« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

3泊4日群馬旅行

Imgp1989 4日間の休みが取れたので、温泉王国群馬県へ3泊4日の旅行に行ってきました。紅葉にはやや早かったですが、温泉三昧で楽しんできました。
(2013/10/27~30)


Imgp1990 まず、初日は高崎からレンタカーを借りて伊香保温泉へ。


Imgp1995 伊香保の宿は石段街中ほどに面した老舗宿「千明仁泉亭」さん。



Imgp2197 続いて2日目は伊香保ロープウェイに乗ったり・・で。


Imgp2272 お宿は四万温泉「積善館」に。
この本館の建物は「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとして有名ですが、お世話になったのは「佳松亭」側でした。


Imgp2469 3日目は草津温泉を湯めぐりして・・。



Imgp2560 お宿は「法師温泉 長寿館」に宿泊。


・・とまあこんな感じで過ごしました。
詳細は明日からぼちぼちご報告してきますんで、暫くの間お付き合いください。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

岩倉温泉(5)

さて食事篇です。
Imgp1963 夕食は広間で頂きます。

Imgp1967 お膳はこんな感じ。
献立表は特になし。

Imgp1970

Imgp1972 席につくと後出しで熱々の虹鱒の塩焼き、季節の天ぷらが出されます。


Imgp1974 鍋料理は地元秋田の名物「きりたんぽ鍋」。


Imgp1975 デザートです。
お米で作ったスイーツ。



Imgp1979 翌朝の朝食会場です。


Imgp1980 お膳はこんな感じ。
温泉粥が美味しかったです。もちろんご飯もあり。


お湯はクセがなく何度も入れました。
部屋風呂はややぬるかったけれど、温泉付きで14,010円(入湯税別)はコスパ高し。歴史あるお宿なのに、ご主人も女将さんも気さくでとてもアットホームなホッとする宿でした。

深い眠りの湯 岩倉温泉さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

岩倉温泉(4)

さて、女湯側(カミサン撮影)へ。

Imgp1951 脱衣所の様子。

Imgp1950 浴室内。内湯のみ。
真ん中に間仕切りがありますが基本的に男湯側と左右対称です。
やはりほとんど無臭、微かに芒硝臭らしき成分臭。

Imgp1952 男湯側との間に共通の湯口があります。
湯口には龍が居て飲泉が出来ます。
うっすらと塩味を含んだ旨味味。



Imgp1949 洗い場にはシャンプーのみ。
カランは2基ありシャワー付きは1基のみ。
このシャワー、出がイマイチ良くなかったとか。。

Imgp1960泉質表示。
泉質 ナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)
泉温 58.2℃  pH値 6.74

 
次回は食事篇を。

深い眠りの湯 岩倉温泉さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

岩倉温泉(3)

Imgp1922 さて、大浴場へ。


Imgp1923 脱衣所の様子。



Imgp1924 浴室内。内湯のみです。


Imgp1932 別名「深い眠りの湯」と言われ「良く眠れる」と評判のお湯です。
適温でゆったり入れます。

Imgp1933 ほとんど無臭、微かに芒硝臭らしき成分臭。
硫酸塩泉の特徴で何度入ってものぼせにくいそうです。

Imgp1931 女湯側との間に共通の湯口があります。
湯口には龍が居て飲泉が出来ます。
うっすらと塩味を含んだ旨味味。飲泉の効能は、岩塩、カルシウムを摂取する事により胃腸の働きを活発にし、便秘、利尿に効果ありとか。


Imgp1937 洗い場にはシャンプーのみ。
カランは2基ありシャワー付きは1基のみ。
温泉成分のせいでボディソープ、石鹸は泡立ちが悪いそうです。


Imgp1960 泉質表示。
泉質 ナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)
泉温 58.2℃  pH値 6.74
 
次回は女湯側を。

深い眠りの湯 岩倉温泉さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

岩倉温泉(2)

Imgp1900 今回お世話になったお部屋は「孔雀の間」。
広縁、次の間、BT付き。

Imgp1913 部屋の窓からは紅葉には幾分早い山里の風景。
そばを流れる湯元川のせせらぎが聞こえます。


Imgp1912 テレビは19インチ。地上波のほかBS放送もバッチリ。

Imgp1909 次の間の様子。金庫、化粧台、クローゼットあり。

Imgp1911 アメニティも一般的なものが一揃え。


Imgp1908 冷蔵庫もあります。飲泉可能な温泉水が入っています。
空きスペースあり。


Imgp1902 なんと部屋のお風呂が源泉掛け流しの温泉付でした。
知らなかったのでこれはラッキー。サイズはお一人様用。
水の出るカランが1箇所のみ。シャンプー類はなし。


Imgp1977 湯口が湯底付近にあり、湯量調整はできません。やや温めでした。

Imgp1901 トイレは温水洗浄機能付。
洗面台あり。

次回はお風呂へ。

深い眠りの湯 岩倉温泉さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

岩倉温泉(1)

Imgp1896 秋田県は大仙市大曲にある「岩倉温泉」さんに泊まって来ました。(2013/10/13)

Imgp1986 玄関先にはご存知「日本秘湯を守る会」の大提灯がお出迎え。
秘湯といっても大曲インターから車で約15分程とアクセスは悪くありません。

Imgp1915 ロビーの様子。売店コーナーもあり。


Imgp1918

Imgp1920 館内の様子。


Imgp1941 宿の中池には60年以上も生きているという大きな鯉が泳いでいました。


Imgp1916 フロントにてチェックインすると早速部屋に案内。

Imgp1899女将さんがお茶を入れて下さいました。



次回はお部屋の様子を。。

深い眠りの湯 岩倉温泉さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

寒河江温泉 割烹旅館 吉本(4)

さて、食事篇。
Imgp1865 場所は個室にて。

Imgp1881 献立表は普段は出していないそうですが、今回は結婚25周年の旅行だと事前に連絡していたせいもあって特別に頂きました。
地元山形の食材を活かした創作会席。


Imgp1868 八寸 季節を盛り込み。
可愛らしい盛り付けは25thアニバーサリーのスペシャル版です。

Imgp1871 造り 鮪 福子 甘海老


Imgp1873 椀は山形名物の芋煮です。
お肉はもちろん山形牛。


Imgp1874 焼物はカラス鰈西京焼。


Imgp1872 鉄板は山形牛カルビ焼。
頗る美味しかったです。


Imgp1875 強肴 鯛かぶと煮
思ったより全然しつこくない感じで絶妙の塩梅でした。

Imgp1876 洋皿 海鮮セルクル サーモンテリーヌ添え


Imgp1882 食事 御飯 味噌汁 香の物


Imgp1884 こちらのケーキも25thアニバーサリーのスペシャル版です。

流石 割烹旅館だけあって素晴らしいお料理の数々でした。
ひとつひとつ手が込んでいてどれも大変美味しく頂きました。


Imgp1889 続いて朝食膳。

Imgp1890 朝食もとても美味しかったです。
ひさしぶりにまた来たい、と思わせるお宿でした。

寒河江温泉 割烹旅館 吉本さんの楽天トラベル宿情報

寒河江温泉 割烹旅館 吉本さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

寒河江温泉 割烹旅館 吉本(3)

Imgp1863 続いて女湯側をご紹介(カミサン撮影)。

Imgp1832脱衣所の様子。

Imgp1831パウダーコーナー。アメニティも充実。

Imgp1838浴室内。
こちらも内湯のみです。もちろん100%源泉掛け流し。
やはり炭酸水素塩泉系のアブラ臭。お湯は笹濁り。

Imgp1835男湯側よりかなり小振りな浴槽。
そのせいかお湯はかなり熱くなっていて、やむなく加水しました。


Imgp1833洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp1842泉質表示。
温泉地名 寒河江温泉
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
源泉温度 49.3℃
pH値 7.3
メタケイ酸 100.7

浴後は中々汗の引かない温まりの湯で、つるすべの美肌湯。
耳寄り情報として、地元名産のバラを使った豪華な「バラ風呂」を不定期に実施中とか。


次回は食事篇です。

寒河江温泉 割烹旅館 吉本さんの楽天トラベル宿情報

寒河江温泉 割烹旅館 吉本さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

寒河江温泉 割烹旅館 吉本(2)

さて、お風呂へ。

Imgp1839 まずは男湯から。

Imgp1845 脱衣所の様子。


Imgp1846 アメニティも充実。



Imgp1861 浴室内の壁面にあるさくらんぼをモチーフにしたデザインのデッサンが掲示されていました。原画制作は池田清氏によるものだそう。



Imgp1856 浴室内。
内湯のみです。
一見露天風呂に見える部分はちょっとしたオブジェのようです。
もしかしてかつてはここに露天風呂があったように思います。

Imgp1853 もちろん100%源泉掛け流し。しっかりオーバーフロー。


Imgp1855 お湯は笹濁り。アブラ臭の香りがします。
温度は適温、貸切状態でまったりと寛げました。


Imgp1848 洗い場の様子。シャワー付きカランが全部で7基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp1840
泉質表示。
温泉地名 寒河江温泉
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
源泉温度 49.3℃
pH値 7.3
メタケイ酸は100.7と豊富。
浴後は中々汗の引かない温まりの湯で、つるすべの美肌湯です。


次回は女湯側をご紹介。

寒河江温泉 割烹旅館 吉本さんの楽天トラベル宿情報

寒河江温泉 割烹旅館 吉本さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

寒河江温泉 割烹旅館 吉本(1)

   Imgp1811寒河江温泉は初めてです。
大正11年創業の老舗「割烹旅館 吉本」さんにお世話になりました。(2013/10/06)


Imgp1809寒河江駅前に程近い街中にあります。
駐車場は細い路地を挟んでこの位置。


Imgp1892ロビーです。この日の宿泊はたまたま自分達だけ。他には大きな宴会が2組入っていました。
観光客もですが主にビジネス客や町の人たちに愛されている施設のような印象です。

Imgp1812チェックインはロビーにて。きちんとお茶をいれてくれます。


Imgp1826 チェックイン後、スタッフさんが愛想よく部屋まで荷物を持って案内。
館内の説明もあり。


Imgp1813 通されたお部屋は3階の12畳広縁付き。予約した時は10畳の部屋だったと思いますが、空いていたのか、あるいは騒音を配慮してか宴会場より離れた部屋にグレードアップしていただいたようです。



Imgp1820 Imgp1814 テレビは22インチで地デジのみ、金庫あり。



Imgp1816 備え付けのアメニティは一般的なものがひと揃え。女性用浴衣はきれいな色浴衣でした。


Imgp1819 空の冷蔵庫あり。



Imgp1817 Imgp1818 洗面台とトイレの様子。トイレは残念ながら温水洗浄機能はなし。
部屋全体に掃除は行き届いていて清潔感あり。

Imgp1824 窓からの様子。街中にありますが遠く山並みも望めます。


次回はお風呂へ。

寒河江温泉 割烹旅館 吉本さんの楽天トラベル宿情報

寒河江温泉 割烹旅館 吉本さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

笹川流れ遊覧船

Imgp1739  笹川流れ遊覧船へ。

Imgp1741駐車場はご覧の盛況ぶり(2013/10/06)


Imgp1750 乗船券は一人1,000円でした。


Imgp1752 コースはこんな感じ。乗船時間は40分ほどの海岸線の遊覧です。



Imgp1754 この日の運行船「おばこ丸」が戻ってきました。11時45分に乗船。
運行は不定期でお客さんが集まると実施されるようです。


Imgp1757 船内はこんな様子。


Imgp1804 天気も良かったので自分達は後部デッキに陣取りました。


Imgp1761 君戻し岩
源義経が笹川流れの大きな景色に気がつかず何気に通り過ぎてしまった際に家来が君主義経に見せようと呼び戻したことが由来の岩。


Imgp1763 ニタリ岩
源義経を笑わせたという、ユーモラスな岩、だそうです。
左手奥はメガネ岩。

Imgp1773 こちらは恐竜岩。
恐竜が両手をついている姿を思わせます。


Imgp1798 まだまだ奇岩めぐりは続きますが、餌付けポイントが近づくとカモメさん達も寄ってきます。


Imgp1805 天気に恵まれ楽しいひと時でした。





有限会社笹川流れ観光汽船

〒959-3665 新潟県村上市桑川975-44
事務所TEL 0254-79-2154
発着所TEL 0254-79-2343

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

道の駅 笹川流れ「夕日会館」

さて、湯野浜を後に庄内空港ICから日本海自動車道に乗りあつみICを経由してお隣の新潟県へ。
海岸線に奇岩が並ぶ景勝地、日本百景の一つ「笹川流れ」へ。(2013/10/06)
Imgp1727 まず立ち寄ったのは道の駅 笹川流れ「夕日会館」。
笹川流れの「夕日」をテーマに 村上市山北地区(旧:山北町)の観光拠点施設として整備されたそうです。

Imgp1731 JR羽越本線「桑川駅」に併設されたユニークな施設。


Imgp1732 1階は物産販売コーナー、観光案内センター、2階はレストランが。


Imgp1733 3階には展望施設。


Imgp1734 また国道を挟んだ渡り廊下を通り、展望スペースとミニ公園があります。


Imgp1735 粟島を望む素晴らしい眺望でした。

Imgp1728この後は桑川漁港から遊覧船に乗ります。

道の駅 笹川流れ「夕日会館」
〒959-3665 
新潟県村上市桑川892-5  
TEL 0254-79-2017

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

湯野浜温泉 はまあかり 潮音閣(5)

Imgp1715 変わって翌朝の朝食膳。こちらも広間でした。



Imgp1719 内容はこんな感じ。



Imgp1722

Imgp1721

Imgp1723

Imgp1725

Imgp1726

Imgp1724 こだわりの塩納豆やらお豆腐やら、岩海苔やら。洋皿もあったりバラエティに富んでいました。
ご飯も米どころ山形らしく、美味しく頂きました。
生憎の曇天で、夕陽は拝めませんでしたが、お湯も良し、食事は美味しく、小さな宿ならではのきめ細かな接客は流石、評判に違わず。

湯野浜温泉 はまあかり潮音閣さんの楽天トラベル宿情報

湯の浜温泉 はまあかり 潮音閣 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

湯野浜温泉 はまあかり 潮音閣(4)

さて、評判の良いここ潮音閣さんの食事。
ますは夕食から。

Imgp1687 夕食は広間にて。時間は18時30分をチョイス。


Imgp1697
献立表です。
地場食材を活かした浜ならではの創作郷土料理。


Imgp1688 お膳はこんな感じ。
五宝の釜飯・「平田牧場の三元豚」のブランド豚しゃぶしゃぶ等、庄内の素材を中心にお料理全12品の満足プランでした。

Imgp1689 地場産紅ズワイガニはなんと一人一杯!



他のお料理も一品ずつご紹介。
Imgp1693 先付 エチゼンクラゲ 蒟蒻胡麻みそ田楽
    もって菊 肝煮付け
 香物
      自家製糠漬 おみ漬


Imgp1692

Imgp1702平田牧場三元豚のしゃぶしゃぶ鍋


Imgp1695

Imgp1708 茹で紅ずわい蟹 お願いするとスタッフさんが丁寧に剥いてくれました。


Imgp1701 お造り
鋒鋩(ホウボウ) 鱸(スズキ) 秋刀魚糸づくり 赤海老 北寄貝

Imgp1691手作り胡麻豆腐あんかけ

Imgp1705 揚物
鰰(ハタハタ)の洋天麩羅 20種素材のソース添え


Imgp1706焼物
帆立のポワレ 大麦若葉のソース 自家製赤紫蘇寒天 青みず

Imgp1694 鳳凰卵の茶碗蒸
 鱶鰭(フカヒレ) 筍  椎茸  胡麻


Imgp1709 釜飯
減農薬米はえぬきと古代米の釜飯


Imgp1713 椀物 潮汁 みつ葉

Imgp1710 菓子
温海川げんこつ笹巻き 自家製黒蜜 青ばたきな粉


以上、食材、お味とも素晴らしく、ボリュームもあり。
とても食べきれないほどでしたが、大変美味しく頂きました。

次回は朝食篇です。

湯野浜温泉 はまあかり潮音閣さんの楽天トラベル宿情報

湯の浜温泉 はまあかり 潮音閣 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

湯野浜温泉 はまあかり 潮音閣(3)

Imgp1647続いて男湯(ミエスの湯)へ。

Imgp1650 脱衣所です。
カギ付きロッカーあり。
入って右手にパウダーコーナー。

Imgp1679入って左手にサウナあり。
宿自慢のフィンランドサウナ(低温サウナ)。

Imgp1654 浴室内の様子。
内湯浴槽は半分が浅く寝湯になっています。
こちらも窓の外には舟で出来た露天の湯舟があります。
左手前から回り込んだ通路を伝って露天へ行きます。

Imgp1660 洗い場の様子。
シャワー付きカランが5基。シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。

Imgp1662
男湯側の舟露天「アスク」。
こちらも実際に漁で使っていた磯見舟を改造して製作されたもの。
一度に3人ぐらい入れるサイズ。
温度は適温、潮の香りと軽い塩味のお湯はトロリで良く暖まりの湯。


Imgp1665 女湯側もそうですが目隠しが高く眺望はあまり良くありません。
舳先に上がって撮影、僅かに水平線が拝めます。

Imgp1678
泉質表示。
温泉地名 湯野浜温泉
採水位置 湯野浜温泉源泉(有) 南配湯所
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
源泉温度 57.2℃ 供用場所での温度 43℃
pH値 8.1 メタケイ酸 43.6

次回は夕食をご紹介。

湯野浜温泉 はまあかり潮音閣さんの楽天トラベル宿情報

湯の浜温泉 はまあかり 潮音閣 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

湯野浜温泉 はまあかり 潮音閣(2)

Imgp1685 さて、お風呂へ。
潮音閣さんの浴室は1階にあるのですが階段沿いには昭和13年に作られたという「石のすべり台」があります。当時の4代目ご当主が滞在中のお子様向けにと考案し作られたんだそうです。


Imgp1646 まずは女湯(ナイネンの湯)から(カミサン撮影)。



Imgp1633 脱衣所です。
カギ付きロッカーあり。
浴室に使われている丸ログは本場フィンランドの赤松を使用しているそうです。



Imgp1631 パウダーコーナー。



Imgp1643こちらがサウナ。
宿自慢のフィンランドサウナ(低温サウナ)だそうです。



Imgp1636手前側が内湯浴槽。
湯野浜温泉の塩湯(ナトリウム・カルシウム-塩化物泉)の匂い、源泉掛け流しです。
窓の外には舟で出来たまさしく湯舟があります。
右手前から回り込んだ通路を伝って露天へ行きます。

Imgp1641別角度から。半分が浅く寝湯になっています。



Imgp1639 洗い場の様子。
シャワー付きカランが5基。シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。




Imgp1638 こちらが舟露天「エムブラ」。
なんとユニークな本物の舟の湯舟です。
男湯側の舟露天「アスク」とともに地元庄内の船大工さんにお願いして実際に漁で使っていた磯見舟を改造して製作されたんだそう。
温度は適温、潮の香りと軽い塩味のお湯はトロリで良く暖まりの湯。


次回は男湯側をご紹介。

湯野浜温泉 はまあかり潮音閣さんの楽天トラベル宿情報

湯の浜温泉 はまあかり 潮音閣 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

湯野浜温泉 はまあかり 潮音閣(1)

山形県は鶴岡市にある湯野浜温泉「はまあかり 潮音閣」さんに泊まって来ました。(2013/10/05)
源泉掛け流しに休前日同料金と良心的なプライスで、食事の評判も高く、きめ細やかな接客で人気の宿。2012年「第37回プロが選ぶ日本の旅館100選」で「選考審査委員特別賞日本の小宿」を受賞されたそうです。

Imgp1607 玄関前。海を見下ろす高台にあります。


Imgp1627 ロビー風景。


Imgp1626 廊下の様子。


Imgp1612 お部屋は2階の10畳広縁付き。
無線LANも全室対応しているようです。

Imgp1615 窓からはオーシャンビューです。


Imgp1611 別角度から。
テレビは32インチでBS放送もバッチリでした。
部屋には冷蔵庫、金庫あり。

Imgp1619 冷蔵庫の中はこんな様子。
こちらでは持ち込みは禁止だそうです。



Imgp1616 窓際にある洗面化粧台。
ドライヤー&フェイスソープあり。明るくて使いやすかったです。

Imgp1610 トイレは温水洗浄機能付き。



Imgp1613 クローゼット内のアメニティです。


次回はお風呂へ。。


湯野浜温泉 はまあかり潮音閣さんの楽天トラベル宿情報

湯の浜温泉 はまあかり 潮音閣 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

赤倉温泉 旅館 最上荘(4)

さて、食事篇です。場所は1階の広間にて。
この日は自分達だけでした。
Imgp1585夕食膳はこんなです。


Imgp1586 献立表を頂きました。




では、お料理を一品ずつ。。
Imgp1590 焼き物 鮎の塩焼き、はじかみ


Imgp1589 揚げ物 天ぷら
 ~鮎、インゲン、無花果、茗荷、ミニトマトベーコン巻、みずの実、舞茸~


Imgp1594 小鍋 山形名物芋煮


Imgp1587 蒸し物 茶碗蒸し~最上荘オリジナル餅入り


Imgp1588 小皿 アケビの肉詰め


Imgp1591 お造り クジラ、三の字


Imgp1595 お凌ぎ 鴨の温蕎麦、椎茸、焼きねぎ
ご飯 ミズの実ご飯



Imgp1592 果物 尾花沢スイカ

山形の旬の食材をふんだんに使った夕食を堪能しました。

Imgp1597 朝食も広間にて。


Imgp1600 お膳はこんな感じ。
こちらもどれもとても美味しかったです。


このお値段(1泊2食7,300円)で、あの広いお風呂貸しきれて、食事も美味しく、本当に穴場宿でした。水入らずでのんびりゆったり寛げました。


赤倉温泉 旅館最上荘さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 旅館 最上荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

赤倉温泉 旅館 最上荘(3)

Imgp1564続いて女湯側です(カミサン撮影)。
こちらも要相談で貸切利用可能。



Imgp1569脱衣所です。



Imgp1570浴室内。



Imgp1574浴槽は広くはありませんが3、4人がゆったりのんびり入れるサイズ。
温度も適温でした。




Imgp1580湯口付近には成分で折出物がびっしり。



Imgp1572洗い場です。
シャンプー類もあります。




Imgp1537
泉質表示。
温泉地名 赤倉温泉
源泉名 第一貨物源泉
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ高温泉)
旧泉質名 含石膏芒硝泉
泉温 72℃  pH値 8.1
加水 源泉温度が高いので井戸水加水あり
加温 なし
循環・ろ過 なし
入浴剤・消毒 なし



最上荘さんの風呂はもちろん日帰り利用可能。
日帰り湯の利用時間は10:00~14:00まで。


次回は食事篇です。

赤倉温泉 旅館最上荘さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 旅館 最上荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

赤倉温泉 旅館 最上荘(2)

Imgp1532さて、お風呂へ。
入り口は男女分かれていますが基本男女混浴です。


Imgp1543こちらが男子用脱衣所。

Imgp1561女子用の脱衣所が隣にあります。



Imgp1549そして浴室へ。
まるでプールのような浴室40畳、浴槽20畳の広さ。




Imgp1554
女将さんの話だと地元の小学生や合宿で訪れたスポーツ少年団の子供達が水着で利用したりする事もあるそうです。
要相談ですが、カップルや家族で貸切も可能。これを貸切利用できるなんて夢のようです。


Imgp1558湯口付近。画像手前側が源泉投入口、奥が加水口。
設備は決して新しくありませんが、塩素投入も無く、加温なしの源泉掛け流し。くせのない含石膏・芒硝泉でほぼ無味無臭です。




Imgp1546まったりゆったり外の田園風景を眺めながら水入らずで過ごせます。
何も考えないひと時が静かに流れていく~そんな感じでした。



Imgp1547洗い場はシャワー付きカランが2基。
リンスインシャンプー、ボディソープもあります。




Imgp1535
泉質表示。
温泉地名 赤倉温泉
源泉名 第一貨物源泉
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ高温泉)
旧泉質名 含石膏芒硝泉
泉温 72℃  pH値 8.1
加水 源泉温度が高いので井戸水加水あり
加温 なし
循環・ろ過 なし
入浴剤・消毒 なし

次回は女湯篇です。

赤倉温泉 旅館最上荘さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 旅館 最上荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

赤倉温泉 旅館 最上荘(1)

Imgp1513 のんびりしたくなって久しぶりに山形県最上町にある赤倉温泉に。
今回は休前日同料金の宿「最上荘」さんへ。(2013/09/22)
内湯だけですが源泉掛け流しの広い大浴場が評判の宿です。

Imgp1531 こちらが玄関。
この日のチェックインはなんと3連休にも拘わらず自分達だけでした。
愛想の良い女将さんが部屋まで案内してくれます。


Imgp1516 こちらがお部屋。2階の8畳トイレ付き。
これで休前日も一人1泊2食7,300円とリーズナブル。
全館無線LAN利用可です。

Imgp1521 窓からは川沿いの田園風景。
騒がしくない何もないのが良いんです。


Imgp1522 アメニティも一通り。ただしバスタオルは無いので持参。


Imgp1524 19インチと小ぶりのテレビは地デジのみ。空の冷蔵庫あり。
金庫なし。


Imgp1517 洗面台&水洗トイレ(洋式)付き。トイレは温水洗浄機能はなし。


Imgp1528 2階の廊下の様子。
次回はお風呂へ。

赤倉温泉 旅館最上荘さんの楽天トラベル宿情報

赤倉温泉 旅館 最上荘さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

リフレッシングインウエルカム・ウエルカム(5)

Imgp1470 さて、朝食篇です。
こちらも1階のダイニングにて。


Imgp1469こんな雰囲気です。


Imgp1475 朝ごはんもご覧の通り。
会津名物の「こずゆ」など品数豊富で充実してました。


Imgp1472 セルフでコーヒーやジュース類、牛乳などもあり。



Imgp1478 食後はデザートとコーヒーで。

源泉100%掛け流しのお湯と手打ち蕎麦をはじめ充実したお料理の数々、何と言ってもオーナー夫妻の接客への思いが感じられ好印象な宿でした。

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんの楽天トラベル宿情報

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

リフレッシングインウエルカム・ウエルカム(4)

Imgp1409 さて、評判のよいウエルカム・ウエルカムさんの食事。
夕、朝食とも1階のダイニングにて。

Imgp1452 こんな雰囲気です。
左奥のテーブルに用意されていました。
夕食は18時45分から始まります。



Imgp1457 この日のメニューです。
お料理は宿自慢の和洋折衷創作会席。


Imgp1465 お料理にあうワインは2400円とリーズナブル。



ではお料理を一品ずつ。 Imgp1454Imgp1453季節の一皿(鉢)

Imgp1455 シーフードとフレッシュ野菜のハーモニー。

Imgp1459 創作洋小皿はカボチャパイ。

Imgp1460 会津のご馳走。
馬刺しを辛子味噌で。


Imgp1461 凌ぎはご主人お手製の蕎麦粉100%手打ち蕎麦。


Imgp1464 スープはアスパラのスープ。


Imgp1466 魚料理。
真鯛の和風カルパッチョ。

Imgp1467 肉料理はサーロインステーキでした。

Imgp1468 デザート会津特産の桃「まどか」を使ったシャーベットほか、スウィーツをコーヒー、または紅茶と共にゆっくりと。


どれも地場食材を使い、拘りが伝わります。
ゆったりと最後まで大変美味しく頂きました。

次回は朝食篇です。

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんの楽天トラベル宿情報

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

リフレッシングインウエルカム・ウエルカム(3)

Imgp1434 さて、今度は内湯のほうへ。


Imgp1435 脱衣所です。広くはないですが清潔感あり。


Imgp1443 2005年8月に内風呂をリニューアルされたそうです。
露天よりやや広め、4、5人サイズの浴槽です。


Imgp1445 源泉温度は58℃ですが流入量を調整しているそうで、浴槽内は適温になっています。


Imgp1449 源泉の濃さを物語るこの千枚田状態の床。


Imgp1448窓からはお庭の緑も見えてまったりと寛げます。



Imgp1441 洗い場の様子。シャワーはこちらの方が良いようです。
シャンプー類は種類豊富にあり。

Imgp1438
泉質表示。
源泉名 天元台温泉
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(旧泉質名 含重曹-食塩泉)
低張性 中性 高温泉
泉温 54.6℃  pH値6.7

次回は夕食篇です。

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんの楽天トラベル宿情報

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

リフレッシングインウエルカム・ウエルカム(2)

こちらの宿は全4室ありうち露天風呂付客室が2室。
そして全員が利用できる内風呂、露天風呂があります。
もちろん源泉100%掛け流しです。
Imgp1407まずは露天へ。
こちらのランプが点灯していれば使用中。
部屋のものと連動しています。




Imgp1433脱衣所です。





Imgp1426こちらが露天の浴槽。
2人で気分良く入れるサイズ。


Imgp1428笹濁りのお湯は金気臭あり。湯口で舐めると軽い塩味。
成分で周りは赤茶色になっています。



Imgp1423洗い場の様子。
シャワー付きカランが2基。お湯の出は露天より内湯のほうが良いそうです。




Imgp1429
緑に囲まれた露天風呂は適温。
特に時間制限もないのでのんびり過ごせました。




Imgp1422泉質表示。
源泉名 天元台温泉
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(旧泉質名 含重曹-食塩泉)
低張性 中性 高温泉
泉温 54.6℃  pH値6.7


次回は内湯へ。

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんの楽天トラベル宿情報

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

リフレッシングインウエルカム・ウエルカム(1)

Imgp1391 猪苗代湖のそばにある静かな別荘地、「天鏡台温泉」に佇む全4室だけの宿。全てのお風呂は、源泉100%(ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉)掛け流しの温泉です。(2013/09/13宿泊)

Imgp1403 玄関です。
オーナー夫妻のアットホームな接客が評判の宿。じゃらんネットのクチコミ評価で総合5.0という満足度の高さです。
今風に言えば「お・も・て・な・し」の心ですね。

Imgp1404 廊下の様子。 奥が浴室です。


Imgp1406浴衣はこちらでサイズをチョイス。
館内は浴衣で移動OKです。


Imgp1393 今回はの2階の和洋室(205号室)を利用しました。
和洋室(8畳和室+6畳洋室 34m2・トイレ2ヶ所)の一般客室です。
お部屋に案内されると、まずはこちらの建物独特の構造(スウェーデンハウスで大きな木枠の3重ガラスの窓)なのでブラインドと窓の操作方法のガイダンスから。ご主人自らとても丁寧な説明でした。


Imgp1411 テレビは20インチと小ぶり。BSも映ります。
小ぶりなリモコンで操作方法がちょっと複雑でした。

Imgp1394 こちらが6畳のベッドルーム。こちらにも17インチのテレビあり。


Imgp1416 一角にはアメニティーコーナー。


Imgp1397 パウダールームには洗面ボウルが2基。
アメニティもそろっています。

Imgp1398 トイレも2か所。うち1基が温水洗浄機能付きでした。


Imgp1400 特に禁煙ルームではありません。喫煙スペースに空気清浄器あり。


Imgp1413 冷蔵庫はテレビの下に。部屋に金庫はなし。


Imgp1410 客室には1階に2つあるお風呂(内湯・露天)に使用中に連動して光るランプが装備されています。
降りて行って使用中で引き返す、なんて事がないので便利。
ユニークですね。


次回はお風呂をご紹介。
100%源泉掛け流しの天然温泉です。

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんの楽天トラベル宿情報

リフレッシングインウエルカム・ウエルカムさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

新庄市 そば処えびす

Imgp1372 さて、この日のランチは新庄市でも評判の高いおそばやさん「そば処えびす」さんへ。(2013/09/13)
100年程前の古民家を再生建築した建物がひときわ目を引きます。


Imgp1373 お昼時ともなれば行列ができています。


Imgp1383 店内の様子。この日は30分ぐらい待って入れました。


Imgp1381 メニューです。どれもおいしそうです。
厳選した北海道産のそば粉を使用した「冷たい肉そば」が人気だとか。

Imgp1387 自分は「げそ天かけそば(冷たい)」を。

Imgp1388 おそばはコシがあり風味も豊か、ゲソもカリっとした揚げ衣がサクサクで美味しかったです。


Imgp1385 カミサンは一番人気の「肉そば」をオーダー。
シェアしてみましたが、やはり人気が頷ける味のよさ。
鶏だしが効いた自慢のスープとそばの絡みが後を引く美味しさでした。
そば通ならずとも一度は訪れたい名店ですね。


そば処えびす
山形県新庄市金沢1916−1 
TEL 0233-29-2527
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00(売り切れ終了)
定休日 月曜日(祝日の場合営業、翌日休業)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

黄金温泉 カルデラ温泉館(2)

Imgp1337大浴場に向かって行くと手前には鍵付きの無料ロッカー。


Imgp1341突き当りに飲泉処があります。


Imgp1342この冷たい水が炭酸泉。飲泉すれば内臓の働きを活発にするほか利尿作用もあるといわれています。ペリエのような天然の炭酸水。飲むとピリピリと炭酸の感触が広がります。



Imgp1343さて、内湯「福福の湯」へ。



Imgp1345脱衣所の様子。新しくて清潔感あります。



Imgp1358内湯浴室内。
左手にメインの浴槽。



Imgp1361泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
やはり透明に近い極薄い黄色という感じ。基本的に露天と同じお湯です。



Imgp1363湯口付近。
匂いもほとんどなし。薄い塩味。
源泉掛け流し、くせが無くてトロリとしたお湯です。


Imgp1357そして右手には「炭酸泉」。
先程入り口にあった炭酸泉と同じです。



Imgp1368洗い場はシャワー付きカランが5基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。



Imgp1355泉質表示。
温泉地名 黄金温泉
浴槽名 男湯
源泉名 組合7号
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
泉温 65.5℃ 供用場所での温度 42.5℃
pH値 6.5 メタケイ酸 135.9


Imgp1349こちらは炭酸泉の表示。
源泉名 炭酸泉源泉
泉質 単純二酸化炭素冷鉱泉
泉温 7.6℃ 
pH値 4.3 メタケイ酸 56.4





黄金温泉 カルデラ温泉館
山形県最上郡大蔵村大字南山2127-79 
TEL&FAX 0233-76-2622

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »