« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

花巻台温泉 松田屋旅館 本館(4)

さて、夕食は本館の囲炉裏端で。

Imgp6852 囲炉裏端料理専用のダイニングルームがあり、この日は自分達も含め、2組でした。


Imgp6853地物を炭火でじっくり、セルフで焼く特別料理。
松田屋で1番人気だそうです。


Imgp6824 こちらが献立表。




お料理はこんな感じ。(順不同)Imgp6856

Imgp6857 Imgp6859 Imgp6862 Imgp6858Imgp6861 お肉は「前沢牛」(*^_^*)


Imgp6865囲炉裏にてんこ盛りで、網焼きが始まります(~o~)

Imgp6868 こちらは地元岩手の「ひっつみ汁」。

Imgp6871 ご飯はおにぎりにしてもらい、自分達で味噌を塗って焼いてみました。


Imgp6870 以上、デザートまで。


地場産の食材は新鮮でどれも美味しく、ボリューム満点でした。

次回は朝食篇です。

花巻 台温泉 松田屋旅館さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 松田屋旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

花巻台温泉 松田屋旅館 本館(3)

Imgp6943 右奥にある内湯へ。(カミサン撮影)
こちらも時間帯によって男女入れ替え。
15~22時は男湯、翌朝6時~10時までは女湯。

Imgp6935脱衣所の様子。


Imgp6934 パウダーコーナー。
新しくて清潔感あります。


Imgp6938 内湯の様子。寒かったためか、蒸気が中々抜けず。
タイル張りの浴槽は形状は3階の貸切風呂と似た感じです。
4、5人仕様といったサイズ。

Imgp6939 湯口はこちらも3階の貸切風呂と同様、湯底から。
お湯はやや熱めでやはり芒硝臭が。


Imgp6937 洗い場の様子。
シャワー付きでカランは2基。リンスインシャンプー&ボディソープあり。


Imgp6838
泉質表示。
源泉名 台温泉(2号泉)
泉質 単純硫黄泉
泉温 95.4℃ pH 8.3


次回は夕食篇です。

花巻 台温泉 松田屋旅館さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 松田屋旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

花巻台温泉 松田屋旅館 本館(2)

Imgp6831 Imgp6914こちらが本館側のロビー。
正面に露天、右奥に内湯、というレイアウトです。

Imgp6893 まず左手にある露天風呂へ。
時間帯によって男女入れ替え。
15~22時は女湯、翌朝6時~10時までは男湯。


Imgp6898 Imgp6899脱衣所の様子。
こちらはリニューアルされていて和モダンな雰囲気。




Imgp6912 浴室に入るとますあるのが洗い場。
シャワー付きのカランが3つ。こちらもシャンプー、ボディソープあり。



Imgp6903湯船は屋根付きの半露天があるのみ。内湯はなし。


Imgp6909
石枠で結構広め。6、7人は入れそう。
開放感はイマイチですが、雰囲気は悪くないです。


Imgp6913 湯口付近。
こちらは台温泉2号泉。湯の花豊富でお湯はやや熱め。トロリ度は1号泉ほどでないものの、しっかりとした芒硝臭が香ります。



次回は1階のもう片方、内湯側へ。


花巻 台温泉 松田屋旅館さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 松田屋旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

花巻台温泉 松田屋旅館 本館(1)

Imgp6810本館側のお風呂へ。こちらのお風呂は3カ所。
台温泉の通りを挟んだ直ぐ向かい側です。

Imgp6832まずは3階にある貸切風呂をご紹介。
宿泊者は1回平日限定で30分無料サービス。
利用時間は15時~22時(翌朝6時~10時は男湯で利用可)
客室や食事処などから離れた場所にあり、静かな空間です。



Imgp6835 こちらが脱衣所。
貸切風呂にしては割と広いです。


Imgp6844 お風呂はこんな感じ。タイル張りのレトロな佇まい。
4、5人サイズで、二人なら全然ゆったり~。


Imgp6847 湯口は湯底に。お湯は源泉掛け流し。
かなり熱かったのでやむなく加水。


Imgp6845 洗い場の様子。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。


Imgp6838
泉質表示。
源泉名 台温泉(2号泉)
泉質 単純硫黄泉
泉温 95.4℃ pH 8.3


おかげさまでゆったりのんびり寛げました。

次回は1階にある露天と内湯です。

花巻 台温泉 松田屋旅館さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 松田屋旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

花巻台温泉 松田屋別館(3)

Imgp6890 さて、お風呂。
まずは宿泊している別館側のお風呂へ。
別館側お風呂は男女内湯が各1。
24時間入れて入れ替えはなし。

Imgp6872 脱衣場は簡素。宿泊者が少ない平日だったせいか貸切でした。

Imgp6875 カランは4つ。
左手前に隠れていますがスタンド式のシャワーブースあり。
リンスインシャンプー、ボディソープ有り。

Imgp6876 男湯は4畳ほどの中規模な内湯。


Imgp6878
タイル張りの歴史を感じさせる佇まい。
やや熱めのお湯はクセの無い無味無臭でトロリとした肌触り。
湯上りはよく温まるお湯でした。
湯の花は赤っぽい苔状のものが散見されました。


Imgp6926 変わってこちらは女湯側。

Imgp6919 脱衣所の様子。

Imgp6923 内湯の様子。男湯より一回り小さ目、
石造りの湯淵にタイル張りの浴槽。


Imgp6924 洗い場の様子。
カランは3つ。アメニティは心なしか男湯側より充実。


Imgp6884
源泉名 台温泉(1号泉)
泉質 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 94℃ pH 8.4
メタケイ酸は104と豊富。

湯上り処にはお茶、冷水のサービスも。
次回は本館側のお風呂へ。。

花巻 台温泉 松田屋旅館さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 松田屋旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

花巻台温泉 松田屋別館(2)

Imgp6811 お部屋は3階8畳広縁付の「こけしの間」。
前回泊まった「紅葉の間」をと思ったのですが、部屋のお風呂(源泉掛け流し)が震災以降使えないとの事で、やむなくこちらの部屋に。

Imgp6812 別角度から。
建物は古そうですが掃除は行き届いてて不満は無し。
テレビは22インチと小ぶり。地デジのみでBSは映らず。
金庫あり。100円利用ですがお金が戻るタイプ。

Imgp6820 広縁の様子。
左手には小さめながら持込用の空の冷蔵庫あり。

Imgp6927 部屋の窓からは雪景色。


Imgp6815 Imgp6819 クローゼットのアメニティは一般的なもの。
お風呂行きの籠もあり。
空気清浄機も備え付け。

Imgp6813Imgp6814 部屋はトイレ、洗面所付。
トイレは温水洗浄付きでした。


Imgp6821 テーブルの様子。
キーは一つ。部屋への案内の後は食事の時間、貸切風呂の予約時間を聞かれるだけ。特にお茶出しはなし。
このプランは台温泉の日帰り湯「精華の湯」の入浴券サービスも。




次回はお風呂へ。。

花巻 台温泉 松田屋旅館さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 松田屋旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

花巻台温泉 松田屋別館(1)

久々の松田屋さん。2008年2月に訪れてから5年ぶり3度目の来訪。
(2013/02/14宿泊)

Imgp6808 今回も別館へ。

Imgp6830 玄関、フロントの様子。

Imgp6915 ロビーの様子。

Imgp6849今回のプランには選べる色浴衣(女性のみ)。


Imgp6933 選べるお香やら(*^_^*)



Imgp6828 こちらは看板にゃんこの「モモ」ちゃん。



Imgp6826 階段の様子。
エレベーターはなし。


Imgp6827 3階の廊下。

次回はお部屋へ。。

花巻 台温泉 松田屋旅館さんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 松田屋旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイ(5)

Imgp6781 翌朝、朝食も1階のレストランです。

Imgp6783お膳はこんな感じ。
生卵はお願いしたら目玉焼きにしてもらえました。

Imgp6784 湯豆腐も付いて全体にボリュームもあり。

Imgp6785 コーヒーもつく。しかもセルフサービスで、おかわり自由。


朝食後、4階の上にある展望フロアに行ってみました。Imgp6787良く晴れて田沢湖が眺められます。


Imgp6790こちらは秋田駒ケ岳と田沢湖スキー場。


スタッフの笑顔の応対、お風呂は白濁の硫黄泉で掛け流し。
細かいサービスは無い分、リーズナブルに利用できて過不足無し。
中々の穴場宿。



田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんの楽天トラベル宿情報

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイ(4)

さて、ニュースカイさんの食事は毎度評判が良いです。
Imgp6735夕食は1階のレストランで。
時間は18時と18時30分からチョイスできます。

Imgp6738各テーブルに事前に献立表が置かれています。


Imgp6737最初に並んだお料理。

Imgp6747 お酒は地元秋田の「秀よし」の生貯蔵酒をチョイス。
割とリーズナブルでした。




では、お料理をご紹介。Imgp6739 小鉢、きのこ煮


Imgp6740 中鉢 サーモン南蛮漬け


Imgp6742 焼物 帆立貝バター焼き


Imgp6741 刺身 甘海老 〆鯖 烏賊


Imgp6744 鍋物 シルクポークしゃぶしゃぶ

Imgp6746 天麩羅、サヨリ、野菜各種
地場野菜をメインに揚げたてを後出し。もちろん塩で。
とても香ばしく美味しかったです。

Imgp6743 煮物、身欠き鰊、含め高野豆腐、人参、隠元


Imgp6745御飯、山菜釜飯


Imgp6748 お椀、稲庭うどん

Imgp6749 果物、グレープフルーツ、りんご煮

次回は朝食篇です。

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんの楽天トラベル宿情報

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイ(3)

今回は女湯側を(カミサン撮影)。
Imgp6794 脱衣所の様子。

Imgp6791 パウダーコーナー。 
ドライヤーはもちろんフェイスソープや化粧水も完備。



Imgp6792 内湯の様子。反対側よりふた周りほど狭め。
内湯はやや熱め。ほんのり青み掛かった白濁湯。

Imgp6793 洗い場はそれほど広くはないです。
洗い場はカランが5基。全てシャワー付き。
備品はリンスインシャンプー、ボディソープ、フェイスソープの3品。

Imgp6795露天はこんな様子。こちらも滑り止めの木枠の付いた石造り。
4、5人は入れそうな浴槽。

Imgp6756 こちらは湯上りの待ち合わせに便利な休憩処。

Imgp6757 一角には卓球台もあり。


次回は夕食篇を。。

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんの楽天トラベル宿情報

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイ(2)

さて、お風呂へ。

Imgp6758 日替わりで男女は入れ替わりあり。
男女別内湯、露天が各1づつ。鍵付きロッカーは入室前に。
今回は入り口向って左手側をご紹介。

Imgp6759 脱衣所の様子。

Imgp6760 洗面台にはドライヤーもあり過不足はなし。

Imgp6761 内湯の様子。
真ん中に柱のある変則な形の浴槽は7、8人は入れそう。


Imgp6763 洗い場付近。シャワー付きのカランが全部で8基。
備品はリンスインシャンプー、ボディソープ、フェイスソープの3品。

Imgp6765 露天の様子。屋根の無い野天タイプ
石造りですが湯縁の周りを滑り止めに木枠で囲んでいます。


Imgp6772湯の花豊富な源泉掛け流しの白濁湯。


Imgp6769 内湯よりやや温めで長湯が気持ち良いです。
素晴らしい雪見露天。心地よい硫化水素臭。
それにしても今年は雪が多いですねぇ。

Imgp6718
源泉名 水沢温泉 (1、2、3、4混合泉)
泉質 単純硫黄泉(含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉/硫化水素型)
泉温 58.5℃ 使用位置 42.0℃ pH 6.1
源泉掛け流し、加水、加温無し。飲泉可。

次回は女湯側を。。

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんの楽天トラベル宿情報

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイ(1)

Imgp6701 2011年5月以来、久しぶりのニュースカイさん。
全労済の保養施設ですが、勿論一般の利用が可能です。
(2013/01/31宿泊)

Imgp6704 部屋はいつもの8畳+2畳広縁付きです。
映っていませんが、座椅子もあり。


Imgp6706 広縁の様子。床はパンチカーペット張りで素足でも寒くないです。
テレビはデジタル液晶26インチ。
ちなみに地デジは勿論、BSも対応してます。


Imgp6777 部屋からの眺めはこんな感じ。(翌朝撮影)。




Imgp6713 Imgp6711(左)クローゼット内には浴衣、帯、丹前、タオル大小、歯磨きセット。(右)空の冷蔵庫には天然水の冷水ポット。

Imgp6709 Imgp6710  (左)洗面所回りも清潔。
(右)トイレは温水洗浄シャワートイレ。

Imgp6712 お茶請けはこんな感じ。ちなみに全労災系の宿なのでチェックインからお部屋まではセルフで移動で、お茶出しなどのサービスも無し。

Imgp6714小ネタを。。
売店で「ニュースカイ温泉の素」を売っているそうです。



次回はお風呂へ。。

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんの楽天トラベル宿情報

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

鶯宿温泉 長栄館(5)

Imgp6661 翌朝の朝食会場は2階コンベンションホール「不来方」にて。

Imgp6662席はいつもの窓際。
この季節は雪景色を眺めながら。

Imgp6664 朝の献立表です。

Imgp6666 お膳はこんな感じ。

Imgp6660 ご飯はかまど炊き。JA全農いわての金札米。
一粒一粒ツヤツヤでした。(*^_^*)

Imgp6665 もちろん小岩井牛乳もお替わり自由。

今回もお世話になりました。
いつもながらの和み宿です。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

鶯宿温泉 長栄館(4)

Imgp6611 さて、夕食は3階の大広間「平安」にて。


Imgp6613 テーブルの様子。

Imgp6612 こちらが献立表。





お料理をご紹介を。。Imgp6618先附、 豆乳豆冨 柚子餡かけ

Imgp6616 お造り、 寒ブリを自家製土佐醤油で


Imgp6621 台の物、オリジナルブランド牛「はつみのり」の味噌すき焼き

Imgp6627 蓋物、フランス鴨と寒大根の創作治部煮

Imgp6623 箸休め、彩々鳥と芹の梅わさ和え

Imgp6617強肴、鰤の照り焼き


Imgp6628 名物、蕪の信田煮の茶碗蒸し

Imgp6614 酢の物、軸野菜と焼き椎茸アチャラ漬け


Imgp6615 そば、さっぱりおろし蕎麦


Imgp6629 Imgp6619食事、大根飯  香の物

Imgp6632 甘味、季節のデザート


プラスこちらの2品は追加料理。Imgp6625 伊勢海老の西京焼き


Imgp6626 三陸産鮑の踊り焼き


総合的にお味は良いのですが、追加料理を頼まないと大食漢にはやや物足りない感も。
次回は朝食篇です。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

鶯宿温泉 長栄館(3)

Imgp6700 さて、女湯「小町の湯」へ(カミサン撮影)。


Imgp6688脱衣所の様子。広く潔感あり。

Imgp6687パウダーコーナーのアメニティも充実。

Imgp6690ジャグジー付きの大浴場。
しっかりオーバーフローされています。

Imgp6692こちらは古代檜風呂。
レイアウトは異なりますが浴室内の仕様は男湯側と共通。

Imgp6691 洗い場の様子。こちらも間仕切り付き。カランの数も充分。
奥に見える扉はサウナルーム。



Imgp6695 露天は女湯側のほうがやや広く眺望良し。

Imgp6697 まったりと雪見露天です。
入れ替えは無いので、うらやましいですね(~_~;)。

Imgp6698 湯口付近。
もちろん源泉100%掛け流し。

Imgp6686
成分表。
源泉名 鶯宿温泉(こまちの湯)
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 46.1℃ pH 8.4


次回は夕食篇です。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

鶯宿温泉 長栄館(2)

Imgp6637 さて、お風呂へ。
こちらのお湯は加水加温無しの100%源泉掛け流し。


Imgp6638 まずは男湯「黄金の湯」から。

Imgp6639  脱衣所の様子。
ウッディで明るい。清潔な雰囲気。

Imgp6640パウダーコーナー。アメニティも揃っています。

Imgp6670 左手は内湯の大きい浴槽。
ジャグジーが効いていて気持ちが良いです。

Imgp6672 奥は古代檜の湯。
こちらも湯の花豊富です。


Imgp6671 洗い場は間仕切り付き。カランの数も申し分なし。

Imgp6668 サウナあり。

Imgp6641 露天へ出ると・・。


Imgp6643 屋根付きの半露天。7、8人サイズの石組みの浴槽です。
温度も適温でした。


Imgp6682
雪見露天にまったり~(*^_^*)。


Imgp6681 白い湯の花が豊富でした。
単純泉ながら湯口付近から微かな硫黄臭(ゆで卵臭)あり。
クセの無い入りやすいお湯です。

次回は女湯側を。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

鶯宿温泉 長栄館(1)

Imgp6600 今年初の長栄館さん。(2013/01/24宿泊)
いつもながら車寄せではすぐにスタッフが来て荷物を持ってくれます。
車のキーもスタッフに渡せば指定駐車場に移動してくれます。


スムーズなチェックイン。

Imgp6635 廊下の様子。窓の外はすっかり雪景色。
チェックイン後フロントスタッフさんが荷物を持って部屋へ。

Imgp6601さて、今回通された部屋は6階の612号室。
いつもの10畳+広縁付き。


Imgp6609 早速、顔馴染みの客室スタッフさんが来てお茶を入れてくれます。
お茶請けはこんな感じ。
今回テーブルにはUCCコーヒーのサービスが置かれていました。


Imgp6606Imgp6605 (左)金庫あり。(右)クローゼットの様子アメニティは一般的なもの。



Imgp6608 テレビは地デジ対応32インチ液晶デジタル。BS放送はBS1とBSプレミアムのみで、なんと地アナチャンネルで。デジアナ変換のアナログ画質で受信してました。

Imgp3100Imgp6603 (左)温水洗浄便座あり。(右)洗面ドレッサーにはドライヤー完備。

Imgp3098Imgp3101(左)冷蔵庫は持ち込み品が入れられる様、空になっています。(右)使いませんでしたがユニットバスもあり。

次回はお風呂へ。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

小松空港~仙台空港

Imgp6573 朝は柴山潟にも雪が積もりました。
飛行機は飛ぶようです。小松空港は航空自衛隊の基地と共同利用の空港なのでめったに欠航はないそうです。


Imgp6264チェックアウト後、途中満タン給油して小松空港前のマツダレンタカーへ。



Imgp6588小松空港の2階。
こちらでお土産を買いました。
おすすめは「しろえび紀行」、「加賀かきもち」など(*^_^*)


Imgp6592 帰りも機材はこちらのIBEX/ANAコードシェア便。
ボンバルディアのCRJ100/200
小型ながら快適でした。


Imgp6595 1時間弱で仙台空港到着。あっと言う間に帰路に。
2泊3日と少ない日数でしたが楽しかったです。
でっかい献上ガニをたらふく食べられ、近江町市場ではノドグロも満喫。
中々美味しんぼな旅でした。
(2013/01/17撮影)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

片山津温泉 季がさね(5)

Imgp6574さて、朝食も昨日と同じお食事処茶寮月の座」にて。

Imgp6576 献立表です。


Imgp6582 ずらりテーブルのお料理はこんな感じ。
地場食材がふんだんに使われていてバラエティ豊か。
見た目、ボリュームも満足度高いです。

Imgp6578 選べる焼き魚。
迷わず「ノドグロ」の一夜干しを(*^_^*)


Imgp6583 加賀蓮根豆腐と出来立て源泉豆腐の絶妙な食感が見事。


Imgp6584 デザートはヨーグルト マンゴーソース。

スタッフさんのお給仕もタイミング良く快適でした。
高いホスピタリティ。ロケーションも抜群で、本館側のお風呂も楽しめ、それでいて静かに過ごせ、ゆったり寛げました。
空港からのアクセスも良く、素晴らしいお宿だと思います。

片山津温泉 季がさねさんの楽天トラベル宿情報

片山津温泉 季がさね さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

片山津温泉 季がさね(4)

さて、本館から戻り、夕食へ。
時間は18時30分をリクエスト。

Imgp6545 場所はお食事処「茶寮月の座」にて。

Imgp6546 オープンキッチンでは
調理長自ら目の前で揚げものを揚げすぐさまテーブルに運ばれるという趣向。


Imgp6547 テーブルはこんな感じ。個室ダイニングで頂きます。
席に付くとスタッフが飲み物のオーダーを取りに来ます。

Imgp6553 こちらが献立表です。





ではお料理をご紹介。Imgp6549 まずは柚子酒で乾杯。

Imgp6548 前菜
加賀の四季。

Imgp6561 造里
本日入荷魚、
あしらい一式。

Imgp6560
焼物
天然鯛香草塩釜焼き、
 ライム、アスパラ酢漬け。
スタッフが目の前で取り分けてくれます。

Imgp6565揚物
鮟鱇磯辺揚げ、

Imgp6563または海老天麩羅、
 加賀野菜 柚子塩 天出汁。

Imgp6566 蒸物
蓮根東寺蒸し 蟹餡かけ
 叩き山葵。

Imgp6567 替鉢 
和牛ステーキ ヒマラヤ岩塩
 にんにく醤油 または・・

Imgp6568 鮑と赤魚源泉蒸し 柚子味噌。


Imgp6554 鍋は、海鮮ちゃんこ鍋、

Imgp6555 または
蟹すき鍋、野菜一式。

Imgp6564 酢物
茹でずわい蟹、若布 胡瓜 
 土佐酢。


Imgp6570 甘味
日本酒ムース、黒豆酢 
パイン 金時草ケーキ
五郎島金時レアチーズ

Imgp6571 ご飯は食べきれず、おにぎりにしてもらい、後程お部屋へ届けてもらいました。

名物の「天然鯛香草塩釜焼き」をはじめ、熱いものは熱いうちにタイミング良く運んでくれます。ホスピタリティ高いです。

質、ボリュームとも素晴らしいものでした。


次回は朝食篇です。

片山津温泉 季がさねさんの楽天トラベル宿情報

片山津温泉 季がさね さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

加賀観光ホテル(2)

Imgp6533 大庭園露天風呂「湯多風多(ゆ~たふ~た)」へ。


Imgp6524 入って左手、柴山潟を見渡す「六角風呂」。


Imgp6530 さらに奥には「ゆったり寝湯」。バイブラジェットが入ってます。

Imgp6529 その右手には「瓶風呂」。


Imgp6526
回り込んで裏手は「灯台風呂」。

Imgp6525 さらに、こちらは左手が「流れる寝湯」。右奥が「岩風呂」。


Imgp6532 そして最後に左手「化学の湯」、インドアに「ミストサウナ」、「水風呂」、「サウナ風呂」とあるそうです。

Imgp6539
泉質表示
源泉名 片山津温泉 片山津2号(再)
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性中性高温泉)
泉温 72℃ pH 7.4

凄いですねぇ。お風呂のワンダーランドとでもいいますか。
1時間では全部入りきれないです・・(~_~;)
でも泉質は全て同じでした。

次回は「季がさね」に戻って夕食篇です。

(2013/01/16撮影)

片山津温泉 加賀観光ホテルさんの楽天トラベル宿情報

夢湯パーク 加賀観光ホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

加賀観光ホテル(1)

「季がさね」から「加賀観光ホテル」へはシャトルバスが原則16時、17時、そして21時と日に3本運行されています。加賀観光ホテルからはそれぞれ1時間後に戻ってくるスケジュール。宿泊客なら誰でも無料で利用可能(要予約)。

Imgp6511「夢湯パーク 加賀観光ホテル」は柴山潟湖畔に佇む「きらら館」と「ゆらら館」。玄関は1箇所ですが、2つの館は棟が異なります。


Imgp6513 さて、地区随一の湯量と22種類の多彩なお風呂を体験へ。
今回もレポは男湯のみでご容赦を。。


Imgp6515 広い脱衣所です。カギ付きロッカーもありました。


Imgp6516 パウダーコーナーも充実。広く清潔感あり。


Imgp6517 浴室内に入って行くとこんな案内図が。右手奥には大庭園露天風呂「湯多風多」があります。
広すぎて迷子になりそうです・・/(~_~;)


Imgp6518まずは「夢湯パーク(大浴場)」側。
源泉はこちらも片山津2号。食塩泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物泉)で、「季がさね」と同じ。

Imgp6519 洗い場も数多く、シャンプー類も充実しています。

Imgp6521 入って右手に「うたせ湯」。

Imgp6520 正面奥に「ジャグジー風呂」。


Imgp6522 うたせ湯脇から右手に折れて「大浴場(八角風呂)」。


Imgp6535 こちらは柴山潟を望める「露天風呂A」。



他にもご紹介しきれないほどのお風呂があります。
男女入れ替えあり。
男性は14:00~20:00、05:00~10:00で、
女性は、20:30~01:00まで。
立ち寄り湯は大人800円、小人400円。
入浴時間14:00~20:00


次回は大庭園露天風呂「湯多風多(ゆ~たふ~た)」へ。

(2013/01/16撮影)

片山津温泉 加賀観光ホテルさんの楽天トラベル宿情報

夢湯パーク 加賀観光ホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

片山津温泉 季がさね(3)

Imgp6494 さて、大浴場は男湯「ひこぼし」女湯「おりひめ」。入れ替えはなし。
利用時間は午前5時から午前1時まで。
午前10時~12時は清掃時間。
今回は男湯側のご紹介だけでご容赦を。

Imgp6495  広くて清潔感ある脱衣所。

Imgp6496パウダーコーナーもドライヤーや化粧品が並びアメニティ充実。


  Imgp6497浴室内は広く、窓からは柴山潟が見渡せます。

Imgp6499天然温泉100%のお湯は塩素臭もなく適温な感じ。


Imgp6502 湯口の様子。食塩泉でなめるとしょっぱい。
肌あたりは普通でクセのないお湯でした。


Imgp6498 カラン周り。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど種類豊富。

Imgp6500 露天へは湯舟を渡り、湯口脇の外扉を開けて階段を降ります。



Imgp6503 こちらが露天。広さは3畳ほど。
利用時間は午前6時から午前1時まで。



Imgp6504 柴山潟ビューの絶景露天。開放感あり。温度も適温でした。


Imgp6505 隣にサウナがあり。利用時間は午後3時から午後10時まで。



Imgp6542 こちらの源泉配湯のしくみを図解してました。
加水なしの天然温泉100%のようです。


Imgp6539
泉質表示
源泉名 片山津温泉 片山津2号(再)
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性中性高温泉)
泉温 72℃ pH 7.4

入浴後は肌もつるすべになる温まりのお湯です。
次回は本館「加賀観光ホテル」のお風呂へ。

片山津温泉 季がさねさんの楽天トラベル宿情報

片山津温泉 季がさね さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

片山津温泉 季がさね(2)

Imgp6480 お部屋は7階のレイクビュー。


Imgp6488 別角度から。テレビは32インチ。BSも映りました。
広いお部屋は、踏込み+12.5畳+広縁です。


Imgp6482 Imgp6479 (左)クローゼットにはセーフティボックス、(右)空の冷蔵庫。



Imgp6481 アメニティの数々。館内着は基本作務衣。浴衣の用意もあり。
ちなみにパウダーコーナー周りのアメニティは充分。
トイレは温水洗浄機能付き。


Imgp6483 広縁の様子。

Imgp6486 窓からは柴山潟を一望できます。噴水が上がっていました。
天気が良ければ遠く白山連峰も。


Imgp6493 キーは2つ。お茶請けは「柚子きんつば」でした。

次回はお風呂へ。

片山津温泉 季がさねさんの楽天トラベル宿情報

片山津温泉 季がさね さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

片山津温泉 季がさね(1)

Imgp6471 金沢を後に北陸道で片山津へ。

石川県加賀市、柴山潟湖畔の「季がさね(ときがさね)」さん。
加賀観光ホテルの別館です。
柴山潟を眺めながら浸かる片山津のお湯はさてどんなでしょう。
料理自慢の宿との事で食事の評判も悪くないようで期待が高まります。
(2013/01/16宿泊)

Imgp6473
車寄せではすぐ荷物を持ってくれました。
車もキーを預けるだけで移動してくれます。
ちなみに車で来る際、予約センターの電話番号をナビに打ち込むと近くの加賀観光ホテルの方に案内されてしまうので、住所を打ち込むようにしないといけません。



Imgp6474 こちらがティーラウンジ「茶山」。静かで落ち着いた佇まい。
高級感があります。


Imgp6477 こちらでウェルカムドリンク。この日はお茶とお汁粉が。
ゆったりチェックイン。


Imgp6509 こちらはお土産処。



Imgp6510 雪吊りがミニ兼六園風?な中庭も素敵です。


Imgp6586 廊下の様子。
お部屋は7階です。

片山津温泉 季がさねさんの楽天トラベル宿情報

片山津温泉 季がさね さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

近江町市場~近江町食堂

金沢市内観光の締めくくりは近江町市場へ。
Imgp6432 ここ近江町市場は言わずと知れた金沢市民の台所。

Imgp6437

Imgp6435

Imgp6434 日本海近海の鮮魚、海産物や加賀野菜など、多くのお店が軒を連ねる歴史ある市場です。

Imgp6440 ランチは一角にある有名な「近江町食堂」さんへ。

Imgp6444 店内の様子。

Imgp6454 黒板には本日のおすすめ。


Imgp6448 自分は「シロエビのから揚げ(550円)」、

Imgp6449 地元で取れる「ガスエビのから揚げ」(380円)でビールを。
ハンドルキーパーはカミサンです(笑)

Imgp6447 で、カミサンは「ノドグロのお造り(980円)」と・・。

Imgp6451 こちらは「ノドグロの塩焼き」(1800円)を定食(+400円)で。
お刺身も塩焼きも脂がのっていて絶品!

Imgp6453 さらに自分は追加で「赤ガレイ(700円)」を。
これもまずまず。


Imgp6446 こちらはテーブルのお品書き。
他にも新鮮なネタを使った海鮮丼をはじめ様々なお料理あり。
石川県の地酒など、ドリンクメニューも豊富でおすすめのお店です。
(2013/01/16撮影)





近江町食堂

石川県金沢市青草町1 近江町市場
TEL 076-221-5377

営業時間
10:30~1430,
17:00~22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

金沢城公園

兼六園~金沢城公園(入場無料)と回り、近江町市場へ。
続いては金沢城公園へ。

Imgp6421 石川橋を渡ります。


Imgp6457 石川門口から金沢城公園へ。
園内は入場無料。(一部建物を除く)


Imgp6423こちらが三の丸。新しく復元された菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓が見えます。

Imgp6426
右手は菱櫓。
石垣が見事ですねぇ(*^。^*)
平成7年に城内の整備が開始され、菱櫓、五十間長屋、橋爪門、続櫓、河北門などが次々と再建。平成18年に日本100名城に選定されたそうです。
ちなみに天守閣は慶長7年(1602年)に落雷による火災で焼失後、再建されていないらしいです。

Imgp6429 園内の広場から眺めた市内の眺望。

Imgp6456 この日はお天気に恵まれ遠く白山連峰も見渡せました。
この後は近江町市場を訪れます。

(2013/01/16撮影)



金沢城公園

開園時間
3月1日~10月15日 7:00~18:00(退園時間)
10月16日~2月末日 8:00~17:00(退園時間)
入場料無料
ただし、菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓について
・大人(18歳以上) 300円
・小人(6歳~18歳未満) 100円
団体(有料対象者30名以上)
・大人(18歳以上) 240円
・小人(6歳~18歳未満) 80円

お問い合わせ
石川県金沢城・兼六園管理事務所
石川県金沢市丸の内1番1号 
TEL 076-234-3800 FAX 076-234-5292

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

兼六園

兼六園~金沢城公園(入場無料)と回り、近江町市場へ。
まずは特別名勝の兼六園へ。

Imgp6400 随身坂口から入場。
石川県立美術館で買った「兼六園プラス1利用券」を提示。




Imgp6401 花見橋を渡ります。


Imgp6403 こちらが根上松。

Imgp6404 明治記念の碑「日本武尊(やまとたけるのみこと)像」。
明治10年、西南の役で戦死した郷土出身の将兵を祀った記念碑。

Imgp6408 こちらは七福神山。
文政5年(1822)に建てられた竹沢御殿から眺めた築山。
自然石を左から順に、恵比寿、寿老人、福禄寿、布袋、毘沙門天、弁財天にみたてて配しているそう。別名「福寿山」。

Imgp6410 雁行橋。


Imgp6458 霞が池。



Imgp6418 徽軫灯籠(ことじとうろう)は兼六園のシンボル的存在。
ちなみに兼六園とは六つの優れた景観、「六勝」を兼ね備えている事から由来するそうです。


Imgp6420 この後は桜ヶ丘口を出て石川橋を渡り、金沢城公園へ。
・・続く。
(2013/01/16撮影)



兼六園

開園時間
3月1日~10月15日 7:00~18:00(退園時間)
10月16日~2月末日 8:00~17:00(退園時間)
入園料
・大人(18歳以上) 300円
・小人(6歳~18歳未満) 100円
団体(有料対象者30名以上)
・大人(18歳以上) 240円
・小人(6歳~18歳未満) 80円

お問い合わせ
石川県金沢城・兼六園管理事務所
石川県金沢市丸の内1番1号 
TEL 076-234-3800 FAX 076-234-5292

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »