« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

志戸平温泉 游泉 志だて(1) 

Imgp8238今月は誕生月なので定宿の「志だて」さんへ。
昨年9月以来今年初、都合8度目のお泊りです。
いつもながら車寄せからスタッフの応対は素晴らしいもの。
荷物を預け車のキーを渡せばオッケー。

Imgp8240チェックインはラウンジにてゆったりと。お茶とお茶請けが出ます。

Imgp8282今回のお部屋は3階の露天風呂付き客室(Cタイプ)「茜雲」。
朝はお部屋に朝刊が入ります(翌朝撮影)。

Imgp8241お部屋の様子。布団敷き和風ツインベッドの寝室と6畳和室です。
26インチデジタル液晶テレビあり。2個のルームキー。

Imgp8245CDデッキあり。備え付けのCDは「癒し」という1枚。他1階ライブラリで選びフロントにて貸し出しあり。左下に見える青い球体は空気清浄機&加湿器。

Imgp8258和風ツインベッドは羽毛掛布団、クッショニングのよい敷布団。

Imgp8243男女2種類の浴衣はそれぞれサイズあり、充実してます。

Imgp8250Imgp8247

アメニティ充実のパウダーコーナー&温水洗浄付きのトイレ。

Imgp8244Imgp8248クローゼット周り。羽織、パジャマなど。下はセーフティボックス。そしてミニバー冷蔵庫周り。冷蔵庫の氷とミネラルウオーターは無料。

次回は部屋風呂をご紹介。。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

一関 山桜 桃の湯(9)

Imgp8222朝食も同じレストラン(離れ専用個室)にて。

Imgp8223Imgp8224

Imgp8226和定食と聞いてましたが、プラス、バイキングコーナーあり。
洋食メニューもありました。

Imgp8230全景はこんな様子。
味、ボリュームとも満足出来る内容でした。

Imgp8231食後はセルフでコーヒーもあり。もちろん紅茶や煎茶もあります。


正直このプラン大変リーズナブルでコストパフォーマンス高し。
とても良かったです。
お湯はもちろん、お部屋、特に充実のアメニティ、スタッフの応対、全て高レベル。なかなか1泊2万を切る価格帯で半露天風呂付き離れ体験プラン素晴らしかったです。体験と言わずまた来てみたい宿。おススメです。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

一関 山桜 桃の湯(8)

さて、今回のプランは「憧れの離れ体験プラン」というもの。

Imgp8151夕食はレストラン(離れ専用個室)にて体験プラン料理です。

正直あまり期待してなかったんですが、かなり満足度高かったです。

Imgp8154献立表です。

Imgp8159
ネット予約特典としてスパークリングのハーフボトルがサービス♪

Imgp8156前菜
ふきのとうの天ぷら
烏賊三杯酢
前沢牛刺し・ユッケ

Imgp8157お造り

牡丹海老
間八(カンパチ)

Imgp8161 Imgp8160

 

Imgp8164
三陸産わかめと鰤のしゃぶしゃぶ

Imgp8165洋皿
鯛のソテー クリームソース

Imgp8168焼物
黒毛和牛サーロインステーキ 和風ソース

Imgp8167蒸し物
茶碗蒸し

Imgp8169食事
手まり鮨

Imgp8170汁物
ハマグリのお吸い

Imgp8172甘味
ガトーショコラ セミフレット

Imgp8173コーヒー(または紅茶か煎茶) 

以上 温かい物は温かいうちにタイミング良くお給仕されてとても快適に頂けました。レベルかなり高いです。スタッフもとても丁寧な応対でした。

次回は朝食篇を。。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

一関 山桜 桃の湯(7)

続いて女湯側をご紹介。
宿泊者は朝5時~8時30分まで男女入れ替えがあり。

Imgp8208Imgp8209脱衣所の様子。基本仕様は男湯側同様。

Imgp8210内湯です。手前シルク風呂。奥がメインの浴槽。

Imgp8219こちらは一回り小さめの浴槽。やや熱め。

Imgp8211 こちらは掛け湯。



露天へ。。

Imgp8215 新設された女性専用の天空露天風呂です。普段なら眺めは良いはず。。

Imgp8218

Imgp8213

Imgp8214他にもスパライト付露天風呂や自然石のくりぬき風呂、臺風呂、檜風呂などたくさんのお風呂がありました。

次回は夕食篇を。。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

一関 山桜 桃の湯(6)

さて、浴室を出て露天へ。。

Imgp8202 いつもなら一関市内を見渡せる眺めの良い高台なのですが生憎の雨。

Imgp8196 メインの露天。10人ぐらいは入れそうな木枠の浴槽です。

Imgp8195こちらは自然石をくり貫いたお風呂。

Imgp8201古代ヒノキ風呂と陶器風呂。

Imgp8204荒れ模様で濃霧も出ていて最悪のコンディションでした。それでもお湯は素晴らしかったです。

次回は女湯側をご紹介。。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

一関 山桜 桃の湯(5)

Imgp8175さて、お風呂へ。まずは男湯から。

Imgp8178脱衣所の様子。宿泊者は真ん中に見える脱衣籠を利用。
平日の早朝撮影。貸切状態です。
いつも混んでいるのでこうはいかないですが。。

Imgp8177日帰り用の鍵の掛かる専用ロッカーです。日帰りだと入浴料一人2時間680円、または一日券1680円(館内着、タオルセット付き)

Imgp8176パウダーコーナー周りはこんな様子です。洗面台がついているのが3基、後は間仕切りのある鏡台とドライヤーだけのものが5基。

Imgp8179泉質表示
【源泉名】笹谷ちびぞう源泉
【泉質】ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
【泉温】54.4度
【pH】7.7 【湧出量】毎分250リットル
【温泉利用状況】非加水・非加熱・掛け流し

Imgp8182浴室に入ると左手に掛け湯。右隣はサウナ用の水風呂です。

Imgp8180
サウナルームもあります。

Imgp8184内湯の様子。

Imgp818914~5人は入れそうな一番大きな浴槽。木枠でややぬるめ。

Imgp8188向い側にある若干小さめのやや熱めの浴槽。

Imgp8190手前側はシルク風呂。細かい気泡のお湯でトロリ度高め。

加水無しで湯量で温度を微妙に変えて熱めぬるめを浴槽毎に調整してありました。熱め好きからぬるめ好きまで満足できますね。

Imgp8192 Imgp8186

洗い場はパテーション付き。
カラン周りのアメニティはリンスインシャンプー&ボディソープ。

次回は露天へ。。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

一関 山桜 桃の湯(4)

さて、岩盤浴へ。
Imgp8132こちらが入り口。
通常、岩盤浴セットで入浴料+1,000円(岩盤浴専用着付)が掛かります。

Imgp8142玉砂利、石板の岩盤浴(女性専用ルームあり)、アジアンサウナ(低温サウナ)があり。

Imgp8143入浴方法はうつ伏せで5分、仰向けで10分横になり、5分休憩、を3セット程度繰り返します。

Imgp8140石板の岩盤浴の中はこんな様子。
そんなに熱くなく、程よい汗が気持ちよく出てイイ感じでした。

Imgp8133こちらが休憩スペース。

Imgp8134

Imgp8233Imgp8234岩盤浴セットでは他にスパライト付き足湯、アジアンリラックスルーム、無料マッサージチェア、TV付リクライニングルームの利用ができます。

Imgp8127 Imgp8129館内施設は他にも麺処や休憩室があり。


次回はお風呂へ。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

一関 山桜 桃の湯(3)

Imgp8146
部屋風呂はひのきの半露天風呂。中庭が見えます。

Imgp8113
二人でゆったり入れるサイズの木枠の浴槽。
お湯は100%源泉掛け流しで色は淡い黄色。匂いはほとんど無し。
舐めると微塩味。トロリといた肌触りで茶褐色の湯の花が豊富です。
浴後はポカポカと温まるお湯でした。

Imgp8149お庭側から。


Imgp8101
洗い場はこんな感じ。
ツバキのシャンプー&コンディショナー、ボディソープも高級品です。

Imgp8119泉質表示
【源泉名】笹谷ちびぞう源泉
【泉質】ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
【泉温】54.4度
【pH】7.7 【湧出量】毎分250リットル
【温泉利用状況】非加水・非加熱・掛け流し

Imgp8115オマケ。
脱衣スペースに張ってあった張り紙。
源泉名の由来になった「ちびぞう」の写真が。



次回は岩盤浴へ。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

一関 山桜 桃の湯(2)

お部屋はこんな感じ。1階(ロビー階は2階)の「もみじ」という部屋。

Imgp80946畳程の畳敷きのスペースとベッドルームスペース。広縁は無し。
42型デジタル液晶テレビ(地デジ&BSデジ)。DVDプレーヤー付き。

Imgp8091部屋に入るとキュートなスタッフさんがとても丁寧に館内の説明してくれます。

Imgp8089 Imgp8090早速ウェルカムフルーツとお茶のサービス。ルームキーは2つ。腕に付けるバーコードキーは館内をキャッシュレスで利用できます。


Imgp8095ベッドルームの様子。こちらにもデジタル液晶テレビ付き。
畳に和ベッドですが、低反発枕が実に寝やすかったです。

Imgp8104 Imgp8121(左)クローゼット内には羽織ほかアメニティ各種。下にセーフティボックス。(右)電気ポット&お茶セット。下冷蔵庫。

Imgp8108冷蔵庫、中身はこんな感じ。なんとフルーツ、ミネラルウオーターはもちろんソフトドリンクや缶ビールまで全て無料です。

Imgp8106 Imgp8122

(左)館内着と岩盤浴着などアメニティ類。(右)お風呂行きのバッグ。部屋用のタオルは別に用意。

Imgp8111Imgp8110(左)爪切り、耳掻き、ソーイングセット。(右)携帯各社用 充電アダプター。至れりつくせりですね。

Imgp8098Imgp8120(左)パウダーコーナー。(右)加湿器あり。

Imgp8100この洗面化粧台、普通のドライヤーの他クルクルドライヤーまであり。
アメニティが超充実してます。

Imgp8118Imgp8117(左)トイレは最新のシャワートイレ。
(右)脱衣所周り。部屋風呂用のタオルあり。

次回は部屋の露天をご紹介。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

一関 山桜 桃の湯(1)

Imgp8086前回のご紹介は'09年1月
日帰りでしか行った事のない山桜 桃の湯さん。
今回は離れの露天風呂付きの部屋に泊まってきたので早速ご報告。
じっくりレポして行きますので宜しくです♪

Imgp8130フロントの様子。
愛想の良いフロントスタッフが荷物を持ってくれて部屋まで案内してくれます。

Imgp8235
館内はバリ風のコンセプト。

Imgp8144ガムラン音楽が流れトロピカルなお香と相まってエスニック気分てんこ盛りです。

Imgp8131その割には和風バリバリの大衆演劇のポスターが貼ってあります。
「アジアンと和の融合による癒しの宿」だそうです。
宿泊者は大衆演劇が無料観覧出来るそう(日帰り入館は+1,000円)ですがこの日は休演日だったので浴場も空いていて逆にお湯を楽しむには良かったです。

Imgp8126離れの入り口です。ここから先はスリッパ履きになります。

Imgp8124ここは離れの一角にあるリラクゼーションコーナー。
マッサージチェアもソフトドリンクも無料です。

Imgp8125離れの廊下の様子。新しい建物なのでとても綺麗です。


次回はお部屋の中をご紹介。

山桜 桃の湯さんの楽天トラベル宿情報

山桜桃の湯 さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

作並温泉 旅館岩泉(6)

さて、ネットでも評判の良かったここ旅館岩泉さんの食事。
夕食膳は部屋食でした。

Imgp8057リクエストの時間通りお膳が運ばれてきます。
献立表は出ませんでした。

Imgp8058

Imgp8065

Imgp8068茶碗蒸しや天ぷらなどは温かいものを後出しです。

Imgp8064Imgp8071

Imgp8069ボリュームはイマイチでしたが概ね満足できました。

Imgp8082翌朝、朝食膳は会場食です。

Imgp8083内容はボリュームあり。夕食膳より満足度高しですね。


貸切風呂が自由に使えてイイ感じの宿でした。
食事はもう少しアップグレードしたプランの方が良かったかもしれません。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

作並温泉 旅館岩泉(5)

Imgp8081さて、最後はサウナ付きの貸切家族風呂「あじさいの湯」。

Imgp8072脱衣所の様子。スペースは「ふようの湯」同仕様。

Imgp8074

Imgp8076浴槽は2畳ほどです。

Imgp8080湯口付近に折出物もあり。温度も適温でした。

Imgp8075カラン周りのアメニティ。

Imgp8077
露天が無い分、こちらはサウナルーム付です。男女別浴場にもサウナルームは無いのでサウナ好きには重宝しそうです。

Imgp8078こちらは水風呂。

次回は食事篇を。。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

作並温泉 旅館岩泉(4)

さて、貸切家族風呂は2つ。空いていれば内鍵をして利用します。

Imgp8039露天風呂付きの「ふようの湯」とサウナ付きの「あじさいの湯」。今回は正面の「ふようの湯」へ。

Imgp8042脱衣所の様子。

Imgp8044内湯の浴槽は2畳ほど。
掛け流されていて芒硝臭(石膏臭)がしました。
湯加減も良かったです。

Imgp8048
カラン周りのアメニティも充実しています。

Imgp8045
内湯を出ると露天があります。屋根付きの半露天です。

Imgp8047露天の浴槽も二人で入れるサイズ。眺めは良くないです。
湯加減は適温でイイ感じ。塩素臭は感じませんでした。

Imgp8043泉質表示
源泉名 不二の湯
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性弱アルカリ高温泉
泉温 50.5℃ 使用位置 42.0度
pH 8.1


次回は「あじさいの湯」へ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

作並温泉 旅館岩泉(3)

Imgp8029さて、男湯「星見の湯」へ。

Imgp8030 Imgp8031

脱衣所の様子。基本的に男女同仕様。
パウダーコーナーにはこちら側は男性整髪料に。

Imgp8032浴室内の様子。
この日は空いていたので何度入っても貸しきり状態でした。

Imgp8034内湯浴槽は循環併用らしいです。
若干塩素臭。温度は適温でした。

Imgp8033カラン周り。洗い場は充分ありました。
シャンプー、コンディッショナー、ボディソープほか。

Imgp8035露天は2、3畳ほど。
こちらは掛け流されている感じで塩素臭は感じませんでした。
やはり微かに芒硝臭(石膏臭)あり。さらりとしたお湯です。

Imgp8037
庭園露天風呂は雪景色でした。
夜は曇っていましたがこちらも切れ間から三日月を望めました。

次回は貸切家族風呂へ。。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

作並温泉 旅館岩泉(2)

さて、名物の「庭園露天風呂」をはじめ、空いていれば自由に利用できる貸切家族風呂もあり、館内で湯めぐりが楽しめる旅館岩泉さんのお風呂。

Imgp8027まずは女湯「月見の湯」から。(カミサン撮影)

Imgp8025 Imgp8026

ウッディーな佇まいで清潔感ある脱衣所。パウダーコーナーにはドライヤー他アメニティもあり。

Imgp8014内湯の浴槽は広めで中庭が望めるロケーション。
お湯はほぼ無味無臭でサラリとした感じ。温度も適温でした。
塩素投入されていて若干塩素臭あり。

Imgp8015 洗い場もカラン豊富。シャンプー、コンディショナー、ボディソープほか。


内湯を出て露天へ。

Imgp8017

Imgp80182、3畳ほどの浴槽。こちらはほぼ塩素臭はなし。微かに芒硝臭(石膏臭)がしました。浴後もさらりとした感じで汗が引きやすいお湯です。

Imgp8019浴槽から庭園を望みます。今回は雪見露天です。
夜はその名の通り雲の切れ間から三日月が顔をのぞかせていました。

Imgp8056泉質表示
源泉名 不二の湯
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性弱アルカリ高温泉
泉温 50.5℃ 使用位置 42.0度
pH 8.1

加水あり。掛け流し。塩素投入あり。


次回は男湯側をご紹介。。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

作並温泉 旅館岩泉(1)

久々の作並温泉。今回はネットでの評判も良い旅館岩泉さんへ。

Imgp8002大きな宿泊施設が48号線沿いに並ぶ中、がんばっているお宿だというので出かけてみました。

Imgp8055ロビーの様子。チェックイン時もスムースでした。

Imgp8053お部屋は2階。廊下の様子です。

Imgp800410畳+広縁付き。

Imgp8005別角度から。掃除も行き届いています。
テレビはまだアナログでした。

Imgp8011お茶請けです。
仲居さんがご挨拶の後お茶を入れてくれます。
部屋食なので時間を訊かれます。

Imgp8006
広縁の様子。窓からの眺めは斜面の植栽。

Imgp8007Imgp8010(左)空の冷蔵庫、(右)クローゼット周り。金庫あり。

Imgp8013アメニティは一般的なものです。

Imgp8009 Imgp8008

トイレは温水洗浄付でした。(右)パウダーコーナー周りの様子。ドライヤーは無くフロントで借ります。

Imgp8052浴室前にある卓球台。空いていれば無料です。
次回はお風呂へ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

盛岡つなぎ温泉 ホテル紫苑(4)

Imgp7993さて、朝食は朝食会場にてバイキングです。

Imgp7997Imgp7996野菜サラダも豊富で地産地消なヘルシーメニュー。

Imgp7998こんな感じで取ってみました。

Imgp7999もちろんコーヒーもあります。


いつもながら部屋付けの仲居さんはじめスタッフの応対は総じてとても素晴らしかったです。
リーズナブルでコストパフォーマンス高いです。
また来たい宿ですね。

繋温泉 ホテル紫苑さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル紫苑さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

盛岡つなぎ温泉 ホテル紫苑(3)

さて、食事篇に。「紫苑」さんの食事はネットでも評判。

Imgp7978夕食の献立表です。
地産地消に拘った食材で、今回も部屋食。

Imgp7975温かい物がお願いした時間通り運ばれてきます。

Imgp7977お膳です。

Imgp7976今回のプランはハーフワイン付です。さらに誕生月の宿泊者にもう1本プレゼントがあり都合2本に。ラッキ~♪


お料理をアップで(順不同)

Imgp7982 Imgp7983

Imgp7985Imgp7981

Imgp7984Imgp7986

Imgp7987Imgp7988

Imgp7991Imgp7992

次回は朝食篇を。。

繋温泉 ホテル紫苑さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル紫苑さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

盛岡つなぎ温泉 ホテル紫苑(2)

さて、貸切露天風呂へ。Imgp7963場所は3階の「南部曲がり屋の湯」の手前。
フロントで事前予約。キーはフロントにて。時間は45分です。

Imgp7964脱衣所です。割と広めで清潔感あり。

Imgp7965アメニティ充実のパウダーコーナーもありました。

Imgp7968入って左手に洗い場(シャワーブース)があります。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあり。

Imgp7969お風呂の様子。
2、3人で入るには丁度良いサイズ。

Imgp7970
源泉掛け流しですが、匂いはあまり感じませんでした。
ややトロリとした癖の無いお湯です。

Imgp7972
角度を変えて。
高い目隠しに囲まれて眺望は良くないですが、プライベート感はあってイイ感じ。

Imgp7967泉質表示
■繋温泉紫苑の湯
■泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
■泉温 61.7℃(気温20℃)使用位置50℃
■ph値 8.7

隣の「南部曲がり屋の湯」と同じ表示です。

今回は省略しましたが「南部曲がり屋の湯」の詳細は2009年11月、2階大浴場の詳細は2009年2月レポートをご参照下さいね。

次回は食事篇を。。

繋温泉 ホテル紫苑さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル紫苑さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

盛岡つなぎ温泉 ホテル紫苑(1)

2009年11月以来2年ぶり4度目の紫苑へ。
今回は「特別企画、二人で2万円選べる宿泊貸切露天風呂付」というプランを利用してみました。通常なら45分1500円の貸切露天に一度は入ってみるのもよいかと。。

Imgp7945
玄関前です。
車寄せでの対応良し。チェックインはいたってスムースでした。

Imgp7957通されたのは9階の10畳+広縁付き。
もちろんフロント係さんが荷物を運んでくれました。

Imgp7953前回との変更点はテレビがデジタル化されてました。
地デジオッケー、BS1、BS2はアナログのみ。

Imgp7955
広縁周り。

Imgp7949

Imgp7974広縁からの眺めです。
夕焼けに岩手山が綺麗でした。御所湖はすっかり凍っていました。
全面が凍るのは最近では珍しいそうです。

Imgp7959お茶とお茶請けです。温かいお絞りも用意。
部屋付けの仲居さんが丁寧にご挨拶の後お茶を入れてくれます。

Imgp7946この日は節分だったのでお部屋に豆まき用の落花生がありました。

Imgp7954Imgp7956冷蔵庫は自動計算式ですが手前側ポケットは使えます。金庫は小分けされていてそれぞれに鍵が掛かります。

Imgp7961Imgp7960トイレは温水洗浄付き。乾燥機能まであり。パウダーコーナー周りも充実してます。

Imgp7962Imgp7952

(左)バスルーム。(右)クローゼットの様子。

Imgp7951アメニティはこんな感じ。

Imgp7950
次回は貸切露天へ。

繋温泉 ホテル紫苑さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル紫苑さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

鶯宿温泉 長栄館(4)

Imgp78872階のいつもの朝食会場です。

Imgp7891朝食の献立表です。

Imgp7892お膳はこんな感じ。

Imgp7888こんなサービスも。
お気に召した方は1階の売店でどうぞ。

Imgp7113もちろん小岩井牛乳もお替わり自由です。

Imgp7896今回もお世話になりました。いつもながらの和み宿でした。
おかげで旅の疲れも癒されましたね。



鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

鶯宿温泉 長栄館(3)

さて、毎度評判の良いここ長栄館さんの食事。
夕食膳は部屋食です。

Imgp7852時間丁度に部屋付けの仲居さんが用意してくれます。

Imgp7854お膳はこんな感じ。

Imgp7853今回の献立表です。

Imgp7858 Imgp7857

Imgp7860Imgp7859

Imgp7861Imgp7862

Imgp7866Imgp7865

Imgp7867Imgp7868温かいものは温かい内に運ばれてくる創作会席膳。地場の食材を取り入れバラエティに富んでいます。美味しかったです。

次回は朝食篇を。。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

鶯宿温泉 長栄館(2)

Imgp7884久々に女湯「小町の湯」側をご紹介。(カミサン撮影)
100%源泉掛け流し、加水加温無しです。

Imgp7879

Imgp7883脱衣所の様子。
ウッディで明るい。清潔な雰囲気。
アメニティも揃っています。

Imgp7875内湯の様子。手前側の大きな浴槽はジャグジー付き。

Imgp7876奥にある一回り小さめな浴槽は古代檜風呂。湯の花豊富です。

Imgp7874洗い場スペースです。カランは間仕切り付き。
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ完備。

Imgp7877こちらは露天です。

Imgp7878露天から眺めた渓流の雪景色。

Imgp2823
成分表。
肌に優しい弱アルカリ泉です。
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度 53.2℃
pH 8.3


温度管理されていて良く温まる美肌系のお湯です。

次回は食事篇を。。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

鶯宿温泉 長栄館(1)

Imgp7832台湾旅行から戻り、あと1泊分だけあった冬休みを疲れ取りのためにいつもの長栄館さんへ。昨年12月以来です。

Imgp7844さて、お部屋はいつもの10畳+広縁付き。

Imgp7835部屋付けの仲居さんも前回と同じ方でした。
すぐお茶を入れてくれます。

Imgp7846広縁の様子。やはり外は雪景色。

Imgp7839 Imgp7841

Imgp7843Imgp7842部屋の仕様、備品は過不足無し。いつもながらレベル高いです。

Imgp5750
冷蔵庫は持ち込み品が入れられる様、空になっています。

Imgp7850いつもの露天がまるで「お帰りなさい」と言っているようでした。

お風呂、男湯について詳しくは昨年1月宿泊時のレポで。。


次回は久々に女湯「小町の湯」側をご紹介。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

3泊4日台湾旅行(12)

Imgp7811さて、北投駅からMRTに乗って帰りは台北駅まで来ました。

Imgp7810
ここでランチタイムとショッピングを兼ねて新光三越台北駅前店へ。
ここは台北でも有名な「新光三越摩天楼」というでっかいビルです。

Imgp7812まずは地下1階のフードコートで腹ごしらえ。
台湾本場の中華から日本食、カレーやらまぁ何でもあります。麺類が食べたかったので「阿水師」というお店をチョイス。台南小吃の店で、虱目魚(サバヒー)をメインにしたセットメニューがそろっています。

Imgp7813「意麺+雞捲+虱目魚丸湯」というセットメニュー。100元でした。

Imgp7815これが意麺。縮れ麺に汁が絡み結構コシありで美味しかったです。

Imgp7814こっちはカミサンが頼んだ「滷肉飯+漫青菜+蛤仔湯」。これも100元。
結構ボリューミィ。味も◎でした。

この後、地下2階の食品館でお土産品やら購入。ツアーバスで行くお店よりも安くて美味しいパイナップルケーキのお店で買いましたよ(*^_^*)
土曜日のデパートは買い物客でごった返してましたね。



さて、ホテルへ戻った後、夕食はまたもや夕べも行った遼寧街夜市へ。

Imgp7822ここは「又一村」という地元でも人気の餃子のお店。

Imgp7816

Imgp7819もちろんお持ち帰りだけでなくお店の中で食べていく事も出来ます。
英語も日本語もまったく通じなかったけどなんとかオッケー。美味しかったですよ。

Imgp7824帰りにホテルでのつまみ&夜食にと別のお店で滷肉飯(ルーロー飯)やら蚵仔煎(カキオムレツ)をケイタリング。どこのお店もメッチャ安いし何と言っても美味しかったです。


翌早朝、あっという間に機中の人となり・・。

Imgp7827

Imgp7828

Imgp7829

こちらは帰りの飛行機の中の機内食。

Imgp7830デザートもしっかり。

帰りの飛行機はジェット気流の関係で2時間40分ほど。


3泊4日でしたが美味しいものをたらふく食べ、温泉にも浸かり、ホテルの高級スパも日本とは比べ物にならないリーズナブルさで体験。
大満足の台湾旅行でした。
台北いいですね。また来たいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

3泊4日台湾旅行(11)

Imgp7792これが案内された貸切露天「静の湯」。
結構広めです。内鍵を掛けて利用します。
カラオケボックスのように10分前になると電話が来るシステム。
床はスノコ状の板張り。

Imgp7797手前湯口が源泉。奥が冷水。お湯は8分目になると自動的に止まります。
湯の花はろ過されているのか殆ど見当たらず。匂いもそれほどでもありません。
肌当たりもきつくなく入りやすいお湯でした。

Imgp7798取説がありました。
ぬるくなってお湯を足したいときは1/3程お湯を捨ててから再度ボタンを押します。
溢れさせる事は不可能のようです。

Imgp7795

Imgp7794個室内にトイレ付き。ミネラルウオーターとバスタオルが付属しています。

Imgp7796洗い場スペースはこんな感じ。
リンスインシャンプー&ボディソープあり。

Imgp7793浴槽からの眺めです。若干目隠しが高いですが、露天は気持ちよいですね。
春のような陽気で心地よい天気。大雪の東北を思うと別世界でした。

Imgp7802時間になり3階の個室を出て2階の大浴場「岩の湯」へ。

Imgp7803脱衣所はこんな感じ。鍵付きロッカーはここには無し。

Imgp7807石造りの屋根付きの広い露天です。左手に打たせ湯。手前に仕切りのある洗い場。
左手奥に人が居たので全景の撮影は控えました。貸切露天よりはやや熱めです。

Imgp7806入って右手にジャグジー付きの寝湯があります。こちらはぬるめ。
手前は冷水でした。

Yuguchi湯口からは割と強めの硫黄臭。こちらのお湯はたぶん掛け流しのよう。

Imgp7804しっかり温度管理されていてます。pHは3.8
ここは北投温泉のいわゆる「白湯」系のようです。
美肌の湯といわれています。

Imgp7809のんびりと2時間ほど滞在して帰りは北投駅まで送迎車を利用しました。
らくちんでしたね(*^_^*)

↓詳細はこちら。
亜太温泉生活館

北投温泉良かったです。また来たいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

3泊4日台湾旅行(10)

Imgp7785さて、やっと「亜太温泉生活館」に到着。レストランも併設されています。

Imgp7787本来ならここまで送迎車で5、6分程度ですが寄り道も含めて徒歩だと40分以上掛かりました。途中からは結構きつい上り坂。まあ冬場以外は汗だくになるのでお勧めしません(ーー;)

フロントで受付。今回は貸切露天(静の湯)付き(2名で1時間1250元※時間を過ぎても大浴場は自由に入れます。)をチョイス。

Imgp7788浴衣とタオル、ビーチサンダル、ロッカーキーを渡され2階へ。
ちなみに平日なら20%オフ(この日は土曜日)JCBカード使用で5%オフでした。

Imgp7789

Imgp7790

ロッカールームの様子。お掃除は行き届いているようでした。

Imgp7801Imgp7791休憩スペースはこんな感じ。畳のお部屋もありました。

Imgp7808中庭の様子。

Imgp78003階の貸切風呂スペース。各部屋に鍵が掛かります。

次回はいよいよお風呂へ。。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

3泊4日台湾旅行(9)

Imgp7759さて、ここが新北投の駅前。この辺りからもう硫黄臭が香ります。
目的地の「亜太温泉生活館」では1時間おきに送迎があるらしいのですが待ち時間があるのと、途中にある「地熱谷」や温泉街の風情などを眺めながらのんびり行こうかと。

Imgp7760どうせならと駅前の向かいから始まる北投公園の中を抜けて行きます。

Imgp7761

Imgp7762

Imgp7763公園内の様子。遊歩道を散策すると小さな滝がありました。
時折吹く風が冷たいもののこの日の気温は14℃。
まあ真冬の東北と比べれば春の陽気ですね。

Imgp7766公園を温泉街へと抜けると目の前に最近オープンした有名な「加賀屋」さんが。
和服姿のスタッフさんがちょうどお客さんを見送っているところでした。

Imgp7767
隣は北投温泉の2種類の源泉「白湯」と「青湯」両方を引いている「新秀閣」。
今回は見送りましたが次回は日帰りでも是非入ってみたいもんです。

Imgp7770昔ながらの共同浴場「滝乃湯」。素朴な佇まいです。
かつて昭和天皇が皇太子時代にも入浴したことがあり、北投石を発見した「岡本要八郎」もここで入浴後に北投石を発見したと言われているそうです。
ここも入りたかったのですが、鍵付きロッカーが無いのと時間の都合でパス。

Imgp7771
この辺から温泉街ロードも上り坂に。正面に見えるのは「熱海」ホテル。

Imgp7769途中の道端に居たわんこです。

Imgp7773さて、「地熱谷」の看板が見えて来ました。

Imgp7774 案内図があります。手前にトイレのある休憩所。奥にいわゆる「地獄」が広がっています。入場無料です。

Imgp7776休憩所の中に北投石が展示してありました。

Imgp7779

Imgp7780

Imgp7781

土曜日ということもあって観光客で賑わっていました。

さて、次回は「亜太温泉生活館」へなんとかたどり着きそうです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »