« 作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊(2) | トップページ | 作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊(4) »

2014年7月 6日 (日)

作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊(3)

Img_5183さて、温泉部屋風呂をご紹介。


Img_5187 ちゃんと泉質表示もあります。
源泉名 鶴の湯1号・鶴の湯2号混合泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性アルカリ性高温泉 
   (旧泉質名 含塩化土類-芒硝泉)
泉温 54.4℃ 使用位置40.0℃~42.0℃
pH値 7.8
加水あり、加温なし、循環なし、消毒処理あり、入浴剤なし。
源泉掛け流しです。

  Img_5387 さて、浴室内はこんな感じ。
入浴のみ使用で洗い場はありません。

Img_5381  陶器のやや深めの楕円の浴槽。
一人でゆったり入れるサイズ。

Img_5384入浴目線で。
温度も適温で軽い芒硝臭。塩素投入ありだそうですが気にならず。
窓の新緑を眺めながらまったりと過ごせました。


Img_5176 ちなみに部屋には一応ユニットタイプのバスルームも付いています。
体を洗うのはこちらで。


次回は貸切風呂「山音のゆ」をご紹介。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊さんの楽天トラベル宿情報

作並温泉 ゆづくしSalon 一の坊さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊(2) | トップページ | 作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/59840181

この記事へのトラックバック一覧です: 作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊(3) :

« 作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊(2) | トップページ | 作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊(4) »