« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

山の神温泉 幸迎館(1)

8月以来今年4度目の幸迎館さん。(2012/12/17宿泊)

Imgp5852 車寄せではフロントスタッフがすぐ来て荷物を運んでくれます。

Imgp5853 エントランス正面から。
この8月に、エントランス部分がロビーからレストランにかけて吹き抜けにリニューアルされました。レストラン前のテラスには時節柄クリスマスのイルミネーションが。格調ある格天井は変わらず。

Imgp5916 こちらが奥にあるリニューアルした和食処「葉山」。
夕、朝食時の会場となります。

さて、チェックインはスムーズに済み、フロントスタッフさんが荷物を持ってお部屋までご案内。館内の説明も丁寧です。スタッフの応対はみなさん笑顔で、とてもホスピタリティを感じます。

さて、お部屋へ。
Imgp5854 前回と同じ参番館、今回も2階の山(渓流)側です。

Imgp5861 Imgp5858 基本レイアウトは前回と同様。
和室10畳(広縁付き)+次の間6畳+洋室ツインベッドと、贅沢な広さ。

Imgp5863 キーとお茶請け。ちなみにフロントスタッフさんが荷物を持って来た後は、一切スタッフの入室はなし。仲居さんのお茶出しもなし。布団もありますがフロントに連絡しなければセルフです。

Imgp5862 客室の天井ももちろん「格天井」。

Imgp5857 テレビは26インチ液晶デジタルで地デジの他、BS放送も対応。
やや奥まった配置ですが、台座が迫り出して見やすく出来ます。
下には金庫もあり。

Imgp5856Imgp5859(左)クローゼット内。浴衣は替えも揃っていてアメニティに不備はありません。(右)冷蔵庫は空きスペースあり。

Imgp5860 ユニット式のバストイレ洗面台。温水洗浄便座付きです。
部屋が広い割にはここがネック。狭く感じました。

Imgp5887 窓際からの眺めです。
木々の合間から豊沢川沿いの雪景色が垣間見えました。


次回はお風呂へ。。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

鳴子湯乃里 幸雲閣 別館(5)

さて、朝食篇です。
Imgp5786 場所は夕食と同じ2階のレストラン。

Imgp5790 お膳はこんな感じ。

Imgp5792 熱々のハムエッグが美味しかった(*^_^*)

Imgp5788 サラダやヤクルト、温泉たまごなどセルフサービスメニューも。


Imgp5789 コーヒーのサービスもあり。


Imgp5837 食後は隣の幸雲閣本館へ。


Imgp5841

Imgp5842 宿泊者はこちらのお風呂も楽しめます。
詳細は前回レポにて。。

Imgp5839 今回は系列30周年大感謝キャンペーン抽選券が付いたプラン。
本館側で一人1本空クジなしの抽選が出来ます。
結果は・・5等のボックスティッシュ、4等の500円クオカードでした(~_~;)


お湯良し、食事良し、スタッフ対応良し。
お湯の良さは特筆、鳴子のおすすめ宿です。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんの楽天トラベルt宿情報

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

鳴子湯乃里 幸雲閣 別館(4)

夕食篇です。
Imgp5793 食事は夕、朝食とも2階のレストランにて。


Imgp5765テーブルの様子。


Imgp5766献立表です。

Imgp5773お酒は一関の「磐の井」をチョイス。
鳴子でこれが飲めるなんて珍しいですね(*^_^*)




お料理を順に。。Imgp5769先付け
つぶ貝旨煮
前菜
旬の三種盛り

Imgp5772お造り
季節の盛り合わせ

Imgp5770鍋物
伊達桜ポークと松茸しゃぶしゃぶ


Imgp5780煮物
メバル煮付け


Imgp5771焼物
仙台黒毛和牛陶板焼き


Imgp5778中皿
松茸グラタン

Imgp5779食事
松茸釜めし

Imgp5784留椀
なめこ味噌汁
香の物
宮城県産野菜漬け

Imgp5785水菓子
この日はモンブランケーキでした。

メバルの煮付けやグラタンは後出し。温かい内に運ばれてきました。
全体的に美味しかったです。



次回は朝食篇です。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんの楽天トラベルt宿情報

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

鳴子湯乃里 幸雲閣 別館(3)

Imgp5822さて、お風呂へ。
まずは男湯側からご紹介。

Imgp5804 脱衣所の様子。とても綺麗で掃除が行き届いているようです。


Imgp5805 パウダーコーナーに洗面ボウルは3基。
男性化粧品やコットン、カミソリなど充分なアメニティ。

Imgp5811 長方形に近い変則な浴槽は20人近く入れそうな広さ。

Imgp5815 温度はやや熱めの適温で、加水なしの源泉掛け流し。
褐色掛かった濁り湯です。
窓際には中庭の雪景色が垣間見えます。

Imgp5816 湯口付近です。
舐めてみると微かに金気味。
いわゆる「アブラ臭」+「土類臭」のような匂いが香ります。
嫌な匂いではありません。

Imgp5810 洗い場はシャワー付きカランが8基。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。

Imgp5830 続いて女湯側。(カミサン撮影)。

Imgp5828 脱衣所の様子。

Imgp5823女湯側もスキンケア化粧品、コットン、バスキャップなどアメニティは充実しています。ドライヤーも2基あり。

Imgp5826 内湯の様子。基本仕様は男湯側と変わらないようです。
浴後は冷めにくく暖まりの湯です。



Imgp5824 洗い場の様子。
こちらもシャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。

Imgp5807 泉質表示。
源泉名 黄泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉
(旧泉質名 含塩化土類・石膏-重曹泉)

