« 飯坂温泉 鯖湖湯(さばこゆ) | トップページ | いわき湯本温泉 松柏館(1) »

2014年4月 9日 (水)

いわき湯本温泉 さはこの湯

Img_2778 今回初めて訪れたいわき湯本温泉。(2014/03/25)
いわき湯本温泉は奈良時代「三箱(さはこ)の御湯」として、愛媛の道後、兵庫の有馬温泉とともに日本三古泉といわれ、開湯は1200年以上の歴史があります。
古くはこの地は「佐波古(さはこ)」と呼ばれていたそうで、諸説ありますが「さはこ」とはアイヌ語で小さな崖(平らな谷とも)のことだそうです。

Img_2780 現在の「さはこの湯」は1995年に建造された江戸末期の建物様式を再現した純和風の建物で「さはこの門」、「火の見櫓」を配置したいわき湯本温泉の新たなシンボルとなっています。

  Img_2781 さて、玄関を入ります。

Img_2814見上げると大きな玉飾りが出迎え。


Img_2786 館内は2階まで吹き抜けになっていて開放的な雰囲気。
映っていませんがお客さんで賑わっていました。
ちなみに3階は有料休憩室で、2階は温泉資料展示コーナー(メンテナンス中でクローズ・2014年3月現在)など。

Img_2785 入浴券はこちらの自販機で。
格安料金なので銭湯感覚で地元の方々に愛されているようです。



Img_2805 消費税増税により4月から入浴料金が大人230円になっています。


Img_2784 早速中へ。
男女別内湯のみですが、うたせ湯のある岩風呂「宝の湯」と、八角形の形をした木の香り漂う檜風呂「幸福の湯」があり、男女が日替わりで入浴できます。
この日の男湯側は岩風呂「宝の湯」。


Img_2806 脱衣所はカギの掛かるロッカータイプ。


Img_2804 パウダーコーナーにはドライヤーあり。



Img_2789 浴室内に入るとしっかりとした硫黄臭を感じます。
岩風呂「宝の湯」は真ん中にうたせ湯、向かって右手にL字型の大き目の浴槽。

Img_2792 そして左手に小さめの浴槽があります。
浴槽で熱め、ぬるめに分かれているのかと思いましたが湯温はさほど違いを感じられず。強いて言えば大きい浴槽が若干熱めだったかも。
ここのお湯は熱いと聞いていましたがこの日は割と適温でした。

Img_2800 お湯は薄濁り、ややトロリ系。
湯上りはしっとりすべすべで温まります。
源泉の湧出地に近いそうです。湯量豊富でとても湯力を感じました。



Img_2796 洗い場にカランはシャワー付きで8基。


Img_2794 他に立って使うタイプのシャワーブースが1基。


Img_2817
泉質表示。
源泉名 常磐湯本温泉 湯本温泉源泉
泉質 含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 58.9℃
pH値 8.2
メタケイ酸 86.1




いわき湯本温泉 さはこの湯
福島県いわき市常磐湯本町三函176-1
TEL 0246-43-0385
営業時間 8:00~22:00
定休日 毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日)、元旦

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 飯坂温泉 鯖湖湯(さばこゆ) | トップページ | いわき湯本温泉 松柏館(1) »

コメント

こんばんは~

いわきはどこも同じお湯だと聞いていたのでここには寄りませんでした。
車がたくさん止まっていたし、いつも混んでいるというのでパスしてしまいました。

ばびさんのレポート見たら混んでても入って来ればよかったと後悔です。
湯力があるなら入りたかった・・・
息子がいわきにいるのでまた機会もあるでしょう。

投稿: おんせんたまご | 2014年4月 9日 (水) 19時54分

おんせんたまごさんコメントありがとうございます。
こころなしかトロリとしたお湯は、この後入る松柏館のお湯と同じ源泉とはとても思えないくらい硫黄の香りがしっかりしていました。
料金も安いので地元の方々で混んでいますが機会があれば是非お試し下さい。

投稿: ばび | 2014年4月10日 (木) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/59396257

この記事へのトラックバック一覧です: いわき湯本温泉 さはこの湯:

« 飯坂温泉 鯖湖湯(さばこゆ) | トップページ | いわき湯本温泉 松柏館(1) »