« 瀬見温泉 喜至楼(4) | トップページ | 瀬見温泉 喜至楼(6) »

2014年7月31日 (木)

瀬見温泉 喜至楼(5)

さて、今回は日帰り湯でも利用可能な本館側の湯めぐりです。
5915 本館側には有名な「ローマ式千人風呂」、「岩風呂」、「あたたまり湯(男女別)」、そして瀬見温泉名物の「ふかし湯」があります。


Img_5919 まずは一番入り口に近い「ふかし湯」。

Img_5920 入ると脱衣所です。


Img_5924 中はこんな感じ。
同じような小部屋が並んで2つありました。


Img_5922 こちらが湯気の出る穴です。




Img_5923 入浴の心得が書いてあります。
「肌着や浴衣のような薄着のものを着用し湯気の出る穴にタオル類を引いて患部に当て、座るか横になってあたためます」。

持参するものは枕当てにするタオル、またはバスタオルなど。


利用時間は午前9時~午後6時まで。


Img_5925さらに奥のお風呂へ。
通路には湯治場の風情あるタイル張りの洗面所が。


Img_5939右手にある「岩風呂」へ。
こちらは混浴。


Img_5943 脱衣所の様子。
至ってシンプル。


Img_5947 浴室内の様子。
その名の通り石組みの岩風呂。広さは3、4人サイズといったところ。


Img_5954石鹸やシャンプー類は使用禁止。
基本入浴のみ。


Img_5953 入浴目線で。
お湯は適温でした。
特徴のあまりないお湯なんですが湯上りはしっとり感が持続する感じ。
次回は「あたたまり湯」へ。





瀬見温泉 喜至楼さんの楽天トラベル宿情報

瀬見温泉 喜至楼 別館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 瀬見温泉 喜至楼(4) | トップページ | 瀬見温泉 喜至楼(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/60002212

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬見温泉 喜至楼(5):

« 瀬見温泉 喜至楼(4) | トップページ | 瀬見温泉 喜至楼(6) »