« 野反ライン山口 | トップページ | 法師温泉 長寿館(1) »

2013年11月22日 (金)

草津温泉街散策~共同湯めぐり

Imgp2469さて、草津温泉へ。
今回は日程の都合で草津は宿泊はなし。
それでも温泉街を散策がてら何カ所か湯めぐりを満喫しました。

Imgp2442 まずスタートは「大滝の湯」から。
街中にある大きな共同浴場です。
平日というのにこの日は観光客で混んでいました。
たまたま西の河原露天風呂がこの日はメンテナンスデーでお休みだったせいもあったかと思います。
大浴場は天井が高く窓も広くて開放的な空間。子供が泳げる程の広さがあり、足の伸ばして入れる浴場。うたせ湯、サウナ、水風呂、露天風呂、湯温の異なる浴槽で低温から順に入る「合わせ湯」、箱蒸しもあり。洗い場にはシャンプー&ボディーソープ&シャワーを完備。
別料金で貸切風呂(1時間2000円)もあり。
源泉は基本的に「煮川源泉」ですがうたせ湯など一部「万代鉱源泉」。

草津温泉 大滝の湯
〒377-1711 
群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13
TEL : 0279-88-2600
入場料 大人:800円 子供:400円
営業時間 9:00~21:00(最終入館は20:00まで)



Imgp2443 続いて共同浴場「煮川の湯」へ。


Imgp2449 脱衣所は至って簡素。

Imgp2444 浴室内の様子。
3人も入れば一杯になりそうな浴槽。
硫黄の香りも香ばしいお湯ですが、激熱!体感46、7度でした。
湯もみを繰り返してもやっと腰まで・・ピリピリ来ます。数分でギブアップ。

Imgp2447 カラン周りはこんな感じ。


草津温泉 煮川の湯
源泉名 煮川源泉 
泉質 酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
泉温 49.9℃ pH値 2.1



Imgp2451 湯畑を目指して風情ある路地を歩いていくと・・。



Imgp2453 共同浴場「千代の湯」が。

Imgp2455 ※草津温泉の名物「時間湯」も体験できるようです。
※有料 事前要予約 詳細は草津温泉の湯治 時間湯オフィシャルサイトまで。

Imgp2456 脱衣所の様子。
こちらもシンプルです。


Imgp2458浴槽は3、4人サイズ。
湯口からドバドバかけ流されています。流石草津です。
誰も入っていなくて貸切状態。
お湯は湯もみを繰り返しどうにかやや熱めまで。
入ってしまえば快適でした。


草津温泉 千代の湯
源泉名 湯畑源泉
泉質 酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
泉温 53.9℃ pH値 2.0


ちなみに草津の共同浴場は入浴料は基本無料ですが地域の方の生活湯。
感謝の気持ちで頂きました。



Imgp2468 さて、湯畑に到着。

Imgp2477足湯「湯けむり亭」がありました。
平日でも観光客多数。流石草津ですねぇ。



Imgp2470 すぐ近くには共同浴場「白旗の湯」が。
ここは混んでいたので入りませんでした。


Imgp2472 「御座之湯」前にある「白旗源泉」を覗いてみました。


Imgp2473底からぶくぶくと泡が立っていました。
「御座之湯」は時間の都合上パス。また次回機会があれば。。


慌ただしくもどうにか草津をプチ湯めぐり出来ました。
この後は法師温泉を目指します。
(2013/10/29)

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 野反ライン山口 | トップページ | 法師温泉 長寿館(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/58582802

この記事へのトラックバック一覧です: 草津温泉街散策~共同湯めぐり:

» 草津温泉 [ぱふぅ家のホームページ]
草津温泉は源頼朝が発見したと伝えられており、自然湧出量は日本一。下呂温泉、有馬温泉を並ぶ日本三名泉のひとつだ。泉質は酸性で、適応症は皮膚病・神経痛・糖尿病とされている。 [続きを読む]

受信: 2013年12月15日 (日) 19時42分

« 野反ライン山口 | トップページ | 法師温泉 長寿館(1) »