« 瀬見温泉 喜至楼(2) | トップページ | 瀬見温泉 喜至楼(4) »

2014年7月29日 (火)

瀬見温泉 喜至楼(3)

さて、ここ喜至楼さんには沢山のお風呂があります。


まずは別館側のお風呂。

Img_5914新館3階に「オランダ風呂(男女)」、摩天楼2階側に貸切家族風呂の「ロマンス風呂」、3階側に同じく貸切家族風呂の「魔天風呂」があります。


  Img_5879 まずは部屋から近い「オランダ風呂」の男湯側へ。


Img_5878時間帯で入れ替えあり。



Img_5883脱衣所の様子。
至ってシンプル。


Img_5885 浴槽は10人ぐらい入れそうなタイル張りのひょうたん型。
しっかりオーバーフローあり。
オランダ風呂と言われる由縁は以下のとおり。
曰く、ヨーロッパの温泉は、浴室からすぐに外に出れるような見晴らしの良い立地条件だった為、このオランダ風呂も出来た当初高い建物がなく見晴らしが良かった事で、それにちなんで先代が命名されたそうです。


Img_5889判りにくいですが湯口に見える部分は加水用。源泉口は足元部分に。
トロリ度は100%掛け流しの部屋風呂にやや劣るものの肌に柔らかいくせのないお湯です。温度も適温でまったりできました。


Img_5886 洗い場の様子。シャワー付きカランが2基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。


Img_6016 続いて女湯側(カミサン撮影)。
男性用の大きい浴槽は時間帯で男女入れ替えですが、こちらは終日女性専用。


Img_6018 脱衣所の様子。
かなり狭いですね。


Img_6019 浴室内。
浴槽はタイル張りで2、3人サイズ。
お湯は適温だったとか。


Img_6022 洗い場はシャワー付きカランが1基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。



Img_5880 かなり年期の入った温泉分析表が。
昭和25年のものです。


Img_5930 こちらは割と最近(平成15年)の温泉分析表。
源泉名 町営5号源泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
源泉温度 67.3℃
pH値 7.6

メタケイ酸は95.4と豊富な美肌の湯です。
次回は摩天楼側、貸切家族風呂の「ロマンス風呂」、「魔天風呂」へ。

瀬見温泉 喜至楼さんの楽天トラベル宿情報

瀬見温泉 喜至楼 別館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 瀬見温泉 喜至楼(2) | トップページ | 瀬見温泉 喜至楼(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/59992338

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬見温泉 喜至楼(3):

« 瀬見温泉 喜至楼(2) | トップページ | 瀬見温泉 喜至楼(4) »