泉温 81℃ 使用位置69.4℃ pH値 7.2

メタケイ酸は327.4mgと豊富な美肌の湯。
内湯のみですが文句なしに素晴らしいお湯でした。

Imgp5802 こちらは湯上り処。
次回は夕食篇です。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんの楽天トラベルt宿情報

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

鳴子湯乃里 幸雲閣 別館(2)

Imgp5750 部屋の中の様子です。
和室8畳に広縁付きです。2人で泊まるには充分な広さ。
掃除が行き届いていて清潔感がありました。
入室後タバコ臭が若干気になったのでフロントに連絡。
禁煙室ではないので消臭剤で対応してもらいました。

Imgp5831 こちらの壁にも「相田みつを」の詩が・・。


Imgp5762 部屋の備品類。電気ポット、冷水ポット、お茶道具、金庫あり。
テレビは22インチ。地デジのほかBSも映りました。


Imgp5754 キーとお茶請け。
スタッフさんは荷物を置くと館内の説明、食事時間のリクエストのみでお茶出しは特になし。


Imgp5745 Imgp5746 洗面化粧台周りのアメニティは充実しています。トイレは温水洗浄機能付。


Imgp5744 クローゼット内のアメニティ。



Imgp5753 空の冷蔵庫あり。


Imgp5833 広縁からの眺めは雪の中庭です。



Imgp5763夜はライトアップされています。


次回はお風呂へ。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんの楽天トラベルt宿情報

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

鳴子湯乃里 幸雲閣 別館(1)

今回は鳴子温泉の「幸雲閣別館」へお泊りです。
今年4月にも立ち寄り湯でお世話になったこちらのお湯は源泉掛け流しで「ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉」いわゆる土類臭・アブラ臭系の含塩化土類・石膏-重曹泉です。
立ち寄った時のスタッフの応対も良かったし、食事も中々良さげなので楽しみです。
Imgp5737 大雪になりました。玄関先では寒い中スタッフの方が出迎えです。(2012/12/09宿泊)

Imgp5799

Imgp5801 ロビーはこんな感じ。スムーズなチェックイン。

Imgp5832今回は系列の山麓荘グループ「30周年記念大感謝キャンペーン」。
抽選券まで付いたお得なプランでした。


Imgp5795 3階の廊下の様子。
部屋までは荷物を運んでくれます。


Imgp5797 廊下の壁にはそこここに「相田みつを」の詩が掛けてありました。



Imgp5798 部屋は313号室。
和室8畳に広縁付きです。
本館側と比較すると全18室の静かな別館です。
部屋の様子は次回に。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんの楽天トラベルt宿情報

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

台温泉 炭屋台の湯(4)

食事は基本部屋食または個室食となります。

Imgp5707 18時30分にリクエスト。時間通り部屋に連絡があり、隣にある空いている客室を用意され夕食膳になりました。

献立表は特になし。
今回はリニューアルオープン企画として・・
「マシェリを見た」でお一人様1本ビールをサービス!
四季を感じる岩手自慢の食材による会席料理に「あわび」または「県産牛ステーキ」をチョイス出来るプラン。
(2013年1月31日まで※12/28~1/5除く※お部屋タイプ1が12,600円、タイプ2が10,500円、休前日3150円増し※詳細はTEL 0198-27-2561 炭屋台の湯さんへ)






以下お料理をご紹介(順不同)。

Imgp5711 Imgp5712
Imgp5713 Imgp5714 Imgp5718 Imgp5717Imgp5719

Imgp5720Imgp5708Imgp5710 Imgp5721

鍋は岩手の名物「ひっつみ鍋」。温かいものは温かいうちに順に運ばれて来ました。
お料理の説明もあるにはありましたが、出来れば献立表があると、より印象深かったと思います。

Imgp5726こちらは翌朝の朝食膳。

内湯しかないですがお湯もクセ無く、接客態度も○。
強いて難点を挙げるなら歴史ある建物のせいか足音が響くのと、段差が多い事。
リーズナブルなプランがあれば利用してみるのも悪くない宿。

台温泉 はな台の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

台温泉 炭屋台の湯(3)

Imgp5722 入れ替わって、翌朝の手前側の湯へ・・。

Imgp5728

Imgp5727 脱衣籠と洗面台、という一般的なレイアウト。男女湯両方ともフェイスタオルは使い放題のよう。

Imgp5732 総ヒバ造りという大きな浴槽。10人前後は入れそうです。
内湯のみのシンプルな造り。
Imgp5734 こちらは掛け流し循環併用のようですがこの日は掛け流されていたようです。温度管理されていて湯加減は丁度良い感じ。

Imgp5737 湯口には布袋さまの置物が。
僅かに硫黄臭、消しゴムカス状の湯の花もチラホラ。

Imgp5731 こちら側のカランは全てシャワー付きで5基あり。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ付き。

源泉名 台温泉(新湯)
泉質 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩 ・ 塩化物泉(硫化水素型)
低張性弱アルカリ性高温泉
源泉温度 95.6℃  pH値 8.2


次回は食事篇です。

台温泉 はな台の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

台温泉 炭屋台の湯(2)

お風呂は男女別の内湯のみですが時間帯で入れ替えあり。
Imgp5684 まずは奥側、この日の男湯側へ。。
手前左手には冷水のサービスが。

Imgp5690 脱衣所はあまりシンプル。フェイスタオル常備。

Imgp5686 パウダーコーナーは洗面ボウルが2基。

Imgp5698 2、3畳ほどの木枠の浴槽。


Imgp5691蒸気の抜けがイマイチ、温度はまったりの適温でした。
軽い硫黄臭で少しトロりとした泉質。源泉100%掛け流し。

Imgp5696Imgp5697 洗い場ははシャワー付きカランが左右に2基ずつ。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。

Imgp5704 源泉名 台温泉(寿の湯)
泉質 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩 ・ 塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度 95.6℃  pH値 8.3

温まりのお湯で、メタケイ酸が100.9と豊富な美肌系。
湯上りはつるつるすべすべに。

次回は反対側のお風呂へ。

台温泉 はな台の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

台温泉 炭屋台の湯(1)

Imgp5653 台温泉へは先月もお邪魔してましたが、炭屋台の湯さんへのお泊りは昨年12月以来ジャスト1年ぶり。
そういやぁ前回は足の指の爪を剥がしてリハビリの温泉行きでしたねぇ・・/(~_~;)

Imgp5683

Imgp5657 Imgp5658 玄関回りの佇まい。全10室、築200年の風情ある鄙び宿です。




Imgp5706廊下の様子。
炭屋台の湯さんの館内は全て畳敷き。

Imgp5678 ただ古い建物なので館内の移動は段差が気になりました。


Imgp5681 部屋は2階の「すみれ」の間。


Imgp5671 8畳プラス+2畳広縁付き。


Imgp5672 デジタル液晶テレビは地デジのみですがこちらは32インチ。
暖房設備はエアコンとファンヒーターの二刀流。

Imgp5669 広縁の様子。籐のイステーブルがありました。

Imgp5666 冷蔵庫、金庫あり。 


Imgp5670クローゼットの様子。備え付けのアメニティには湯上り足袋も。
扉の蝶番が外れかけていましたが、この後フロントに言ってすぐ直してもらいました。


Imgp5662 Imgp5663 トイレはウォシュレットタイプ。
パウダールームあり。

次回はお風呂へ。。

台温泉 はな台の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

帝国ホテル東京(2)

Imgp5629 朝食は元祖バイキングで有名な帝国ホテル本館17階にある。「SAL the imperial viking(インペリアルバイキング サール)」へ。

Imgp5648 サール入り口、17階からの眺めです。


海外では主に“buffet(バフェ)”や“smorgasbord(スメルガスボード)”と呼ばれていた給仕方式を帝国ホテルの総料理長だった村上信夫さんが“バイキング”と名づけて日本に紹介したのが始まりとか。

Imgp5647 さて、中へ。

Imgp5637 テーブルの様子。

Imgp5630 席に付くとすぐスタッフがきて、まずはコーヒーか紅茶のサービス。
早速、美味しいお食事を取りに・・(*^_^*)


Imgp5638

Imgp5639

Imgp5641 熟練のシェフがオープンキッチンで仕上げる約40種類の料理は和洋問わず。

Imgp5645 今回はこんな感じで取ってみました・・(~_~;)
意外な感想かもですが、お味噌汁がメチャ美味しかったです。


Imgp5649 予約は特に不要。
朝食タイム 7:00~9:30まで。
ランチ 11:30~14:30
ディナー 17:30~21:30(土日祝は17:00~)


最後に・・。
流石、帝国ホテルでした。一晩だけでしたが一流のクオリティ、きめ細やかなホスピタリティを味わえました。
次に東京で泊まるときも、ここのゲストになりたいものです。

帝国ホテル東京さんの楽天トラベル宿情報

帝国ホテル東京さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

白金魚 プラチナフィッシュ

Imgp5613 さて、夕食は食べログで事前に予約していた新橋の「白金魚 プラチナフィッシュ」さんへ。(2012/11/26訪問)
予約はかなり早くから平日休日問わず毎日ほぼ満杯。


Imgp5621店内の様子。



この日のお料理はこんな感じ。Imgp5618

Imgp5619

Imgp5620

Imgp5624

Imgp5626 毎日三浦半島から新鮮な鮮魚と地野菜を直送で仕入れ、おいしいワインを飲みながら直送食材を楽しむ創作ダイニングだとか。
お一人様2000円~をメインにお客の好き嫌いを訊きながら、メニューを提案しているそうです。この日は2,000円のコースでおまかせ。

Imgp5616 お料理にあうオススメワインを頂きながら美味しい洋風創作料理を頂きました。カウンターでの気さくなやりとり、出てくるタイミングも大満足。
この日は食べログのプレミアムクーポン利用で20%オフでした。
ワインフルボトルで2本飲んで二人で12,000円ぐらいでした。
リーズナブルな価格設定でオススメです。


白金魚 プラチナフィッシュ (PLATINUM FISH)

TEL 03-3593-0999

東京都港区新橋3-2-12 高松ビル1F

交通手段
JR新橋駅 徒歩5分
都営三田線 内幸町 徒歩3分 新橋駅から328m

営業時間 11:30~14:30 /  17:00~23:30
ランチ営業、夜10時以降入店可

定休日 日曜・祝日

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

帝国ホテル東京(1)

Imgp5601 今回の宿泊は「帝国ホテル東京」のタワー館にお世話になりました。
(2012/11/26宿泊)

Imgp5604 ロビーの様子。
ベルボーイがすぐ荷物を持ってくれスムーズにチェックイン。

Imgp5607 こちらが今回泊まったタワー館25階のスタンダードツインルーム。
今回はじゃらんの【訳あり・直前割】シーズンプランで格安でした。


Imgp5608 バスルームです。トイレはもちろん温水洗浄機能付。



Imgp5609 パウダーコーナーのアメニティは流石一流ホテルでした。


Imgp5611 テレビは32インチ。館内のガイダンスチャンネルから始まって地デジ、BSも映ります。


Imgp5612 テレビの下の棚を開けると・・。冷蔵庫はこんな感じ。


Imgp5652 キーは2つ。カードキーです。
館内はお部屋でもWiFiが無料で使えます。


Imgp5606 クローゼットにはセーフティボックスが。

Imgp5628 25階からの眺め。新橋駅方面。新幹線ビューです(*^_^*)。


Imgp5650 もちろん朝は朝刊が入ります。他にも柔らかい枕が苦手なのでフロントにお願いしたらば「そば殻」やら「テンピュール」やら持ってきてもらえました。
色々ホスピタリティの高さは流石でした。


今回は素泊まりのシンプルなプランでした。
夕食は予約していた外のお店へ出かけます。

帝国ホテル東京さんの楽天トラベル宿情報

帝国ホテル東京さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

ツタンカーメン展

Imgp5599 上野の森美術館 で開催中の「ツタンカーメン展」を観に行きました。
(2012/11/26)

Imgp5597 生憎の雨に長蛇の列。。(@_@;)
13時~13時15分の整理券をもらいます。時間になったら行列に。
暫し上野公園内を散策。。


Imgp5590 そうこうしている内に時間になったので、また行列に並びました。
さらに30分ほど寒い雨の中並んでやっと中へ。

Imgp5598 ここから先は撮影禁止。
中に入ると、5分ぐらいのタイトルVTRが流れます。
内容は元エジプト考古大臣で発掘の責任者「ザヒ・ハワード」博士からのメッセージ、発掘の経緯や今回の展示品の素晴らしさなどが語られていました。
それにしても連休明けの月曜日、平日というのに凄い混雑でした。
展示は6つのコーナーに分かれていて、所要時間は1時間ほど。
日本未公開の展示品を含む122点、全て素晴らしかったですが、やはり圧巻は「ツタンカーメンの黄金のカノポス」でしたね(*^_^*)。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

洋食や 三代目 たいめいけん

11月26日は「いい風呂の日」ですが、温泉ではなく東京へ行って来ました(~_~;)
上野の森美術館で開催中の「ツタンカーメン展」を観るためです。
さておき、昼前に到着してランチへ。
Imgp5576 最近話題のエキナカ、JR上野駅の「ecute(エキュート)」に入っているお店です。

Imgp5577 色々あって迷いますねぇ・・(~_~;)

Imgp5578ランチの「洋食やのお昼ごはん」も美味しそうです。

Imgp5585店内の様子。
時間は11時30分過ぎ頃。辛うじてすんなり座れました。


Imgp5582 メニューから「昭和のコンビネーションセット」をチョイスしてみました。

Imgp5586 自分がオーダーしたのは国産粗挽きハンバーグとセットを。
オムライスのソースはデミグラスだとハンバーグと味が被ってしまうのでケチャップです。


Imgp5589 こっちはカミサンが頼んだカニクリームコロッケとのセット。
待つ事10分程度で熱々出来たてを頂けます。
昔懐かしい洋食屋さんの味って感じ。色々選べて楽しかったです。
ただオムライスって食べてるうちに意外に飽きちゃいそうな優しい味。
ハズレでは無いけれど「三代目」のブランド力に期待したほどでもなかったかなぁ。コスパ的には場所柄を考えればこんなものでしょうね。

洋食や 三代目 たいめいけん
東京都台東区上野7-1-1 エキュート上野 3F

営業時間 7:00~23:00(月~土)/7:00~22:30(日・祝)
(モーニングタイム 07:00~10:00)
朝食営業、ランチ営業、日曜営業

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

水沢温泉郷 友情の滝

朝の散歩がてら駒ケ岳温泉さんから歩いて2~300mほどのところにある「友情の滝」へ出かけてみました。(2012/11/20取材)

Imgp5575 朝、駒ケ岳温泉さんの玄関前。

Imgp5574 直ぐ前にある小川。

Imgp5572 川沿いを歩いていくと見えてきました。

Imgp5570 立派ですねぇ(^。^)
資料によると落差は25m。
この滝は水沢が流れ落ちたもので大小二本の流れが友情を表しているそう。この近辺で大和田沢と合流してサボーカルチャーパークへと流れているそうです。
暫し喧騒を忘れマイナスイオンで癒されました。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(7)

Imgp5556 翌朝の朝食処もおなじ場所で。

Imgp5561 お膳はこんな感じ。

Imgp5563 これは比内地鶏のゆで卵です。
生卵か、ゆで卵か選べます。一般の鶏卵よりも一回り小ぶりですが黄身の濃厚な味わいが特徴的。


Imgp5562 こちらは秋田民謡にも謡われている有名な「檜山納豆」。

Imgp5559 湯豆腐のお鍋も美味しく頂きました。

Imgp5571 朝食後に、すぐ近くの「友情の滝」を散策。
駒ケ岳温泉前から歩いて5分ぐらい。

駒ケ岳温泉はお湯良し。人良し。価格良し。
リーズナブルに鶴の湯クオリティが味わえます。
人気の高さが頷ける良宿です

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(6)

さて、夕食膳です。
Imgp5462 食事は夕、朝食とも1階の「そば五郎」にて。
夕食時間は18時30分にリクエスト。

Imgp5455

Imgp5460 テーブルの様子。
食事は地場食材を活かした創作会席。



お料理一品づつを。(順不同)Imgp5456

Imgp5457

Imgp5458

Imgp5459

Imgp5464

Imgp5466

Imgp5467 これが名物「山の芋鍋」。
フワフワ&もっちりした食感は一度食べたら忘れられないです。

Imgp5469 「そば五郎」だけあってシメは十割そば。
しゃきっとしたコシのある冷たいおそばです。

Imgp5470 デザートは柚子のシャーベットで。

今回は献立表はなし。
でも相変わらず美味しかったです。

次回は朝食篇です。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(5)

Imgp5534 続いて貸切露天へ。

Imgp5472 貸切り露天も別棟です。
旅館側出口にあるバスマット付きの脱衣籠を持って湯小屋へ。

Imgp5508 渡り廊下の途中右手に宿泊者専用の湯小屋があります。
渓流に面したロケーションの貸切露天が2つ。
宿泊者は空いていれば内鍵だけでOK。
予約無し、無料で利用出来ます。

Imgp5509 利用時間は16時~23時、6~9時。


Imgp5511 まずは右側へ。
脱衣所は至ってシンプルで、脱衣籠を置く棚だけの造り。

Imgp5513 二人で入るには充分な広さの木枠の浴槽です。
洗い場は無し。掛け湯のみ。

Imgp5518 別角度から。
レトロな傘付き電灯が秘湯感たっぷりです。
湯温も適温でまったり出来ました。

Imgp5530 左手側の露天はこんな感じ。


Imgp5525 渓流を望む絶好のロケーション。
こちらも加水なしの100%源泉掛け流し。白い湯の花が豊富です。
ちょっとだけ飲んでみると、微塩味。


次回は夕食篇を。。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(4)

Imgp5538続いて女湯側へ(カミサン撮影)。


Imgp5540 脱衣所です。

  Imgp5555 パウダーコーナー。
高い天井がイイ感じ。

Imgp5541 内湯の様子。
こちらも男湯側同様、10人以上は入れそうな木枠の浴槽。
しっかりオーバーフローされています。


Imgp5551 浴室内の太い木柱がこれまたイイ風情を醸していますねぇ(*^_^*)

Imgp5543入って左手に掛け湯。

Imgp5552シャワー付きカランが6基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp5548露天です。
男湯側と異なり楕円型の浴槽。
やはり湯淵が石組みの浴槽はおよそ5、6人サイズ。
こちらも渓流沿いのベストロケーションは変わらず。


Imgp5549打たせ湯もあり。

Imgp5428 源泉名 秋田駒ケ岳温泉
泉質 含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉(旧泉質名 含食塩・重炭酸土類-石膏泉)
泉温 52.0℃ pH 6.5
※表示は平成17年5月分析時のもの。今現在は加水なし。

メタケイ酸は273.0mgと豊富で浴後はお肌しっとりつるスベ。


次回は宿泊者専用の貸切露天風呂側をご紹介。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(3)

さて、新しくなった大浴場へ。
以前の場所とは異なり、本館とは別棟の湯小屋です。
Imgp5479 渡り廊下を通り、貸切露天の先へ。

Imgp5507 広いエントランススペース。
マッサージ器やカギ付きロッカーもありました。

Imgp5481 まずは男湯側へ。
脱衣所です。

Imgp5482 パウダーコーナー。

Imgp5483 内湯の様子。
10人以上は入れそうな木枠の浴槽。
しっかりオーバーフローされていてイイ感じです。


Imgp5489 日差しも入り明るい雰囲気。
窓の外には前夜に降った雪がチラホラ。


Imgp5504高い天井。
昭和の木造校舎を思わせるウッディでレトロな造り。


Imgp5484 入って右手に掛け湯。

Imgp5491 湯口付近です。
100%源泉掛け流し。塩素投入等は一切なし。

Imgp5533 白い湯の花が豊富です。
お湯の匂いは硝煙臭+微アブラ臭系。舐めてみると微妙に塩味。
お湯はこの時期バッチリ適温で浴後は温まりやすい感じ。

Imgp5486 カラン周りです。リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp5495内湯からドア1枚で露天へ。
屋根が無く開放的な作り。
湯淵が石組みの浴槽はおよそ7、8人サイズ。


Imgp5498 渓流沿いのベストロケーションです。
温度も適温でまったり寛げました。


Imgp5494 打たせ湯もあり。

Imgp5429源泉名 秋田駒ケ岳温泉
泉質 含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉(旧泉質名 含食塩・重炭酸土類-石膏泉)
泉温 52.0℃ pH 6.5

メタケイ酸は273.0mgと豊富な美肌の湯。
以前の内湯(表示)はやむなく加水していたそうですが、今現在は加水なしの100%掛け流しだそう。

次回は女湯側をご紹介。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(2)

Imgp5408 お部屋は前回同様「山桜(さくら)」を予約したんですが、またもや宿のご好意でアップグレードして頂き広い「天杉(すぎ)」に。
毎度大変感謝です(*^_^*)

Imgp5409 別角度から。
広縁は無しですが角部屋で15畳あり。
通常なら13,000円相当のお部屋です。


Imgp5412 テレビはシャープアクオス液晶デジタル32インチ。前回泊まった時は小さめのテレビだったのですがグレードアップしてました。
映るのは地デジのみ(地形のせいかNHKは映りがイマイチでした)。
冷蔵庫は持ち込み用に空。
金庫、卓上スタンドもあり。


Imgp5537 窓からは渓流を望めます。

Imgp5411 備品類は浴衣、丹前、タオル大小、歯磨きセットなど一揃え。

Imgp5417 宿泊者専用の館内スリッパ。

Imgp5413 Imgp8534(左)クローゼットの様子。(右)この部屋付きのバスルームも。

Imgp5414 Imgp5415 (左)洗面ドレッサー周り。
ドライヤー、カミソリと歯ブラシ、石鹸あり。
(右)トイレは温水洗浄付き。


次回はお風呂へ。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(1)

Imgp5404 秋田は田沢湖方面、水沢温泉郷にある駒ケ岳温泉。
あの人気宿「鶴の湯」と同系列の経営です。
昨年4月以来4度目の訪問。
水沢温泉郷といっても引き湯ではなく自家源泉100%。
さらに今年9月に大浴場が露天風呂も加わり、全面リニューアルされたそうで、これは是非とも来なくちゃ、という事でお泊りです。
(2012/11/19宿泊)

Imgp5566 玄関前には雪国ならではの風除室スペースが。

Imgp5564 そば打ちにも使われている美味しい湧き水が玄関左にあり。

Imgp5567ロビーの様子。
左手がフロント。チェックインはスムーズ。
鶴の湯への送迎を夜8時頃行っています(宿泊者は入浴料とも無料で利用可)。チェックイン時にフロントで要予約。
なお、FREESPOTに対応していてロビーなら無線LAN接続可能。



Imgp5568 日帰り湯は大人500円、子供250円。
こちらの券売機で購入します。


Imgp5421 正面奥には田沢湖駅前と同じ、「十割そば処 そば五郎」があります。
宿泊者の夕、朝食はこちらで。
もちろん日帰り湯と併せてランチ利用もまた良し。
(ランチ営業は11時から14時)


Imgp5453 2階の廊下。
画面左手、リビングセットの奥に見えるのは宿泊者専用の無料のマッサージチェア。

お部屋の様子は次回。。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

休暇村 乳頭温泉郷(4)

翌朝も同じ会場です。Imgp0656

Imgp5397

Imgp5398

Imgp5401

Imgp0646地元産の比内地鶏の卵や漬物(がっこ)、新鮮サラダから自家製パンなどバラエティ豊かです。

Imgp0651

Imgp0653 デザート類も充実。
コーヒーのサービスももちろんあり。

Imgp5403こんな感じで盛りつけてみました。

Imgp5359 お湯良し。スタッフ良し。食事良し。
気兼ねなくのんびり寛げる宿。
乳頭温泉郷の湯めぐりの拠点にもおすすめですね。

休暇村 乳頭温泉郷さんの楽天トラベル宿情報


休暇村 乳頭温泉郷さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

休暇村 乳頭温泉郷(3)

毎度評判の良い休暇村 乳頭温泉郷の食事。
Imgp5387会場は1階のレストランにて。
 
Imgp5389 夕、朝食ともレストランにてバイキング形式となります。

Imgp5390郷土色豊かな「山の芋鍋」や岩魚の塩焼きなども熱々で並びます。

Imgp5388 天ぷらの実演も。揚げたてが頂けました。

Imgp5394 休暇村名物の「もっきり」も欠かせません。
いつもの「六舟」を頂きます。姐っこ衣装のキュートな女性スタッフさんが表面張力目一杯に注いでくれました。

Imgp5396

Imgp5395 こんな感じで盛ってみました。

次回は朝食篇です。

休暇村 乳頭温泉郷さんの楽天トラベル宿情報


休暇村 乳頭温泉郷さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

休暇村 乳頭温泉郷(2)

Imgp5372 さて、お風呂へ。

Imgp5318 Imgp5319脱衣所の様子。脱衣籠の横には鍵付きロッカーあり。
パウダーコーナーもアメニティ豊富です。

Imgp5373内湯は2種類の源泉が楽しめます。

Imgp5381 左側茶色い濁り湯「乳頭の湯」(ナトリウム・炭酸水素塩泉)と、右側黒湯からの引き湯、白濁の混合泉「田沢湖高原温泉」(1号、2号、4号混合泉・単純硫黄泉)。

Imgp5378アブラ臭のするお馴染みの「乳頭の湯」(ナトリウム・炭酸水素塩泉)の様子。

Imgp5380 カランは全てシャワー付きで10箇所。
アメニティは馬湯(まーゆ)ブランドのシャンプー、トリートメント、ボディソープなど豊富。

Imgp5376 ブナ林に囲まれた白濁の露天です。
この時期は落葉も終わり、そろそろ雪化粧を待っています。
泉質は「田沢湖高原温泉」(1号、2号、4号混合泉・単純硫黄泉)。
温度も適温。香ばしい硫黄の香りがまた良いですね。

Imgp5383 湯上りにはもちろん「ブナ林のおいしい水」があります。

Imgp2421_2 泉質表示。
こちらは内湯の大きい浴槽側。
源泉名 乳頭の湯
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉(純重曹泉)
泉温 源泉53.1℃ pH 6.7

Imgp2422 こっちは内湯の小さい方と、露天の泉質。
源泉名 1号、2号、4号混合泉
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)
泉温 源泉59.1℃ pH 5.4

次回は食事篇です

休暇村 乳頭温泉郷さんの楽天トラベル宿情報


休暇村 乳頭温泉郷さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

休暇村 乳頭温泉郷(1)

Imgp5360 今年3月以来8ヶ月ぶりの休暇村 乳頭温泉郷。
そろそろここの2種類の濁り湯が恋しくなってきました。
(2012年11月11日訪問)

Imgp5384 館内ロビーにはFREESPOTのWiFiポイントがあります。
無料で使えるパソコンも一台あり。
空いていればフロントに声を掛けて利用できます。

Imgp5362 さて、お部屋はいつもお世話になっている3階の禁煙和室。


Imgp5369 広縁の様子。

Imgp5370 窓から見た外の様子。
落葉が晩秋から初冬への移り変わりを告げていました。
今シーズンもまもなく雪の季節でしょう。

Imgp5363 テレビは液晶デジタル32インチ。地デジのみでBSは非対応。
金庫、湯沸しポット、卓上スタンド付き。
空の冷蔵庫。上の冷水ポットに備え付けの「ぶな林のおいしい水」は中々美味。

Imgp5368 お茶請けはこんな感じ。
キーは2つ。お風呂へ行くときなんか便利です。

Imgp5365 広いクローゼットには浴衣、羽織、バスタオルなど。

Imgp5366 Imgp5367 (左)洗面ドレッサー周りはドライヤー他、フェイスタオル、はみがきセットなどのアメニティ。
(右)トイレはもちろん温水洗浄付き。

Imgp5371 部屋の前の廊下。
浴室棟に近いお部屋で満足度高かったです。

次回はお風呂へ。

休暇村 乳頭温泉郷さんの楽天トラベル宿情報


休暇村 乳頭温泉郷さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

花巻台温泉 旅館かねがや(5)

Imgp5304 さて、食事は夕、朝とも2階の個室にて。
18時30分にリクエスト。時間通り用意されています。

Imgp5305 夕食膳はこんな感じ。
グレードアッププランなのでボリューミィです!(*^_^*)

選べるメイン料理+季節の小鉢+天然松茸土瓶蒸し+天然きのこひっつみを頂けます。



一品ずつアップで(順不同)。。
Imgp5307 Imgp5308 Imgp5310 Imgp5311 Imgp5312 Imgp5313 Imgp5314 Imgp5315 Imgp5309Imgp5316Imgp5319Imgp5318


Imgp5317こちらは選べるメイン料理から「白金豚豆乳鍋」を。

Imgp5306 こちらはグレードアッププランに付く松茸の土瓶蒸し!

他にも同プランには一人につきお酒(ビールorお調子)またはジュース1本が付いてお得感がありました。


Imgp5336 こちらが朝食膳。
あたたかいツヤツヤご飯にこの時期地元で採れた天然きのこのお味噌汁はとても美味しかったです。


建物こそ古いですがそれもまた一興。
お湯は文句なし、お料理も美味しく、休前日も同料金とリーズナブル。
日帰り湯もいいですが、たまにはのんびりと泊りがけで、そんな気分にさせるお宿でした。

台温泉 旅館かねがやさんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 旅館かねがやさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

花巻台温泉 旅館かねがや(4)

Imgp5292さて、女湯側(カミサン撮影)。


Imgp5301 脱衣所はこちら側も至ってシンプル。



Imgp5299 内湯は男湯側より一回り小さ目。石造りで丸い浴槽。
やはり源泉掛け流しでオーバーフローさせています。

Imgp5298 浴槽の中は2段になっていて1/3ほどが浅くなっています。
こちら側も熱からず温からず適温にでした。



Imgp5300 洗い場は2箇所。シャワー付きカランが2基(1基は奥の壁側)
リンスインシャンプー&ボディソープあり。



Imgp5290泉質表示。
源泉名 台温泉 寿の湯(1号泉、2号泉の混合泉)
泉質 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ高温泉)
泉温 75.5℃  pH 8.4


次回は食事をご紹介。

台温泉 旅館かねがやさんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 旅館かねがやさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

花巻台温泉 旅館かねがや(3)

さて、お風呂へ。

Imgp5283 同じ3階の奥が浴室です。
まずは男湯から。
ちなみに男女の入れ替えはなし。


Imgp5348 脱衣所は至ってシンプル。


Imgp5347 浴室内へ。露天はなく内湯のみです。

Imgp5341 2、3畳ほどの浴槽は御影石張りで気をつけないと少々滑ります。


Imgp5339 お湯は湯の花豊富な源泉掛け流し。クセがなく、ほんのり微硫黄臭。
温度は体感は最初はやや熱めからちょうどよい感じ。
浸かると声にならない呻き声が出る感じ。お分かり頂けますか?

Imgp5286 洗い場は3か所。シャワー付きカランが2基。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。


Imgp5340 窓からは裏山の紅葉が映えて綺麗でした。


Imgp5350 泉質表示。
源泉名 台温泉 寿の湯(1号泉、2号泉の混合泉)
泉質 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ高温泉)
泉温 75.5℃  pH 8.4

今まで入った台温泉の他の宿のお湯とも微妙に違うブレンド具合です。
メタケイ酸は99.7と豊富な美肌の湯。
とても湯上がり感が良くしっとりすべすべでした。


次回は女湯側をご紹介。

台温泉 旅館かねがやさんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 旅館かねがやさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

花巻台温泉 旅館かねがや(2)

さてお部屋「宝来」の間へ。
老朽化は否めないものの、掃除は行き届いていました。
Imgp5275  Imgp5276 8畳+広縁付+次の間(3畳)付き。
古い旅館の佇まいそのものといった印象。

Imgp5280 テレビは新しく、デジタル液晶のシャープアクオス22インチ。
ただし映るのは地デジのみ。


Imgp5277 今回部屋にはトイレなし。洗面所だけは小さいのが付いてました。

Imgp5296 部屋の鍵とお茶請け。
古い旅館で禁煙部屋はないのですが、しっかり消臭されていてタバコ臭さはほとんど感じませんでした。
ちなみに金庫はなし。部屋は内鍵のボタンを押してロックするタイプ。


Imgp5295 Imgp5279 クローゼット内には浴衣、帯など一通りのアメニティあり。
冷蔵庫はこんな感じ。空きスペースはちょいと厳しいかも。









Imgp5278広縁の様子。


Imgp5321 なんとこの下窓を開けると非常階段が!
これもユニークですね(*^_^*)


Imgp5320 窓の向こうは台温泉神社ビュー。
山肌の紅葉も鮮やかでした。


次回はお風呂をご紹介。。

台温泉 旅館かねがやさんの楽天トラベル宿情報

花巻台温泉 旅館かねがやさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »