« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

黄金温泉 カルデラ温泉館(1)

Imgp1317肘折温泉の温泉街からちょっと離れた車で数分のところに日帰り温泉施設「カルデラ温泉館」があります。
「カルデラ温泉館」は黄金温泉を源泉とする、苦水川沿いに建つ八角形の屋根が印象的な温泉施設です。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、きりきず、慢性皮膚病、神経痛、慢性消化器病、冷え症などに効能がありとか。もう一つ冷たい炭酸泉もあり、こちらは飲泉すれば内臓の働きを活発にするほか利尿作用もあるといわれています。



Imgp1319こちらが正面入り口。




Imgp1332入ると受付があります。
自販機で入浴券を購入します。大人は450円ですが、宿泊した宿から優待券を頂いたので400円に。



Imgp1334お風呂に向かう廊下です。
正面側が大浴場、右手が露天風呂への入り口。
左手には談話室もありました。



Imgp1331露天風呂「竜神の湯」は時間で男女入れ替えあり。


Imgp1336利用時間が貼ってありました。




Imgp1327この渡り廊下を通って湯小屋へ行きます。
露天といってもお風呂は屋根付きなので雨でも大丈夫ですが、湯小屋までの道は完全に外です。



Imgp1322脱衣所の様子。脱衣所は構造上大浴場側と別になります。
いちいち服を脱ぎ着して移動するのは少々面倒かも。



Imgp1320こちらが露天の浴槽です。
屋根付きですが緑に囲まれ解放感あり。



Imgp1323割と広めの石造り。黄金温泉という割にはさほど黄金色というわけでもなく、透明に近い極薄い黄色という感じ。匂いもほとんどなし。薄い塩味。



Imgp1328
泉質表示。
温泉地名 黄金温泉
浴槽名 露天風呂
源泉名 組合7号
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
泉温 65.5℃ 供用場所での温度 42.5℃
pH値 6.5 メタケイ酸 135.9

加水あり、加温なし、かけ流しあり、入浴剤消毒剤なし(清掃時のみ塩素系薬剤使用)。
次回は内湯側へ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

肘折温泉 上の湯

Imgp1175 肘折温泉街の中心部にある共同浴場「上の湯」さん。
昔から傷によく効く湯として親しまれています。
入浴料は200円ですが、今回は泊まった丸屋さんで入浴券を頂いたので無料でした。

Imgp1177 さっそく中へ。。

Imgp1188脱衣所はこんな感じ。鍵付きロッカーは見当たらず。


Imgp1189 脱衣所に貼ってあった「肘折温泉のうた」。
常連のお客さんが歌詞を考えたようです。

Imgp1178さて、浴場内の様子。
10人以上は入れそうなサイズの浴槽。
お湯は無色透明に近いです。
湯上がりさわやかな「冷え湯」だとか。
温まる良い湯加減でした。
石巻から来たという復興工事関係の方と湯舟でお話しをしました。
まだまだ先は長そうですが着実に進んでいるようです。



Imgp1184 コップがあり、飲泉も出来るよう。
飲んで見ると軽い塩味。金気臭はさほど感じません。

Imgp1183 湯口にはお地蔵さんが居て、下に肘折温泉の由来が書いてあります。
曰く「大同2年(807年)老僧(地蔵権現)がこの「上ノ湯」を発見。折れた肘を洗ったら傷も治り気力も出ました。爾来この霊湯は仏の慈悲として伝えられている。老僧の住んだ洞窟を「地蔵倉」と呼び聖地とした。老僧の折れた肘が湯で治ったことからこの温泉を「肘折温泉」と名付けた。」だそう。


Imgp1179 洗い場はこんな感じ。カランは水のみ。お湯はかけ湯です。


Imgp1180 こちらは上がり湯。

Imgp1176 泉質表示。
温泉地名 肘折温泉
利用施設名 上の湯
泉質:ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉(旧泉名:含重曹-食塩泉)
源泉温度 69℃、供給場所での温度 42℃
pH値 6.5
メタケイ酸は159.1と豊富。

肘折温泉 上の湯
営業時間=営業時間 8:00~18:00(冬季17:00)
※木曜午前は清掃のため入浴できません。
入浴料=大人200円、小人100円

問合せ 肘折温泉観光案内所 TEL 0233-76-2211

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

肘折温泉の朝市をぶらり

早朝、ちょっと旅館を出て温泉街をぶらり。(2013/09/13)

Imgp1236まずこちらは旧肘折郵便局舎。
昭和12年に建てられたという旧郵便局舎は、温泉街の真ん中にあってなかなかの存在感。現在は、ミニコンサートなど、各種イベントの会場としても活用されています。

Imgp1237 こちらは大友屋旅館さんの前の足湯処。

Imgp1239 飲泉もできます。


Imgp1241 さて、肘折温泉の風物詩、名物朝市へ。

Imgp1245 歴史ある朝市。下駄を鳴らして歩く湯治客と朝市組合のおばちゃん達の声が朝の温泉街に響きます。


Imgp1242軒先に野菜や山菜など地物が所狭しと並べられていました。
この時期は笹巻きやミズのコブ、珍しいサルノコシカケなんかもみかけました。

Imgp1243 こちらは若松屋村井六助さんの足湯。

丸屋さんの前まで戻ってきました。
次回はお向かいの共同浴場「上の湯」をご紹介。


肘折温泉朝市
■開催時期 4月下旬~11月上旬
■開催時間 5:30~7:30(10月からは6:00~)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

肘折温泉 丸屋旅館(8)

Imgp1287さて、最後に丸屋さんの朝食です。
こちらも専用個室でした。
ユニークなテーブルは元々あった蔵の扉に使われていたものだとか。



Imgp1290お膳はこんな感じ。





Imgp1294

Imgp1291

Imgp1292

Imgp1293特に出来たての寄せお豆腐がおいしかったです。
朝食もやはり地元食材にこだわり、バラエティに富んでいてボリュームもあり、申し分なしでした。


Imgp1295食後はコーヒーのサービスも。


お湯良し、部屋良し、食事よし、スタッフ対応良し。
評判に違わず、高いホスピタリティを感じました。
大事な人と一度は出かけてみる価値あり。


次回は肘折の朝市と足湯をぶらり。

肘折温泉 丸屋さんの楽天トラベル宿情報

肘折温泉 丸屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

肘折温泉 丸屋旅館(7)

Imgp1221 さて、評判の良い丸屋さんの食事。まずは夕食篇です。
夕食は専用個室にて。

その日毎に仕入れた食材が違うため献立表はなし。
お料理は地物の山菜や、 契約農家が丹精込めて育てた新鮮な野菜を活かした創作会席。ご主人自ら説明して下さいました。
以下順不同でご紹介を。。

Imgp1223 前菜4種
ミズ、冬瓜、翡翠茄子あんかけそうめん。
ワラビ、フキ。
漬物

Imgp1226 鮎の塩焼き ばっけ(ふきのとう)味噌添え。


Imgp1227 大蔵野菜の冷製スープ。

Imgp1225 A5級山形牛ロースのステーキ。

Imgp1229 いい具合に焼き色が付いたら
こだわりの塩、ワサビ、タレでそれぞれ。

Imgp1230 天ぷらは
いんげん、茄子、つるむらさき、かぼちゃ、菊の花、フキ。


Imgp1231 刺身こんにゃく


Imgp1232 山形名物の芋煮はこの9月から。
新庄市泉田産の早生芋はご主人のお友達が生産されたものだそう。

Imgp1234 食事はご飯、とろろ、納豆汁(納豆が苦手な人は山菜汁)。

Imgp1235 デザートは梨、あずき。


以上。
山形の旬の味わいを堪能させて頂きました。

次回は朝食篇です。

肘折温泉 丸屋さんの楽天トラベル宿情報

肘折温泉 丸屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

肘折温泉 丸屋旅館(6)

Imgp1171 貸切風呂「幸鶴の湯」へ。
宿泊者は空いていれば内鍵をしていつでも入れます。

Imgp1172 脱衣所の様子。


Imgp1305 浴室内。
浴槽は3、4人入れそうなサイズ。
温度はほぼ適温でした。


Imgp1313 オーバーフローされています。

Imgp1308 湯口付近。


Imgp1174 洗い場。リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp1303 泉質表示。
温泉地名 肘折温泉
源泉名 組合3号源泉 
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(含重曹-食塩泉)
泉温 69℃ pH値 6.5
メタケイ酸は159.1と豊富で美肌の湯です。

次回は夕食篇です。

肘折温泉 丸屋さんの楽天トラベル宿情報

肘折温泉 丸屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

肘折温泉 丸屋旅館(5)

Imgp1252 続いて「檜葉の湯」へ。
翌朝、男湯時に撮影。

Imgp1259 こちらもシンプルな脱衣所。



Imgp1264 青森檜を使用したお風呂です。


Imgp1267 別角度から。
左側の狭いほうが座り湯です。

こちらの浴槽は適温でした。
お湯は笹濁り、金気臭&軽い塩味。

Imgp1284 湯口付近。折出物が付着し成分の濃さを物語りますね。

Imgp1269 しっかリオーバーフローあり。
床も析出物が千枚田状に形成されています。

Imgp1266 こちらが洗い場。リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp1271 併設の露天風呂「綿の湯」へ。
一人で入るには丁度良いサイズ。
かなり熱かったですが、しっかり湯もみしてようやく入れました。


