« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

あつみ温泉共同浴場 正面湯

Imgp3858こちらは共同浴場の「正面湯」。(2012/09/13取材)



Imgp3875外来客(地元の方以外)の利用時間は6時~23時まで。
地元の方は5時~24時まで。


Imgp3873入浴料(協力金)は200円。無人のため料金箱に投入っと。。



Imgp3776地域の方々が自治会で運営管理されています。



Imgp3862シンプルな脱衣所ですがカギ付きロッカーもあり。


Imgp3861洗面台もありました。ちなみにトイレもあり。




Imgp3864
浴槽は2、3人サイズといったところ。
無色透明のお湯があふれています。



Imgp3866湯口付近。
微かにゆでたまご臭が香ります。
同じ温海温泉でも下の湯と微妙に香りが違う感じ。
熱めのお湯ですが加水されていたので何とか入れました。
こちらも濃いお湯でした。



Imgp3870Imgp3865洗い場のカランは2か所。
一か所はシャワー付きでした。
共同浴場なのでもちろんシャンプー類はなし。

Imgp3872泉質表示。
源泉名 温海温泉(1・2・3号源泉)
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
泉温 56.5℃(源泉) 使用位置55.8℃
pH 7.3
加水なし、加温なし、循環ろ過なし、入浴剤・消毒剤使用なし。

あつみ観光協会
山形県鶴岡市湯温海甲306
TEL:0235-43-3547
FAX:0235-43-3417

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

あつみ温泉共同浴場 下の湯

あつみ温泉には3か所の共同浴場があります。
そのうち、「下の湯」と「正面湯」の2か所に入ってきました。
Imgp3772まずは「下の湯」へ。(2012/09/12取材)

Imgp3773外来客(地元の方以外)の利用時間は6時~23時まで。
地元の方は5時~24時まで。


Imgp3800中へ入るとすぐ脱衣所があります。



Imgp3775この料金箱に入浴料(協力金)200円を入れてくださいね。



Imgp3790扉を開けて浴室内へ。
先客は地元の方が2人ほど。丁度出たあと撮影させてもらいました。

Imgp3795浴室内はきれいなタイル張り。真ん中に楕円の浴槽があります。
洗い場のカランは水道の蛇口のみで奥の窓側に2つ。

Imgp3799浴槽は3、4人サイズ。源泉は浴槽内から出ていて、四角い出っ張った部分は加水用の水道の蛇口。
右手にあるのは源泉枡。浴槽のお湯が熱い時はこの中の取り入れ口にパイプを被せ源泉の投入量を調整するみたいです。


お湯はやや熱めです。源泉掛け流しですが、程よく加水されています。
微かに芒硝臭あり。やはりホテルのお湯より濃い感じがしました。



Imgp3778泉質表示。
源泉名 温海温泉(5・6・7号源泉)
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
泉温 56.5℃(源泉) 使用位置55.2℃
pH 7.3


Imgp3802加水なし、加温なし、循環ろ過なし、入浴剤・消毒剤使用なし。



次回は正面湯へ。

あつみ観光協会
山形県鶴岡市湯温海甲306
TEL:0235-43-3547
FAX:0235-43-3417

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

あつみ温泉朝市

  Imgp3844 あつみ温泉名物の朝市に出かけてみました。(2012/09/13撮影)

Imgp3846

Imgp3847 この日は平日ということもあってか、出かけた時間帯がやや遅めだったせいか閑散。出店も暇そうでした。

Imgp3845 謂れ書きがありました。
あつみ温泉朝市は300年程の歴史があるんですねぇ(*^_^*)

Imgp3848 奥にある温泉神社へ。

Imgp3851ここでも飲泉が可能です。
湯口には折出物がびっしり。
ホテルのお湯と違って加水なしの源泉100%は味も濃い感じ。
ゆでたまご臭が香り、旨塩味もより冴えていました。


Imgp3854ここにも例の「温海いろはがるた旗」が。
こちらのは「おんせん神社 朝市くぐり 御参拝」。

温海の特産赤かぶなどの農産品から水産加工品までたくさんありました。
浴衣姿で朝市散策もいいものです。

次回は共同浴場を巡ります。




あつみ温泉朝市
鶴岡市湯温海 朝市広場
時間 午前5時30分~8時30分
駐車場有
2012年開催期間 4月1日~11月30日

あつみ観光協会
山形県鶴岡市湯温海甲306
TEL:0235-43-3547
FAX:0235-43-3417

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

あつみ温泉街をぶらり

Imgp3842ホテルの周りをちょっと散策しました。
題して「あつみ温泉街をぶらり」。(2012/09/12撮影)



Imgp3753 ホテル正面玄関から出てすぐのところにある「与謝野晶子歌碑」。
昭和10年3月に夫の鉄幹を亡くした悲しみを7月にあつみ温泉を訪れ癒しています。
歌碑には「さみだれの出羽の谷間の朝市に傘して売るはおほむね女」とあります。


Imgp3759葉月橋を渡って「もっしぇ湯」という足湯があります。
ここは美味しいコーヒーやスイーツが楽しめるユニークな足湯カフェ。
もちろん足湯は無料で利用できます。奥のお店は地元で創作活動を続ける陶芸家やしな織作家の工芸品を中心としたギャラリーを兼ねていて入場無料。


Imgp3762 こちらは共同浴場の「正面湯」。入浴料は200円。レポは後日に。。


Imgp3764 こちらの足湯は街のほぼ真ん中にある「あんべ湯」。

Imgp3766 飲泉も可能です。うっすら旨塩味。

Imgp3765 ちゃんと泉質表示もあり。

Imgp3772 かじか通りを下って湯の里橋の手前を右に折れると「下の湯」。
こちらも地元の方に愛されている共同浴場。やはりレポは後日に。



Imgp3805 温海川沿いにはちょっとした休み場所や足湯が整備されてあります。
こちらは「もっけ湯」。
「もっけ」とは庄内の言葉で「ほんとうにありがとうございます。恐縮です」という意味だとか。
夕涼みがてら出掛けてみるのも良いですね。



Imgp3812 川沿いには温海にちなんだユニークな「いろはがるた」の旗が木に括られていています。ここの句は「そびえ立つ パノラマビューだよ 温海岳」。


Imgp3877 そしてこちらの句は「なつの陽に ゆらゆら流れる 温海川」。
一つ一つ違うので探しながら歩くのも面白いですね。


次回は朝市へ。


 
あつみ観光協会
山形県鶴岡市湯温海甲306
TEL:0235-43-3547
FAX:0235-43-3417

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

あつみ温泉 萬国屋(7)

Imgp3931さて、朝食は同じ会場でのバイキング食となります。

Imgp3928

Imgp3924
Imgp3923 Imgp3929 Imgp3938 こちらも新鮮な地元食材から洋食メニューまでバラエティ溢れるお料理が並びます。


Imgp3936 こんな感じで盛ってみました。/(~_~;)


Imgp3940 コーヒーももちろんお替り自由。


Imgp3943季節を感じられるお部屋や東北で上位に選ばれた露天風呂。
老舗高級宿の質の高いサービス。
一度は泊まってみる価値のあるお宿だと思います。


次回はあつみ温泉の温泉街をぶらり。

温海温泉 萬国屋さんの楽天トラベル宿情報

あつみ温泉 萬国屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

あつみ温泉 萬国屋(6)

Imgp3820 さて、食事は夕食は和ダイニング「芙蓉」にて。

Imgp3821 おしながきです。


Imgp3823 今回は贅沢して「山形牛焼とズワイ蟹~ダイニング食~」というプラン。
他にも地元山形の食材がてんこ盛りだそう。

主なお料理の画像を順不同で。。

Imgp3824 Imgp3831Imgp3833 Imgp3836 Imgp3835 Imgp3822 Imgp3825 Imgp3840 Imgp3839 Imgp3841

流石高級宿だけあって出てくるタイミング、地元食材を活かしたお料理とその説明、温度、品数、どれも満足のいくレベルだと思いました。

Imgp3827 お酒は庄内の地酒を飲み比べできるなんと1575円の飲み放題企画!
どれもそれぞれ特徴があり迷うところですが、酒田市「東北銘醸」さんの「初孫 玄の舟唄」がキリリと辛口の中に風味も良く好きな味でした。


次回は朝食篇です。

温海温泉 萬国屋さんの楽天トラベル宿情報

あつみ温泉 萬国屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

あつみ温泉 萬国屋(5)

さて、1階のお風呂大浴場「桃源山水」と庭園露天「桃里の湯」をご紹介。
Imgp3887こちらは時間帯で男女入れ替えあり。

Imgp3888スリッパロッカーは紫外線殺菌灯付き。


Imgp3892Imgp3890広い脱衣所。
パウダールームも充実度高いです。





Imgp3914 脱衣所を出ると取水口を挟んで入り口が左右に分かれています。
右手が大浴場「桃源山水 和香の湯」、左手が「桃源山水 萬里の湯」、庭園露天「桃里の湯」となります。
まずは右側へ。。


Imgp3893こちらが「和香の湯」。大きな窓で緑が眩しい大浴場。

Imgp3916 源泉掛け流しですが加水あり、塩素投入あり。

Imgp3894 「和香の湯」側の洗い場周り。
シャワー付きのカラン多数。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、シェービングフォームも。


Imgp3901続いて左側「萬里の湯」。こちらも大きな窓で開放感があります。
こちらは淵が木枠の浴槽。若干レイアウトが違いますが、広さは「和香の湯」とほぼ変わらず。かつては男女別のお風呂だったのかもしれません。

Imgp3899 「萬里の湯」側の洗い場周り。
こちら側もシャワー付きのカラン多数。
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、シェービングフォーム。



Imgp3904 ドアを出て庭園露天風呂「桃里の湯」へ。


Imgp3906広々とした庭園に大露天風呂が広がります。
まるで日本庭園の池のよう。
数ある浴槽の中には90㎝の深さの立ち湯もあります。
緑豊かで季節の移ろいを肌で感じられるロケーション。
外からは隔絶されているので覗かれる心配はありません。


