« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月27日 (土)

鶯宿温泉 長栄館(3)

さて、毎度評判の食事。夕食膳は久々に部屋食で。

Imgp01186月~8月の献立表。
毎度ながら季節と地場物に拘った創作会席。

Imgp0119全景はこんな感じ。





一品づつをアップで・・。(順不同)

Imgp0123 Imgp0120

Imgp0124Imgp0122

Imgp0126Imgp0125

Imgp0128Imgp0127 Imgp0130

Imgp0121
メイン料理は“岩手県産黒毛和牛のすき焼き”。

Imgp0129美味でした~♪

Imgp0131 デザートまで質、量共毎度ながら満足のいくものでした。




Imgp0132翌朝の朝食膳は会食場にて。

Imgp0133前回は無かった朝食膳の献立表も復活。

梅干も紀州産に戻っていました。

Imgp0134クオリティ的にも以前に戻った様で安心。
いつもながらの美味しい朝食でした。
やはりここがベンチマークですね。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

鶯宿温泉 長栄館(2)

さて、いつもの長栄館さんのお湯へ。
100%源泉掛け流し、加水加温無しで気持ちが良いです。

Imgp0098
成分表。
肌に優しい弱アルカリ泉。
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度 53.2℃
pH 8.3




脱衣所風景。Imgp0097

Imgp0096

Imgp0108この季節の平日の午後、早い時間は空いていて貸切り状態。





内湯へ。Imgp0101さて、内湯の大きい浴槽。
ジャグジーが効いていて気持ちが良いです。

Imgp0103奥にある古代檜の浴槽は湯の花もろ過していません。

Imgp0105サウナあり。

Imgp0102洗い場は間仕切り付き。
カラン数も申し分ない。

Imgp0104備品はシャンプー、リンス、ボディソープ。






露天へ。Imgp0107新緑を味わえる露天は実に気持ちが良いです。
湯口付近から本当に微かなゆで卵臭あり。
湯上りはサッパリで実に良いお湯。
単純泉の奥深さを感じる事が出来るお湯ですね。


次回は美味しい部屋食で有名な食事篇を。。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

鶯宿温泉 長栄館(1)

3月以来の長栄館。

Imgp0087いつも変らぬ笑顔でお出迎えの車寄せです。

Imgp0088これは隣のかどや旅館さんのにゃんこ。

Imgp0089チェックイン時のフロントスタッフさんの応対も笑顔で丁寧です。
客室スタッフさんが荷物を運んでくれてお部屋までご案内。

Imgp0090早速お茶を淹れて下さいます。
客室スタッフさんも笑顔で応対。
自分達は友の会会員で何度も利用している旨を告げ館内の詳細説明は省略してもらいました。

Imgp0092

Imgp0093 今回は6階の10畳広縁付き。

Imgp0094広縁は一段下がっていてシートが広く使い勝手が良いです。

Imgp0091いつものお茶受けです。

Imgp0111温水便座付きトイレ。

Imgp0112洗面ドレッサー周り。
アメニティも申し分ないっす。

Imgp0114ユニットバス付き。

Imgp0095
備え付けの冷蔵庫は今や持込み用。
空きスペースにアクエリアスのミディペットがきっちり収まります。

Imgp0109金庫や電気ポット。

Imgp0110浴衣の替えなども。


毎度過不足無く満足度高し。

次回はお風呂へ。。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

道の駅 雫石あねっこ 日帰り湯 新橋場温泉

いつもは秋田方面からの帰り道に立ち寄っている道の駅「雫石あねっこ」。
今回は泊まり明けでなく日帰りで立ち寄りました。

Imgp0059以前ご紹介した美味しいおそば屋さん「しずく庵」を始め、「あねっこ茶屋」などのお食事処も賑わってます。

Imgp0084テイクアウトの出来る「こびる」コーナー。
特に人気のソフトクリーム。
「雫石トマト」、「ひとめぼれ」、「牛乳」、「ミックス」などある中からオーソドックスに「牛乳」を選んでみました。
ここのソフトはどれも美味しいです。

Imgp0062
人気の産直コーナー。

Imgp0061いつも売り切れ早いです。

Imgp0065旬の根曲がり竹(地元ではヒメタケ)を買いました。


日帰り温泉館(元湯 橋場温泉)もあります。Imgp0063いつもは通過するだけで入らないんですが今回は日帰り湯も体験。

Imgp0064
大人500円子供300円(税込)
 ※(雫石町民大人400円子供200円(税込))
 ※子供は小学生、就学前は無料

Imgp0066広いロビー。湯上りスペースもあります。
フロントで靴ロッカーのキーを預け、脱衣ロッカーの鍵を受け取ります。

Imgp0081

Imgp0069 脱衣ロッカーはこんな感じ。鍵付きです。

Imgp0070パウダーコーナーも充実。



内湯へ。Imgp0071
内湯は窓に沿って縦長で約7、8畳ぐらい。

Imgp0074窓からは雫石の新緑が。

Imgp0072無味無臭ですが、源泉掛け流し+循環併用らしい。
色は殆ど無色に近い微かに笹濁り。

Imgp0073洗い場は全部で18箇所。
シャワー付きカランで備品はリンスインシャンプー&ボディソープ。

露天もあり。Imgp0075広さは2畳ほど。
こちらは微かに塩素消毒の臭い有り。
温度は適温41度前後か。

Imgp0076トロ~リ系のお湯。
湯上り感は温まり度高く、スベスベ感あり。

Imgp0077露天からみた眺め。
新緑がまぶしいですね。

Imgp0078サウナもあり。

Imgp0079泉質表示
源泉名 橋場温泉(新はしばの湯)
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ高温泉)
泉温 46.3℃ pH 8.6


道の駅 雫石あねっこ 

〒020-0582 岩手県岩手郡雫石町橋場坂本118番地10
TEL 019-692-5577 FAX 019-691-2300

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

さくらんぼ狩り 東根市 観光果樹園 安達農園

作並から国道47号を西へ。
県境を抜け車で30分程でお隣の東根市へ。Imgp0037 一の坊さんのフロントで教えて頂いた「安達農園」さん。

Imgp0036葡萄棚の下が駐車場です。

Imgp0039一人60分1500円のところ一の坊で頂いた割引券で一人1200円♪
一緒に入った秋田から来たという女子大生風なグループは定価で入園・・何か得した気分♪

Imgp0043さぁ、ゴング!とは云っても、説明をしてくれたスタッフによれば60分過ぎて一日中居ても一向に差し支えないそうで・・(笑)。
何と大らかな♪

Imgp0046温室ではなく路地物が食べごろだとか・・。
しかも全体の8割が糖分た~っぷりの人気銘柄「サトウニシキ」だとか。

Imgp0044 どれも美味しかったのですが、スタッフさんに案内された奥の方が荒らされてなくて美味しかったです。
美味しかったんですが・・やはり40~50分も経つと飽きて来ちゃいますかねぇ・・流石に・・。

Imgp0048この時期には珍しいサクランボの花びらを見つけた。
こりゃ何かイイ事あるかもぉ・・って(笑)

観光果樹園 安達農園
TEL 0237-44-1231
山形県東根市関山310

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

作並温泉 ゆづくしの宿 一の坊(6)

さて、評判の食事。

Imgp9937今回のプラン、夕食膳は会食場「なべ茶屋」にて。
一の坊名物の「だいこんしゃぶしゃぶ」が楽しめます♪

Imgp9939
お酒はオリジナルブランド「一の坊」の特別純米酒を。

Imgp9938献立表。
やまぼうしコースです。
※上記提供期間:6/1~8/31

Imgp9940●旬の小鉢/海そうめん 吸酢 蛸揚引き 梅肉
         オクラ 茄子利休寄せ 胡麻クリーム
                  枝豆豆腐 蓴菜 旨出し汁

Imgp9941●お造り/鰹 平目 甘海老 妻物  

Imgp9948●旬の逸品/松島トマトのグラタン
出来たてアツアツを後出しで。
トマトの甘みがたっぷり。チーズに絡んで絶妙だった。

Imgp9952●手作りが美味しい/宮城シロメ大豆の豆腐
  Imgp9949●煮物 馬鈴薯饅頭 美味餡 隠元

Imgp9951●揚げ物/鰈姿揚げ 割ポン酢 三色ピーマン

Imgp9943●名物鍋/季節の野菜 6、7月は蔵王高原大根しゃぶ
        ジェイ美豚 豚つくね 二身揚げ 

Imgp9946笑顔のキュートなスタッフさんが目の前で鮮やかな手裁きを見せてくれました。

Imgp9953●お食事/ご飯(宮城のひとめぼれ)
       又は雑炊 香の物 
お雑炊で頂きました。
美味しかった♪

Imgp9955●水菓子/おたのしみ

オレンジのシャーベット果肉入りでした。

これだけのボリュームでも野菜中心のヘルシーメニュー。
ダイエット中の人にもオススメ♪


翌朝の朝食膳はバイキング。

Imgp9998

Imgp9999朝食会場入り口で朝採りトマトをその場でフレッシュジュースにしてくれます。こういった演出は中々~♪。

Imgp0002
広い会場に所狭しと地場の旬の食材が並びます。

Imgp0003こちらもバラエティに富んでいて味も申し分なかった。

Imgp0006食後は1階ラウンジにてテラスを眺めながらノンビリとコーヒーのサービス。お洒落です。

夕、朝食膳とも、味、ボリューム、ヘルシーさ、出てくるタイミング、旬を押さえた食材、スタッフの質、全て文句無しでした。

高級宿ですが価格以上の“もてなしの心”を感じました。また行きたいです。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊さんの楽天トラベル宿情報

作並温泉 ゆづくしSalon 一の坊さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

作並温泉 ゆづくしの宿 一の坊(5)

Imgp9958さて、お待ちかねの「広瀬川源流露天風呂」へ。
ここのロケーションは大変評判がいいです。
自分の記憶によれば、確か東北じゃらんの「入ってみたい東北の絶景露天」でも常にベスト3、JTBやその他のアンケートでも常に上位にランクされる人気の露天。

Imgp9959Imgp9960
脱衣所の様子。

リニューアル前に混浴であった名残りで並列で2箇所あり。
ここも勿論時間帯で男女入れ替え。
ウッディーで清潔感あり。

Imgp9963右手の脱衣所側から出ると、まず「掛け湯」が。
そして新緑のパノラマが飛び込んで来ます。

Imgp0033その先が「清流の湯」。ほかの浴槽よりやや高めの適温。

Imgp0034
源泉がボコボコいってる「清流の湯」の湯口。
基本源泉掛け流しだが満水後は源泉と少量の温度調整の加水あり。

Imgp9964左手には「よもぎ蒸し風呂」。

Imgp9965手前側にあるのが「眺望の湯」。

Imgp9976一段上でパノラマビュー。
39度前後とぬるめ。長湯に最適。

Imgp9992
真ん中最前列が「河原の湯」。

Imgp9995迫りくる渓流を独り占め。

Imgp9981左手の「立ち湯」。深さは130㎝あるとか。

Imgp9983
川面を覗くと清流に10㎝前後の岩魚とおぼしき稚魚を多数見かけました。

Imgp0032清流にしか生息しない珍しいチョウトンボを見かけました。
何かイイ事あるかも♪

Imgp0031チェックアウトが今回のプランは11時(通常は12時)なのでノンビリと午前中2度目の入浴もアリ。

Imgp0035入浴後は冷めにくい温まりの湯。
途中の廊下にある椅子に腰掛け、火照りを冷ましながら中庭をボーっと眺めるも良いかと思います。

次回は評判の良い食事篇を。。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊さんの楽天トラベル宿情報

作並温泉 ゆづくしSalon 一の坊さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

作並温泉 ゆづくしの宿 一の坊(4)

Imgp9931さて、「自然風呂」のご紹介を。。

Imgp9932泉質表示。
源泉名 鶴の湯1号2号混合泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
泉温 59.5℃ 使用時39~40度 
pH 8.2 毎分120L

ちなみに大浴場も同じお湯を使用しているよう。
ここを含めて全ての露天は源泉掛け流し(加水あり)。
お湯は毎日入れ替えで、お湯を抜いた時に浴槽を塩素洗浄するそう。
湯使いが素晴らしいです。

Imgp9933脱衣所はやはり広くないです。
籠があるのみ。

Imgp9935全体はこんな感じ。
ぬるめで実に和みますね。
広さは2、3畳ほど。

Imgp0008翌日昼の様子。

Imgp0013この時期は新緑が眩しい半露天。

Imgp0009お湯が湯床からポコポコ湧出しています。

Imgp0012浴室内の説明書き。


ゆったりのんびり長湯を楽しむにはうってつけ。

次回は「広瀬川源流露天風呂」をご紹介。。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊さんの楽天トラベル宿情報

作並温泉 ゆづくしSalon 一の坊さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

作並温泉 ゆづくしの宿 一の坊(3)

さて、今日は数ある露天風呂から「鹿のぞきの寝湯 露天風呂」をご紹介。
まずは初日の夕方に入りました。

Imgp9917
イラストマップはお風呂のレイアウト図です。

Imgp9918
露天風呂群へは、清流館のエレベータを降りて右手の段差のある廊下を行きます。ここはスロープにして欲しいですね。
バリアフリーじゃないです。
このライトアップはちょっと演出過剰かも・・。かえって足元見づらいですね。

Imgp9919その後の中庭の見える渡り廊下は風情がありますね。

Imgp9920広瀬川源流露天との共同入り口。
くぐって右手へ折れると・・。

Imgp9930やっと入り口が見えてきました。。
ここまで結構掛かります。
時間帯によって男女入れ替えです。

Imgp9923脱衣所は広くありません。

Imgp9922泉質表示。
鹿のぞきの湯
源泉名 亀の湯 
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ高温泉)
泉温 54.1℃ pH 8.2
毎分 45L 

Imgp9928
夕方入るのもライトアップされていいもんです。
湯船はさほど広くなく、いいとこ5、6人向けでしょうか。この時は先客が一人居ましたが、時間帯によっては貸切り状態でした。
お湯は若干加水されて調整されているので適温。夜は星空を眺めながらゆっくりと長湯が楽しめました。
ちなみにここも含めて露天に洗い場はありません。


ここから翌朝撮影の画像です。

Imgp0020湯床は寝湯になっています。

Imgp0024
崖の迫り出して来る迫力ある大自然が楽しめます。
本当に鹿(カモシカ?)がのぞきに来そうでした。

Imgp0025
塩素臭は全く無く、投入口からは無味無臭ながら良いお湯なのが判ります。お湯は毎日メンテナンス時に入れ替えるそうです。
程良い広さといい、寝湯で露天を楽しめる演出といい、一の坊さん流石です。


次回は半露天の「自然風呂」をご紹介。。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊さんの楽天トラベル宿情報

作並温泉 ゆづくしSalon 一の坊さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

作並温泉 ゆづくしの宿 一の坊(2)

Imgp9899さて、お風呂へ・・。
お風呂階は全て地下2階。
まずは大浴場内湯「丸子の湯」をご紹介。
スリッパ置き場は殺菌スペースになっています。

Imgp9901Imgp9900
脱衣所、パウダーコーナー周り。
清潔感が有り木目が美しい。

Imgp9902

Imgp9907横長の浴槽が3つに仕切られている。
先月行った秋保の大ホテルと比較すればやや狭い感が無きにしもだが、充分広い。

Imgp9904Imgp9905

向かって左側に熱めの投入口、右手にややぬるめの投入口とある。

Imgp9906洗い場も充分。カラン周りの備品はシャンプー、リンス、ボディソープの他フェイスソープ。
女湯側は他にクレンジングがあったそうです。

湯温は41~42度。
お湯使いは 源泉と循環の併用らしい。
仙台市青葉保健所の指導のもとレジオネラ症対策として、塩素殺菌を実施、だそう。
※詳細は一の坊さん公式HP大浴場内風呂にて。



そして湯上りにオススメなのが・・。
大浴場入り口右手にあるアロマトリートメント

Imgp9915
今回は東北じゃらん「父の日特別プラン」を利用したのでスタンダードヒーリングメニューの20分コース(ハンド、フット、ヘッド、フェイス)の中からのがどれか一つ付きました。

Imgp9913そこで「頭+首」のヘッドコースをチョイス。
お世話になりました。

次回は「鹿のぞきの寝湯露天風呂」をご紹介。。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊さんの楽天トラベル宿情報

作並温泉 ゆづくしSalon 一の坊さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

作並温泉 ゆづくしの宿 一の坊(1)

久々の更新で大変失礼しました。
今月9日、10日に生活習慣病検診&人間ドックを控えていたので、約1ヶ月、お泊り&外食は控え、お酒も控えてました。

さておき・・。Imgp9877
今回は検診明けのご褒美にと、予てから行ってみたかった「一の坊」さんへ泊まって来ました。
玄関先での車両スタッフの対応も良かったです。

Imgp9879ロビー&エントランス。
フロントスタッフの対応もとても良かった。

Imgp9880こちらで腰掛けながらのチェックイン。
お茶&お茶受けのサービスも。。
こちらで一通り館内の説明があり、荷物を運んでくれた後はお部屋での説明&お茶だしは省略です。逆に構われたくない向きには良いかも。

Imgp9896お部屋のある「清流館」の7階の廊下。

Imgp9894お部屋のエントランス。
部屋番号の付いたスリッパクリップがありました。

Imgp9881

Imgp9882お部屋は7階の和室10畳+広縁付き。

Imgp9883新緑が眩しい広縁です。

Imgp9895お茶受けです。

Imgp9885備品類。
お風呂へは大小タオルや小物が収まる籠付き。

Imgp9888
テレビはアナログ仕様。
もちろん金庫あり。

Imgp9889
電気ポットと持込み用の空の冷蔵庫。

Imgp9890洗面ドレッサー周り。アメニティも一通り充実。

Imgp9891
ユニットバスも付いてました。

Imgp9893トイレは多機能のシャワートイレが付いてました。


次回は大浴場へ。。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊さんの楽天トラベル宿情報

作並温泉 ゆづくしSalon 一の坊さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »