« 鳴子温泉 鳴子ホテル(2) | トップページ | 鳴子温泉 鳴子ホテル(4) »

2013年5月14日 (火)

鳴子温泉 鳴子ホテル(3)

Imgp8345翌朝暖簾が入れ替って今度は「玉の湯」をご紹介。
時間帯で「芭蕉の湯」と入れ替えあり。
宿泊すれば両方入れます。

Imgp8389こちらの今日の湯の色は「白緑(びゃくろく)」だそうです。


Imgp8361 広い脱衣所。こちら側もカギ付きロッカー、冷水器あり。

Imgp8362 パウダーコーナー周りのアメニティは「芭蕉の湯」同様。


Imgp8391大浴場の様子。広い大きな浴槽です。

Imgp8347 別角度から。白濁のお湯が並々と注がれています。



Imgp8390カラン周りの様子。シャンプー類は「芭蕉の湯」同様。



さて、露天へ。。Imgp8356 最初にあるのがこの「青畳石露天風呂」。

Imgp8351 こちらは源泉直接の100%掛け流し。
心なしか硫黄臭も強い感じでした。

Imgp8352奥に行くと「高野槙(こうやまき)桶露天風呂」。

Imgp8355 こちらも熱い源泉が出ていました。
暫し貸切り状態でまったりと入れました。

Imgp8365 泉質表示。
源泉名 鳴子ホテル1号、2号、3号混合泉
泉質 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
低張性弱アルカリ性高温泉
源泉温度 67.0℃ pH 8.0 

循環・ろ過 大浴場は循環装置・ヘアーキャッチャーあり。
                露天風呂は源泉100%掛け流し。

この他貸切り大風呂「木華子(こけし)の湯」(要予約・有料)もあり。

次回は夕食篇を。。

鳴子温泉 名湯の宿 鳴子ホテルさんの楽天トラベル宿情報

鳴子ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 鳴子温泉 鳴子ホテル(2) | トップページ | 鳴子温泉 鳴子ホテル(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/57291169

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子温泉 鳴子ホテル(3):

« 鳴子温泉 鳴子ホテル(2) | トップページ | 鳴子温泉 鳴子ホテル(4) »