« 小野川温泉 吾妻荘 別館 吾妻園(4) | トップページ | 飯坂温泉 鯖湖湯(さばこゆ) »

2014年4月 7日 (月)

小野川温泉 尼湯

Img_2712  小野川温泉の街中にある共同浴場「尼湯」へ立ち寄り湯です。
(2014/03/25)
吾妻荘さんを出てすぐ真ん前にありました。
温泉街には他にも「滝湯」という共同浴場もあります。

Img_2711 入浴券は近くの「つるや商店」または「山川屋商店」で購入。
今回は向かいにある「つるや商店」へ。

Img_2673 これが入浴券です。200円でした。


Img_2674 尼湯の前にある飲泉処。
「小野川の温泉水には多くのミネラルがイオン化されて含まれているので活性酸素を取り除くマイナスイオンが膨大に含まれている」と効能書きが掲げてありました。

Imgp4071泉質表示もあります。
微かにゆでたまご臭、こちらも味は出し汁のような軽い塩味。

Img_2687 さて、尼湯の中へ。


Img_2688 脱衣所は浴室内にあります。
ケロリン湯桶がイイ感じです。


Img_2710 浴槽は縦長で2畳ほどのスペース。
オーバーフローあり。

Img_2695 湯口付近。
やはりゆでたまごのような軽い硫黄臭と出し汁のような味。

Img_2692  洗い場にカランはなし。
鏡が並んでいるだけです。

Img_2698 白い消しゴムカス状の湯の花もみられます。


Img_2694 熱めのお湯はで43、4度といったところ。


Img_2700先客の常連さんと少し話をしました。
毎朝仕事の前に立ち寄るそうです。常連さんは浴槽の脇で掛け湯をしながらトド寝のパターンが多いようです。
その後は暫し貸しきり状態でまったりと寛げました。


Img_2682
泉質表示。
源泉名:協組4号源泉
泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
源泉温度:80.3℃ pH:6.9
メタケイ酸は241.7と豊富で美肌の湯。


Img_2685 源泉温度が高いので井戸水で加水あり(夏季約40%、冬季約10~20%加水)。



Img_2672 建物表側には名物のラジウム玉子(温泉玉子)を作る槽があり。
誰でも作ることができます。




小野川温泉 尼湯
山形県米沢市小野川町2472-2  
TEL 0238-32-2740(小野川温泉旅館組合)
営業時間 6:00~21:00
定休日 無休

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 小野川温泉 吾妻荘 別館 吾妻園(4) | トップページ | 飯坂温泉 鯖湖湯(さばこゆ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/59385305

この記事へのトラックバック一覧です: 小野川温泉 尼湯:

« 小野川温泉 吾妻荘 別館 吾妻園(4) | トップページ | 飯坂温泉 鯖湖湯(さばこゆ) »