Imgp3915泉質表示があります。
このサイズでも源泉掛け流しなんですねぇ。

Imgp3917源泉名 温海温泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
泉温 56.5℃(源泉)
pH 7.3


次回は夕食篇です。

温海温泉 萬国屋さんの楽天トラベル宿情報

あつみ温泉 萬国屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

あつみ温泉 萬国屋(4)

  Imgp3725次は男湯側大浴場「楽水」へ。


Imgp3731 広い脱衣所。カギ付きロッカーもあり。

Imgp3726 Imgp3727こちら側のパウダールームも相当なもの。アメニティも充実しています。




Imgp3739思わず泳ぎたくなる程の広さ(笑)
無色透明、やや塩素臭を感じますがほぼ気にならないレベル。
温度管理されていて適温でした。


Imgp3734洗い場の様子。
20基前後のシャワー付きカランがずらり。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、シェービングフォーム完備。

Imgp3735サウナもあります。



Imgp3741
ドアを開けて露天風呂へ。
2、3畳のサイズの浴槽。こちらは加水ありの源泉掛け流し。
立ち上がれば川沿いが見渡せる眺望。
温度も適温で風を感じながらまったり寛げました。


Imgp3732泉質表示。
源泉名 温海温泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
泉温 56.5℃(源泉)
pH 7.3


次回は1階のお風呂をご紹介。。

温海温泉 萬国屋さんの楽天トラベル宿情報

あつみ温泉 萬国屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

あつみ温泉 萬国屋(3)

さて、お風呂へ。
館内にお風呂は2か所。(他に有料の貸切風呂も2つあり)
3階大浴場(男女別)と1階大浴場(男女入替あり)。
Imgp3723まずは3階の女性専用大浴場「楽山」へ(カミサン撮影)。


Imgp3708脱衣所は広く清潔感が漂います。


Imgp3720Imgp3721パウダールームはかなりの充実度。間仕切り付きと半個室仕様もあり。





Imgp3716浴槽は窓際に沿ってL字に広く配置されています。
20人以上は入れそうなサイズです。



Imgp3715お湯は無色透明でくせのない泉質。美肌の湯だそう。
温度は適温。塩素臭も控え目。


Imgp3718こちらはシルクバス。
ミクロの泡が毛穴の奥の老廃物を排出して美肌効果があるそうです。


Imgp3719サウナもあり。



Imgp3714露天風呂は2、3人サイズの浴槽。
こちらは加水ありですが掛け流しです。



Imgp3717洗い場も間仕切り付。カラン多数で充実。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ完備。



Imgp3732泉質表示。
源泉名 温海温泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
泉温 56.5℃(源泉)
pH 7.3

次回は3階大浴場男湯側をご紹介。。

温海温泉 萬国屋さんの楽天トラベル宿情報

あつみ温泉 萬国屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

あつみ温泉 萬国屋(2)

Imgp3692お部屋は5階。10畳+広縁付の和室です。


Imgp3695広縁は2畳分。畳敷きなので素足のままで。



Imgp3696窓からは目の前の温海川と温泉街を一望。


Imgp3705Imgp3694(左)テレビは32インチ。地デジのほかBS放送もばっちり。
(右)持ち込み用の空の冷蔵庫。

Imgp3702Imgp3700(左)トイレはもちろん温水洗浄機能付き。
(右)パウダーコーナーには洗面ボウルが2基。アメニティは男性用が左側、ヘアトニック、ヘアリキッド、シェービングフォーム。女性用が右側に化粧水、乳液、メイク落とし。そして真ん中にハンドソープと充実。


Imgp3698Imgp3701(左)クローゼット内の様子。右手に金庫。真ん中に浴衣類とアメニティグッズ。左手に浴衣の替えも。
(右)使いませんでしたがバスルームあり(温泉に非ず)。


Imgp3691キーは2つ。おしぼり、お茶請けなど盛りだくさん。
今回は宿泊特典の館内利用券まで。


次回はお風呂へ。。

温海温泉 萬国屋さんの楽天トラベル宿情報

あつみ温泉 萬国屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

あつみ温泉 萬国屋(1)

Imgp3880かねてから行きたかった、山形県鶴岡市あつみ温泉の高級宿「萬国屋」さんにお泊りしてきました。(2012/09/12宿泊)



Imgp3815車を降りると、すぐにスタッフが来て荷物を持ってくれます。
キーを預かってもらうと、運よく正面玄関に置いて頂けました。

Imgp3748
ロビーは吹き抜けになっていて開放感あり。
チェックインもスムーズでした。


Imgp3747Imgp3817落ち着いた佇まいの中にも高級感が漂います。

Imgp3883こちらはお土産処。


Imgp3885ラウンジの様子。




Imgp3745お世話になった5階の廊下の様子です。


次回はお部屋へ。。

温海温泉 萬国屋さんの楽天トラベル宿情報

あつみ温泉 萬国屋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

道の駅象潟「ねむの丘」(3)

Imgp3685 浴後は「レストラン眺海」でランチタイムを。


Imgp3682風呂上りといえばとりあえずビール。
ここは地ビールの「象潟ビール」を。ビール酵母入り、ピルスナー系で香ばしい味。飲みやすかったです。
もちろん自分だけ一人で飲んで運転はカミサン任せに・・/(~_~;)


Imgp3680 さて、自分は「レストラン眺海」一番人気メニューの「海鮮丼」を。
想像通りの美味しさでした。


Imgp3684 カミサンは特製唐辛子麺を使用した「夕陽ラーメン」にチャレンジ。
こっちはややピリ辛ではあったものの麺にコシが無く、スープもぬるめ。
思ったより全然普通でした。


Imgp3686
食後は名物のいちじくを使った「いちじくソフト」を。
いちじくの風味がして面白い味でした。美味しかったです。
(2012/09/12取材)


この後はあつみ温泉を目指し日本海沿いを南下。。

道の駅象潟「ねむの丘」

秋田県にかほ市象潟町字大塩越73-1
TEL 0184-32-5588


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

道の駅象潟「ねむの丘」(2)

Imgp3651さて、4階にある展望温泉「眺海の湯」へ。

Imgp3650入り口の自販機で入浴券を買います。
大人350円ですがJAFの優待割引で300円に。


Imgp3652 Imgp3656脱衣所の様子。
小さめながらカギ付きロッカーもありました。
パウダーコーナーにはドライヤーあり。


Imgp3658 その名の通り日本海を一望できる広い浴室。
浴槽は右手側がジャグジー風呂でこちらは温泉でなく沸かし湯。
左手の窓に沿った長い浴槽が強食塩泉の濃い~お湯です。

Imgp3666お湯は消毒臭もしますが茶褐色で微かに潮の香り。
舐めるとかなりの塩辛さ。
温度管理は循環のため41度前後の適温でした。


Imgp3671ともあれ、この絶景の展望風呂は一度入ってみる価値ありかと。。


Imgp3661 洗い場は広くシャワー付きでカランも充分な数。
アメニティはリンスインシャンプー&ボディソープ。
他にサウナルームもあり。

Imgp3654 泉質表示。
源泉名 象潟R-D
泉質 ナトリウム-塩化物強塩泉
泉温 40.7℃
使用位置 42℃

加水あり、加温あり、循環あり、入浴剤なし、消毒処理あり。


浴後は「レストラン眺海」でランチタイムを。
・・続く。

道の駅象潟「ねむの丘」

秋田県にかほ市象潟町字大塩越73-1
TEL 0184-32-5588


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

道の駅象潟「ねむの丘」(1)

12日から15日までやっと遅い夏休みが取れたので、あつみ温泉~小野川温泉~裏磐梯と回って来ました。今回は山形道を使わずに、秋田道から7号線を南下して鶴岡方面を目指すコース。Imgp3628最初に立ち寄ったのは秋田県にかほ市にある道の駅象潟「ねむの丘」。
(2012/09/12取材)

Imgp3636

Imgp3672 ここは大きな道の駅で、地元名産の直売施設や物産館、レストラン、宴会場、足湯から日帰り温泉施設まで併設されています。

Imgp3629 こちらは足湯。広い敷地内の外れの方にやっと見つけました。
足湯といってもなんと貸しタオルが付いて100円の入浴料が必要。
タオル持参なら無料にすればいいのに、と思いました。


Imgp3631どおりで閑散としていました。
茶褐色のにごり湯で潮の香り。かなり濃そうなお湯です。


Imgp3630もちろんちゃんと温泉なんです。

源泉名 象潟R-E及び象潟R-D
泉質 ナトリウム-塩化物強塩泉
泉温 象潟R-E 30.3℃ 象潟R-D 40.7℃
使用位置 37℃
 

Imgp3643気を取り直して、エレベーターでまずは5階の展望施設を眺めてみます。
遠く水平線の彼方に見えるのは飛島。

Imgp3646天気が良ければ反対側は鳥海山が見えますがこの日は生憎曇ってました。
足元に広がる平野部はかつて松島と並ぶ景勝地と云われた象潟の「潟湖」の名残。文化元年(1804年)象潟地震で2m以上隆起し、陸になってしまったんだそうです。


1つ階を降りて本当の日帰り温泉のほうへ。
・・続く。


道の駅象潟「ねむの丘」

秋田県にかほ市象潟町字大塩越73-1
TEL 0184-32-5588


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

休暇村 岩手網張温泉(7)

Imgp3599翌朝も同じ1階レストランにて。スタッフさんが笑顔で案内してくれます。

Imgp3600新鮮野菜が取り放題。

Imgp3601自家製パンは評判良し。
もちろんご飯やお粥もあります。


Imgp3606こちらはモンドセレクション金賞に輝いた「岩泉ヨーグルト」。
やや甘で美味しかったです。

Imgp3604こんな感じで盛ってみました。

Imgp3607もちろんコーヒーもおかわり自由。

白濁の硫黄泉と顔馴染みのスタッフ。
食事も美味しくリーズナブルですっかりご贔屓宿。
雪が降る前にまた来たいですね(*^_^*)

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

休暇村 岩手網張温泉(6)

Imgp3553今回も食事は夕、朝食とも1階レストランにてバイキングプランです。
毎度評判の良い地産地消バイキング。

Imgp3554こちらは雫石伝統郷土料理の「重っこ(じっこ)料理」。
ヘルシーな割にはボリュームあり。

Imgp3563 サーロインステーキも実演食べ放題です♪


Imgp3556 Imgp3557他にも美味しそうなお料理がずらり。もちろんデザートやコーヒーもお替り自由。



Imgp3566いつもなら「もっきり(日本酒)」なんですが今回は低糖質な白ワインをチョイス。岩手の生んだエーデルワインの「五月長根葡萄園2011」を。

Imgp3564こんな感じで取って見ました/(~_~;)






次回は朝食篇です。



休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

休暇村 岩手網張温泉(5)

Imgp3567 館内を移動して東館側、「白泉の湯」へ。
レポは男湯側のみで失礼。

Imgp3569 こちらも温度表示があります。
デジタルじゃないですが手書きもまた味があり(~_~;)

Imgp3579脱衣所はこちらもカギ付きロッカー。
広くは無いものの清潔で充分な設備。


Imgp3570浴槽は変則の扇型。6、7人サイズといったところ。
いつもならやや熱めなんですが、今回は適温。
泉質は同じですが加水量が少ないのか「見晴の湯」側より白濁度が高い気がします。

Imgp3574湯口付近です。
折出物がびっしりで成分の濃さを物語りますね。


Imgp3575洗い場はシャワー付きカラン8箇所。水のみのカランが1箇所。
アメニティはボディーソープ、シャンプー、トリートメントあり。


Imgp3581 泉質表示
源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1


次回は夕食篇です。


休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

休暇村 岩手網張温泉(4)

さて、まずは西館側「見晴(みはらし)の湯」へ。
Imgp3609温度管理され、全ての浴槽が一目瞭然。

Imgp3610 今回は男湯側のレポのみ。女湯側はこちらをご参照下さい。


Imgp3625脱衣所はカギ付きロッカー。

Imgp3624パウダーコーナーはドライヤー2基ありました。
おいしい天然水の給水コーナーもあり。

Imgp3612入って左手に掛け湯あり。


Imgp3616奥が内湯の広い浴槽。見た感じ10人以上入れそうな浴槽。
若干加水はされているものの香ばしい硫黄臭。
湯上り後は汗の引きの早いサッパリ系。


Imgp3613洗い場はシャワー付きカランが10基。
ボディーソープ、シャンプー、トリートメント付き。


Imgp3619その名の通り見晴しの良い露天。
L字型の石組の浴槽は7、8人サイズ。
ややぬるめでしたがお陰でまったり寛げました。

Imgp3581 泉質表示
源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1

日帰り入浴は大人500円。


次回は東館側、「白泉の湯」へ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

休暇村 岩手網張温泉(3)

10か月ぶりの「仙女の湯(せんにょのゆ)」。去年11月のクローズ前以来です。

Imgp3511宿泊者は無料ですが、日帰り利用はこの料金箱に300円を入れてくださいね。

Imgp3512途中、山道を5、6分歩いて行きます。
ゆっくり歩いても玄関前から10分ほどの距離。
急な階段もあり、滑るのでスニーカー履きがベター。


Imgp3516湯小屋が見えて来ました。
脱衣所は男女別に分かれています。

Imgp3520脱衣所です。これは男性側。入るとすぐ下駄箱があります。棚は脱衣籠のみ。

Imgp3525
アプローチを渡れば石組みの湯舟が白濁のお湯を湛えています。
目の前に「亀滝」は最近の水不足で、か細くなっていました。
これでも前日の雨で若干回復したみたいですが・・(-_-;)。

Imgp3530この時(16時30分頃)は盛況で、湯浴み着姿の若い女性ペアから関東方面から来たという中年男性まで和気あいあい。5、6人が入ってました。
皆さん出られた後で撮影させて頂きました。


Imgp3521多くの人が訪れ、加水されていたみたいで温度は39~40度前後の表示。まあぬるめで長湯ものんびり。



もちろん源泉掛け流しで、入浴のみの洗い場はなし。
自分的には岩手の露天(野天)では一番好きなロケーション。

初秋の網張。紅葉の時期もまもなくでしょう。
野天風呂「仙女の湯」は混浴ですがフロントで湯浴み着が300円で借りられます。

Imgp4248泉質表示。
源泉名:網張温泉(元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
源泉温度:76.7℃ pH 4.1



営業時間 8時30分~17時まで(雨天時クローズ)
入浴料金 300円(中学生以上)
営業期間 5月中旬~11月中旬頃まで(要問合せ)


次回は館内に戻り、「見晴の湯」へ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

休暇村 岩手網張温泉(2)

Imgp3502部屋はいつも利用している西館和室8畳。
今回も3階の谷側、禁煙室です。


Imgp3505一つ改善された点は広縁にリビングセット(イステーブル)が置かれた事。
今まで西館側には無かったので、脚の弱い高齢者の方も楽ちん。

Imgp3504テレビは液晶デジタル32インチありました。地デジOK。
金庫、電気ポット、お茶道具、電気スタンドあり。部屋のキーは2つ。
お風呂へ行くときなど便利です。

Imgp3506Imgp3507(左)空の冷蔵庫と部屋備え付けの岩手山から湧き出る天然水。
(右)クローゼットにはタオル、羽織、サイズの選べる浴衣。

Imgp3510Imgp3509

ドライヤー付き清潔な洗面ドレッサーとトイレは温水洗浄付き。充分なクオリティ。



次回は「仙女の湯」へ。。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

休暇村 岩手網張温泉(1)

Imgp35003月以来今年2度目の休暇村岩手網張温泉に泊まって来ました。
今年初の「仙女の湯」にも入って来れました。(2012/09/06宿泊)

Imgp3541フロント風景。チェックインはスムーズです。


Imgp3537 ラウンジの様子。


Imgp3596 一角にはFREESPOTのWiFiポイントがあります。
無料で使えるパソコンも一台あり(ただし動作相当遅いです・・)。
空いていればフロントに声を掛けて利用できます。



Imgp3540 こちらは売店コーナー。
地元雫石の特産品、岩手のお土産品も沢山ありました。



Imgp3594館内には卓球場(有料)もあり。
ここはスキーシーズンはロッカールームのようです。


Imgp3582玄関を出て左手には展望台が。


Imgp3587早朝は気象条件にもよりますが雲海を望めたりも・・(*^_^*)。


Imgp3593 こちらは毎朝7時からの無料アクティビティ「朝のお散歩会」。
30分程度の所要時間でスタッフと一緒に早朝、網張高原を散策出来ます。
予約は不要。詳細は過去レポを。


このほか有料アクティビティとして「網張展望リフト」もあり。
今シーズンの営業詳細はこちら


Imgp3591階段を降りると「こもれびの足湯」が。
眼下の絶景を眺めながらの足湯も乙なもの。
この木道をさらに行き、吊橋「湯の沢大橋」の先には日帰り温泉館も。宿泊者は無料で利用可能(当日または翌日1回のみ)。



次回はお部屋篇です。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

山の神温泉 幸迎館(5)

Imgp3477翌朝の朝食も同じ「レストラン葉山」で。
窓際の緑も鮮やか。
こちらはバイキング形式。

Imgp3482 地元産食材が随所に使われていてます。


Imgp3486 お替りにも担当スタッフさんが笑顔で応対。

Imgp3488 こんな感じで。。
味も大変美味しく頂きました。

Imgp3494 コーヒーもお替り自由。


いつもながら、お湯の良さはもちろん、食事、そして接客態度に“おもてなしの心”を感しさせる宿です。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

山の神温泉 幸迎館(4)

さて、夕食篇です。

Imgp3440
今回から場所は1階のリニューアルされた「レストラン葉山」で。



Imgp3439テーブルの配膳です。

Imgp3441献立表です。
6月も泊まっているので内容は前回と変更されています。





では一品ずつ。。
Imgp3444小鉢
鴨塩焼き
糸瓜 隠元
柚子胡椒美味出汁


Imgp3442造り
鯛 ぼたん海老
するめ烏賊
紅蓼 山葵


Imgp3450焼物
鮭錦包み焼
酢取り生姜


Imgp3448鍋物
前沢牛味噌鍋
焼き豆腐 粟麩 玉葱 韮
長葱 行者大蒜 椎茸
白滝 みず菜 温泉玉子

Imgp3452煮物
揚げ吉次 大根
スナックエンドウ
おろし生姜

Imgp3454揚物
蓮根挟み揚げ
青唐 赤おろし


Imgp3455蒸し物
百合根蕪茶巾
銀餡


Imgp3456食事
釜飯
しらす 舞茸

Imgp3457止め椀
六穀ひっつみ汁

香の物

Imgp3458水菓子
アイス 梨
葡萄

質、量、味とも充分納得。今回も美味しかったです。
次回は朝食篇を。。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

山の神温泉 幸迎館(3)

さてここ幸迎館さんのお風呂は男女別各2箇所。大浴場側の「とよさわの湯」と「こもれび乃湯」。それぞれ内湯+露天付です。
前回訪問時にもご紹介しているので、詳細は前回レポこもれび乃湯(女湯側)とよさわの湯 を・・。

Imgp3474 今回はお気に入りの「こもれび乃湯」男湯側だけをさらりと。。

脱衣所の様子。
Imgp3462 Imgp3461 こちらも鍵付きロッカーで基本仕様は女湯側も同様。
パウダーコーナも充実。
湯上りの冷水もあり。

Imgp3473
浴室内は天井が高くガラス張りで温室の様に日差しが入ります。
前回来た時より外の緑がより一層濃くなった感が。

Imgp3470
浴槽サイズはおよそ6、7畳。
湯口からは微かなゆでたまご臭。赤茶けた湯の花がチラホラ。
浴後は汗が中々引かない温まりの湯でした。

Imgp3471 洗い場の様子。
シャワー付カランが男女湯とも7基ずつ。
シャンプー、リンス、ボディソープあり。

Imgp2382壁には中国製の陶器でできている壁画があります。
こちら側の壁画は天女が舞う図柄。

Imgp3472 左手にサウナあり。扉の向こうは露天です。

Imgp3467
露天はどちらも4、5畳ほどの四角い木の浴槽。
屋根のない野天の絶景風呂です。
見えてませんがこの緑の奥は豊沢川の渓流が。
温度は適温で、ウナギ湯系のトロ~リ湯にまったり。
但しこの時期の露天はアブに注意が必要。。
付け加えると夜もライトアップされて素敵です。


Imgp5771源泉名 山の神温泉(寿の湯)
泉質  アルカリ性単純温泉
泉温  40.6℃ pH 9.2
若干の加温ありですが加水循環無しの源泉掛け流し 。



次回は夕食篇です。。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

山の神温泉 幸迎館(2)

さて、お部屋へ。Imgp3428 前回と同じ参番館ですが、今回は2階の山(渓流)側です。

Imgp3429Imgp3431 基本レイアウトは前回泊まった2階と同様。
和室10畳(広縁付き)+次の間6畳+洋室ツインベッドと、贅沢な広さ。

Imgp3436 キーとお茶請け。ちなみにフロントスタッフさんが荷物を持って来た後は、一切スタッフの入室はなし。仲居さんのお茶出しもなし。布団もありますがフロントに連絡しなければセルフです。

Imgp3434 Imgp3435(左)上がり口の様子。
(右)客室の天井ももちろん「格天井」。

Imgp3426 テレビは26インチ液晶デジタルで地デジの他、BS放送も対応。
ただし地デジ側はチャンネルによって映りが良くない感じ。
やや奥まった配置ですが、台座が迫り出して見やすく出来ます。
下には金庫もあり。

Imgp3430 Imgp3432 (左)クローゼット内。浴衣は替えも揃っていてアメニティに不備はありません。(右)冷蔵庫は空きスペースあり。

Imgp3433ユニット式のバストイレ洗面台。温水洗浄便座付きです。
部屋が広い割にはここがネック。狭く感じました。

Imgp3425窓際からの眺めです。
木々の緑の合間から豊沢川の渓流が望めます。


次回は部屋から近い「こもれび乃湯」へ。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

山の神温泉 幸迎館(1)

6月以来今年3度目の幸迎館さん。(2012/08/28宿泊)

Imgp3415車寄せではフロントスタッフがすぐ来て荷物を運んでくれます。

Imgp3416エントランス正面から。
この8月に、エントランス部分がロビーからレストランにかけて吹き抜けにリニューアルされました。ガラス越しに豊沢川沿いの緑が館内に映えます。
格調ある格天井は変わらず。

Imgp3419こちらが奥にあるリニューアルした「レストラン葉山」。
夕、朝食時の会場となります。

Imgp3496 入って左手のコーヒーラウンジ「水芭蕉」。


Imgp3495 右手にはお土産処「かたくりの花」。

館内には他にも3つの宴会場、2つの会議室、マッサージ処やスナック、カラオケボックスなどの施設があります。


Imgp3421さて、チェックインはスムーズに済み、フロントスタッフさんが荷物を持ってお部屋までご案内。館内の説明も丁寧です。スタッフの応対はみなさん笑顔で、とてもホスピタリティを感じます。



次回はお部屋をご紹介。。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

チーズシェッド

国道457号線沿い、蔵王チーズ工場入り口に見えるログハウスな建物。

Imgp3399蔵王酪農センターでやっている軽食喫茶「チーズシェッド」です。
チーズ料理が評判という事でランチに立ち寄りました。

Imgp3404 土曜日の昼時で1階は満席。2階へと。。

Imgp3401 Imgp34062階の様子です。本当に店内もログハウスなんですね。

Imgp3403メニューです。


Imgp3409 「おすすめ」の文字が気になり自分はミックスピザ(780円)を・・(@_@;)。
2種類の蔵王チーズがたっぷりですが、クセがなくマイルドで香ばしく美味しかったです。ただサイズ的にはやや物足りない感も。。

Imgp3408 連れはチーズハンバーグ(980円)をオーダー。
「蔵王爽清牛(そうせいぎゅう)」の手捏ねハンバーグだそう。
ボリュームもまあまあ。こちらも蔵王チーズがしっかり効いてマイルドながらコクがあり美味しかったです。

ちなみに人気メニューはチーズフォンデューやチーズソースのナポリタンなどだとか。
ん~~。。やっぱナポリタンを頼んでみるべきだったかも・・/(^_^;)
(2012/08/25取材)



チーズシェッド

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原251-4
TEL 0224-34-4121
営業時間 [月~金] 10:00~16:30 [土・日・祝] 9:30~17:00

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

遠刈田温泉 ゆと森倶楽部(6)

Imgp3366 朝食の前に「ゆと森さんぽ道(小阿寺沢清流散策道)」を散策しました。


Imgp3371Imgp3372 敷地内にある1周1.2kmほどのコースは、四季折々の表情をみせる小阿寺沢(こあてらさわ)清流沿いの森をゆっくり歩いて20分ほどの自然散策路。
ここでは毎日午後に「森の午後さんぽ」としてホテルスタッフが帯同してコース散策のアクティビティが開催されています。




さて、朝食篇です。Imgp3387 朝食は夕食と同じ「けやき食堂」にて。


Imgp3380 こちらも野菜中心のヘルシーメニューが並びます。



Imgp3382Imgp3386 ほか蔵王山麓産のこだわりのヨーグルトや、国産大豆100%と塩田にがりを使用した手作りの「はらから豆腐」は人気メニュー。


Imgp3381 こちらは盛り付けサンプル。


Imgp3384 で、こちらが自分が盛ったテーブルです//(~_~;)

Imgp3388
食後はラウンジでコーヒーのサービス。
セルフでお替り自由です。


掛け流しの渓流露天風呂、野菜ソムリエのシェフがつくるお箸で食べる南蔵王高原野菜料理のビュッフェ。
ゆと森倶楽部さんは食からアクティビティに至るまで自然志向、健康志向のトレンドを取り入れ、成功している宿だと思います。
通常の温泉宿とはまた違ったリゾートクラブの趣き。構われたくない方は特にいいかも。

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部さんの楽天トラベル宿情報

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

遠刈田温泉 ゆと森倶楽部(5)

Imgp3330

Imgp3335 さて、食事は夕、朝食とも1階にあるダイニング「けやき食堂」にて。



Imgp3336 Imgp3341 この「けやき食堂」は旬の新鮮な野菜、果物をメインに、おすすめのお魚、お肉もいっしょにカラダにうれしいお料理をビュッフェスタイルで提供されています。何でもこちらは「日本野菜ソムリエ協会認定レストラン」の宮城県第一号店だそう。


Imgp3337

Imgp3338 やはり野菜ソムリエ認定だけあって夏野菜をベースにアレンジされたお料理が豊富に供されています。


Imgp3345 こだわりの塩とオリーブオイルで頂く手作り豆腐も美味しかったです。


Imgp3339

Imgp3340 お酒のコーナーも充実。もちろん別料金ですが・・/(~_~;)


Imgp3346 こんな感じで盛ってみました。






夕食の後に19時30分から、暖炉ラウンジにてライブが開かれました。Imgp3355この晩の出演は「のほほん組」という、サックスとピアノのアンサンブルデュオ。
内容はディズニーの「星に願いを」や松田聖子の「スイートメモリー」など子供から大人まで楽しめる構成の約30分間。最後はアンコールまで飛び出し、夏の夜長を素敵な音楽で過ごせたひとときでした。


次回は朝食篇を。。

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部さんの楽天トラベル宿情報

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

遠刈田温泉 ゆと森倶楽部(4)

Imgp3306さて、大浴場、男湯側「ざおうの湯」へ。。
男女の入れ替えはなし。レイアウトは女湯側「こけしの湯」ともほとんど同仕様のようです。


Imgp3309脱衣所は広くて清潔。

Imgp3308パウダーコーナーも充実しています。



Imgp3318広い浴室内。浴槽は手前から寝湯、水風呂、ぬる湯、あつ湯とレイアウトされています。


Imgp3326こちらが内湯「えぼしの湯」。
深緑を望むガラス張りの明るい浴室です。お湯は加温、循環、塩素投入ありですが、塩素臭はかなり抑えられているようでした。



Imgp3316洗い場にはシャワー付きカランが14基。
アメニティーはリンスインシャンプー、ボディソープ、洗顔フォーム。
他に立ち使用のシャワーブースが2基。


Imgp3317サウナも完備。





ドアを出て付属の露天へ。Imgp3322
こちらのお湯は「めぐみの湯」。
5、6人は入れそうな石組みの浴槽です。
お湯は41度前後で過ごしやすく、のんびりまったり寛げました。
割とツルツル系のお湯です。




泉質表示Imgp3312 蔵王の湯1号泉(めぐみの湯)
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉
(旧泉質名 含食塩・重曹-芒硝泉)
泉温 93.2℃ 使用位置 46.2℃ pH 6.8



Imgp3311蔵王の湯2号泉(えぼしの湯)
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉
(旧泉質名 含食塩・重曹-芒硝泉)
泉温 72.1℃ 使用位置 44.6℃ pH 7.1

共に加水あり、加温あり、循環あり、塩素投入あり。



Imgp3242日帰り入浴も受け付けています。




次回は夕食篇です。

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部さんの楽天トラベル宿情報

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »