« いわき湯本温泉 松柏館(5) | トップページ | アクア・サルーテ »

2014年4月15日 (火)

アクアマリンふくしま

Img_2910 いわき湯本温泉を後にアクアマリンふくしまへ。(2014/03/26)



Img_2911 アクアマリンふくしまは福島県いわき市小名浜に所在する水族館。
正式名称は「ふくしま海洋科学館」といい、県の外郭団体である公益財団法人ふくしま海洋科学館が指定管理者として運営管理しています。
東日本大震災で大きな被害を受けましたが、見事に復興を遂げて今は人気スポットとなっています。

Img_2914 入館料は一般1,600円ですが今回は宿泊とセットになったプランを利用しました。


Img_2916 早速中へ。最初のフロアは「海・生命の進化」。

Img_2918 現在に生き残っている水の中の生きた化石を紹介。


Img_2921 こちらは4階にある 「ふくしまの川と沿岸」。

Img_2923川の源流域から海岸まで、福島県のさまざまな水辺で暮らす生き物たちと、それぞれがすむ環境をできるだけ自然に近い状態で展示。


Img_2927  「北の海の海獣・水鳥」のコーナー。

Img_2931北の海にすむゴマフアザラシ・エトピリカ・ウミガラスを紹介。


Img_2948 呼び物は潮目の大水槽。

Img_2950 三角トンネルを境にカツオやマグロ、イワシなど多彩な生物が展示されています。


Img_2940 大水槽前にはなんとお寿司屋さん“寿司処「潮目の海」”
が!新鮮なネタ?を眺めながら頂くおすしの味はいかがでしょう。
ちなみに館内には他にも“おいしい水族館「アクアクロス」”というレストランあり。


Img_2957 バックヤードを公開するツアーに参加。
事前予約も不要で、所用時間は30分ほど。

Img_2966 水槽を管理する機械や、餌を準備する部屋、生物搬入のための設備など色々水族館の裏側が分かります。
苦労話なども訊えて面白かったです。


Img_2956 こちらは世界最大のタッチプール「蛇の目ビーチ」。


Img_2937 おなじみの熱帯魚が踊る「サンゴ礁の海」。



Img_2978 最後はシーランスコーナー。

Img_2976 おや本物?と思いきや、よく似たハタ科魚類の仲間「タマカイ」でした。


久しぶりの水族館で楽しかったです。
この後はランチへ。



アクアマリンふくしま
福島県いわき市小名浜字辰巳町50
TEL:0246-73-2525

入館料
一般1,600円(20名以上の団体は1,300円)
小学生・中学生・高校生800円(20名以上の団体は650円)
その他各種団体割引あり。詳細は要問合せ。
定休日:年中無休
アクセス:常磐自動車道いわき湯本 I.Cから約20分

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« いわき湯本温泉 松柏館(5) | トップページ | アクア・サルーテ »

コメント

温泉堪能の後に水族館も良いですね
水族館も癒やされます。

湯本温泉に関係ない話多くすいません。
一昨日の日曜日にテレビ朝日の秘湯ロマンという番組で
秋田の岩倉温泉と大湯温泉阿部旅館さんを放送していました。
来月の旅行は阿部旅館さんに予約とっています。
ばびさんが2007年に泊まられたレポート読むと
ちょっと気になる点もあり岩倉温泉さんと迷ったんですが
予約の電話した際は感じ悪くはなかったので
このまま宿泊の予定です。ちなみに春から秋頃までは
夕食時間は18時だそうです。あと余談ですが湯沢から小安峡に
向かう途中の稲庭町が稲庭うどん発祥の地らしいですね
湯本温泉と全く関係ないこと長々と失礼しました。


投稿: レールトラベラー | 2014年4月15日 (火) 10時55分

レールトラベラーさんコメントいつもありがとうございます(*^_^*)
どちらの宿も悪くないと思います。
お風呂は露天をはじめ阿部旅館さんのほうが沢山あるので楽しめると思います。自分たちが泊まった時の心無いスタッフの対応もたまたまだったと思います。
どうか気にせず堪能して来て下さい。

投稿: ばび | 2014年4月15日 (火) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/59432330

この記事へのトラックバック一覧です: アクアマリンふくしま:

« いわき湯本温泉 松柏館(5) | トップページ | アクア・サルーテ »