« 銀山温泉 旅館 藤屋(3) | トップページ | 銀山温泉 旅館 藤屋(5) »

2011年8月 6日 (土)

銀山温泉 旅館 藤屋(4)

さて、次は「地下のお風呂」へ。

Imgp0110扉を開けると脱衣スペースが階段前にあるユニークな造り。

Imgp0111ここから階段を降ります。
コンクリート打ちっぱなしの空間が広がります。

Imgp0113ここは以前の藤屋さんのお風呂があった場所をそのまま活かして新しいお風呂にしたそうです。

Imgp0116狭いスペースを有効活用して吹き抜けから採光していますねぇ。

Imgp0112浴槽は2人で余裕で入れるサイズ。
出し汁のような香ばしい源泉臭が湯口付近から香ります。

Imgp0115熱めのお湯が滔々と注がれていていました。
ちょっと熱すぎたので盛大に薄めてからやっと入りました。

Imgp0114洗い場スペースです。



次回もお風呂のご紹介です。。

銀山温泉 旅館 藤屋さんのさんの楽天トラベル宿情報


銀山温泉 旅館 藤屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 銀山温泉 旅館 藤屋(3) | トップページ | 銀山温泉 旅館 藤屋(5) »

コメント

はじめまして。
「藤屋」の内部レポのようなものネットで初めて見ました。
こんな感じになっていたんですね。
銀山温泉の雰囲気を破壊した醜悪な改築でしたが、館内も
全く興味湧かない造りですね。改築してすぐに倒産した
のがよく分かります。
温泉旅館を理解出来ない設計家の自己満足の所産ですね。

投稿: 温泉好き | 2011年8月 6日 (土) 13時23分

温泉好きさんはじめまして。
コメントありがとうございます。
確かにそういうご意見もあるようですね。
デザイナーズ系といわれる宿にも過去幾度か泊まりましたが、藤屋さんの場合、食事もスタッフの対応も悪くなかったですけど、こと建物に関しては確かに非日常の演出としてはやりすぎの感もあるかも。。
連れが夜、風呂に入りに行った時に暗くてとても使いづらかったそうです。
でもまぁ泊まる側の好みの問題でしょうから、自分的にはこういう演出の宿もありだと思います。

投稿: ばび | 2011年8月 6日 (土) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/52402611

この記事へのトラックバック一覧です: 銀山温泉 旅館 藤屋(4) :

« 銀山温泉 旅館 藤屋(3) | トップページ | 銀山温泉 旅館 藤屋(5) »