« 夏瀬温泉 都わすれ(3) | トップページ | 夏瀬温泉 都わすれ(5) »

2012年3月11日 (日)

夏瀬温泉 都わすれ(4)

「夏瀬の湯」は江戸時代から地域の人々から愛され続けた温泉。
角館城主佐竹家は、夏瀬温泉を管理するための材木を広久内部落の民に授けたという文献も残っているそうです。

さて、お風呂へ。。Imgp3494

Imgp3463共同浴場「桃源の湯」は男女別の内湯が1つずつ。
棟続きの渡り廊下を通って湯小屋へ。1

Imgp3465 Imgp3472

脱衣所の様子。館内のロビーやラウンジとも異なる和風でウッディーな印象。これはこれで落ち着いた清潔な雰囲気で好感が持てます。

1

Imgp3471脱衣所内に掲示されていた日本温泉遺産を守る会の認定証書。

1

Imgp3477入ると木枠の風情ある浴槽。
この時期は温度差による湯気で、中々浴室内の曇りが抜けません。

Imgp3490左右で若干の温度差あり。あつ湯とぬる湯があります。
青森ヒバの香りに混じってほんの微かに硫黄臭。

Imgp3488
この時期は手前側のあつ湯で適温、奥側ぬる湯がややぬるめな感じ。湯口に堆積するナトリウム系の折出物が成分の濃さを物語っていますね。
基本的に源泉掛け流し。冬場は若干の加温あり。

Imgp3486
洗い場はこんな様子。
シャワー付き。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープあり。

Imgp3507仕切り板が付いて4箇所ほど(画像は女湯側)。

1


こちらは女湯側(もちろんカミサン撮影)。

Imgp3508 Imgp3510

基本的には男女同仕様のようです。
パウダーコーナーにはアメニティの他、湯上りのおいしいお水がありました。

Imgp3505

Imgp3511雪見の内湯も中々の風情です。
この他に露天「夏瀬のゆっこ」もあるそうですが冬場はクローズのようでした。

1

Imgp3467泉質表示。

源泉名:夏瀬温泉
泉質:ナトリウム・硫酸塩泉 低張性 弱アルカリ温泉
泉温:41度 pH  8.1


日帰り入浴料も500円で可能。
桃源の湯・山の休憩所がご利用出来るようです

次回は夕食篇です。

夏瀬温泉 都わすれさんの楽天トラベル宿情報

夏瀬温泉 都わすれさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 夏瀬温泉 都わすれ(3) | トップページ | 夏瀬温泉 都わすれ(5) »

コメント

あぁ、もうだめだぁ。
これ見ちゃったら予約するしかないですね。
なかなかお高いので我慢していましたが限界です。

今年の秋に行くことにします!

投稿: sobajiro | 2012年3月11日 (日) 17時08分

sobajiroさんコメントありがとうございます♪
秋なら露天「夏瀬のゆっこ」も入れますねぇ(*^_^*)
オススメのお宿です♪

投稿: ばび | 2012年3月11日 (日) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏瀬温泉 都わすれ(4):

« 夏瀬温泉 都わすれ(3) | トップページ | 夏瀬温泉 都わすれ(5) »