« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

秋保大滝  不動茶屋

Imgp9305三井アウトレットパークに行く前に、折角だからと秋保大滝を見に行ってきました。

Imgp9306今回は大滝不動尊から滝見台まで。
その先は雨の影響か通行止めでした。

Imgp9307ここが大滝不動尊。
山形県立石寺の奥の院といわれ、文政8年に建立したもの。
中には伊達家の鋳物師が鋳造した大滝不動明三座像が安置されています。

Imgp9310滝見台から秋保大滝を望む。
名取川の全流が一気になだれ落ちる幅6m高さ55mの大瀑布。
日本三名瀑のひとつ。

Imgp9309大滝の脇に茶屋があります。

Imgp9313ここが「不動茶屋」さん。
本店はあの秋保名物の「竹とうふ」で有名な「太田とうふ店」。

Imgp9314竹とうふを早速頂いてみます。クリーミーで濃厚な味わい~♪。
このセットが600円。
竹豆腐、青ばた豆腐、ずんだ餅やあんみつも各600円。

Imgp9316桜も見頃でした。


不動茶屋

宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝11

営業:9時30分~16時30分(LO)
定休日:火
休業:定休日が祝日の場合は営業、年末

交通
JR仙台駅前バスプール8番より宮城交通バス「秋保大滝行」に乗車
(仙台駅より約1時間30分) 終点「秋保大滝」下車 徒歩3分
JR愛子駅前バスプール3番より仙台市営バス「二口温泉行」に乗車
(愛子駅より約41分) 「大滝」下車 徒歩3分
自家用車利用の場合 仙台駅より約1時間

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

秋保温泉 さいちのおはぎ

Imgp9225一見するとどうってこのない街中のスーパーのようですが、ここが有名な手造り秋保おはぎで有名な「さいち」さん。

場所は秋保温泉のメインストリート、「山菜荘」さんの向かい側にある。休日ともなれば交通整理のガードマンさんが立つほど。

Imgp9226添加物を一切加えず昔ながらの 手作りを守っています。
種類はあんこ、きなこ、ゴマ、納豆、各2個入り210円、3個入り315円、6個入り630円とあるが、この日は午後に行ったら、もう殆ど無くなっていました。

一番人気の「あんこ」は午前中で無くなるそうで・・。

Imgp9302

Imgp9304翌日再度訪問、で、2個入り210円をゲット。

三井アウトレットパーク仙台港のフードコートで頂いて見ました。
甘さが押さえられたあんこの風味が素晴らしくこれは納得!


さいち
仙台市太白区秋保町湯元字薬師27
TEL 022-398-2101(代) / FAX 022-398-2292

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

秋保温泉 ホテル ニュー水戸屋(4)

さて、ニュー水戸屋さんの食事。

Imgp9264夕食は会食場で。
セッティングはこんな感じ。
ぴったりリクエストの時間通り。

四季折々の食材を取り入れた、本懐石料理が自慢らしいです。
Imgp9267献立表。

一品づつをアップで(順不同)。Imgp9270

Imgp9268

Imgp9269
Imgp9271_2

Imgp9274

Imgp9276

Imgp9277

Imgp9280温かいものは温かいうちに、順にタイミングよく運ばれてきて、スタッフの応対も流石でした。

Imgp9297翌朝の朝食会場はバイキングで。

Imgp9301こんなに持ってきてしまいました。。
食材が新鮮なのでどれも美味しかったです。


リーズナブルなプランでも流石高級ホテル。食事内容は納得でした。
たまには自分へのご褒美で如何でしょう。

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋さんの楽天トラベル宿情報

ホテル ニュー水戸屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

秋保温泉 ホテル ニュー水戸屋(3)

さて、豪華ホテルのお風呂は・・。
名湯「薬師の湯」だそうで・・ともかくやたら広いです。。
こちらは初日の男湯側「梅の粧」。

Imgp9243
Imgp9245Imgp9244

脱衣スペースでもこれだけ広い。。


中庭にある露天岩風呂。Imgp9254
Imgp9261
中庭の露天を囲むように内湯が沢山ありました。Imgp9246
Imgp9248
Imgp9249温度は適温ですが残念ながら全て塩素消毒、循環あり。
細かい説明は省きます。詳細はホテルニュー水戸屋 お風呂情報 で。

Imgp9247カラン周り。数は・・凄く沢山。
シャンプー、リンス、ボディソープの3ボトル。

Imgp9251サウナもあります。

翌日入れ替わってこちらは「月宮殿」。Imgp9281

Imgp9282Imgp9283

こちらも頗る広いです。

Imgp9284

Imgp9292  Imgp9289

Imgp9290

Imgp9291樽風呂、陶器風呂やら沢山・・。
浴槽の数は数え切れませんでしたが、泉質は全て同じでした。
この他に有料の貸切り風呂もあるそうです。

Imgp9285カラン周り。こちらもシャンプー、リンス、ボディソープの3ボトル。

Imgp9257泉質表示。
源泉名 秋保温泉 2号・4号混合泉
泉質 ナトリムウム・カルシウム-塩化物泉/低張性中性高温泉
泉温 64.5℃ 使用位置42℃
pH 7.4


次回は食事をご紹介。。

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋さんの楽天トラベル宿情報

ホテル ニュー水戸屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

秋保温泉 ホテル ニュー水戸屋(2)

さて、お風呂の紹介の前に。大型ホテルの館内施設を。。

Imgp9231中庭には日本庭園が。
池には高そうな錦鯉がお約束。

傍らの通路を渡って・・。

Imgp9232立派な土蔵がありました。
ここが“蔵 美術館”になっています。
無料で観覧できます。

Imgp9233

Imgp9234内部はこんな感じ。

Imgp9235通路を抜けてアネックス側に来ました。

Imgp9236ここには温水プールをはじめトレーニングマシンなどアスレチック施設があります。

Imgp9238屋内25m温水プールのバーデンプール。
ニュー水戸屋グループの宿泊者が無料で利用できます。

Imgp9240

Imgp9239やや水温高め(体感32度前後?)で、シリアスなトレーニングには不向きかもしれません。

***********************************************************
バーデンプール
25m温水プール・屋外子供プール(夏季のみ)・超音波浴・バイブラ・渦流浴・歩行浴・スチームサウナなど。

営業時間
ビジター: AM09:00~PM19:00
大人 ¥2,500
小人 ¥2,000

宿泊者(無料/バスタオル・ロッカーご使用の場合は別途210円かかります)
当日 12:00~19:00
翌日 9:00~17:00
※宿泊の方で上記以外の時間でご利用の場合はビジター料金がかかります
※この情報は ホテルニュー水戸屋 アネックスさんHPより引用させて頂きました。
***********************************************************

次回はお風呂をご紹介。。

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋 アネックスさんの楽天トラベル宿情報

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋さんの楽天トラベル宿情報

ホテル ニュー水戸屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

秋保温泉 ホテル ニュー水戸屋(1)

今回はリーズナブルなプランを利用して秋保の高級宿に泊まって来ました。

Imgp9206まず1泊目はホテル ニュー水戸屋さん。
秋保は4度目ですがもちろんこちらの宿は初めてです。

Imgp9208

Imgp9207ロビー、ラウンジ周りです。
流石に豪華ですね。

Imgp9228廊下の様子。高級感があります。


お部屋はこんな感じ。Imgp9209
Imgp921110畳+広縁付き。
空いていたので新館にアップグレードして下さいました。
掃除が行き届いていて清潔でした。

Imgp9212眺望も悪くなし。

Imgp9213

Imgp9214

Imgp9215備品類はこんな感じ。

Imgp9220冷蔵庫は自動計算式。
空きスペースはほぼなし。
厳しいです。

Imgp9219洗面ドレッサー周りはアメニティ充実。流石高級ホテルですね。

Imgp9216トイレはもちろん温水洗浄機能付き。

Imgp9218ユニット式バスも付いてました。
Imgp9221お茶受けはこんな感じ。
お茶は部屋付けの仲居さんが丁寧に淹れてくれます。

Imgp9223近くの佐市におはぎを買おうと外に出てみると綺麗処のスタッフさんがずらりと並んでました。団体さんのお出迎えでしょうか。
水戸屋さんはスタッフの評判が頗る良いようです。
フロント係も部屋付けの仲居さんもとても良い印象でした。

次回は館内をご紹介。

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋さんの楽天トラベル宿情報

ホテル ニュー水戸屋さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

松川温泉 松川荘

Imgp9149ついでに、といっては何だがお隣の松川荘さんもお邪魔して来ました。20年位前にスキーで泊まった事があるのですが、当時の面影はなくすっかり綺麗になっていましたね。

Imgp9147駐車場に停まっていたZ4と勝手に2ショット駐車。

Imgp9150ではお風呂へ。。
内湯側には「撮影はご遠慮下さい」の表示が。。
従って画像はありません。

Imgp9151で・・露天へ。
男性用露天も先客が数人いたため撮影はなし。

Imgp9157カミサンにお願いして誰もいない女性専用露天を撮影出来ました。

Imgp9154

Imgp9153

Imgp9152泉質は他の2宿と同じようでしたが白濁で掛け流し。
ロケーションも良くとても気持ちの良いお湯でした。

Imgp9158源泉が出ていて、温泉卵を手軽に作れる所がありました。


源泉名 松川温泉(松川荘の湯)
泉質 単純硫化水素泉(緩和性低張微温泉)
泉温 43.0℃、85℃ (使用位置で加水あり)
pH 4.3

松川温泉 松川荘
〒028-7302
岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉
TEL 0195-78-2255

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

松川温泉 松楓荘

Imgp9130松川温泉郷の三宿合同で宿泊客に配布している入湯手形を使用してまた松楓荘さんへ日帰り湯してきました。

Imgp9131玄関前です。
今回は前回吹雪のため入れなかった洞窟岩風呂(洞窟露天風呂)に入る事が出来ました。

Imgp9132川向こうにある洞窟岩風呂。

Imgp9134このつり橋を渡って行きます。

Imgp9135結構雪が残ってました。
もうすぐ到着。。

Imgp9136ここが洞窟岩風呂。
硫黄の香りが心地よいです。

Imgp9138脱衣スペースは僅かです。
ちなみに女性専用タイム(10:00~12:00、17:00~19:00)あり。

Imgp9139温度は加水無しでも適温。
バッチリでした。
湯船がもっと深いのかと想像してましたが、それ程でもなかったです。

Imgp9144湯口には折出物がびっしり。
成分の濃さがうかがえます。

Imgp9140消しゴムカス状の白い湯の花が沢山舞っていました。

Imgp9142お風呂側から対岸を仰ぎ見る、の図。

Imgp9146泉質表示
[源泉名] 松川温泉 桜の湯
[泉質] 単純硫黄泉 (硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
[泉温]  61.1℃  [pH]  5.0


松川温泉 松楓荘

〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉元湯 
TEL 0195-78-2245

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

松川温泉 峡雲荘(3)

さて、食事はどうかというと・・。
Imgp9165夕食は部屋食で。
時間通りに膳が運ばれてきます。

Imgp9166秘湯の宿にしてはバラエティもあり悪くない内容でした。

Imgp9167岩魚の塩焼きは焼きたてを。

Imgp1472名物“ホロホロ鳥”の水炊き鍋。

Imgp9172説明書き付き。



その他の料理もアップで。Imgp9170

Imgp9169

Imgp9168

Imgp9174

翌朝の朝食膳。

Imgp9199こちらは会食場で。
ボリューム感もあり、満足できます。

Imgp9201コーヒーのサービスもあり。
お水が良いのでとても美味しかったです。


今回は春の平日感謝プランで一人1万650円。納得でした。

松川温泉 峡雲荘
〒028-7302
岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉
TEL 0195-78-2256

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

角館の桜 最新情報 2009

角館に桜見物に行って来ました。もちろん今日(2009年4月21日)撮影。Imgp9546

Imgp9542

Imgp9541生憎の雨模様でしたが、武家屋敷の枝垂桜(シダレザクラ)も見頃の6~8分咲き~♪。

Imgp9528

Imgp9531

Imgp9533桧木内川河畔のソメイヨシノも5分咲き~8分咲き(一部満開も)でした。
この雨の寒さで今週末あたりまでは充分持つと思われます。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松川温泉 峡雲荘(2)

ここの峡雲荘の浴室は男女内湯が各1、混浴露天と女性専用露天が各1。

Imgp9160まずは混浴露天へ。

Imgp9161脱衣所は外。屋根は付いてますが女性専用は無いです。
ちょっと女性客には辛いところ。

男性客は男湯の内湯から外通路で繋がっているので
そちらから来る事も可能。

Imgp9163白濁していて硫黄臭強くは温度も程よくややぬる適温。
湯の花は白いヌルヌル状のものが沈殿してます。

Imgp9185泉質表示。
浴室名 男湯 露天風呂
源泉名 松川温泉(新駒鳥の湯1)
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性-弱酸性-高温泉)
泉温 源泉65.1℃ 使用位置 44℃
pH 5.5


続いて男湯へ。。

脱衣所はこんな感じ。Imgp9175

Imgp9176脱衣籠と洗面台のみ。

Imgp9177香ばしい硫黄の香りに満ちた10畳程の浴槽です。

Imgp9181温度は流石露天より高めで心地よいですね。
勿論露天も含めて全ての湯は加水、加温など一切無しの源泉掛け流し。
飲泉も出来ます。

Imgp9179カランは5つあるが
シャワーはおろかお湯も出ないです。
ではどうするかといえば
掛け湯を使うか湯船から汲くうか。
備品はシャンプー、リンス、石鹸。


続いて女湯側の内湯を。Imgp9187

Imgp9189

Imgp9196
Imgp9191造りは基本的に男湯側と同じ。混浴露天には通じていません。

Imgp9184泉質表示。 
浴室名 男女内湯
源泉名 松川温泉(新駒鳥の湯)
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性-弱酸性-高温泉)
泉温 源泉53.7℃ 使用位置 43℃
pH 5.3

Imgp9194代わりに女性専用露天があります。
混浴露天よりはもちろんやや狭めですが充分秘湯気分は満喫出来たそうです。

Imgp9186泉質表示。 
浴室名 女湯 露天風呂
源泉名 松川温泉(新駒鳥の湯2)
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性-弱酸性-高温泉)
泉温 源泉63.6℃ 使用位置 44℃
pH 5.5


次回は食事篇を。。

松川温泉 峡雲荘
〒028-7302
岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉
TEL 0195-78-2256

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

松川温泉 峡雲荘(1)

Imgp91192007年1月以来の峡雲荘。
前回は雪の只中でしたが、もうすっかり道路の雪は解けていました。
もちろん道端の残雪を眺めながらのドライブでしたがタイヤは交換済。
(2009年4月8日取材)

Imgp9121玄関には例によって「日本秘湯を守る会」の大提灯が。

Imgp9129フロントの様子。

Imgp9164ロビーもモダンな感じ。

Imgp9127廊下の様子。

Imgp9122前回同様、部屋は8畳。広縁はなし。
食事は夕食部屋出し、朝食は別会場で。

Imgp9123近くの「松川地熱発電所」の地熱発電を再利用して暖房が引かれていて、部屋はとても暖かです。

Imgp9124窓からの眺め。
まだ残雪が望めます。

Imgp9125トイレ(温便座)、

Imgp9126洗面所付。
2006年リニューアルされた新しい部屋。
アメニティも申し分なし。

冷蔵庫が無いので持ち込み物は窓際へ。自販機もあり。

次回はお風呂を。。

松川温泉 峡雲荘
〒028-7302
岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉
TEL 0195-78-2256

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

盛岡市内 中津川河畔の桜 2009 

桜前線は岩手県内を北上中。
盛岡は岩手公園の桜も今日がほぼ満開。で、最新情報を。。
公園内は花見客でごったがえしていたので、今日は中津川河畔を散歩がてら。。

090419_125412 岩手公園から少し北側、盛岡市役所前のシダレザクラ。

090419_124214こちらのシダレザクラは岩手公園の南側。下の橋際。

090419_123845こちらは岩手女子高校前の遊歩道に掛かるソメイヨシノ。

090419_130134深沢紅子野の花美術館前のシダレザクラ。
川沿いのシダレは絵になりますね。


全て撮影日2009年4月19日

今回はデジカメを持ってなかったので携帯写メでご勘弁m(_ _)m。
明日20日(月)水沢温泉に泊まり、明後日21日(火)角館と桜見物に行ってきます。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新鉛温泉 愛隣館(4)

さて、毎回評判の良いここ愛隣館の食事。

Imgp9083今回はリーズナブルな企画のため「かまどダイニング」ではなく・・

Imgp9084一般の会席場で。

Imgp9085お膳はこんな感じ。

Imgp9088お品書きがしっかり付いてます。


では、単品をアップで(順不同)。

Imgp9090 Imgp9091

Imgp9094Imgp9092

Imgp9095

Imgp9100

Imgp9099Imgp9096

Imgp9098

Imgp9101

Imgp91021高級食材は使ってませんが、ハズレ無し。
全体にソツがない感じ。
でも大食漢には物足りないかもしれないですね。

Imgp9117こちらは翌朝の朝食会場。バイキング形式です。

Imgp9118サラダが地元食材豊富で好感。
全体に美味しかったです。


特に女性やファミリー客に人気でスタッフも皆接客態度が素晴らしかったですね。強いて不満を挙げるならお湯がやや弱いかな。。
総合的にコストパフォーマンスが高い宿。

新鉛温泉 愛隣館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

新鉛温泉 愛隣館(3)

さて、前回紹介出来なかった「森の湯」を。

Imgp9104 脱衣所の様子です。

Imgp9105パウダーコーナー周り。

Imgp9106泉質表示。
源泉名 新鉛温泉(第三黄金の湯)
泉 質 ナトリウム・カルシウム一硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 67.4℃ 使用位置 50℃ pH 7.8

Imgp9108内湯大浴場。
温度管理されていて適温。
肌触りがとても柔らかい泉質。

Imgp9115湯口からは微かに成分臭が。
塩素臭はさほど強くはないかと・・。

Imgp9107シルクバス。
気泡が沢山まとわりついて温浴効果が。
浴後さめにくい感じ。

Imgp9109カランは間仕切りされていて快適。
シャンプー、リンス、ボディソープの3ボトル。

Imgp9110唯一源泉掛け流しの陶器風呂。
温度はかなり熱めでした。
仕方なく真中の瓶(カメ)から加水。。

Imgp9112立ち湯もあり。
結構深めで自分(174cm)の胸の位置まで来ます。

Imgp9116サウナもあり。

Imgp9060他にも貸切り風呂「ちゃっぷん」もあります。
宿泊者も有料(45分 2,000円、休日、休前日2,500円)。

次回は食事篇を。。

新鉛温泉 愛隣館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

新鉛温泉 愛隣館(2)

さて、愛隣館のお風呂。

Imgp9079 お祭り広場の脇を抜けて「川の湯」へ。

Imgp9077毎度ご紹介しているこの暖簾。

Imgp90622005年6月オープンした新しいお風呂です。

Imgp9076川の湯のレイアウト。
川の湯には、オープンドアの「内湯」、深さ90cmの「腰掛湯」、源泉100%掛け流しの「陶器風呂」や「岩露天風呂」があります。

Imgp9063内湯の浴槽はこんな具合。
豊沢川の眺めが楽しめる。
掛け流しではないが塩素臭はさほど気になりません。

Imgp9064カランはパテーションで仕切られています。
各シャワー&3ボトル付で快適。

Imgp9075これが深さ90cmの「腰掛湯」。


源泉100%掛け流しの「陶器風呂」。Imgp9066

Imgp9065豊沢川沿いで眺めも良いです。

温度管理は適温で快適でした。
匂いは殆どないですが、微かに成分臭と思わしき匂い。湯の花もあり。

一番川沿いにある「岩露天風呂」。

Imgp9070

Imgp90717、8人は入れそうな浴槽。季節感たっぷりのロケーション。
こちらも温度管理されていて快適でした。

Imgp9074泉質表示。
源泉名 新鉛温泉(第一黄金の湯)
泉質 ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(低張性アルカリ高温泉)
泉温 48.5℃ pH 8.3


すべすべ感のある、刺激の少ないお湯です。
押さえ目だが陶器風呂以外は気にならない程度の塩素投入あり。

次回は'06年リニューアルした「森の湯」をご紹介。。

新鉛温泉 愛隣館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

新鉛温泉 愛隣館(1)

昨年3月以来1年ぶりの愛隣館。
「じゃらんnetで売れた宿ランキング」06、07年度東北2位の人気宿。

今回はなんと一人1泊2食7400円の平日パックが出たんで急遽。。
今回で通算4度目。

Imgp9048玄関前です。
車寄せの対応も毎度申し分なし。

Imgp9052部屋は「月かんむり」12畳の広縁付き。

Imgp9051お茶受けはこんな感じ。

Imgp9054手前大浴場の屋根があり、眺望はイマイチな部屋。
まぁこのヴァリュー価格なので仕方ないです。

Imgp9059トイレは勿論温水洗浄付き。

Imgp9053冷蔵庫に空きスペースはまったく無し。
電気ポット、冷水あり。

Imgp9057洗面ドレッサー周りのアメニティも充実。

Imgp9081ユニット式バスもあり。

Imgp9055アメニティは一通り。

次回はお風呂を。。

新鉛温泉 愛隣館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

岳温泉 檪平ホテル(3)

さて、コストパフォーマンスが高いとネットの口コミでも評判の檪平ホテルさんの食事。

Imgp9030夕食は会食場で、会席料理となります。

Imgp9032これが献立表。
今回のプランはとりわけリーズナブルな「鮪のテールステーキ&和牛のにぎり★山海プラン」。1泊2食で一人7800円!(日曜日宿泊)

Imgp9031最初に並んでいたのはご覧のお膳。

Imgp9035お造り。

Imgp9037焼き物は鰈の柚子庵焼き
     蛸利休和え
     千枚蕪

Imgp9036時間通り着席しても、天ぷらは残念ながら冷めていました。

Imgp9033和牛(A5)のにぎり。
こちらもご飯がちょいと冷めていましたねぇ。
多少の作り置きは大ホテルなら仕方ないのだろうかなぁ。。

Imgp9034茶碗蒸しは温か。

Imgp9039後出しのこの鮪のテールステーキは評判通り絶品でした。

Imgp9041デザートは白玉系。
モチモチっと。。

Imgp9042翌朝の朝食はバイキングで。

Imgp9044こんな感じに。。
全般に悪くないセン。
特にサラダが美味しかったです。

安かろう悪かろうではなく、コストパフォーマンスに優れた宿。
細かな不満は価格が臥して余りある。
スタッフの対応も笑顔で好感。満足できるレベルと思います。

岳温泉 櫟平ホテル(くぬぎだいらホテル)さんの楽天トラベル宿情報

岳温泉 櫟平ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

岳温泉 檪平ホテル(2)

さて、岳温泉は初入湯。
ここ檪平ホテルのお風呂はどうかというと・・。

Imgp9011大浴場の場所は1階の離れまで少々長い廊下を移動。

Imgp9012泉質表示
源泉名:岳温泉(元湯)
泉質:単純酸性温泉
泉温:源泉・58.3℃ 使用位置・43.0℃
pH:2.48

Imgp9013加水、加温、循環ろ過ありだが、酸性のため消毒剤投入は無し。
塩素剤の臭いがしないだけまだ良いとしましょう。

Imgp9014脱衣所は流石に広いです。

Imgp9027内湯の浴槽。
10畳前後といったサイズ。

Imgp9026広い湯船は体感で42℃前後の適温。

Imgp9015カラン周り。
沢山あるので洗い場が足りなくて困る事はまず無いでしょう。
シャンプー、リンス、ボディソープ付き。
シャワーの調節も楽でした。


露天へ。。Imgp9016白濁と思いきや意外に透明に近いです。
軽いゆでたまご臭。

Imgp9017湯口から掬って口に含むと流石に酸っぱい。
こちらのお湯は屋外という事もあってややぬるめ。
体感40℃ぐらい。

Imgp9024露天の一角にサービスの升酒が置いてあります。

Imgp9025露天に浸かりながら一杯だけ頂いてしまいました。
幸せな気分です。
こういう時は循環だの掛け流しだのあんまりうるさい事は無しですねぇ(笑)。

Imgp9018薬草露天風呂もありました。

Imgp9021効能が表示されてました。
カンゾウやヨクイニンなど10種類の薬草がブレンドされていて癒し効果があるらしいです。


湯上がり感はさっぱり系で夏場に特によさそうです。

次回は食事をご紹介。。

岳温泉 櫟平ホテル(くぬぎだいらホテル)さんの楽天トラベル宿情報

岳温泉 櫟平ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

岳温泉 檪平ホテル(1)

Imgp8991予定より思いの外早く到着してしまった檪平ホテル。

Imgp8997チェックイン時はロビーにてほうじ茶のサービス。
やや早かったんですが、部屋の準備が整い次第入れる事に。

Imgp8998

Imgp8999フロント&ロビー周り。
久々の豪華ホテル。
ピカピカです。

Imgp9000部屋は3階。10畳広縁付き。
掃除が行き届いていて綺麗でした。

Imgp9001アメニティ類。過不足はありません。

Imgp9002 お茶うけ。

Imgp9004広縁から見る鏡が池。

Imgp9003手前のバルコニーがイマイチみっともない。

Imgp9005テレビはデジタル液晶だったが、見られる放送はアナログのみ。画像が横長すぎて見辛かったですねぇ・・。
この辺はまだ地デジが始まってないのかな?

Imgp9006冷蔵庫は持ち込み用に空。これはありがたいです。
湯沸かしポットもあり。

Imgp9007トイレはもちろん温水洗浄付き。

Imgp9008洗面ドレッサー周り。アメニティは充実してます。

Imgp9009ユニット式バスもあり。
何かと便利。

次回はお風呂へ。。

岳温泉 櫟平ホテル(くぬぎだいらホテル)さんの楽天トラベル宿情報

岳温泉 櫟平ホテルさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

岳温泉散策

岳温泉に思いがけず早く着いてしまい(笑)
温泉街を何かないかと散策。

Imgp8990檪平ホテル前の鏡が池をスタート。

桜坂を通って大通りへ。
この界隈、シーズンになったら桜が見事らしいです。 

Imgp8993国道459にぶつかる角に共同浴場を見つけました。
「岳の湯」。

Imgp8992大人 300円だそうです。
自炊部もあるらしい。

Imgp8994メインストリート「ヒマラヤ大通り」。
昼時は閑散としてました。

Imgp8996「花かんざし」さんや「松渓苑」さんなど、じゃらんなどでも有名な宿がずらり。

Imgp8995美味しそうな「栗おこわまんじゅう」を見つけました。

次回は檪平ホテルをご紹介。。

岳温泉
岳温泉観光協会 岳温泉旅館協同組合
〒964-0074 福島県二本松市岳温泉1-16
TEL 0243-24-2310 FAX 0243-24-2911

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

ミンズヤード

Imgp8985岳温泉を通り過ぎ県道30号沿いを大玉村方面に南下、右手に「天然酵母」の看板とログハウス調の建物が見えてきます。
ネットでも評判のおいしいピッツァを食べさせてくれるお店。

Imgp8986何でも週末しか営業していないらしいです。
駐車場も店内も昼時で混んでいたがどうにか座れました。

Imgp8987ピッツァのみのシンプルなメニュー。
以前はあったパスタは今はやってないらしいです。

Imgp8989これが限定ピッツァ「マルガリータ」。
香ばしい焼け具合の生地にフレッシュなモツァレラが実に美味しい。

Imgp8988こちらが次に人気のエリンギとベーコンのピッツァ。
どちらもピザ生地は薄めでパリッとした食感。
一人1枚ではやや物足りないかも(笑)

マルガリータ (1,260円)
エリンギとベーコン(890円)

ミンズヤード
福島県二本松市馬場平127-2
TEL 0243-24-3156
定休日 月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・祝日
営業時間 11:30 - 14:00 (要TEL確認)

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

東北サファリパーク

土湯に1泊して翌日は二本松に。
チェックインにはまだ早いため、途中にある「東北サファリパーク」へ。
道の駅からの所要時間は約15分程度。

Imgp8967看板が見えて来ますね。
車両がもう列を成してます。これもETC割引効果かも。
東北サファリパークウェブサイト で割引券をプリントアウトしていったので一人1割引。
ゲートで園内説明のガイドラジオ(500円)と代車ナンバーのカードを受け取り場内へ。エサも別売り(500円)ですがそれはパス。

Imgp8969途中の代車乗り換えポイントまではマイカーで行きます。
檻が場内道路の両サイドにある。車からは絶対降りてはいけません。

Imgp8970絶対代車で行きましょう。
マイカーでも勿論オッケーですが車が凹んでも良ければ(苦笑)。。
で、ゲートを通過。

Imgp8971最初はライオンパーク。覇気がなくダラダラして見えました。

Imgp8973草食動物エリアへ・・。ここからが本当の恐怖の始まり(笑)。

Imgp8974エサをねだりに車に猛突進してきます。
停まると囲まれるので、前の車がエサやりで停まられたらさあ大変(笑)。追い越していくしかなさそうです。

Imgp8975

Imgp8976キリンやシマウマに直接エサやり出来ますが下手をすると手を咬まれますのでくれぐれも気をつけて。。

Imgp8977モンキーパークで触れ合うのも無料ですが、ここでもエサ代は別途。。

Imgp8983あとはホワイトパークなんてのもあります。

Imgp8984白くはありませんが人気のレッサーパンダも。。

所要時間は1時間~1時間30分位。
まぁ動物好きなら1度は行ってみるのも良いかも。

東北サファリパーク
〒964-0088 福島県二本松市沢松倉1番地
Tel:0243-24-2336
Fax:0243-24-2433
営業時間:8:00~17:00

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

道の駅つちゆ

Imgp8961「道の駅・つちゆ」は、福島市街を一望できる国道115号沿いにあります。周辺には土湯をはじめ、さまざまな温泉が点在し、湯めぐりのターミナルとしても便利。

Imgp8964ETC割引がスタートしたせいもあり賑わいをみせていました。

Imgp8962名物の「笹だんご」や・・。

Imgp8963お土産品が溢れてる中で・・。

Imgp8966丁度出来たて「玄米パン」限定ものをゲット!
美味しかったです♪

このあとは二本松方面へ・・次回は「東北サファリパーク」篇。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

土湯の温泉街散策

Imgp8958_2 土湯は昔ながらの温泉街の風情が残っていますねぇ。

Imgp8960下駄を鳴らして浴衣で漫ろ歩ける街並み。


土湯温泉郷には「下の湯」、「かじかの湯」、「月の湯ぶじぇ」、「土湯っこ」、と、整備された足湯が4箇所もあります。

全部は廻れなかったけど、3箇所をご紹介。

Imgp8850

Imgp8849まずは「下の湯」。富士屋さんの隣にある足湯。
観光客とおぼしきカップルが来てました。

Imgp8959お次は「月の湯ぶじぇ」。

  Imgp8927

Imgp8928こちらが「かじかの湯」。
温泉まんじゅう「なかや」さんの前にあります。
夏にはカジカ蛙の声がこの付近で聴かれるそう。

Imgp8925

Imgp8926こちらは温泉まんじゅうで有名な「なかや」さん。

Imgp8922共同浴場「中の湯」。
残念ながら時間の関係で入りませんでした。

Imgp8921富士屋さんの向かいに手湯も見つけました。

Imgp8957有名なおんせんたまご屋さんは「おんせんたまごの森山」は富士屋さんの斜向かいにありました。
おんせんたまごも美味しかったけど「ぼけない卵(燻製たまご)」が絶品でした。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

土湯温泉 天景園(3)

Imgp8947さて、お次は大浴場へ。

Imgp8949

Imgp8948脱衣スペース、パウダーコーナー周り。
流石に広いですね。

Imgp8952広い浴槽、
この時間帯は空いてました。
肌触りよく適温だが一部ろ過しているようで、アブラ臭は殆どしません。

Imgp8955とはいえ川沿いで眺めも良く気持ちの良い大浴場。 

Imgp8954広い洗い場。

シャワー付きのカラン8基でリンスインシャンプー&ボディソープ付き。

Imgp8950温泉分析書
源泉名 富士屋旅館源泉
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉(炭酸水素塩泉)
源泉温度:56℃ 湧出量157ℓ/min(動力揚湯)
pH 6.6

次回は土湯の温泉街散策など。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

土湯温泉 天景園(2)

Imgp8938今日ご紹介するのは2階にある「庭園野天風呂」。
こちらは男女各1づつ。

Imgp8939脱衣スペースはこちらも「野天」という事で、屋根付きの屋外。

Imgp8940石造りの浴槽は縦長で「檜造り野天風呂」より広いです。 

Imgp8942こちらも肌触り、香りとも泉質は同じ物。温度も適温でした。

Imgp8941狭いが洗い場もあり。

Imgp8946湯口付近は折出物も見られました。

Imgp8945 こちらのお風呂も素晴らしいですねぇ。


次回は大浴場をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

土湯温泉 天景園(1)

さて、富士屋さんに泊まると姉妹館の「天景園」のお風呂も無料利用OKです。天景園さんは川を挟んで向かい側。橋を渡ってすぐ(宿より徒歩約2分) 。

Imgp8930富士屋さんよりやや大きく立派な外観。行ったのは午前9時ごろ。
朝のチェックアウト時の忙しい時間帯でしたが、入ると女将らしき人が愛想よく対応してくれました。

Imgp8931エレベーター内の館内のご案内。
3箇所お風呂があり、全て回ってみました。

Imgp8932まずは屋上の檜作り野天風呂へ。

Imgp8933温泉分析書
自噴ではないものの、富士屋さんの源泉です。
源泉名 富士屋旅館源泉
泉質 炭酸水素塩泉
源泉温度:56℃ 湧出量157ℓ/min(動力揚湯)
pH 6.6
加水あり、源泉掛け流し。

Imgp8934脱衣所も外。屋根は付いているが冬場は寒いかも。。
ちなみに湯船は一つなので時間帯で男女入れ替え制。

Imgp8935土湯を一望できるロケーションに春風が心地よいです。
広さは4、5畳ほど。
ちなみに洗面台が2基あるだけで洗い場はここにはありません。

Imgp8937温度も適温で、何より香ばしいアブラ臭。
濁りはほとんど無いですが、柔らかな肌触りはまさしく富士屋さんの自噴風呂「不老の湯」と同等のそれ。

湯の花はサクランボのヘタ状のものが散見。

Imgp8936正直期待していなかったが思いがけず良いお風呂でしたね。

「不老の湯」が混んでいるなら天景園に来るのも良いかもしれません。


土湯温泉 天景園
〒960‐2157
福島市土湯温泉八郎畑3-2
℡024‐595‐2041
入湯料 500円


次回は「庭園野天風呂」を御紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

土湯温泉 富士屋(4)

さて、食事篇です。
朝夕とも部屋食でした。休前日これで一人1万円は安いと思います。

部屋付けの仲居さんは忙しい日なのにとても愛想が良くテキパキと動いてました。

Imgp8878こちらが夕食膳。リクエストの時間通り運ばれて来ました。

Imgp8879一人分アップ。
残念だったのは一部温かいものが冷めていた事。
個人的にはいつも思うのですが天麩羅は後出しにして欲しい。

Imgp9045お品書きを頂きました。

Imgp8881

Imgp8884

Imgp8886Imgp8885全体に味良し、 ボリュームもまずまず。 


Imgp8919朝食膳です。

Imgp8920イイ線いってます。味は悪くなかったです。

高級宿とは云い難いですが、味があります。スタッフの愛想も良く、食事もまあまあ。
一度は泊まってみるのも悪くはないでしょう。

この後は橋を渡って隣の姉妹館「天景園」さんのお風呂へ。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

土湯温泉 富士屋(3)

Imgp8889さて、暖簾が入れ替わって今度は「不老の湯」へ。

Imgp8914脱衣所は「長寿~」側とほぼ変りないです。

Imgp8892内湯はこちらも共同配湯の単純泉。
湯口が打たせ湯になっています。
温度は適温。
「長寿~」側よりこちらのほうが浴槽はやや広そう。

Imgp8893とはいえ、洗い場のスペースはほぼ同じ。
シャワー付きは3基。

Imgp8906これが自噴風呂「不老の湯」。
内湯浴場内の階段を下りて行きます。
こちらは、よりアブラ臭が強い気がしました。

Imgp8909 手前の樋は温度調節の加水。
奥側の折出物がついている樋と中央の細い金属パイプから源泉がチョロチョロ。

Imgp8911さらに四隅にある小さな穴から時々ボコボコ。。

Imgp8913お湯は香ばしいアブラ臭。温度はややぬるめ。
浴槽のサイズは「長寿~」側と同じ位。畳2、3畳程。
肌当たりも柔らかで、自分的にはこちら側が特にお気に入り。

Imgp8908こちらにも打たせ湯?が。。

Imgp8912お地蔵さんを祀ってました。

Imgp8896源泉名 不老の湯
泉質 炭酸水素塩泉
源泉温度:54℃
pH 6.9

次回は食事篇を。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

土湯温泉 富士屋(2)

さて、はるばる遠方から訪れる客(かくゆう自分もそうですが・・(笑))が絶えないという、有名な自噴風呂とはどんな風呂だったかというと・・。

Imgp8860自噴風呂は2つあり、「長寿の湯」硫黄泉側がこの日の男湯。
20時前後に入れ替えがあるので、それまでに入っておかないと翌日チェックアウトまでには入れません。

Imgp8861

Imgp8862

脱衣所はさほど広くないです。ドライヤーはあり。


Imgp8872こちらが単純泉(土湯温泉共同配湯)の内湯。
かつてはここも自家源泉だったらしい。
無色透明なお湯。肌当たりが柔らかくクセのない温まるお湯。
もちろん掛け流し。

Imgp8873洗い場も広くはないがリンスインシャンプー、ボディソープ、石鹸とあり。
シャワー付きのカランは4基。

Imgp8870さて、階段を下りて自噴風呂へ。

Imgp8864これが、硫黄泉側「長寿の湯」。
微硫黄臭+微アブラ臭。
ややぬるめ。肌触りは柔らかく長湯に最適ですねぇ。

Imgp8868広さは2畳ほどというとこ。
湯床中心部にあるステンレスのパネル付近から時折小さな気泡が上がってきます。

Imgp8869樋から出てる部分は湯口ではなく温度調節の加水でした。

Imgp8863源泉名 長寿の湯
泉質 硫黄泉
源泉温度 55.3℃
pH 7.0


次回は「不老の湯」をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

土湯温泉 富士屋(1)

さて、3種類の源泉、内2本は自噴風呂で味わえると評判の土湯温泉 富士屋さんへ泊まってきました。 当日はETC割引1000円スタート日の効果もあってか、土湯も大賑わい。

Imgp8846玄関前も日帰り湯とチェックインの客の車でごったがえしてました。

Imgp8848玄関へ入るとひな壇飾りが。
フロントも忙しそうでしたがちゃんと愛想よく対応してくれました。

Imgp8859途中の階段の踊り場にあったスペースがちょっとお洒落。

Imgp8851お部屋は2階の8畳広縁付き。
新しくはないものの、眺めもよく掃除は行き届いています。

Imgp8856フロントスタッフが荷物を運んでくれた後、
すぐ仲居さんが来て館内の説明、食事の時間(朝晩部屋食)あり、でお茶を淹れてくれました。

Imgp8854広縁からの眺め。
隣の姉妹館「天景園」が見えます。
渓流沿いで中々良い感じ。

Imgp8858お茶受けはこんな感じ。

Imgp8852お部屋入ってすぐ右手に簡易な洗面所。

Imgp8853洋式水洗トイレは温水洗浄は無し。

Imgp8855冷蔵庫は空きスペース無いですね。。

次回はお風呂をご紹介。。

住所 〒960-2157 
福島県土湯温泉町下ノ町5 富士屋旅館
TEL(0245)95-2011

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »