« 蔵王温泉 蔵王国際ホテル(2) | トップページ | 蔵王温泉 蔵王国際ホテル(3) »

2012年6月19日 (火)

蔵王四季のホテル 「離れ湯 百八歩」

さて、お風呂へ・・って、まずは系列宿の湯めぐりへ。
Imgp1863宿(国際ホテル)に着いて最初に出かけたのが、宿を出てちょっと下った所にある蔵王四季のホテル  「離れ湯 百八歩」です。
蔵王四季のホテルの本館側は温泉でなく沸かし湯と訊いていたので立ち寄りはなし。

Imgp1866玄関口です。
特にチェックはなくスタッフらしき人はこの時は不在。
受付には「お風呂のみ利用840円、フロントまで」とありますが、あまり入る人が少ないのでしょうか。

Imgp1868足湯がありました。(外側は池です)
この時期はガラス戸が取り払われ開放的です。

Imgp1871 Imgp1872脱衣所は非常に綺麗です。
パウダーコーナーも間仕切り付きでゴージャスな雰囲気。
アメニティも豊富で充実しています。

Imgp1875内湯側は浴室内、浴槽共に木肌を活かした落ち着いた雰囲気。
天井の梁から浴室の床まで全てが木造りです。
浴槽は6、7畳ほど。もちろん源泉掛け流しです。

Imgp1876
青み掛かった白濁のお湯です。
湯の華豊富で湯口付近にはクリーム色の折出物が。
口に含むと強烈なレモン酸味+苦味。

Imgp1874洗い場周りの様子。
シャワー付きカランは間仕切り付きです。
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ完備。

Imgp1879
続いて露天へ。
内湯からドア一つで露天です。
こちらは小じんまりした石組みの露天。
3、4人サイズです。
開放感があり、蔵王の峰々を見渡せる眺望です。

Imgp1886

Imgp1884泉質表示。
源泉名 近江屋2号 近江屋2号
泉質 酸性.含鉄-硫黄アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(低張性酸性高温泉)
加水なし、加温なし、循環ろ過なし。

源泉温度 47.9℃  pH値 1.8

蔵王のお湯はいわゆる硫黄泉の部類ですが、メタケイ酸が豊富で何と230もあり。湯上りは意外とツルツルすべすべでした。

Imgp1864
湯上りには玄関先にある「二日酔いと恋の病が治る水」を飲んで宿へ戻ります。
実は往復のうち往きは雨が降っていたので、宿の方にちゃっかり車で送ってもらえました。たまたま出ようとしたら大雨で、送迎車のスタッフの方に玄関で「お送りしますよ」と言って頂けたのでラッキーでした。
ホスピタリティをとても感じました。
帰りはゆっくりと坂を上って宿まで・・。

蔵王温泉 蔵王四季のホテルさんの楽天トラベル宿情報

蔵王四季のホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 蔵王温泉 蔵王国際ホテル(2) | トップページ | 蔵王温泉 蔵王国際ホテル(3) »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株のトレード | 2012年6月19日 (火) 16時18分

株のトレードさんコメントありがとうございます♪
拙いブログですがこれからもごひいきに(o^-^o)

投稿: ばび | 2012年6月19日 (火) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/54941887

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵王四季のホテル 「離れ湯 百八歩」:

« 蔵王温泉 蔵王国際ホテル(2) | トップページ | 蔵王温泉 蔵王国際ホテル(3) »