Imgp1283 街中なので眺望は望めませんが小さなお庭がありなかなか和みます。

Imgp1257
泉質表示。
温泉地名 肘折温泉
源泉名 組合2号源泉 
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(含重曹-食塩泉)
泉温 86.4℃ pH値 7.4

次回は貸切風呂「幸鶴の湯」へ。

肘折温泉 丸屋さんの楽天トラベル宿情報

肘折温泉 丸屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

肘折温泉 丸屋旅館(4)

Imgp1195 内湯「金山杉の湯」へ。
夕食後男女入れ替えあり。この時間帯は男湯でした。


Imgp1196 シンプルな脱衣所。


Imgp1197パウダーコーナー。


Imgp1205 内湯のみですが、浴槽は日本を代表する金山杉を使用し、しつらえたお風呂だそうです。

Imgp1201濁り湯で分かりにくいですが左手側が浅く、寝湯になっています。

Imgp1209 温度はかなり熱めでしたのでやむなく若干加水して入りました。
お湯は笹濁り、金気臭&うすい塩味。


Imgp1208湯口付近には折出物がびっしり。



Imgp1198 こちらが洗い場。リンスインシャンプー&ボディソープあり。



次回はもう一つのお風呂「檜葉の湯」へ。

肘折温泉 丸屋さんの楽天トラベル宿情報

肘折温泉 丸屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

肘折温泉 丸屋旅館(3)

Imgp1150 こちらが部屋付けの檜風呂。
サイズは二人用ってところです。



Imgp1157 別角度から。
もちろん加水なしの源泉100%掛け流しです。


Imgp1151 しっかりオーバーフローされています。

Imgp1158 湯口付近。
最初は熱めですが、湯もみを丹念にすればそのまま入れました。
お湯は笹濁り、金気臭&うすい塩味。


Imgp1154 洗い場の様子。リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp1155
シャワーは固定式でした。
調節がやや難しかったです。


Imgp1160 こちらは脱衣スペース。


Imgp1220 脱衣所にあった表記です。
温泉地名 肘折温泉
源泉名 組合3号泉 
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
浴槽名 月山檜葉湯 
泉温 73.5℃ pH値 6.7

次回は内湯「金山杉の湯」へ。

肘折温泉 丸屋さんの楽天トラベル宿情報

肘折温泉 丸屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

肘折温泉 丸屋旅館(2)

さて、お部屋へ。
今回お世話になったのは部屋風呂つきの「月山」というお部屋。
15畳ベッドルーム(茶の間込み)+6畳リラックスルーム、それに源泉100%の檜風呂があります。


Imgp1139こちらが茶の間(和室スペース)。


Imgp1215 部屋でも無線LANが使えます(PCは持参)。


Imgp1136 お茶とお茶請けです。部屋のキーは2つ。
籠の中には共同浴場「上の湯」の入浴券も。

Imgp1142 テレビはシャープアクオス32インチ。BSも映ります。

Imgp1144 ベッドルームにあるテレビ。こちらは52インチ。やはりシャープアクオスでBSも映ります。


Imgp1143 ベッドルーム。ベッドはシモンズ製。シングルが2つ並べてありクイーンサイズになっています。


Imgp1145 加湿器はパナソニック「ナイトスチーマー・ナノケア」が用意されています。


Imgp1146 さらに隣には6畳リラックスルーム。


Imgp1149 洗面所です。


Imgp1147 トイレは温水洗浄機能付。


Imgp1138 冷蔵庫あり。

Imgp1141 クローゼットの様子。金庫あり。


Imgp1140 備え付けのアメニティ。
湯足袋やら一通りありました。引き出しにはソーイングセットまで。


Imgp1165 使いませんでしたがCDプレーヤーまでありました。


次回は源泉100%檜の部屋風呂をご紹介。

肘折温泉 丸屋さんの楽天トラベル宿情報

肘折温泉 丸屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

肘折温泉 丸屋旅館(1)

2007年11月以来2度目の肘折温泉。今回はかねてから泊まってみたかった秘湯を守る会の宿「丸屋旅館」さんです。
Imgp1133 玄関前。車はそのままで。宿の方にキーを預ければ翌朝チェックアウト時に持ってきてくれます。


Imgp1134 フロント(帳場)にてチェックイン。


Imgp1135 浴衣が選べます。男女とも中々シブい柄です。



Imgp1169 こちらは談話室。

他にも「肘折文庫GenStudy」があり、山形県関連の本やDVDの無料貸し出しあり。


Imgp1214こちらは「水蔵」。湯上りの麦茶や雑誌が用意された部屋です。



館内の様子。Imgp1210

Imgp1286

Imgp1168

Imgp1167 歴史ある建物ですが、最近リニューアルされ和モダンな雰囲気を醸し出しています。


Imgp1137 次回はお部屋へ。
今回は奮発して部屋風呂付きの「月山」というお部屋を取りました。

肘折温泉 丸屋さんの楽天トラベル宿情報

肘折温泉 丸屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

道の駅 おがち「小町の郷」

Imgp1115 9月の13~15日に山形の肘折温泉と福島県猪苗代の天鏡台温泉を周ってきました。途中秋田道を経由してランチタイムに立ち寄ったのがこちら。道の駅 おがち「小町の郷」です。(2013/09/13)


Imgp1120 早速2階のレストラン「二ッ森」へ。
東鳥海山(777m)を一望できる眺めの良さ。


Imgp1123 こちらがメニュー。

Imgp1128 自分は
比内地鶏親子丼を。


Imgp1125 カミサンは稲庭うどん(冷やしうどん)を。
どちらも美味しかったです。


Imgp1117 1階は物産館になっています。


Imgp1129おなじみ「ババヘラアイス」がアイスケースで売っていました。
150円でした。

道の駅 おがち 「小町の郷」

019-0205 秋田県湯沢市小野字橋本90
TEL 0183-52-5500 FAX 0183-52-5566

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

ガレッテリア・ダ・サスィーノ

Imgp1085 ランチタイムはベイエリアの一角にある「A-FACTORY」で。
(2013/09/07)



Imgp1088 A-FACTORYは青森県産りんごのシードル工房と地元のさまざまな食材が楽しめるマルシェの複合施設。館内はこんな雰囲気。


Imgp10922階にある「ガレッテリア・ダ・サスィーノ」へ。


Imgp1093 店内の雰囲気。
お洒落ですねェ(*^。^*)




Imgp1094 テーブルからはこんな眺め。


Imgp1095 こちらがランチメニュー。

ガレットとはフランス・ブルターニュ地方の郷土料理です。
こちらでは県産のそば粉を使用。食材も出来るだけ青森県産品を使用しているとの事です。





Imgp1100 自分はスタンダードな「ガレット・コンンプレット」を。
ガレットのもちもち感が想像以上でなかなか食べごたえあり(*^_^*)


Imgp1105カミサンは日替わりガレットの「
大鰐シャモロック スモークササミサラダ仕立て」を。



メインのガレットに加えてランチのセットメニューはこんな感じ。
Imgp1098県産とうもろこしピュアホワイトの冷製スープ。

Imgp1107 本日のデザートはパンナコッタ。


Imgp1111 コーヒーなどドリンクが付きます(ランチメニュー参照)。



Imgp1097 プラス300円でA-Factry醸造のシードルもイケます。





Imgp1089ガレッテリア ダ・サスィーノ (Galetteria Da Sasino)
青森県青森市柳川1-4-2 A-Factory 2F
TEL 017-735-1155

営業時間 11:00~21:00
ランチ営業、日曜営業

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ

Imgp1070 続いて訪れたのが新幹線延伸以降、急速に整備が進み最近話題の青森ベイエリア。(2013/09/07)

Imgp1084 このひときわ目を引く建物が「ねぶたの家 ワ・ラッセ」。


Imgp1072 入場料は通常大人600円ですが東北パスポート提示で1割引の540円に。


Imgp1073

Imgp1074

Imgp1075

Imgp1076

Imgp1079 館内にはねぶたの歴史ほか、今年の青森ねぶた祭りで受賞したねぶたが多数展示されていて圧巻でした。

いつか祭り期間中に動いているねぶたを見たいものですね。

青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ
〒030-0803 青森市安方1-1-1
青森市文化観光交流施設
ねぶたの家 ワ・ラッセ
指定管理者(公社)青森観光コンベンション協会
TEL:017-752-1311 FAX:017-752-1312

入場料金
大人 600円 (540円)
高校生 450円 (400円)
小・中学生 250円 (220円)
※( )内は10名以上の団体

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

棟方志功記念館

さて、道の駅から青森市内へ向かい、午前中はプチ青森観光と洒落込みました。(2013/09/07)

Imgp1065 まず訪れたのは「棟方志功記念館」。
まあ「棟方志功ゆかりの宿 椿館」に泊まった後ですから自然な流れで。

Imgp1066 棟方志功記念館は、青森が生んだ世界に誇る板画家棟方志功の文化勲章受章を讃え、その芸業を末永く後世に伝えるため、青森県、青森市をはじめ、多くの方々の協力のもと、1975年(昭和50年)に開館されました。


Imgp1068 館内は残念ながら撮影禁止のためここまで。


Imgp1114 こちらがチケット。
棟方志功の代表作品「釈迦十大弟子」があしらわれてます。
「釈迦十大弟子」を初めとするダイナミックな板画のほか、繊細な表現を見せる倭画(肉筆画)・ゴッホに憧憬した油絵・力感に溢れた書などの作品展示に加え、板木を含む関連資料など多数あり。

Imgp1069 その充実した作品群から年4 回の展示替えが行われています。
展示室は「あまり数多くの作品を展示して、観覧する人々が疲れたり、作品の印象が薄くなったりするよりは、やや少なめの作品数でも一点一点をじっくり見て欲しい」という棟方の希望により、広さが決められたそうです。


Imgp1067 敷地内には庭園があり、訪れた人たちを迎えてくれます。
お庭は自由に散策できます。


棟方志功記念館
〒030-0813
青森市松原2丁目1番2号
TEL 017-777-4567

観覧料
一般   500 円 (400 円)
大学生  300 円 (200 円)
高校生  200 円 (100 円)
小・中学生無料
※( )は20 名以上の団体

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

道の駅 浅虫温泉 「ゆ~さ浅虫」

Imgp1043 椿館をチェックアウト後、道の駅 浅虫温泉「ゆ~さ浅虫」に立ち寄りました。
(2013/09/07)

Imgp1060 「ゆ~さ浅虫」は地上5階建てです。

Imgp10441階は物販スペース。
地元産のホタテ貝関連商品をはじめ、黒房スグリのオリジナルソフトクリームが販売されています。
3階には常設の美術展示場となる「美術展示ギャラリー」や、陸奥湾の新鮮な海の幸を使った刺身定食などが食べられるレストランがあります。
ちなみに4階は多目的に使用できる「会議室」。

Imgp1045さて、5階は陸奥湾や湯の島を眺めながら温泉が楽しめる「展望浴場」があります。


Imgp1049 こちらは湯上りの休憩処。

Imgp1050男湯側入り口です。
入浴券は自販機で購入します。大人は350円。

Imgp1047浴室内の様子。
館内の撮影は出来なかったので展示してある写真を利用させてもらいました。

Imgp1048こちらは洗い場のカラン周り。
シャンプー類は備え付けなし。別売りのようです。

毎月26日(風呂の日)には、薬湯やバラ風呂など趣向を凝らしたお風呂を楽しめるそう。

泉質:
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
[入浴料]
大人 350円 小学生 150円 幼児 60円

Imgp1053 こちらは産地直売施設「ゆ~さ市場」。


Imgp1054 新鮮な野菜や魚貝類など多数の地場産品が狭しと並んでいました。

Imgp1055 東北パスポートに協賛していて、お得に買える商品も多数あり。

Imgp1057 また軽食コーナー「わさも」ではその場で焼いた焼きイカや、ホタテ貝焼きなども。

道の駅 浅虫温泉「ゆ~さ浅虫」
〒039-3501 青森市浅虫蛍谷341-19
TEL 017-737-5151

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

浅虫温泉 棟方志功ゆかりの宿 椿館(7)

Imgp1006 さて、朝食篇です。

Imgp1013 朝食は個室ダイニング「万葉椿」にて。


Imgp1007 テーブルの様子。



Imgp1010 お膳はこんな感じ。
地元の海、山の食材を使った風味豊かなお料理です。

Imgp1012 地元名物「貝焼き」。大きなホタテの貝殻で玉子を焼きます。
玉子の他、ネギ、味噌、出汁などが入っています。

全体にボリューム満点でとても美味しい朝食でした。

お湯良し、人良し、食事良し。
棟方志功ファンならずとも一度は訪れてみたいお宿です。
姉妹館「宿屋つばき」もオススメだとか。

浅虫温泉 椿館さんの楽天トラベル宿情報

棟方志功ゆかりの宿 椿館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

浅虫温泉 棟方志功ゆかりの宿 椿館(6)

Imgp0988 さて、夕食膳は部屋食になりました。
18時30分に用意してもらう事に。


Imgp0986 こちらが献立表。
今回は陸奥湾の蝦夷アワビをお造り・踊り焼き・水貝・お鍋等、ふんだんに使用した「アワビ満喫プラン」です。



Imgp0995 事前に結婚記念日と伝えておいたら宿からワインを頂きました。
メッセージカード付でした(*^_^*)


それではお料理をご紹介(順不同)。Imgp0991

Imgp0992

Imgp0993

Imgp0994

Imgp0996

Imgp0990

Imgp0998

Imgp1000

Imgp1002 贅沢にアワビを満喫出来ました。そしてむつ湾で取れた新鮮な魚介類、他のお料理も美味しかったです。


次回は朝食篇です。

浅虫温泉 椿館さんの楽天トラベル宿情報

棟方志功ゆかりの宿 椿館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

浅虫温泉 棟方志功ゆかりの宿 椿館(5)

Imgp0983 続いて「貸切露天風呂」へ。

Imgp0969部屋にあったご案内。テレビ番組欄の裏側に印刷されてました。
宿泊者は無料で1度入ることが出来ます。
チェックイン後、フロントに要予約です。
利用時間は16:00~22:00まで。
この日は団体客が多く宴会が重なったせいか20時30分に一組入っているだけとの事だったので、すぐ予約、17時45分に入れました。


Imgp0971 脱衣所は家族風呂サイズ。
決して広くはありません。


Imgp0974 石組みの浴槽は2人サイズといったところ。

Imgp0981 別角度から。
もちろん源泉掛け流しです。

Imgp0977 洗い場はシャワー付きカランが1基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp0973
露天と言っても目隠しが高く、眺望は望めません。
軒先の狭いスペースを利用して効率よく造られた印象です。
とはいえ温度も適温でまったり過ごせました(*^。^*)



Imgp0960 泉質表示。
源泉名 椿の湯(1.2.3.4.5.6.7.8.9号泉の混合泉)
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 74.5℃
pH値 8.0


次回は夕食篇です。

浅虫温泉 椿館さんの楽天トラベル宿情報

棟方志功ゆかりの宿 椿館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

浅虫温泉 棟方志功ゆかりの宿 椿館(4)

Imgp1017 さて、女湯側(カミサン撮影)。


Imgp1016 脱衣所の様子。



Imgp1018 パウダーコーナーはアメニティ充実してます。
もちろんドライヤーも完備。




さて、浴室内へ。Imgp1038 こちらも内湯は15、6人位入れそうな大きな浴槽。しっかりオーバーフローあり。
お湯は無味無臭でサッパリ系。くせのないお湯です。

Imgp1029 こちらは寝湯になっています。

Imgp1034 打たせ湯もあり。

Imgp1030

Imgp1026 洗い場にはシャワー付きカランが全部で9基ありました。
リンスインシャンプー、ボディソープあり。

Imgp1025 ドアを出て露天へ。
3、4人サイズの石組みの浴槽。こちら側も目隠しが高く景観は望めず。

Imgp0925
泉質表示。
源泉名 椿の湯(1.2.3.4.5.6.7.8.9号泉の混合泉)
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 74.5℃
pH値 8.0

次回は「貸切露天風呂」をご紹介。

浅虫温泉 椿館さんの楽天トラベル宿情報

棟方志功ゆかりの宿 椿館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

浅虫温泉 棟方志功ゆかりの宿 椿館(3)

Imgp0921 さて、お風呂へ。
椿館さんのお風呂は男女別内湯(各露天付)と貸切露天風呂があり。
「椿の湯」といわれ、なんと9本もの自家源泉です。


Imgp1003 お風呂入り口にも飲泉処が。
単純泉でくせのない飲みやすい温泉です。県内温泉地では初めて飲泉の許可を 得た自慢の湯だそう。尿酸値に効果があるといわれています。


Imgp0931 まずは男湯側。
脱衣所です。パウダーコーナーにはドライヤー他アメニティ完備。
洗面ボウルは2基。

Imgp0956 「椿の湯」の由来が掲げられていました。
ちなみに「庭園に五月後に椿の花が咲き乱れますが同じ敷地から温泉が湧いているので、昔は椿の木の根元から温泉が湧いているので椿の湯と言っておりました」だそうです。


Imgp0952 さて、浴室内へ。

Imgp0947内湯は15、6人位入れそうな大きな浴槽。しっかりオーバーフローあり。
お湯は無味無臭でサッパリ系。くせのないお湯です。

Imgp0953 こちらは寝湯になっています。


Imgp0941 打たせ湯もあり。



Imgp0955 洗い場にシャワー付きカランが全部で10基ありました。
リンスインシャンプー、ボディソープあり。


Imgp0936 ドアを出て露天へ。
4、5人サイズの石組みの浴槽。

Imgp0937
街中なので目隠しが高く景観は望めませんが、緑で囲ってあり風情があります。


Imgp0923 泉質表示。
源泉名 椿の湯(1.2.3.4.5.6.7.8.9号泉の混合泉)
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 74.5℃
pH値 8.0

内湯、露天とも温度も適温でくせが無く何度でも入れるお湯でした。
次回は女湯側をご紹介。

浅虫温泉 椿館さんの楽天トラベル宿情報

棟方志功ゆかりの宿 椿館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

浅虫温泉 棟方志功ゆかりの宿 椿館(2)

Imgp0899 さて、お部屋へ。
10畳広縁付きです。
フロントでチェックイン後、スタッフが荷物を持って部屋までご案内してくれます。


Imgp0898 キー、おしぼり、お茶請けなど。部屋ではお茶出しあり。


夕食、翌朝の朝食時間、お風呂の利用時間、館内の説明など親切に仲居さんが説明してくれます。老舗宿ならではの高いホスピタリティを感じます。


Imgp0905テレビはソニーブラビア22インチ。地デジの他、BS放送も映ります。
金庫あり。


Imgp0907 クローゼット。
アメニティは一揃え(裁縫セット、浴衣・袢纏、タオルセット、歯ブラシなど)。浴衣サイズは体型に合わせてすぐ交換してくれました。

Imgp0910バストイレ、洗面所はユニットタイプで少々狭い感じ。
トイレは温水洗浄便座付きです。
部屋にドライヤーはありませんでしたが、フロントで借りられます。



Imgp0901ポット、お茶セット、空気清浄器完備。
部屋は禁煙室になっています。


Imgp0904 空の冷蔵庫あり。


Imgp0902 広縁の様子。


Imgp0984 中庭が見えます。庭園の松が見事です。


Imgp0919 中庭の中ほどには明治天皇が東北巡幸の際にご休憩(宿泊)された行在所の模型が展示されています。



次回はお風呂へ。

浅虫温泉 椿館さんの楽天トラベル宿情報

棟方志功ゆかりの宿 椿館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

浅虫温泉 棟方志功ゆかりの宿 椿館(1)

Imgp1063 2009年1月以来の浅虫温泉へ。


Imgp0894かねてから憧れていた青森県は浅虫温泉にある「棟方志功ゆかりの宿 椿館」さんに泊まってきました。(2013/09/06宿泊)
2007年度人気温泉旅館ホテル250選で5つ星に選ばれた人気宿です。


Imgp0896 玄関前です。

Imgp0897 こちらには17代当主と棟方志功のゆかりを書いた石碑があります。

Imgp0961 玄関右手にはねぶたがお出迎え。

Imgp0959 左手には飲泉処が。
単純泉でくせのない飲みやすい温泉です。
尿酸値に効果があるといわれています。
飲泉場所は館内にもあり。

Imgp0918 フロントにてチェックイン。
左手はお土産コーナー。



Imgp0916 ロビーの様子。
棟方志功作品のギャラリースペースになっています。


Imgp0917 倭画(やまとが)など。

Imgp1042 鯉の親子が描かれた「親子鯉」。
この鯉は椿館の浴衣の柄にもなっています。


Imgp0963
浅虫観光協会が志功さんに依頼をし描いていただいた浅虫のポスター原画はエントランスに有り。

  Imgp0964   Imgp0914 廊下の様子。


Imgp0912館内は到る所に棟方志功作品が展示されています。


Imgp0913所蔵数も相当の数なようです。


Imgp0965部屋は1階の103号「鳳椿(おおとりつばき)」。
部屋の様子は次回。。

浅虫温泉 椿館さんの楽天トラベル宿情報

棟方志功ゆかりの宿 椿館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

遠刈田温泉 神の湯

Imgp0781 温泉街の中心部には足湯、そして共同浴場の「神の湯」があります。
(2013/08/28)

Imgp0881 こちらは足湯。
源泉はやはり「遠刈田7号泉」です。

Imgp0885足湯の奥には共同浴場の「神の湯」があります。
平成18年にオープンした遠刈田温泉の新しい共同浴場。

青森ヒバをふんだんに使用されていてヒバの香りに包まれながら入浴が出来るそうです。
館内は撮影できませんでしたが共同浴場なのでシャンプー、石鹸などの備えはなし。


Imgp0886 入浴料は大人300円。子供100円
営業時間は午前5時~午前6時45分、午前9時~午後10時。

Imgp0889 「神の湯」から道を1本奥に入ると「刈田嶺神社」です。
隣の巨大タンクは「遠刈田温泉貯湯槽」。ここから「神の湯」はじめ近隣の旅館、温泉施設に配湯されています。




Imgp0890 パイプから源泉がドバドバ出ていました。


Imgp0887 「神の湯」の敷地内には観光案内所が。
スタッフの方が常駐していらしゃいました。

蔵王町観光協会
〒989-0912 
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町33番地  
TEL: 0224-34-2725   FAX: 0224-34-2772

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

遠刈田温泉 旅館 源兵衛(5)

Imgp0858 さて、食事篇です。夕食は18時15分頃。
今回は部屋食です。といっても空いている隣のお部屋にスタンバイ。
これならお料理の匂いが自部屋に残ることもありませんね。

Imgp0859 こちらが「お料理グレードアッププラン」のお膳です。
蔵王山麓、仙台湾の恵みの食材で作る宿自慢の会席料理。
毎日仕入れが異なるので献立表は特に出してないそうです。



お料理画像を順不同で・・。Imgp0861

Imgp0862

Imgp0863

Imgp0864

Imgp0865

Imgp0866

Imgp0867

Imgp0868

Imgp0869

Imgp0870後出しのお料理も含めてどれも出来たてで満足のいくものでした。
献立表がないのでお料理の詳細が分かればより良かったかと思いました。


Imgp0872 翌朝は朝食会場にて。


Imgp0873 こちらが朝食膳。
お料理もさることながら米どころ宮城の美味しいご飯でした。



Imgp0878 食後はセルフでコーヒーのサービスもあり。


平屋で全館11室の鄙び宿。源泉掛け流しのお湯に段差の無いバリアフリーの館内、ゆったりした雰囲気は悪くない感じでした。
強いて難点を挙げればこれでウォシュレット完備なら尚良しですが。



遠刈田温泉 心づくしの宿 源兵衛さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 心づくしの宿 旅館 源兵衛さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

遠刈田温泉 旅館 源兵衛(4)

Imgp0829 さて、男湯側へ。
前述のように時間帯で男女湯入れ替え。

Imgp0830脱衣所の様子。


Imgp0853 パウダーコーナー。
アメニティも充実。


Imgp0840 浴室内。
内湯レイアウトは女湯側と同仕様のようです。
しっかりオーバーフローあり。




Imgp0843 湯口付近。成分で周りは赤い折出物が。
微金氣臭あり、お湯を掬って舐めてみると微鉄分味。
お湯は軽い笹濁り。加水ありですが源泉掛け流し。



Imgp0842 洗い場の様子。シャワー付きカランが4カ所。
シャンプー、リンス、ボディソープあり。


Imgp0848 変わってこちらは露天風呂。
4、5人サイズの石組みの浴槽。


Imgp0846やはり源泉掛け流し。
こっちもしっかりオーバーフローされています。
心なしか内湯より金氣臭が強いような感じがします。


Imgp0838 泉質表示。
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
泉温 68.7℃ 使用位置 41.2℃
pH値 7.0  メタケイ酸 74.7



次回は食事をご紹介。

遠刈田温泉 心づくしの宿 源兵衛さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 心づくしの宿 旅館 源兵衛さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

遠刈田温泉 旅館 源兵衛(3)

Imgp0802 さて、源泉掛け流しで評判の良いお風呂へ。
男女別の内湯と男湯側に露天風呂あり、時間帯で男女湯入れ替え。
他にも宿泊者専用で空いていれば利用可能な貸切風呂あり。

Imgp0811 まずは女湯側から(カミサン撮影)。


Imgp0813脱衣所の様子。
清潔感あり。

Imgp0814 パウダーコーナー。
アメニティも充実。


Imgp0820 浴室内。広い浴槽は内湯のみ。
お湯は軽い笹濁り。湯口付近からは微金氣臭。加水ありですが源泉掛け流し。



Imgp0816 洗い場の様子。シャワー付きカランが4カ所
シャンプー、リンス、ボディソープあり。


Imgp0803 変わってこちらは貸切風呂。
宿泊者は空いていれば内鍵を掛けて利用できます。


Imgp0804 脱衣所も広くはないですが必要十分。


Imgp0806 二人が入れるサイズの浴槽はやはり源泉掛け流し。
加水ありなので温度は適温でした。
シャンプー類も同様にしっかり完備。


Imgp0857 泉質表示。
源泉名 遠刈田7号泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
泉温 68.7℃ 使用位置 41.2℃
pH値 7.0  メタケイ酸 74.7



次回は男湯側をご紹介。

遠刈田温泉 心づくしの宿 源兵衛さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 心づくしの宿 旅館 源兵衛さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »