こちらのお風呂は全部で6箇所。
うち2箇所は貸切風呂であとは男女入れ替えあり。

Img_7254 まず最初は貸切半露天風呂の「亥之輔の湯」。
予約は不要。内鍵をかけて自由に利用できます。

Img_7246 狭いにじり戸をくぐります。

Img_7248 湯小屋に入るとすぐに浴室が。

Img_7247 脱衣スペースはすぐ脇に。こじんまりとしたスペースです。

Img_7249 風情ある石造りの浴槽。
二人で入ればいっぱいです。

Img_7252 洗い場スペース。
石鹸類はNG。原則体を流すだけ。

Img_7253
この宿で唯一の露天風呂。
開放感ある造りで季節の移り変わりを楽しめます。
くせのない無味無臭の透明なお湯。
温度も適温でまったりできました。

次回は「御殿湯」へ。

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

青根温泉 湯元不忘閣(2)

Img_7228お部屋は玄関からすぐ近くの西別館1階。


Img_7229和室10畳次の間付き。
湯屋に近くお勧め。
ご年配のお客様や階段の不都合なお客様は迷わずこのタイプですね。

Img_7226次の間には和ベッドが敷かれています。


Img_7221 キーは2つ。
入室後、スタッフさんから館内の案内とお茶出しあり。

Img_7219
窓は青根御殿を望む庭に面しています。
翌日朝食後にこちらの青根御殿の見学会がありました。
その模様はまた後日。。

Img_7232テレビは22インチ、地デジのみ。


Img_7235 クローゼットには金庫と一般的なアメニティ。
殺虫剤も置かれていました。



Img_7227
冷蔵庫あり。

Img_7224Img_7223
洗面所の様子。トイレは温水洗浄機能付き。

次回はお風呂へ。

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

青根温泉 湯元不忘閣(1)

青根温泉にある湯元不忘閣さんは創業450余年。
なんと21代も続いている歴史の古い温泉宿。
伊達正宗公はじめ伊達家歴代のお殿様も入った由緒ある名湯です。
また多くの文人墨客が愛した宿でもあり。
かの作家の山本周五郎も、この湯に入って青根御殿の一室から眺める裏庭のモミの巨木を見て「樅の木は残った」の一部を執筆しているそうです。

Img_7213さて、こちらが玄関。


Img_7282 ロビーの様子。


Img_7281 こちらはレトロな湯上り処「喫茶去 金泉堂」。


Img_7240 宿泊者が自由に利用できるお酒に名物こんにゃく串などのおつまみ。

Img_7241 コーヒーや冷水のサービスもあり。


Img_7256 館内には他にも無料で利用できるマッサージ器も。


Img_7236 西別館の廊下の様子。



さて、お部屋へ。Img_7228お部屋は玄関からすぐ近くの西別館1階。


Img_7229 和室10畳次の間付き。
湯屋に近くお勧め。
ご年配のお客様や階段の不都合なお客様は迷わずこのタイプですね。

Img_7226 次の間には和ベッドが敷かれています。

Img_7219
窓は青根御殿を望む庭に面しています。
翌日朝食後にこちらの青根御殿の見学会がありました。
その模様はまた後日。。

Img_7232 テレビは22インチ、地デジのみ。

Img_7224 Img_7223

洗面所の様子。トイレは温水洗浄機能付き。

次回はお風呂へ。

青根温泉 湯元不忘閣さんの楽天トラベル宿情報

青根温泉 湯元不忘閣さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

赤倉温泉 みどりや旅館(5)

Img_7183 朝食篇です。


Img_7184 朝食も夕食を頂いた同じ食事処にて。

Img_7188 お膳はこんな感じ。


Img_7193 そして山形名物玉こんにゃくも。


Img_7205 食後はアイスコーヒーのサービス。
緑のお庭を眺めながら・・(*^_^*)


Img_7123 赤倉温泉はアットホームな雰囲気の宿が多く、いつものんびりまったり寛げます。こちらもそんな宿のひとつ。



赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

赤倉温泉 みどりや旅館(4)

さて、夕食篇です。

Img_7135 場所は食事処にて。


Img_7136

Img_7143 テーブルの様子。


Img_7198 献立表です。
仕入れが毎日変わるので本来は出されないそうですが特別に書いていただきました。
地産地消を活かした創作会席は評判も高いようです。


Img_7138  お酒は女将さんのご実家が蔵元だと伺い、その銘柄を。
「花羽陽」。大蔵村のお酒です。


ではお料理の数々を。Img_7141

Img_7139

Img_7149

Img_7150

Img_7151

Img_7152

Img_7154

Img_7156

Img_7160

Img_7161 出てくるタイミング、お味、ボリュームも文句なしでした。
19時から始まって20時25分終了。
ゆったりと会話を楽しみながらお料理、お酒を美味しく頂きました。
次回は朝食篇です。

赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

赤倉温泉 みどりや旅館(3)

Img_7164 暖簾入れ替わって前日の女湯側をご紹介。
男女湯入れ替えあり。



Img_7165 脱衣所の様子。


Img_7110 浴室内の様子。
男湯側と比べると狭いですね。


Img_7171別角度から。
昔は男湯側と繋がっていたと思われる造りです。

Img_7173 湯口には白い折出物がびっしり。
お湯はもちろん源泉掛け流し。
適温でまったり寛げました。


Img_7178 洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Img_7084
泉質表示。
源泉名 みどり屋2号源泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉
泉温 源泉61.0℃ 使用位置41.0℃
pH値 8.6
メタケイ酸 58.1

Img_7080 加水なし。加温なし。循環ろ過なし。 入浴剤・消毒なし。





次回は夕食篇です。

赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

赤倉温泉 みどりや旅館(2)

Img_7078 さて、お風呂へ。
宿自慢の天然岩風呂の大浴場。
男女別ですが入れ替えあり。

Img_7079 まずは男湯側。


Img_7081 脱衣所の様子。


Img_7086 浴室内へ。
男湯側は20人ぐらいは入れそうな広い浴槽。


Img_7124 内風呂ですが迫り出す岩肌は迫力あり。
もちろん100%天然掛け流し。


Img_7126
天井も高いです。
くせのないサラリとした泉質で温度は適温でした。



Img_7087 掛け湯口。
匂いはほとんどありませんが湯口ではほんのり香るゆでたまご臭+微芒硝臭といった感じ。




Img_7108 洗い場の様子。
シャワーも温泉です。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。


Img_7096 露天はハチ、アブの発生によりメンテナンス中でした。


Img_7095
ちなみにこんな様子です。



Img_7084
泉質表示。
源泉名 みどり屋2号源泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉
泉温 源泉61.0℃ 使用位置41.0℃
pH値 8.6
メタケイ酸 58.1


Img_7080 加水なし。加温なし。循環ろ過なし。 入浴剤・消毒なし。





次回は女湯側をご紹介。

赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

赤倉温泉 みどりや旅館(1)

Img_7057 昨年12月以来の赤倉温泉です。
今回は「みどりや旅館」さんへお泊りです。(2014/08/16)
100%源泉掛け流しの天然温泉と地元山形の旬の味覚を使った料理が自慢の宿。

Img_7056 駐車場はお宿手前の川沿いにあります。
以前お世話になった「しゃくなげ荘」さんの駐車場の隣です。



Img_7075 ロビーの様子。


Img_7071 廊下の様子。


Img_7059 さて、お部屋へ。こちらは和室6畳+洋室付き。


Img_7069 別角度から。
和室側にはすでに布団が敷かれていました。

Img_7063 テレビは26インチで地デジのみ。
下に金庫あり。


Img_7067 川沿いの窓際に洋室があります。


Img_7070 窓からは小国川のせせらぎが。


Img_7060 キーとお茶請け。
お茶出しはなし。


Img_7068 クローゼットには一般的なアメニティ。


Img_7066 冷蔵庫あり。空きスペースも若干。



Img_7058 バスルーム。
浴槽もありますが使用禁止でした。
トイレは残念ながら通常タイプ。



次回はお風呂へ。

赤倉温泉 みどりや旅館さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 みどりや旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

田沢湖高原温泉郷 駒ヶ岳グランドホテル(6)

さて朝食篇です。

Img_7015 朝食は会食場にてバイキング形式。


Img_7026 ウェルカム地場産の新鮮夏野菜も(*^_^*)


Img_7023

Img_7019

Img_7016 その他にも地物を活かしたお料理が並びます。


Img_7022

Img_7025 洋食メニューやデザートも。


Img_7028 こんな感じで・・/(~_~;)。


Img_7030 食後はもちろんコーヒーもお替り自由。



Img_6930 おかげさまで、ゆったりのんびり過ごせました。
客室からお風呂場に遠いのがやや難ですが、
お湯良し、食事良し、スタッフ対応も改善されています。

田沢湖高原温泉郷 駒ケ岳グランドホテルさんの楽天トラベル宿情報

駒ケ岳グランドホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

田沢湖高原温泉郷 駒ヶ岳グランドホテル(5)

さて、夕食篇です。
Img_6994 場所は会食場にて。
地元秋田の食材を活かした郷土料理をメインにしたもの。

Img_6997  きちんと献立表もあり。



以下お料理の紹介を。。Img_7002 小鉢
秋田男鹿産 ぎばさわさび和え


Img_7001お造り
二種盛り


Img_7006 蒸し物
穴子茶碗蒸し 海苔餡


Img_7004 台の物
肉三昧
秋田錦牛 比内地鶏 虹の豚

Img_7005
きりたんぽ鍋

Img_7012 食事
あきたこまち

椀物
稲庭うどん

香の物




今回のプランにはビールのサービスも付いて満足度高かったです。
食事内容、接客態度とも以前より数段良くなった感があり。

次回は朝食篇です。

田沢湖高原温泉郷 駒ケ岳グランドホテルさんの楽天トラベル宿情報

駒ケ岳グランドホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

田沢湖高原温泉郷 駒ヶ岳グランドホテル(4)

Img_6948 さて、女湯側(カミサン撮影)


Img_6949 脱衣所の様子。

Img_6951 清潔感あるパウダーコーナー。


Img_7034 浴室内の様子。
広い浴槽は湯口近くは「あつめ」、丸太の間仕切りがあり、「ぬるめ」と分かれています。
洗い場にはシャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。



Img_7036 露天は男湯側とは違うタイプ。
4、5人入れる石造りの浴槽の周りに小さめの壺湯が3つ。


Img_7035香ばしい硫黄臭で温度はいずれも適温でした。


Img_6957 泉質表示。
源泉名 田沢湖高原温泉(1号、2号、4号混合泉)
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
泉温 49.7℃
 pH値 5.1
メタケイ酸 87.2


Img_6980温泉遺産の宿としての認定証も掲示されています。

次回は夕食篇です。

田沢湖高原温泉郷 駒ケ岳グランドホテルさんの楽天トラベル宿情報

駒ケ岳グランドホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

田沢湖高原温泉郷 駒ヶ岳グランドホテル(3)

さて、お風呂へ。
こちらのお湯は乳頭温泉郷(黒湯)からの引き湯。
Img_6952 まずは男湯側。
ちなみに男女入れ替えはなし。

Img_6953 脱衣所の様子。


Img_6954 パウダーコーナー。


Img_6958 浴室内の様子。

Img_6962 広い浴槽は20人以上入れそうな感じ。
丸太であつゆ側とぬる湯に間仕切りされていました。
白濁のお湯に硫黄臭が心地よいです。
オーバーフローあり。温度は適温でした。


Img_6959 洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。

Img_6968ドアを出て露天へ。


Img_6970 中庭にある石組みの風情ある露天。
こちらも100%掛け流しです。



次回は女湯側をご紹介。

田沢湖高原温泉郷 駒ケ岳グランドホテルさんの楽天トラベル宿情報

駒ケ岳グランドホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

田沢湖高原温泉郷 駒ヶ岳グランドホテル(2)

さて、お部屋へ。
Img_6935 今回お世話になったのはスタンダードな和室10畳+広縁付。


Img_6936 別角度から。
フロントからスタッフが荷物を持って部屋まで案内した後は特にお茶出しはなし。部屋のキーはひとつ。


Img_6937 広縁の様子。


Img_6934 窓からは雄大な秋田駒ケ岳が。


Img_6940 テレビは32インチで受信は地デジのみ。
金庫あり。



Img_6938 Img_6946 (左)クローゼット内には一般的なアメニティ。
(右)空の冷蔵庫あり。



Img_6943 Img_6944 (左)洗面台にはハンドソープ、ドライヤーあり。
(右)トイレは温水洗浄機能付。いずれも掃除が行き届いていました。



Img_6945 使いませんでしたがユニット式の部屋風呂あり。
リンスインシャンプー&ボディソープ完備。


次回はお風呂へ。。

田沢湖高原温泉郷 駒ケ岳グランドホテルさんの楽天トラベル宿情報

駒ケ岳グランドホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

田沢湖高原温泉郷 駒ヶ岳グランドホテル(1)

Img_6928 2005年11月以来のお泊りです。
以前泊まった時は「駒ヶ岳観光ホテル」という名称でしたが、2012年10月にプラザホテル山麓荘グループに加盟、「駒ヶ岳グランドホテル」としてリニューアルオープン。
(2014/08/08宿泊)



Img_6989 フロントの様子。

Img_6932 ロビーラウンジの様子。



Img_6986 一角にはさかなクンが描いた2010年に再発見された奇跡の魚「国鱒(クニマス)」の絵が。



Img_6988 こちらは売店コーナー。


Img_6990 お庭の緑が雨に洗われて綺麗です。
夏休み期間中は天気が良ければこちらに夜店のコーナーが出る日もあり。


Img_6991 館内のレイアウト図。
今回お世話になったのは一番背の高いD館。


Img_6992 D館の廊下の様子。
次回はお部屋をご紹介。

田沢湖高原温泉郷 駒ケ岳グランドホテルさんの楽天トラベル宿情報

駒ケ岳グランドホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

松倉温泉 悠の湯 風の季(6)

Img_6917さて、朝食も場所はダイニング「山の風」にて。

Img_6902基本バイキングになります。

Img_6912

Img_6906

Img_6907

Img_6904

Img_6913

Img_6914 こちらがバイキングコーナー。

Img_6916 ご飯やお味噌汁はスタッフさんが笑顔でお給仕してくれます。

Img_6920 こんな感じです。

Img_6921食後のコーヒーもサーバーからセルフでお替りOK。

Img_6925 加水加温なし源泉掛け流しのお湯と、地場食材を活かしたお料理の数々。
帰りはお見送りもしっかりついて一生懸命さが伝わってきました。
高速インターや市内にも近くて便利な場所にあり人気宿です。

花巻温泉郷 松倉温泉 悠の湯 風の季さんの楽天トラベル宿情報

悠の湯 風の季さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

松倉温泉 悠の湯 風の季(5)

Img_6857食事は夕、朝食ともダイニング「山の風」にて。


Img_6858 今回のプランは小上がりの個室になります。

  Img_6859 テーブルの上に最初に並んでいたお膳です。

  Img_6862 こちらが献立表です。

以下お料理の画像です。Img_6866 前菜
季節の七種盛り
三陸産鱶鰭(フカヒレ)煮凝り 等




Img_6864 お造り
季節のお刺身

Img_6865 煮物
鮑の夏野菜の冷やし鉢
 南瓜 冬瓜 ペコロス 小茄子 ミニトマト 
  生姜餡



Img_6868 台物
前沢牛溶岩プレート焼き
 焼き野菜



Img_6870 蒸し物
河豚白子ちり蒸し
 ポン酢餡かけ



Img_6871 揚物
タラバ蟹の天麩羅
抹茶塩 


Img_6875 食事
新生姜ご飯

香の物
早池峰漬け

留湾
雑穀ひっつみ汁

Img_6880 デザート
水菓子

お料理は2周年記念プランで前沢牛、鮑、蟹、フカヒレなど高級食材が使われていました。

次回は朝食篇です。

花巻温泉郷 松倉温泉 悠の湯 風の季さんの楽天トラベル宿情報

悠の湯 風の季さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

松倉温泉 悠の湯 風の季(4)

Img_6839 女湯側へ。(カミサン撮影)
男女入れ替えはなし。

Img_6842 脱衣スペースはあまり広くはありません。
カギ付きロッカー、ベビーベッドあり。

Img_6841  パウダーコーナーは洗面ボウルが5基。
アメニティも男湯側よりも充実。

Img_6854 内湯の様子。
浴槽レイアウトは男湯と左右対照のようです。
しっかりオーバーフローされています。

Img_6851洗い場はシャワー付きカランが都合9基あり。

Img_6852アメニティは男湯同様シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。

  Img_6849 露天側。こちらもしっかり掛け流されています。
温度は適温。さっぱり系でくせのないお湯です。

Imgp4424泉質表示。
源泉名 風の湯(松倉温泉 5号井)
泉質 単純温泉(アルカリ性単純高温泉)
泉温 44.8℃ pH 8.9

次回は夕食篇です。

花巻温泉郷 松倉温泉 悠の湯 風の季さんの楽天トラベル宿情報

悠の湯 風の季さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »