« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

四季彩の宿 ふる里(4)

さて、大浴場は男女別で入れ替えなし。
趣は若干異なります。
Img_5016 まずは男湯から。

Img_5018 脱衣所の様子。簡素ですが充分な設備。

Img_5023 内湯の様子。
内湯の窓越しに新緑が伺えます。

Img_5035源泉掛け流しでトロリ系の泉質。
ほんのり焼き塩系の香り。温度は適温でした。

Img_5026 こちらは浴槽の底から湧いてくるタイプの湯口なので足元注意。

Img_5028 洗い場の様子。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。

露天へ。
Img_5038
名物露天はご覧のロケーション。
渓流沿いの新緑が一望出来ます。

Img_5057 外気に触れて内湯より僅かにぬるめ。
暫し貸切状態でいつまでも入っていたい気分でした。

Img_5021
泉質表示。
源泉名 湯川温泉(ふる里の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 56.6℃ pH 8.0

加水、加温無しの100%源泉掛け流し。

次回は女湯篇です。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

四季彩の宿 ふる里(3)

さて、お風呂へ。まずは貸切風呂篇です。

Img_5012 こちらのお宿には一般客室宿泊者が無料で利用できる貸切の家族風呂があります。(チェックイン後フロントにて要予約)

Img_5066 階段を降ります。

Img_5069 狭い脱衣所ですが、家族利用ならまあ充分なスペース。

Img_5073 浴室内はこんな感じ。

  Img_5075 2人で入るにはちょうど良いサイズ。
お湯はやや熱めの適温。ほんのり焼き塩系の香り。
くせのないトロリ系のお湯でまったり過ごせました。

  Img_5078 窓の外は新緑と渓流のせせらぎ。

Img_5074 洗い場にはシャワー付きカランが1基。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープも揃っています。

Img_5072 泉質表示。
源泉名 湯川温泉(ふる里の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 56.6℃ pH 8.0

加水、加温無しの100%源泉掛け流し。

※お風呂付客室ご利用の方は有料1時間1,000円/日帰客は1時間1,000円+入浴料(大人500円・小人300円)

次回は大浴場篇です。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

四季彩の宿 ふる里(2)

Img_4995 さて、お部屋へ。
お部屋はいつもの南館の10畳+広縁付き。
色んな部屋に泊まりましたが、ここが一番お気に入りです。

Img_4998 お茶請けはこんな感じ。
部屋のキーは2つ。

Img_4987 広縁の様子。

Img_4984 窓からは新緑の渓流が。

Img_4988 テレビは37インチ液晶デジタル。BS放送も映ります。
傍らには金庫あり。

Img_5061 い草敷きのスリッパと目印用のクリップ。

Img_4989 クローゼット内のアメニティ。

Img_1609Img_1611 清潔なパウダーコーナー&空の冷蔵庫。
トイレはもちろん温水洗浄機能付。

次回は貸切家族風呂へ。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

四季彩の宿 ふる里(1)

Img_4979 今年2月以来2度目の湯川温泉 ふる里さんへ。
いつもながら玄関前ではすぐに出てきて荷物を持ってくれます。(2014/06/05)

Img_5010 ロビーの様子。チェックインも笑顔でスムーズ。
今回はくじ引きもあり。空クジなし。
お土産処で使える300円クーポン券をゲットしました。

Img_5008 奥はお土産処。

Img_5064 ロビーには宿泊客が空いていれば自由に利用できるパソコンが置かれています。館内はWiFi環境あり。

Img_5011

Img_5002館内には洒落たあしらいがあちこちに見受けられます。

Img_5062 こちらは宿泊者専用の湯上り処。
広い窓からは新緑も鮮やか。

Img_5014 自販機の脇には無料で使える製氷機も。

Img_5013 廊下の様子。
次回はお部屋へ。

湯川温泉 四季彩の宿 ふる里さんの楽天トラベル宿情報


四季彩の宿 ふる里さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

休暇村 岩手網張温泉(8)

Img_4933 翌朝も同じ1階レストランにて。

Img_4935 こだわりの地産地消バイキングです。

Img_4934 新鮮野菜が取り放題。

Img_4938 自家製パンは評判良し。
もちろんご飯やお粥もあります。

   Img_4937 こちらはモンドセレクション金賞に輝いた「岩泉ヨーグルト」。
やや甘で美味しかったです。

Img_4941 こんな感じで盛ってみました。

Img_4944 もちろんコーヒーもおかわり自由。

新緑のベストシーズンでした。
宿泊者は日帰り温泉館も利用できます。
白濁の硫黄泉とホスピタリティ溢れるスタッフ対応。
食事も美味しくリーズナブルですっかりご贔屓宿。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

休暇村 岩手網張温泉(7)

Img_4914 今回も食事は夕、朝食とも1階レストランにてバイキングプラン。

Img_4915 毎度評判の良い地産地消バイキングです。


Img_4926 こちらは雫石伝統郷土料理の「重っこ(じっこ)料理」コーナー。



Img_4924 お鍋のコーナー。この日は寄せ鍋。


Img_4925 せんべい風お茶漬け「雪ぽん」も好評です。

Img_15781 Img_4921サーロインステーキや天ぷらも実演食べ放題♪

Img_4922 炙り焼きコーナーも大評判でした。


Img_4929 こんな感じで取って見ました/(~_~;)


Img_4930 お酒は今回も岩手の生んだ地ワイン、エーデルワインの「五月長根葡萄園」の2012年を。美味しかったです!


Img_4923 人気のチョコレートフォンデュをはじめスィーツも充実。

次回は朝食篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

休暇村 岩手網張温泉(6)

東館側「白泉の湯」へ。
基本男女同仕様で入れ替えはありません。
Img_4874 こちらも浴槽温度はデジタル表示になっています。
こちらは昔ながらの網張温泉らしい高めの温度設定だそう。

Img_4875 脱衣所はカギ付きロッカー。
広くは無いものの清潔で充分な設備。

  Img_4882浴槽は変則の扇型。6、7人サイズといったところ。

Img_4877 泉質は同じですが加水量が少ないのか「見晴の湯」側より白濁度が高い気がします。心なしか硫黄臭も濃い感じ。

  Img_4878 湯口付近です。
クリーム色の折出物がしっかり。

Img_4880 洗い場はシャワー付きカラン8箇所。水のみのカランが1箇所。
アメニティはボディーソープ、シャンプー、トリートメントあり。

Img_0185泉質表示。
源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1

次回は夕食篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

休暇村 岩手網張温泉(5)

Img_4945 今回は女湯側「見晴の湯」のご紹介を。(カミサン撮影)

Img_4946 脱衣所の様子。やはり鍵付きロッカー。



Img_4947 パウダーコーナーも清潔で使い易い感じ。

Img_4948 内湯浴室。
入ると右手に浴槽。
以前は曇りがちだった窓ですがリニューアルしたらしく、外が良く見えるようになりました。

Img_4949 左手が洗い場。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイスソープ、メイク落としなど多数。

Img_4950 別角度から。浴槽は20人以上は一度に入れそうな大きさ。
温度管理がしっかりしていて42度前後の適温です。

Img_4954 露天の様子。
こちらも7、8人サイズの浴槽。
温度も適温。白濁で硫黄臭が香ばしい感じ。
お庭も整備され、より綺麗でした。

Img_0226泉質表示
源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1

日帰り入浴は大人600円。

Img_0227脱衣所に貼ってあった源泉口からの経路図。
千年の名湯は森をぬけ、沢を横切りやってくるそうです。


次回は白泉の湯へ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

休暇村 岩手網張温泉(4)

さて、まずは西館側「見晴(みはらし)の湯」へ。
Img_4887 温度管理されていて、全ての浴槽が一目瞭然です。
まずは男湯側へ。

Img_4889 脱衣所はカギ付きロッカー。

Img_4890 パウダーコーナーはドライヤー2基ありました。
おいしい天然水の給水コーナーもあり。

浴室内へ。Img_4894 入って左手に掛け湯あり。

Img_4902 奥が内湯の広い浴槽。見た感じ10人以上入れそうです。

Img_4904 入浴目線から。この時期は外の緑が眩しいです。
若干加水はされているものの香ばしい硫黄臭。

Img_4893 洗い場はシャワー付きカランが10基。
ボディーソープ、シャンプー、トリートメント付き。

Img_4912 ドアを出るとその名の通り見晴しの良い露天。
L字型の石組の浴槽は7、8人サイズ。
お湯は適温まったり寛げました。
湯上り後は汗の引きの早いサッパリ系。

Img_0226泉質表示
源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1

Img_0227脱衣所に貼ってあった源泉口からの経路図。
千年の名湯は森をぬけ、沢を横切りやってくるそうです。

日帰り入浴は大人600円。

次回は女湯側へ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

休暇村 岩手網張温泉(3)

昨年7月以来10か月ぶりの「仙女の湯(せんにょのゆ)」。

Img_4845 宿泊者は無料ですが、日帰り利用はこの料金箱に300円を入れてくださいね。

Img_4848 途中、山道を5、6分歩いて行きます。
急な階段もあり、滑るのでスニーカー履きがベター。

Img_4849 湯小屋が見えて来ました。

Img_4851 湯小屋は入り口で男女別に分かれています。

Img_4857男性側脱衣所です。入るとすぐ下駄箱があり。棚は脱衣籠のみ。

Img_4858 アプローチを渡り石組みの湯舟へ・・。

Img_4871 白濁のお湯を湛えています。
目の前にはダイナミックな「亀滝」。
雪解け水で水量は豊富です。

Img_4860 もちろん源泉掛け流し。
この時(15時45分頃)は丁度誰もおらず暫し貸しきり状態でしたが、如何せん熱い・・。

Img_4867 しかたなく沢水の蛇口から5、6分加水。
温度は体感で43~4度前後でした。


Img_4863 入浴のみの洗い場はなし。
自分的には岩手の露天(野天)では一番好きなロケーション。

Img_4870 網張は新緑の只中。マイナスイオンに癒されます。
お陰さまで少しの間、独り占めさせてもらいました。
野天風呂「仙女の湯」は混浴ですがフロントで湯浴み着が300円で借りられます。

Img_4853 泉質表示。
源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1

営業時間 8時30分~17時まで(雨天時クローズ)
入浴料金 300円(中学生以上)
営業期間 5月中旬~11月中旬頃まで(要問合せ)

次回は館内に戻り、「見晴(みはらし)の湯」へ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

休暇村 岩手網張温泉(2)

さて、お部屋へ。
Img_4828 部屋はいつも利用している西館和室8畳。
今回も3階の禁煙室です。

Img_4831 テレビは液晶32インチ。地デジのみでBSは非対応。
金庫、電気ポット、お茶道具、電気スタンドあり。

Img_4825 お茶請けです。部屋のキーは2つでお風呂へ行くときなど便利です。

Img_4832 Img_4830 (左)空の冷蔵庫と部屋備え付けの岩手山から湧き出る天然水。
(右)クローゼットにはタオル、羽織、サイズの選べる浴衣。

Img_4837Img_4839ドライヤー付き清潔な洗面ドレッサーと温水洗浄付きトイレ。充分なクオリティ。

Img_4835 広縁の様子。


Img_4932 窓からの眺め。
残雪の山並みが見渡せます。

次回は野天「仙女の湯」へ。。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

休暇村 岩手網張温泉(1)

Img_4822 2月以来、今年2度目、休暇村岩手網張温泉に泊まって来ました。
この時期は野天風呂「仙女(せんにょ)の湯」が楽しみです。(2013/05/29宿泊)

Img_4844 ロビー、フロント風景。チェックインはスムーズです。

Img_4841  ラウンジの様子。

Img_4842  一角にはFREESPOTのWiFiポイントがあります。
無料で使えるパソコンも一台あり。
空いていればフロントに声を掛けて利用できます。
パソコンコーナーの隣は文庫コーナー。
ほとんどの本はフロントに声を掛けてお部屋へも貸し出し可能。
(一部持ち出し禁止もあり)

Img_4843こちらは売店コーナー。
地元雫石の特産品、岩手のお土産品も沢山ありました。

Img_4840廊下の様子。
次回はお部屋篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿(7)

Img_4751 さて、朝食会場の広間へ。

Img_47338時にリクエスト。


Img_4736 献立表です。



Img_4737 スタッフさんがご飯を装ってくれます。
ご飯は席毎に食事時間に合わせて炊き上げたもの。


Img_4742 お膳の様子。
地産地消にこだわった旬の小鉢かご始めバラエティに富んでボリュームもたっぷりの朝食です。

Img_4749 牛乳やオレンジジュースなど飲み物も選べます。


Img_4744 1枚の画像に入りきれなかった季節の漬物です。



Img_4747 デザートは岩泉ヨーグルトにホテルオリジナルの葡萄ジャムを添えて。
食後のコーヒーも頂きました。



Img_4805 お世話になりました。
以前お世話になった頃より湯使いが良くなっていた気がしました。
食事はもちろんスタッフの応対も良し、お祭り広場のイベントも魅力。
盛岡駅西口からの無料シャトルバス「銀河ライナー」も随時運行中。
日帰りプランも充実です。

鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿(6)

さて、夕食篇です。
Img_4698 今回は南部炉端レストラン「さんさ亭」にて。


Img_4699 囲炉裏端スタイルです。


Img_4701 献立表です。



Img_4704 お料理をアップで。。
春の彩り先付け盛り合わせ

Img_4710 お造り。

Img_4707 焼き物は桶盛りで。


Img_4713

Img_4716 スタッフさんが来てこんな感じで焼いてくれます。


Img_4714 強肴はズワイ蟹ホイル焼き。


Img_4721 汁物は芋煮汁。


Img_4703 煮物は鯛の煮付け。



Img_4723 炊き込みご飯は食べきれず、おにぎりにしてもらいました(*^_^*)




Img_4724 以上デザートまで。
美味しく頂きました。

Img_4732 食事の後はお祭り広場にて、地元民謡歌手による民謡と郷土芸能ショーやホテルスタッフによる太鼓、餅つき大会などでお客さんを飽きさせません。

次回は朝食篇です。

鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿(5)

Img_4752さて、暖簾入れ替わり反対側「和風風呂」へ。
伝言板はこちらにも。

Img_4753 入ってすぐカギ付きロッカーあり。

Img_4798 脱衣所の様子。広くて清潔感あり。

Img_4756 パウダールームもアメニティ充実。

Img_4755 冷水器も完備。

Img_4759 浴室内はこんな感じ。


Img_4767 広い窓に面した大きな浴槽。こちら側は湯淵が木枠です。

Img_4768 温度は適温で、塩素臭はほぼ気にならず。



Img_4784 湯の花も見られました。湯使いは悪くなさそうです。


Img_4769 アルカリ単純泉のくせの無い無色透明なお湯です。

Img_4763 広い洗い場。シャワー付きカランがずらり。
シャンプー類は洋風風呂側と同仕様。

Img_4765 サウナもあり。

Img_4770 ドアを出て露天へ。 まず始めにあるのが「半露天風呂」。
こちらは石組みの浴槽。
泉質は内湯と同じもの。
温度管理されていてややぬるめの適温。

  Img_4773目隠しがあり眺望は望めませんが開放感はあり。
しっかりオーバーフローも。

  Img_4776 そして眺めの良い「空中露天風呂」。
こちら側はひさしが若干あり。

Img_4781この日は生憎の雨模様でしたが、やはり抜群の眺望。



Img_4779 周囲の山々を書いたボードが掲示されています。
天気が良ければ岩手山や秋田駒ケ岳などの山並みが一望できます。

Img_4627泉質表示。
源泉名 鶯宿温泉 明沢2号泉
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
泉温 源泉 52.4℃ 使用位置 42.0℃
pH値 8.9
加水あり、加温あり、循環ろ過あり、消毒処理あり。

次回は夕食篇です。

鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿(4)

Img_4622 大浴場へ。。


Img_4623 大浴場「豊穣の湯」は2種類あり時間帯で男女入れ替えあり。
日帰り利用(11:00~15:00)も出来、大人1,080円、子供540円。


Img_4681  まずはこの日の男湯「洋風風呂」へ。
待ち合わせに便利な伝言板も。



Img_4626 入り口にカギ付きロッカーあり。


Img_4679 脱衣所の様子。広くて清潔感あり。



Img_4675 パウダールームもアメニティ充実。


Img_4630 冷水器も完備。


Img_4639 浴室内はこんな感じ。広い窓に面した大きな浴槽。


Img_4634
温度は適温で、塩素臭はさほど気にならず。
アルカリ単純泉のくせの無い無色透明なお湯です。


Img_4657 広い洗い場。シャワー付きカランがずらり。
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープほか。


Img_4637 サウナもあり。



ドアを出て露天へ。Img_4658 まず始めにあるのが「半露天風呂」。
泉質は内湯と同じもの。温度管理されていてややぬるめの適温。


Img_4660 目隠しがあり眺望は望めませんが屋根付きで雨の日は重宝。


Img_4645 こちらは眺めの良い「空中露天風呂」。
屋根が無いので開放感は抜群ですが雨に濡れます。。/(~_~;)


Img_4649 この日は生憎の雨模様。
天気が良ければ岩手山や秋田駒ケ岳などの山並みが一望できます。



Img_4627 泉質表示。
源泉名 鶯宿温泉 明沢2号泉
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
泉温 源泉 52.4℃ 使用位置 42.0℃
pH値 8.9
加水あり、加温あり、循環ろ過あり、消毒処理あり。



次回は反対側「和風風呂」へ。。


鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿さんの楽天トラベル宿情報
鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿(3)

Img_4577 さて、部屋風呂をご紹介。
源泉掛け流しの露天風呂です。

Img_4589 洗面脱衣スペースはアメニティが超充実。

Img_4591 入るとまずシャワールーム。
一流化粧品メーカーのシャンプー、コンディショナー、ボディソープ。



Img_4596 ドアを開けると丸い陶器風呂が。


Img_4608  一人でゆったり入れる広さです。



Img_4600 白い湯の花も豊富に見られます。
お湯も適温でほんのり芒硝臭も。


Img_4693 入浴目線で。
新緑の山々が見渡せる眺めの良さでした。



Img_4614 泉質表示。
源泉名 鶯宿温泉 明沢1号泉
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
泉温 源泉 56.2℃ 使用位置 42.0℃
pH値 8.7

加水あり、加温あり、循環ろ過なし、消毒処理なし。





次回は大浴場へ。。


鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿さんの楽天トラベル宿情報
鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿(2)

さて、お部屋は「松葉」というタイプ。
Img_4567 和室8畳+広縁付き。

Img_4569 別角度から。
このタイプの他にもツインルームや和洋室などバリエーションあり。

Img_4585 テレビは40インチ。地上波の他BS放送も映ります。


Img_4573 広縁の様子。


Img_4574 窓からの眺め。


Img_4580 お部屋に着くとお茶とお絞り、そしてホテルオリジナルプリンのサービス。
部屋のキーは2つ。


Img_4571 Img_4572 冷蔵庫あり。中のミネラルウォーターとお茶のペットボトルはサービス。
クローゼットには浴衣などのアメニティ。下に金庫あり。







Img_4575 Img_4576 トイレは最新のウォシュレット。パウダールームはアメニティが超充実。


次回は部屋のお風呂周りをご紹介。。

鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿(1)

Img_4558 「森の風鶯宿」に9年ぶりに泊まりに来ました。
今回は4階に最近新しくオープンした「四季彩」、源泉掛け流し露天風呂付き客室にお泊りです。(2014/05/21宿泊)

Img_4562 ロビーの様子。
豪華絢爛なシャンデリアがお出迎え。


Img_4563入って左手にある お土産屋さん。



Img_4564 右手にフロントが。


Img_4685 正面奥にあるラウンジスペース。


Img_4691 一角にあるドリンクバーではコーヒーやレモン水、大根しょうが湯などのフリードリンクがセルフで自由に頂けます。


Img_4621 さて、チェックイン後はエレベーターで4階へ。
露天風呂付き客室「四季彩」の専用階となります。


Img_4565 こちらは専用の選べる浴衣と帯。
女性用はもちろん男性用(下段)もあり。



Img_4566 スタッフさんに荷物を持って頂き、お部屋へ。



Img_4618 お部屋は「松葉」というタイプ。
室内の様子は次回。。

鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 ホテル森の風鶯宿さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

乳頭温泉郷 妙乃湯(7)

Img_4524 翌朝、朝食会場はラウンジ「都わすれ」にて。



Img_4525 テーブルの様子。

Img_4527 朝食もご覧の通りのボリューム。

Img_4529 藁筒で包んだ本格納豆。


Img_4535 鮎の一夜干しは網焼きで。


Img_4536

Img_4537 ベーコンエッグも湯豆腐も美味しかったです(*^_^*)


Img_4540 食後はデザートとコーヒーも。



Img_4544 2種類の源泉の素晴らしいお湯と美味しい食事。
そしてスタッフの対応も良し。
乳頭温泉の中でも高いホスピタリティを持つ和モダンの宿。



乳頭温泉郷 妙乃湯さんの楽天トラベル宿情報


乳頭温泉郷 妙乃湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

乳頭温泉郷 妙乃湯(6)

さて、夕食篇。
こちらは秋田のきりたんぽ鍋をはじめ郷土食を活かした会席料理を頂ける美食の宿としても評判が高いお宿です。

Img_4437 夕食会場はお食事処「草庵」にて。


Img_4438 テーブルの様子。


Img_4442献立表です。


Img_4440 先付
山菜松前

Img_4439 前菜
鰆西京焼き ばっきゃ味噌
磯つぶ貝旨煮 鴨照り焼き
紅鱒押し寿司


Img_4450 小吸代り
稲庭うどん


Img_4451 お造り
田沢湖産 紅鱒と岩魚


Img_4452  焼き物
岩魚の塩焼き

Img_4447 こんな風に活きた岩魚をテーブルに持ってきて見せてくれます♪


Img_4456しどけ一本浸し


Img_4457 煮物
ビーフシチュー

Img_4455 鍋物
きりたんぽ鍋


Img_4449 そして妙乃湯名物の「きのこ汁」のお振る舞いも~♪。


Img_4459  食事
あきたこまち~角館産「炭壌米」~
香の物 漬物盛り合わせ

Img_4461 デザート
アイス大福 季節のフルーツ

以上、大変美味しく頂きました。


次回は朝食篇です。

乳頭温泉郷 妙乃湯さんの楽天トラベル宿情報



乳頭温泉郷 妙乃湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

乳頭温泉郷 妙乃湯(5)

さて、お次は混浴露天へ。
Img_4404 混浴露天は浴槽が2つ。女性は部屋備え付けのバスタオルを巻いての入浴もOK。
左奥渓流沿いが「金の湯 妙見の湯」。
右手前が「銀の湯 混浴露天」。


Img_4393 目の前に新緑の森と先達渓流の滝を望む「金の湯 妙見の湯」。
遅咲きの山桜も見られ、適温でゆったりできました。

Img_4403 こちらは「銀の湯 混浴露天」。
サイズは妙見の湯の半分ほど。こちらはこちらで和みます。
無色透明なお湯はややぬるめの適温でした。



Img_4413 さらに宿泊者専用の貸切露天へ。
事前予約で30分の利用ができます。
利用の際は札を裏返して内鍵をします。



Img_4415 脱衣所の様子。


Img_4418 浴室内はこんな感じ。
浴槽は2人で入っても全然余裕のサイズ。
お湯は銀の湯で、温度は適温でした。


Img_4431 プライベート感を保ちながら渓流を望む眺めも抜群です。





Img_4419 洗い場もあります。
シャワー付きカランが1基。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。


次回は夕食篇です。

乳頭温泉郷 妙乃湯さんの楽天トラベル宿情報



乳頭温泉郷 妙乃湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

乳頭温泉郷 妙乃湯(4)

Img_4463 暖簾入れ替わって反対側のお風呂へ。



Img_4519 脱衣所の様子。


Img_4517 浴室内の様子。
手前側が「銀の湯 妙乃湯」、奥側が「金の湯 寝湯」。


Img_4518 こちら「銀の湯 妙乃湯」は適温。
無色透明でくせのないお湯。浴後はすべすべであたたまりの湯です。

Img_4513 昭和20年代から使ってきた浴槽で、かつてはこの浴槽を壁で半分に仕切って男女の内湯としてきましたが、今は1つとしてご利用してるそうです。



Img_4487 こちら奥側「金の湯 寝湯」です。
その名の通り比較的浅めな浴槽。
背もたれと枕があり、寝るようにゆったり出来ます。

Img_4489
露天になっていて開放感あり。
前日に入った「金の湯岩風呂」よりやや赤み掛かった濁り湯。
温度はややぬるめの適温でした。

Img_4509 湯口付近。うっすら金気臭。

Img_4506 入浴目線で。見上げるとこんな感じ。



Img_4498 洗い場の様子。
間仕切り付きでシャワー付きカランが4基。
シャンプー、コンシショナー、ボディーソープなど。



Img_4495 これは何?
古代文字の岩「ペトログリフ」というそうです。
縄文後期の古代人が山と水とを祭った「祈りの岩」といわれているそう。こちら側の浴室脇にあり見る事が出来ます。


次回は混浴露天と貸切露天をご紹介。

乳頭温泉郷 妙乃湯さんの楽天トラベル宿情報



乳頭温泉郷 妙乃湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

乳頭温泉郷 妙乃湯(3)

さて、お風呂へ。
Img_4338 お風呂が7つもあってお湯も全て源泉掛け流し。
露天、内湯男女各1、(時間帯で入れ替えあり)プラス貸切露天1、混浴露天が2あり。

Img_4357 まずはこの日の男湯側(岩風呂・シャワー室・喫茶去)へ。
午後8時に男女入れ替えあり。

Img_4359 入り口にあった昭和31年の歴史ある温泉分析書。


Img_4361 こちらは新しい温泉分析書。

温泉名 妙乃湯 (金の湯)
泉温 56.3℃
pH 2.52
泉質 酸性-カルシウム・マグネシウム-硫酸塩泉(低張性・酸性・高温泉)


温泉名 妙乃湯 (銀の湯)
泉温 41.9℃
pH 6.5
泉質 単純温泉(低張性・中性・温泉)



Img_4362 セーフティボックスもあり。




Img_4363 脱衣所の様子。
無料のマッサージ機あり。

Img_4364パウダーコーナー。

Img_4366 最初は「金の湯岩風呂」です。

Img_4371 この季節は残雪を眺められる野趣溢れる露天風呂。


Img_4369サイズはさほど広くなく一度に4、5人が入れそうな石組みの浴槽。

Img_4370 お湯は軽く笹濁り~白濁。適温で匂いはうっすらと金気臭。
洗い場はなし。

Img_4378 出て隣にあるシャワー室。
間仕切り付きでカランは4基。

Img_4379 シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど。


Img_4382 さらに奥、階段を上がって行くと脱衣所が。


Img_4384 浴室に入るとこちらが「銀の湯 喫茶去」。
5、6人が一度に入れそうな木枠の浴槽。
「喫茶去(きっさこ)」とは「どうぞ休んでお茶を飲んでいってください」という意味だそうです。

Img_4385 浴槽の下には「那智石」が敷いてあります。
温泉浴とともに足ツボを刺激。
お湯は無色透明、適温で無臭。

Img_4389 入浴目線で。


Img_4387 格子窓からは残雪が垣間見えました。




次回は入れ替え後の逆側へ。

乳頭温泉郷 妙乃湯さんの楽天トラベル宿情報



乳頭温泉郷 妙乃湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乳頭温泉郷 妙乃湯(2)

お部屋は桜館側の「二輪草」。Img_4343 和室12畳でうち2畳分が広縁仕様なので実質10畳といったところ。



Img_4341キーとお茶請け。
部屋のキーは2つ。

Img_4344 広縁の様子。
傍らには空気清浄機もあり。

Img_4353 窓からの眺め。
桜館側は先達渓流沿いです。この時期は雪解け水で川音がちょっと迫力ありましたが、以前お世話になった椿館側(山側)よりは眺望も良かったです。

Img_4348 テレビは32インチ、映るのは地デジのみです。


Img_4345 クローゼットに金庫あり。下には冷蔵庫。

Img_4346 クローゼットの中には羽織、浴衣、大小タオル類、湯足袋も。



Img_4349 Img_4350 洗面台とウォシュレットトイレ。掃除が行き届いていました。


次回はお風呂へ。。

乳頭温泉郷 妙乃湯さんの楽天トラベル宿情報



乳頭温泉郷 妙乃湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

乳頭温泉郷 妙乃湯(1)

Img_45552006年7月以来の「妙乃湯」さんへ。
ここは「金の湯・銀の湯」2つの源泉をもつ和モダンの宿。


Img_4338 お風呂が7つもあってお湯も全て源泉掛け流し。
露天、内湯男女各1、(時間帯で入れ替えあり)プラス貸切露天1、混浴露天が2あり。混浴露天は女性は部屋備え付けのバスタオルを巻いての入浴もOK、という女性にやさしい宿。
また秋田のきりたんぽ鍋をはじめ郷土食を活かした会席料理を頂ける美食の宿としても評判が高いお宿です。

Img_4552 入口にある「お湯かけ地蔵」さん。
こんこんと湧き出るお湯は源泉100%「銀の湯」。


Img_4335 玄関の様子。


Img_4554 一角にはお土産コーナー。


Img_4340 入って左手にある「草庵」。
テーブル席ですが23畳の畳敷きです。


Img_4337 こちらでお茶を頂きながらゆったりチェックイン。


Img_4547

Img_4352

Img_4355

Img_4546館内は至る所に和モダンなあしらいが。
女性客に評判が高いのもうなずけます。


Img_4354 今回のお部屋は階段を上り、3階の「二輪草」というお部屋。
お部屋の中は次回のご紹介で・・。

乳頭温泉郷 妙乃湯さんの楽天トラベル宿情報



乳頭温泉郷 妙乃湯さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(10)

Img_4305 翌朝の朝食会場も同じ広間でした。


Img_4309 お膳はこんな感じ。
品数豊富でバラエティに富んでいます。


Img_4311 豆乳鍋は西和賀の「とうふや源助」のお豆腐を使ったもの。
温かい朝食は気持ちもほっと一息和みます。


Img_4313 食後はヨ-グルトとコーヒーを。



Img_4325 お世話になった角川(つのかわ)支配人さん。
新館「桐の花」をバックに。


Img_4330 本館「山吹の花」の玄関前にあるスカイツリーと東京タワーの形をしたイルミネーション。八重桜もまだ見頃でした。


メタケイ酸豊富な源泉掛け流しのお湯と眺めの良い渓流沿いのお風呂。
加えて美味しいお料理とスタッフの気さくな応対が魅力のお宿でした。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(9)

さて、夕食篇です。
Img_4272 場所は広間にて。18時30分にリクエスト。


Img_4273 献立表です。
ここ瀬美温泉さんのお料理は地産地消にこだわったオリジナル会席料理。

Img_4274 最初に並んでいたお膳はこんな感じ。




ではお料理を。。Img_4278 先付は蕎麦と松の実、クルミ、ネギを混ぜて西京味噌で味付けした瀬美温泉名物「蕎麦味噌焼」。


Img_4277 前菜は山菜づくし。
わらび甘酢漬け、細竹焼、独活味噌和え、ばっけ味噌。
鴨肉の燻製も付いてました。


Img_4275 お造りは日替わりで。


Img_4279 焼き物は帆立香草焼。


Img_4280 椀物はこの季節ならではの桜うどん。




Img_4276 強肴は花巻市育ちのブランド豚「白銀豚(プラチナポーク)」のしゃぶしゃぶ。
臭みも無く、コラーゲンたっぷりで美味しくいただきました。


Img_4281 蒸し物は後出しの熱々で。
ずわい蟹あんかけ茶碗蒸し。

Img_4282 揚物は山菜の天麩羅です。
こちらも後出しで揚げたてを頂きました。


Img_4283 食事は桜ご飯。
止椀と香の物も一緒に。

Img_4284 ラストの水菓子は桑茶プリンでした。


夕食時、女将さんや支配人が各テーブルを回りご挨拶されてました。
スタッフの応対にもおもてなしの心を感じましたね。
次回は朝食篇です。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(8)

新館側「長寿の湯」をご紹介しています。Img_4216 今回は女湯側(カミサン撮影)。

Img_4288 脱衣所は清潔感あり。


Img_4287 パウダーコーナーの様子。

Img_4291 浴室内へ。
奥に露天が見えます。

Img_4296 内湯は湯口が大きな一枚岩になっています。
浴槽は広く、基本的には男湯とほぼ同じのようです。

Img_4295 お湯は無色透明、こちらも柔らかくツルツルとした肌ざわり。
オーバーフローあり。
泉質は「夢の湯」と同様、アルカリ単純泉です。

Img_4297洗い場は間仕切りのあるシャワー付きカランが7基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Img_4293 ドアを出て露天「せせらぎの湯」へ。 夏油川に面した渓流沿いの石組み露天。
こちら側も開放感があり新緑を満喫できます。

Img_4318 泉質表示。
源泉名 瀬美温泉 (夢の湯) 利用場所 長寿の湯(内湯)
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉42.5℃ 使用位置42.0℃
pH値 8.8
メタケイ酸 163.5

Img_4315 源泉名 瀬美温泉(長寿の湯) 利用場所 せせらぎの湯(露天)
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性温泉)
泉温 源泉35.2℃ 使用位置35.0℃
pH値 8.0メタケイ酸 152.2


Img_4206 このほかにも有料で利用できる貸切風呂があります。
※今回は利用しませんでした/(~_~;)


Img_4270 各お風呂の泉質対象表。
「長寿の湯」のお湯が実は「夢の湯」だったり割りと複雑です。



次回は夕食篇です。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(7)

今回は新館側「長寿の湯」をご紹介。
Img_4218まずは男湯側。

Img_4220脱衣所は清潔感がありパウダーコーナーのアメニティも充実。


Img_4235 内湯の浴室内。


Img_4234 浴槽は広く、湯口が大きな一枚岩になっています。
お湯は無色透明、こちらも柔らかくツルツルとした肌ざわり。
泉質は「夢の湯」と同様、アルカリ単純泉です。

Img_4239 温度は40度とややぬる目の適温。



  Img_4237
外の様子を伺える広い窓からは遅咲きの八重桜も見られました。


Img_4238 洗い場は間仕切りのあるシャワー付きカランが7基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。



ドアを出て露天「四季の湯」へ。Img_4224 夏油川に面した渓流沿いの石組み露天。


Img_4228 河畔の八重桜が辛うじて花びらを残しています。


Img_4231花びらの浮かぶ湯船に浸かり、まったりと新緑を満喫しました。



Img_4240
泉質表示。
源泉名 瀬美温泉 (夢の湯) 利用場所 長寿の湯(内湯)
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉42.5℃ 使用位置42.0℃
pH値 8.8
メタケイ酸 163.5


Img_4243
源泉名 瀬美温泉(美人の湯) 利用場所 四季の湯(露天)
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉45.1℃ 使用位置42.5℃
pH値 7.9
メタケイ酸 183.1




次回は女湯側へ。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(6)

Img_4215 続いて女湯側(カミサン撮影)

Img_4208 脱衣所の様子。

Img_4209 パウダーコーナー。
ドライヤーやアメニティも充実。

Img_4210 浴室内。
基本仕様は男湯側と同じです。
トロリ度は「美人の湯」より高く、湯上がり後はしっとりツルスベ。


Img_4211 洗い場の様子。
シャンプー類は先に紹介した「美人の湯」よりも充実。
シャンプー、トリートメント、ボディソープほか。



Img_4250
泉質表示。
源泉名 瀬美温泉 (夢の湯) 利用場所  夢の湯
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉42.5℃ 使用位置42.0℃
pH値 8.8
メタケイ酸 163.5

Img_4251
源泉名 瀬美温泉 (長寿の湯) 利用場所 打たせ湯
泉質 単純温泉(低帳性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉35.2℃ 使用位置35.0℃
pH値 8.0
メタケイ酸 152.2


Img_4263 こちらは湯上り処。
待ち合わせにも良し(*^_^*)

Img_4264 入り口にはコインロッカー(リターン式)もあり。



次回は「長寿の湯」をご紹介。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

夏油高原温泉郷 瀬美温泉 桐の花・山吹の花(5)

新館側のお風呂へ。
まずは男女別内湯「夢の湯」へ。
日帰り湯の利用時間は7時~15時まで。

Img_4245 まずは男湯側。

Img_4246 脱衣所の様子。パウダーコーナーのアメニティも充実。


Img_4252 浴室内。

Img_4255内湯のみで浴槽は2つ。
しっかりオーバーフローあり。

Img_4254向って左手にあるのが打たせ湯。
温度は35度とかなり低め。湯口付近でほんの微かに硫黄臭。


Img_4259
広すぎず狭ますぎず丁度良いサイズの浴槽。
トロ~リとしたウナギ湯系のお湯がとても肌に心地よいです。


Img_4257窓からは新緑の夏油川渓流が眺められます。


Img_4253 洗い場の様子。
シャンプー類は先に紹介した「美人の湯」よりも充実。
シャンプー、トリートメント、ボディソープほか。


次回は女湯側をご紹介。

夏油高原温泉郷 美人の湯 瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんの楽天トラベル宿情報

瀬美温泉 桐の花・山吹の花さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »