« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

別荘 今昔庵(7)

Imgp3298さて、今昔庵さんの朝食は昨晩と同じ食事処にて。



Imgp3299お膳はこんな感じ。
お味、ボリュームとも申し分なしでした。

11

Imgp3302そして、湯布院から高速道で福岡、福岡から飛行機で仙台へ。
あっという間の4日間でした。

11
Imgp3202冬の九州旅行、レンタカーを使っての旅もいいもんですね。
楽しかったです。
ただレンタカーを借りるときはくれぐれも冬装備をお忘れなく。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報


別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

別荘 今昔庵(6)

趣向を凝らした食事の後は・・。Imgp3297母屋の喫茶「茶太郎」に移り。。

Imgp3284

Imgp3286高級オーディオから粋なジャズの流れるレトロな佇まいの中、デザートとコーヒーを頂きました。

Imgp3282Imgp3283 手作りジェラートは4種類。
お皿それぞれ2種類ずつ(*^_^*)







次回は朝食篇です。。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報


別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

別荘 今昔庵(5)

Imgp3287さて、食事篇。ますは夕食から。
場所は食事処「吉一」にて。

Imgp3266炭火を囲んで、出来たて熱々を頂ける会席膳です。

Imgp3265

Imgp3267通されたテーブルはこんな感じ。

Imgp3273お酒は地酒の「湯布の生酒」をチョイス。

1

以下お料理を一品ずつ(順不同)。。

Imgp3268Imgp3269Imgp3270

Imgp3272

Imgp3271

Imgp3279

Imgp3277メインは地元特産の豊後牛や豊後赤鶏を炭火焼で。。

Imgp3280Imgp3281焼きおにぎりのお茶漬けでシメ。
一つ一つどれも手が込んでいて地産地消が効いています。
お味も素晴らしかったんですが、それにしても凄いボリュームでした。
お料理の説明、出されるタイミング、全て納得。
評判の高さが頷けます。

この後は母屋に移り、デザートとコーヒーです。。1

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報

別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

別荘 今昔庵(4)

Imgp3296内湯の湯小屋へ。やはり浴室は2つあります。

Imgp3288こちらも家族風呂。空いていれば内鍵を掛けて予約なしで入れます。

Imgp3290家族風呂なので脱衣所も広くはありません。

Imgp3291木枠の浴槽は2、3畳ほどの広さ。大人2人で入れるサイズ。
ゆったりできる雰囲気です。露天よりは幾分か熱めの適温。

Imgp3292洗い場の様子。
シャワー付きカランが2基。シャンプー、リンス、ボディソープあり。

1

もう片方の浴室も撮影のみでお邪魔しました。Imgp3294

Imgp3293Imgp3295浴室内は基本同仕様のようです。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報


別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

別荘 今昔庵(3)

さて、まず家族露天風呂へ。。

Imgp3250部屋の離れを出てすぐ左手にあります。
お風呂は2室あり。空いていれば内鍵を掛けて利用可能。

Imgp3253脱衣所はシンプル。一応洗面台にドライヤーあり。

Imgp3251屋根のない開放感のある石造りの浴槽。
3畳ほどのサイズです。
温度は適温で、くせのないお湯。まったりと過ごせました。


Imgp3252洗い場もあり。シャンプー、リンス、ボディソープも完備です。


こちらはもう片方の露天浴室。Imgp3255

Imgp3256同じく洗い場はシャワー付きカラン2基。シャンプー類完備。
基本外なので冬場じゃ寒いですけど。。


次回は内湯をご紹介。。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報

別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

別荘 今昔庵(2)

さて、部屋付きの露天風呂へ。。

Imgp3231Imgp3232こちらが脱衣所。こちらにも洗面化粧台が。

露天は石造りの浴槽。池の鯉になった気分です(笑)Imgp3233大人一人で余裕、二人でチョイつらい位のサイズ。
ボコボコとジャグジー付き。もちろん100%源泉掛け流しですが、こうする事で加水なしでも常に温度調整がされています。
ほとんど無味無臭で肌に優しい、くせのないお湯です。

Imgp3234塀で目隠しされ、眺めはイマイチですが、屋根のない野天なので開放感はあります。吹きっさらしなので冬場は上がるとやや寒いのが難点かも。

Imgp3260源泉名 今昔温泉
泉質 アルカリ性 単純温泉
泉温 69.7℃
pH 8.5


次回は部屋の外のお風呂へ。。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報

別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

別荘 今昔庵(1)

九州旅行も佳境に入って来ました。
Imgp3221初めての湯布院でお世話になった宿は、じゃらんnetでの評価も4.8(12年2月現在)と頗る高い「別荘 今昔庵」さんへ。

Imgp3222こちらは湯布院のやや郊外に位置し、それでいてコンビニまでも徒歩5分、金鱗湖までもせいぜい15分程度の立地の良さ。
緑と心地よい静寂に包まれた癒しの宿です。

120年前の庄屋を改築した母屋と露天風呂付き離れの2タイプがあり。Imgp3226今回お世話になったのは贅沢にも離れのほう。
こちらは「ほたる」というお部屋。
離れだけに専用玄関があります。

さあ、中へ。Imgp32238畳ほどのメインの和室。
こたつが備え付けてあり、まるで親戚の家に遊びに来たような雰囲気。
エアコンの他、温風ファンヒーターも備え付け。
東北の冬となんら変わりません(笑)

Imgp3235テレビは液晶アクオスサイズは確か22インチ位とやや小振り。
BSデジタルも受信可能でした。

Imgp3236Imgp3237(左)金庫あり。
(右)備え付けの冷蔵庫。

Imgp32272間続きの別室は4畳程。

Imgp3229Imgp3225(左)レトロな姿見。引き出しにはドライヤーあり。
(右)クローゼット内には大小タオル、足袋ほか一般的なアメニティ。

Imgp3230 Imgp3228

(左)トイレは温水洗浄便座付き。
(右)洗面化粧台は2箇所あり、こちらは部屋の中にあるほう。もう1箇所は、次回紹介する部屋付きの露天風呂の脱衣所にあり。。



・・続く。。

別荘 今昔庵さんの楽天トラベル宿情報

別荘 今昔庵さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

金鱗湖

やっと湯布院に到着。
正確に言えば、2005年合併により今は由布市湯布院町。
「湯布院」と「由布院」の違いですが、町名とインターチェンジは「湯布院」、でも駅名と温泉地名は「由布院」。これは1955年、由布院町と湯平村が合併した際に、町名を「湯布院町」として発足したからだそう。
つまり合併前からあった地名は「由布院」、合併後にできたものは「湯布院」という訳らしいです。

Imgp3238こちらは名峰「由布岳」。標高は1584mです。

1

さておき、宿にチェックイン後、まだ明るいうちに近くの景勝地「金鱗湖(きんりんこ)」周辺を散策しました。Imgp3243

Imgp3247

Imgp3248

Imgp3245周囲約400メートル。湖という割にはこじんまりした印象でした。
明治の儒学者、毛利空桑という人が、魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたんだそうです。


Imgp3239周辺も散策。平日でも観光客で賑わってました。

Imgp3249帰りに近くのお店で見つけた懐かしい「風のハルカ」のポスター。
2005年の朝の連ドラでしたっけ・・日焼けしてました(~_~;)





次回はお宿をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

大観峰

阿蘇五岳の絶景スポット「大観峰(だいかんぼう)」に立ち寄りました。
ビューポイントまでは大観峰茶店前から歩いて10分ほど。

Imgp3164大観峰(だいかんぼう)は海抜936m、阿蘇北外輪山の最高峰です。

Imgp3166

Imgp3170

Imgp3169

Imgp3167カルデラ盆地の阿蘇谷や阿蘇五岳(根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳)をはじめ、九重連山を一望できます。

Imgp3219この後は「やまなみハイウェイ」を抜けて湯布院へ。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

阿蘇ファームランド

阿蘇ファームランドは、熊本県阿蘇郡南阿蘇村にあるテーマパーク。
「阿蘇効果 健康の森」をキャッチコピーに園内には、「癒」、「泊」、「動」、「栽」、「食」、「買」の6つのテーマに分けた施設があります。
夜は500万個のイルミネーションが有名です。

Imgp3203阿蘇ロープウェーから西側に下ると車で15分程度で到着。
今回はランチに立ち寄りです。

Imgp3204おじゃましたのは「ミルクファーム」内にある「自然派免疫れすとらん ハーベスト」という施設。

Imgp3205

Imgp3209Imgp3207

Imgp3211

Imgp3208

地元の新鮮な野菜をふんだんに使用した阿蘇の田舎バイキングがご自慢のレストランです。

1

Imgp3215こんな感じでガッツリ取って来ました(~_~;)
特に野菜カレー、美味しかったです♪


Imgp3217帰りにお土産を買って帰りました。

阿蘇ファームランド

〒869-1404
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5579-3
TEL 0967-67-0001
営業時間 7:00〜22:00
駐車場  バス100台、普通車2500台

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

阿蘇山ロープウェー

Imgp3176九州といっても山間部は道路に雪が・・。
スタッドレスタイヤを装着したレンタカーで良かった(^_^;)

Imgp3179有名な「草千里」と「烏帽子岳」。こちらも白く雪化粧ですね。

1

Imgp3182のりばに着きました。1

Imgp3183Imgp3184チケットはJAF会員証提示で10%引きです。

1

Imgp3185いよいよ乗り込みます。


Imgp3187この時期、平日なので空いているかと思いきや、旧正月休みで訪れた中国からの団体客ですし詰めでした(ーー;)
所要時間は4分ほど。あっという間です。



Imgp3188さて、火口西駅に到着。火口周辺は火山ガスで立ち入り禁止規制があり。

Imgp3196避難用のシェルターがあり、物々しい雰囲気。
何より強風で寒いです・・。
ダウンジャケットしっかり着ていっても涙ちょちょ切れんばかり(T_T)

Imgp3195濃霧もあって思うように山頂も見えませんでした。
一瞬垣間見えた中岳山頂です。

Imgp3198早々に帰りのロープウェーに乗り込みました。1

Imgp3200下ってきて、途中に見えるのは「米塚」。



この後は阿蘇ファームランドでランチです。
1

阿蘇山ロープウェー

〒869-2225 熊本県阿蘇市黒川808-5
TEL(0967)34-0411/FAX(0967)34-1788

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

黒川温泉 散策(2)

今日も黒川温泉の雑感スナップです。Imgp3006

Imgp3148

Imgp3150

Imgp3151

Imgp3153

Imgp3155

いやぁ~筑後川源流、田の原川沿いに郷愁を誘う風景、じっくりと連泊してみたい温泉郷です。


次回はいよいよ阿蘇へ。。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

黒川温泉 散策(1)

朝、チェックアウトまでの僅かの間でしたが、宿泊した宿の周りを散策しました。

Imgp3084

Imgp3157

Imgp3159

Imgp3158

Imgp3160

Imgp3161

Imgp3162

Imgp3163黒川温泉は熊本といっても大分との県境の山間部に開けた小さな温泉郷、冬場は雪も降ります。

明日も散策の画像をお届けします。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

黒川温泉 ふもと旅館(13)

さて、朝食篇です。

Imgp3136会場は本館の個室でした。1

Imgp3137朝食メニューです(順不同)。
①湯豆腐
②自家製柚子or胡麻ドレッシングで食べるサラダ
③お煮しめ
④フルーツヨーグルト
⑤お新香
⑥地元産ご飯
⑦味噌汁
⑧籠盛り(山くらげの煮物・大根なます・ほうれん草のおひたし・煮豆・キンピラごぼう・切干大根・ぜんまいの油炒め・ふきの煮物・焼き鮭・玉子焼)
⑨小国ジャージー牛乳
⑩味付け海苔

こちらも味、ボリュームとも文句なしのガッツリメニューでした。



お湯良し、食事良し、スタッフ良し。評判なのが頷けます。
1泊だけでなくじっくり連泊してみたい宿ですね。1

Imgp3156さて、朝食後は散歩を兼ねて黒川温泉を散策。


・・続く。

1

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

黒川温泉 ふもと旅館(12)

やっと夕食篇です(~_~;)
さて、黒川温泉の中でも特に食事の評判が高いここ「ふもと旅館」さんの夕食。
Imgp3063今回は部屋食となります。

Imgp3071こちらが献立表。
家庭の味をイメージし地元の食材を活かした“田舎のおばあちゃん料理”がテーマとか。なんでも女将自らが市場に出向き、旬のものをその目で吟味して食卓に出しているそうです。

Imgp3064前菜は野菜の小鉢料理を籠盛りで・・。
地元の山野草をアレンジされています。

Imgp3072こちらは自家製刺身こんにゃく。

Imgp3073お酒は地元、阿津酒造の「ほうらい」純米酒をチョイス。

Imgp3066こちら熊本名産 霜降り馬刺しです。
クセがなく意外にサッパリで美味しかったです。

Imgp3074メインは肥後牛ヒレ肉の鍬焼き。
ナント鋤(すき)焼きではなく鍬(くわ)です!! 女将の実家が鉄工所ということから考案されたとか(笑) ボリュームも半端なかったです(*^_^*)

Imgp3076自家製ごま豆腐の揚げ出し豆腐です。


Imgp3079こちらは小国大根の蒸し物、野菜餡かけ。

Imgp3078小国蕎麦のサラダ。その他のお料理も美味しく頂きました。


Imgp3081食事は椎茸飯と熊本名産の「だご汁」で。

Imgp3083デザートはジャージー牛乳を使った「自家製牛乳プリン」。

味、ボリュームとも評判に違わず大満足の夕食でした。


次回は朝食篇です。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

黒川温泉 ふもと旅館(11)

さて、お風呂の紹介も今日が最後です。
相当ふやけてきました(笑)。

Imgp3124次は「石くり抜き風呂」。

Imgp3126文字通り石をくり抜いて作られた浴槽です。
やはり大人2人用というところ。

Imgp3128洗い場もあり。シャワー付きカランでシャンプー類完備。

1

Imgp3123最後は「岩組み露天」です。

Imgp3121こちらも大人2~3人サイズの浴槽。
開放感はあっても目隠しが高いので眺めはイマイチの感あり。
お湯は適温でした。
それにしても、これだけの数のお風呂を毎日温度管理されているのは大変なことですねぇ。


貸切風呂利用時間 15:00~23:00/6:00~9:30
宿泊者は空いていれば予約不要で利用できます。





以上で湯めぐりは終了。(ふぅ~~(^_^;))
次回は夕食をご紹介。。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

黒川温泉 ふもと旅館(10)

Imgp3138「一の湯」と隣り合わせになっている貸切風呂が、「二の湯」と「三の湯」。

Imgp3139「二の湯」脱衣所。

Imgp3140「二の湯」浴室内。
1

Imgp3145「三の湯」浴室内。
どちらもそれほど広くはないのですが、檜の木枠が張られた切石の浴槽が据えられた総檜の浴室が宿ご自慢のお風呂。
すべてのお湯が源泉100%掛け流しです。

Imgp3141Imgp3146 それぞれシャワー付きの洗い場スペースも確保されています。シャンプー、リンス、ボディソープ完備。


次回が貸切風呂篇最後です。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

黒川温泉 ふもと旅館(9)

Imgp3088男女別の野天風呂の並びにある小屋が露天風呂「一の湯」。
実はこのお風呂、翌朝一番に入りました。


Imgp3089脱衣所はいたってシンプル。


Imgp3091二人で入るには丁度ぐらいの石組みの浴槽。

Imgp3096九州旅行で初の雪見露天となりました。
湯加減も適温でまったり出来ました。

Imgp3093洗い場もあり。

Imgp3095宿の屋根にも薄っすら雪化粧。


次回も別館BR側、貸切風呂の紹介です。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

黒川温泉 ふもと旅館(8)

続いてお隣の「野天風呂(男女別)」へ。Imgp3105まずは女湯側から。

Imgp3104こちらも脱衣スペースは広くないです。

Imgp3100「野天風呂」といっても屋根付の半露天ですね。

Imgp3103「一の湯」と同じ斜面ですがこちらの方が眺望は良い感じ。
のんびりするにはこちらが良いかも。

Imgp3099洗い場もあり。
シャワー付きカラン。シャンプー類も。
1
Imgp3106こちらは並びの男湯側。

Imgp3108

Imgp3109

Imgp3107Imgp3110脱衣所&洗い場の様子。

基本的には同仕様ですね。



次回も貸切風呂めぐりは続きます。。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

黒川温泉 ふもと旅館(7)

Imgp3119さて、別館BR側にあるお風呂をご紹介します。

Imgp3087正面玄関から道1本隔てて駐車場脇の階段を上がるとまず最初にあるのがこの足湯。

さて、貸切風呂へ。
宿泊者は空いていれば内鍵をして利用頂けるシステムです。
Imgp3131まずは「立ち湯」へ。

Imgp3113扉を開けて左手に籠だけの脱衣スペース。

Imgp3112貸切風呂の中では一番の広さだそう。
大人4、5人は入れそうなサイズの浴槽です。手前から奥に進むにしたがって深さが増し、最大で150センチの深さ。

Imgp3118奥側から。こちら側が深い方。
この木柱につかまるなどして足を伸ばすことができます。

Imgp3114洗い場もあり。
シャワー付きカランが1基。
シャンプー、リンス、コンディショナーあり。



泉質表示
源泉名 黒川温泉 
泉質 単純温泉(低張性 弱アルカリ 高温泉)
泉温 49.3℃ pH値7.93
知覚的試験 微褐色 微硫化水素臭 微甘味

本館側とは微妙に違う源泉のようです。


次回も館内の湯めぐりは続きます。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

黒川温泉 ふもと旅館(6)

さて、本館湯小屋側にある貸切風呂をご紹介していきます。

最初のご紹介はの「とんとんの湯」。Imgp3035

Imgp3036

Imgp3037不具合のためお湯がぬるくなっていて入れませんでした。

1

Imgp3057続いて「檜の泡風呂」。

Imgp3059

Imgp3060

Imgp3058 Imgp3061

いわゆるジャグジー付き。スイッチで泡が発生します。
超音波の泡が身体に温熱効果をもたらし、美肌、四十肩、腰痛などに効果があるそう。
浴槽は小さめですが、檜風呂です。



次回は別館BR側へ。。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

黒川温泉 ふもと旅館(5)

さて、同じ本館湯小屋側にあるお湯をご紹介。
最初は男女別内湯です。

Imgp3034まずは男湯側。

Imgp3039脱衣所です。いたって簡素です。

1

浴室内へ。。Imgp3040大人5~6名は入れそうな石造りの浴槽。
昼間は光が入り割と明るい印象ですが、生憎この日は曇りがちで湯気も篭っていてイマイチでした。

Imgp3048洗い場は2箇所。
カランはシャワー付きでシャンプー、リンス、ボディソープ。

1

続いて女湯側。 Imgp3052

Imgp3056

Imgp3055こちらの方が換気は良かったようです。
浴槽は女湯側が一回り小ぶりな印象。
脱衣所、洗い場などの造りはほぼ同じ仕様。

男女内湯ともお湯は前述の露天と同じ泉質。
軽いアブラ臭のお湯で温度調節も適温、とても良かったです。


次回は貸切風呂へ。。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

黒川温泉 ふもと旅館(4)

次は雑誌などでも有名な露天「うえん湯」です。
Imgp3019湯小屋から急な石段を登り「うえん湯」へ。

Imgp3017こちらのお湯は女性専用。

Imgp3014脱衣所は女性専用らしくパウダーコーナーも完備。
しっかりドライヤーもあり

Imgp3008最も奥まった地点にあり、竹林に包まれたひっそりとした風情と、大人10名は入れる大きな湯舟が人気だそう。
泉質は「もみじの湯(男湯)」同様です。

Imgp3009黒川温泉の入湯手形を利用の際は、「うえん湯(女湯)」と「もみじの湯(男湯)」のみ入浴可能。
ちなみに、今では全国の温泉街に普及して、すっかりおなじみの「入湯手形」、さきがけの黒川温泉で入湯手形を発案されたのは、こちらの宿のご主人だそうです。

館内の湯めぐりはまだまだ続きます、

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

黒川温泉 ふもと旅館(3)

Imgp3007さて、お風呂へはこの渡り廊下を渡って湯小屋へ向います。

Imgp2986外から見れば川に掛かる太鼓橋になっていて黒川温泉の風情を彩っていますね。

1
Imgp3020渡って最初のお風呂はこちらの露天風呂「もみじの湯」です。

Imgp3022Imgp3023脱衣所も至ってシンプル。

Imgp3024川沿いにあり、流れる水の音をBGMに湯浴みを楽しめる趣向。
入った感じはややトロリとして、微かにアブラ臭(タール臭)系の匂い。
口に含むと微かに出し汁系の味。
割とさっぱり系の適温で何度でも入れそうな印象でした。

Imgp3026奥には寝湯、打たせ湯もあり、開放感ある露天風呂です。
洗い場はなし。

基本、男湯ですが21:00~22:00の間は女性専用タイム。

1

Imgp3030

Imgp3031泉質表示

泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性 弱酸性 高温泉)
【ふもと旅館公式WEBによれば単純硫黄泉(硫化水素型)】

泉温 81.3℃ pH 3.42~3.6

特徴 湯冷めしにくく肌がつるつるするそうです。


次回は女性専用露天「うえんの湯」へ。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

黒川温泉 ふもと旅館(2)

さて、お部屋へ。。

Imgp299010畳+広縁付の「鷹の間」です。新しくはありませんが清潔感ある印象。
禁煙ルームの設定はないものの空気清浄機あり。

Imgp2991別角度から。



Imgp2987 Imgp2988広縁の窓からの眺め。川沿いの湯小屋とそこへ渡る太鼓橋が見えます。黒川温泉ならではの風景ですね。1

Imgp2984Imgp2994(左)クローゼットの中のアメニティ類は一般的なもの。
(右)金庫あり。

Imgp2983 Imgp2985 (左)洗面化粧台周り。ドライヤー常備。
(右)トイレは温水洗浄機能付。

Imgp2993Imgp2995

(左)冷蔵庫は空きスペースほとんど無し。
(右)テレビはアクオス32インチ。地デジの他、BSデジタル放送も受信可。





次回からはお風呂を巡ります。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

黒川温泉 ふもと旅館(1)

Imgp2976さて、熊本を後に、途中阿蘇の雄大な景色を眺めながら、いよいよ憧れの黒川温泉へ。

Imgp2979お世話になる宿はじゃらんnetでの評判も頗る高い「ふもと旅館」さん。
すぐにスタッフさんが出迎えてくれます。

Imgp2980玄関先です。

Imgp3004全16室、新しい建物ではありませんが風情ある鄙び宿です。
お風呂が本館別館合わせて15(うち足湯*1)もあり楽しみです。

Imgp3003このロビーには無線LAN完備。
備え付けのiPadも空いていれば利用できるそうです。

Imgp3000廊下の様子。

Imgp2999

Imgp2998廊下の一角には冷水のポットやグルーミングのアメニティが。



Imgp2981すぐに部屋に案内されお茶を淹れて頂きました。

Imgp2982お茶請けはこんな感じ。
次回はお部屋の様子です。

黒川温泉 ふもと旅館さんの楽天トラベル宿情報

黒川温泉 ふもと旅館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

菅乃屋 上通り店

Imgp2965さて、熊本でのランチタイムは熊本城からも近く、街中にある馬肉料理専門店の「菅乃屋 上通り店」さんへ。
二の丸方面から歩いても10分ほどでした。

Imgp2972こちらの店内です。眺めの良い窓際の席でした。

やはりオーダーは人気メニューの「馬肉ステーキランチ」を。Imgp2967

Imgp2969

Imgp2971スープ、サラダ、馬肉ステーキ、ご飯、香の物、デザートが付きます。
馬肉ステーキは和風ソースで頂きます。
癖がまったくなく、意外に柔らかい! まるで牛フィレのよう。
脂肪が少なくて牛肉よりもヘルシーな感じ。
大変美味しかったです。

機会があればまた利用したいお店。

熊本馬刺し・馬肉料理専門店 菅乃屋上通り店

熊本市城東町2-12ライオンパーキングビル2F

≪フリーダイヤル≫ 0120-82-3558
TEL 096-355-3558  FAX 096-355-3556

ランチタイム/11:30~14:30
(ラストオーダー 14:00)
ディナータイム/16:30~22:30
(ラストオーダー 22:00

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

熊本城

Imgp2944さて、いよいよ熊本城へ。。1

Imgp2945「桜の馬場 城彩苑」のある二の丸方面から、まずは天守閣へ向かう正面入口「頬当御門(ほほあてごもん)」へ。
この門はお城を顔に見立てたとき、ちょうど顔の前に当てる甲冑(かっちゅう)の部品の頬当てに見えることから、頬当御門と呼ばれるようになったと言われているそうです。
流石熊本城、平日でも観光客が絶えない人気スポットですねぇ。

頬当御門前を1時間おきにスタートする「くまもとお城ガイド」のサービスもあり。(個人及び小グループの入園者を対象に無料で案内)

1

Imgp2946これが天守閣?いえいえそうではなくてこちらは「宇土櫓(うとやぐら)」。小西行長に縁のある「三の天守」です。
重要文化財ですが内部を一般公開しています。宇土櫓の名前の由来は宇土(うと)の小西行長(こにしゆきなが)が関ヶ原で滅んだ後、小西の家臣の一部を清正が召し抱えて宇土小路(うとこうじ)としたからだそうです。

1

天守閣へ。。Imgp2948この優美な石垣の造りは「清正流(きよまさりゅう)石垣」「扇の勾配(おおぎのこうばい)」「武者返し(むしゃがえし)の石垣」などと称されます。
その技法は「打ち込みハギ」と呼ばれ、石を叩いて積みやすく加工し、石と石の間には割り石を打ち込みより堅牢になるように、また手がかりを少なくし登りにくくする工夫をした積み方なんだそう。凄いですねぇ。。

1

天守閣正面です。Imgp2949向って左手が「大天守」、右手が「小天守」。
大小天守閣のバランスも美しい熊本城は日本三大名城の一つです。
名将加藤清正(かとうきよまさ)が幾多の実戦の経験を生かし、慶長6年(1601年)から7年の歳月と、心血を注いで築城したもの。

1

天守閣最上階から眺めた熊本市内。Imgp2952天守閣内部は熊本博物館分館となっており、1階は加藤家時代、2階は細川家時代、3階は西南戦争関連の資料を展示していました。

1

Imgp2957こちらは「本丸御殿(ほんまるごてん)」。
見どころは、障壁画の復元を行った「昭君之間(しょうくんのま)」など。

本丸御殿を会場に熊本城ゆかりの品を展示した特別展が丁度この23日から公開されたそうで、ラッキーでした。1

Imgp2960普段は立ち入れない大広間が開放され、「昭君之間」を飾る屏風や杉戸絵など金箔張りの障壁画も間近に見ることができました。
この特別展は3月4日までだそうです。

1

Imgp2974加藤清正公の銅像前を通り、この後は近くの有名馬肉屋さんでランチへ。

1

熊本城公式ホームページ

◆入園料
【個人】
おとな 500円 こども(小・中学生)200円

【30人以上の団体】
おとな 400円 こども(小・中学生)160円
※有料入園者が30名以上で団体料金となります。

【熊本城・湧々座(桜の馬場 城彩苑)共通入場券】
おとな 600円 こども(小・中学生)200円

【熊本城・旧細川刑部邸共通入場券】
おとな 640円 こども(小・中学生)240円

【to城パス】(熊本城・旧細川刑部邸共通年間入園券)
おとな 1,000円  1年間何度でも入園できます

◆開園時間
・4月~10月 8時30分~18時00分(入園は17時30分まで)
・11月~3月 8時30分~17時00分(入園は16時30分まで)


◆問い合わせ
熊本城総合事務所

電話:(096)352-5900

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

桜の馬場 城彩苑 湧々座

Imgp2933熊本城の場内にあり観光の拠点として賑わいを見せている「桜の馬場 城彩苑」。

Imgp2936こちらは熊本県下の特徴ある23のお店が勢揃いした「桜の小路」。

Imgp2935そして一角にある「湧々座(わくわくざ)」は「見て、聞いて、触って、感動体感ができるエンターテイメント空間」として熊本城がより楽しくなる歴史と文化の発見ゾーンなのだそうです。

Imgp2938 Imgp2940

熊本城の通常の入園料は大人500円ですが、こちら「湧々座」と熊本城との共通入園券が大人600円とお得。(ちなみに湧々座のみだと大人300円)折角なのでそっちにしました。

Imgp2941

Imgp29421階は「熊本今昔絵巻」というテーマで加藤清正の肥後入国から西南戦争まで一挙に紹介。曰く「バーチャルリアリティで江戸時代中期の熊本城を臨場感ある映像で再現」しているそうです。
小学生にも分かりやすい内容で、熊本城内の展示コーナーよりもむしろ面白かったかも(笑)

Imgp29432階は「ものがたり御殿」といって15分程度の歴史ハイライトが上映されるシアターになっています。クイズ形式で大人から子供まで楽しめる内容でした。


施設内には市内・県内等の様々な観光情報を提供する観光案内所もあります。




桜の馬場 城彩苑 湧々座《わくわくざ》

熊本市二の丸1-14
TEL.096-288-5600(8:30〜18:30)

入館料
【個人】大人:300円 / 子ども(小中学生):100円
【30名以上の団体】大人:240円 / 子ども(小中学生):80円
※団体料金は30名を超えないと適用されません。

湧々座と熊本城との共通入園券 大人:600円 / 子ども(小中学生):200円 

※小学校就学前の乳幼児は無料。

営業時間
4月〜10月 8:30〜18:30(湧々座入館は18:00まで)
11月〜3月 8:30〜17:30(湧々座入館は17:00まで)
※熊本城夜間開園時には、19:30まで営業時間を延長(湧々座入館は19:00まで)

定休日
12月29日〜31日





この後はいよいよ熊本城へ。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »