« 大湯温泉 川原の湯 | トップページ | 遠刈田温泉 ゆと森倶楽部(2) »

2012年8月29日 (水)

遠刈田温泉 ゆと森倶楽部(1)

ゆと森倶楽部は「蔵王ハイツ」を旧雇用促進事業団から譲渡され、2007年にリニューアルオープンした施設。
“「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿”をキャッチフレーズに、蔵王の地元食材と、ヨガやお散歩コース、乗馬などのアクティビティなどを備え、全体に自然志向、健康志向のニーズに応えた設えとなっています。
(2012/08/24宿泊)Imgp3240車寄せでの出迎えはなし。車の移動もセルフで。

Imgp3244フロントです。こちらでチェックイン。施設内の案内があり、荷物持ちはセルフ、部屋までのスタッフの誘導もなし、布団敷きもセルフです。
この辺りは簡素化されています。
スタッフのみなさんの愛想は良く、テキパキと少数精鋭といった感じでした。


Imgp3247暖炉のある広いラウンジ。
こちらで夜はライブ演奏もあり(開催日限定)。

Imgp3301一角に展示されていたギターは蔵王山麓のNUMBUギター工房で製作されている「tupli(テュプリ)」というギター。
この日は日曜日のライブ用に調弦されていたため触れませんでしたが、普段は心得のある方ならちょっと手に取る事も出来るようでした。


Imgp3248中庭の深緑を見渡せる造りです。
外に出ると「焚き火ガーデン」がありオープンカフェスペースも。
外観のイメージとは異なり、館内はとても綺麗。
ナチュラル志向のコンセプトに合致したウッディーな雰囲気は海外の高級リゾートにでも来たかのような感じ。


Imgp3251 こちらでウェルカムドリンクをいただけます。
コーヒー、紅茶がありました。滞在中はクローズ時間を除き何杯でもOKでした。

Imgp3250一角には閲覧用のパソコンも2台。宿泊者は空いていれば自由に利用可能。また新聞や部屋に貸し出し可能な本もありました(自然志向系多し)。



Imgp3245エントランス入って右手の売店コーナー「ゆと森ショップ」。
オリジナル商品の他、蔵王のお土産品も多数あり。


Imgp3304 1階エレベーターホール脇にはギャラリースペースもあります。


Imgp3328こちらは館内にあるカラオケルーム。
期間限定で1室無料開放されていました。
宿泊者にはうれしいサービスですね。


Imgp3253部屋のある本館側「さくら館」3階の廊下です。


次回は部屋の様子を。。

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部さんの楽天トラベル宿情報

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 大湯温泉 川原の湯 | トップページ | 遠刈田温泉 ゆと森倶楽部(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/55508874

この記事へのトラックバック一覧です: 遠刈田温泉 ゆと森倶楽部(1):

« 大湯温泉 川原の湯 | トップページ | 遠刈田温泉 ゆと森倶楽部(2) »