« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

志戸平温泉 游泉 志だて(1) 

オープン年の2006年9月にお泊りして以来2年半ぶりの「志だて(しだて)」。最近評判のいわゆる大人の隠れ家(デザイナーズ)系といわれるお宿です。

Imgp8439玄関前で前回と同じ角度で撮影。。
スタッフさんがしっかりお出迎えしてくれてます。

Imgp8464
Imgp8465ロビー&ラウンジ風景。

Imgp8463季節柄ひな壇飾りも見られます。

Imgp8440チェックインはゆったりとコーヒーとチーズケーキのサービス。

Imgp8456いよいよお部屋へ。。もちろん前回とは違うタイプです。
続く。。

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報


游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

いちご狩り

Imgp8420松川浦の帰りにいちご狩りへ立ち寄りました。
松川浦から車で10分程度。
和田観光苺組合さんです。

Imgp8421受付です。
予約無しでも入れて一人1200円で30分食べ放題でした。
ここで入園料1200円を払って場所を教えられ・・

Imgp8430指定のビニールハウスまで自分の車で移動します。

練乳とヘタ入れを持ってスタート。Imgp8426

Imgp8425

Imgp842730分というと短いような感じがしますが、15分も食べ続ければお腹一杯に。。

せいぜい50個位でしょうか。中腰なので割りとしゃがみながらでした。
もぎたてで凄く甘さがあります。
帰りにお土産に1パック買って帰りました。安かったです。

和田観光苺組合

福島県相馬市和田字下柴迫94
電話 0244-36-5535
営業時間 10時~最終受付16時

料金 小学生以上3/1~4/1は1000円、4/2~5/6は900円、5/7~5/20は800円、5/21~31は700円。小学生未満3/1~4/1は500円、4/2~5/6は450円、5/7~5/20は400円、5/21~31は350円

種類は章姫、さちのか、とちおとめ
予約は不要(25名以上の団体は要予約)

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

松川浦 水産物直売センター

帰りにお土産を買いに水産物直売センターに寄りました。
栄荘からは徒歩5分ほどです。
松川浦漁港は東北でも有数の活魚の水揚げ港です。

Imgp8409正面です。

Imgp8410入り口から正面が港に向いていて潮の香りがします。

Imgp8412

Imgp8418場内の様子。活気がありました。

Imgp8419

Imgp8414

Imgp8415旬の松葉ガニはじめ活きのいい魚介類が豊富にありました。
お値段も手頃なものも多数あります。
日持ちの良い海苔や小女子を買い求めました。    

●営業時間 8時~17時

●定休日 第2・第4火曜日のいずれか

この後はいちご狩りへ。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

相馬 手づくりの湯 栄荘(4)

さて、お楽しみの食事篇。夕食膳は食事処で。
平日なのに宿泊客で賑わってました。
今回はやはり松川浦の旬の名物「松葉ガニづくし竹コース」をチョイス。

Imgp8372席に並んでいたお膳です。
この迫力。。

Imgp8374 三点小鉢(手前)。

Imgp8373ゆで蟹まるごと1尾。約800gです。

Imgp8378カニ刺。

Imgp8384 焼ガニ。

Imgp8375 カニしゃぶ。

Imgp8382 カニ天ぷら。

Imgp8379 カニ茶わん蒸し。

Imgp8395 カニ鍋。

Imgp8393カニ釜飯。

Imgp8394デザートはフルーツ。

Imgp8381お酒は久保田の千寿をチョイス。確か720mlで2415円でした。酒販店並みに安かったです。

翌朝の朝食膳。

Imgp8403朝食会場の様子です。

Imgp8404おかゆとアラ汁はセルフでお替り自由。

Imgp8405お膳はこんな感じ。

Imgp8406お味噌汁はアサリ汁を鍋で。

Imgp8407こちらはアラ汁。

朝食もボリュームあり。勿論普通のご飯もあってお替り自由です。
サービスも良くスタッフの愛想も悪く無い。カニはこれでもか~っって位食べました。
決して安くは無いですが価格相応に満足。ここもお勧め宿です。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

相馬 手づくりの湯 栄荘(3)

展望露天風呂へはメンテナンスのため翌朝行く事に。

Imgp8398朝、風呂へ行こうと部屋を出てみると・・
部屋の前に替えのポット(熱いお湯)が置いてありました。

Imgp8366さて、展望露天へ。。

Imgp8367脱衣所は大浴場ほど広くはないです。
床は勿論畳敷き。

Imgp8399アクリルガラスに囲まれ景観はイマイチですが、天井が全く無いので開放感はあり。4、5畳ほどの木枠の浴槽。

Imgp8400風がある時はかなり寒そうです。
温度は流石にややぬるめ。

Imgp8401朝焼けがガラスに反射して壁に映し出され光の帯になってます。
洗い場はまだ製作途中なのかも。。
もっとも風が強いので表で体を洗えるのは季節的に温かくなってからかと・・。

次回は食事をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

相馬 手づくりの湯 栄荘(2)

さて、栄荘のお湯は温泉ではないものの、日帰り湯で訪れる人も少なくない地元でも人気のお風呂らしいです。
Imgp8352館内にお風呂は1階大浴場と3階展望露天風呂の2箇所あり。

Imgp8354まずは1階大浴場側へ。

Imgp8355脱衣所も全て畳張り。

Imgp8356内湯の浴槽はジェットバス(バイブラバス)付き。

Imgp8361広さは7、8畳ほど。 

Imgp8357洗い場はパテーション付き6と無しが3。
シャンプー、リンス、ボディソープ完備。

Imgp8359サウナは高温サウナと低温ミストサウナ(打たせ湯付き)と2箇所。


続きの露天へ。Imgp8363シルクバスの露天。細かい気泡で白くになっていますねぇ。

Imgp8364残念ながら 簾に囲まれ眺望はイマイチですが
松川浦の海苔の胞子が飛んできて成分は体に良いらしい。。

次回は展望風呂をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

相馬 手づくりの湯 栄荘(1)

日本百景・県立自然公園 松川浦にある海鮮料理の宿「手づくりの湯 栄荘 」さんへ、今が旬の松葉ガニ(ズワイガニ)を食べようとお泊りしてきました。

Imgp8338玄関前です。平日というのに結構車が停まってました。

Imgp8351フロント&ロビー風景。
女将と若い女性スタッフが愛想良く切り盛りしてました。

Imgp8348

Imgp8350

なんと廊下からエレベーター に至るまで全館畳敷き。
スリッパはありません。

Imgp8340お部屋は広く10畳+広縁(畳敷き)付き。
最近リニューアルされたらしく畳みも古くないです。

Imgp8341広縁の様子。

Imgp8343部屋からの眺め。
松川浦を一望できる高台にあります。

Imgp8342冷蔵庫は空。冷水のサービスあり。

Imgp8345アナログテレビ、金庫、浴衣アメニティ類。
過不足は無し。

Imgp8346洗面台&ユニットバス付き。
Imgp8347トイレはウォシュレット。

Imgp8369お茶受けは干し梅。

次回はお風呂をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

松島 ホテル絶景の館(3)

さて、評判の良い食事。夕食膳は部屋食。
お願いした時間通り運ばれてきました。

Imgp8310全容です。

Imgp8328お品書きもあり。

Imgp8311誕生日だったと云ってたら宿からのプレゼントが。
「宮城の訊き酒」セット。

Imgp8312圧巻のお造りです。
アワビ、ウニ、ホタテ、マグロ、タイ、ボタンエビ、と新鮮な海の幸満載でした。ウニ甘かった~♪

Imgp8326Imgp8325Imgp8327宿の名物、海鮮溶岩焼き。質、量共に大満足でした。

その他のお料理も載せときます。

Imgp8313

Imgp8314

Imgp8317Imgp8316

Imgp8321Imgp8318

Imgp8319Imgp8322





翌朝の朝食膳は食事処で。 Imgp8336

Imgp8337こちらも海の幸いっぱいです。

Imgp8335コーヒーのサービスあり。

絶景は看板に偽り無し。スタッフの対応も良し。自分へのご褒美に如何でしょう。

松島温泉 ホテル絶景の館さんの楽天トラベル宿情報

ホテル絶景の館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

松島 ホテル絶景の館(2)

Imgp8289さて、大浴場へ。

Imgp8290脱衣所はこんな感じ。さほど広くはない感じ。アメニティは充実。

Imgp8291泉質表。
源泉名 松島温泉1号泉 
泉質:アルカリ単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温  52.5℃ 涌出量 638.9l/min(動力揚湯)
pH 8.6

Imgp8293大浴場内湯。

Imgp830010人以上は入れそうなゆったりとした湯船。

Imgp8298やや塩素臭。温度は適温でトロ~リとした柔らかな肌触り。

Imgp8299洗い場周りの様子。

Imgp8292シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、洗顔ソープと充実。


続きの露天へ出ると・・。

Imgp8294ご覧の絶景が広がります。
掛け流しではないものの眺望には満足。

Imgp8296ここの目隠しは工夫されていて、湯船に浸かった時の目線の高さでも隙間があり、パノラマが垣間見られます。

Imgp8297広さは4、5畳程の湯船。文句無しの絶景でした。

Imgp8295湯口付近は成分で変色も見られます。
温度は適温でした。

Imgp8288ロビーの一角、湯上り処にはレモン水が用意されていました。
嬉しい配慮ですね。


次回は食事篇を・・。

松島温泉 ホテル絶景の館さんの楽天トラベル宿情報

ホテル絶景の館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

松島 ホテル絶景の館(1)

松島に昨年温泉が待望の沸き、話題となってますね。
今回は露天風呂付きの部屋があり、部屋の露天も温泉になったというので、絶景の館をチョイス。初めて松島に泊まる事と。
自分の50歳の誕生日記念、題して“部屋の露天で絶景を眺めながらシャンパンを飲みた~い企画”。 

Imgp8246玄関前です。早く着いてしまったのに、フロントの女性スタッフから丁寧に対応して頂き、市内を徒歩で散策する為に駐車させて頂く事に。しかも市内観光マップと観光スポットの割引チケットを頂戴しました。 

Imgp8250海岸通り側からみた建物。

Imgp8249海岸通りに通じる裏手の小道に見つけたタヌキ明神。

Imgp8301フロント玄関風景。

Imgp8275部屋はこんな感じ。8畳広縁無し。でも新しくて清潔な感じ。
広くは無いが狭くもなし。充分。

Imgp8303お茶受けは銘菓「松島こうれん」。軽くてサクサクで美味しい。

Imgp8333金庫あり。

Imgp8334アメニティ類一通り。

Imgp8276デジタル液晶テレビ付きです。
綺麗でした。

Imgp8277冷蔵庫は空きスペースが殆ど無し。
まぁどうにかなるかな。。

Imgp8286トイレは温水洗浄付き。
 

Imgp8285洗面ドレッサーのアメニティもまずまず。


さて・・ベランダにはマイ露天風呂。Imgp8281冷めないように蓋あり。
蛇口を捻れば温泉が♪

Imgp8280マイ露天から見た絶景!

Imgp8306早速シャンパン開けてこんな贅沢も♪

Imgp8331翌朝、日の出の絶景です。

Imgp8332 で、朝日を眺めながらの朝風呂も良し。

Imgp8283ちゃんと温泉なので部屋に泉質表示表も。。
源泉名 松島温泉1号泉 泉質:アルカリ単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温  52.5℃ 涌出量 638.9l/min(動力揚湯)
pH 8.6

多分元湯からそうなのか残念ながらしっかり塩素消毒されてました。
お湯はトロ~リ系。湯上り温まり系という印象。

次回は大浴場側をご紹介。。

松島温泉 ホテル絶景の館さんの楽天トラベル宿情報

ホテル絶景の館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

松島 観瀾亭

Imgp8270観瀾亭(かんらんてい)は納涼観月の亭として月見御殿ともいわれています。瑞巌寺からの移動は徒歩で10分ほど。

Imgp8272

Imgp8271「観瀾」とは、さざ波を観るという意味。
観瀾亭は、もともと豊臣秀吉の伏見桃山城にあった茶室を政宗公がもらい受けて江戸の藩邸に移してあったものを二代目忠宗公が納涼観月の亭にと、 海路松島へ一木一石変えずに移築したもの。(県重要文化財)

松島博物館Imgp8274

Imgp8273伊達家伝来の什宝物や,武具,装身具,化粧道具,書画が陳列され,松島のジオラマもあります。

電話:022-353-3355
料金
大人200円
高・大生150円
小・中生100円
  ☆観瀾亭では、お茶(お菓子付)をいただきながら松島らしい景色を楽しむこともできます。お茶は600円から(拝観料込)
★以上本文は
電脳松島絵巻 - 松島観光協会 より拝借。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

松島 瑞巌寺

松島の市内観光は実にコンパクトで、宿に車を預けて徒歩で周遊出来ます。下手に有料駐車場を停めると駐車場代も馬鹿にならないし。

Imgp8264さて、瑞巌寺までJR仙石線松島海岸駅から徒歩7分程度。
参道を歩いて本堂へ。


本堂入り口前で入館料700円を払います。
これで本堂内と宝物館の2箇所を拝観出来ます。
館内は撮影禁止なので外観のみを。。

Imgp8265本堂前。

Imgp8266庫裡。

Imgp8267宝物館。 

Imgp8269参道横の石仏群。

瑞巌寺の概略。
天長5年(828年)、慈覚大師円仁によって開創された奥州随一の禅寺で、伊達政宗公の菩提寺。 正式には臨済宗妙心寺派・松島青龍山瑞巌円福禅寺。現在の建物は、慶長14年(1609年)、 政宗公が桃山様式の粋をつくし、5年の歳月をかけて完成させたものです。建築にあたっては、 諸国から名工130人を集めたほか、建材も熊野山から取り寄せるなど、奥州の覇者としての意気込みが伝わります。 特に唐戸や欄間、あるいは襖や床の間の豪華な絵画は日本の自然美を代表する人工美の極致とされています。 政宗公が心血を注いだ荘厳な大伽藍といえるでしょう。(国宝)(電脳松島絵巻 - 松島観光協会より)

瑞巌寺
・料金: 大人700円 子供400円
・営業時間: 4月~9月 8:00-17:00
10月・3月 8:00-16:30
11・2月 8:00-16:00
12月~1月 8:00-15:30
・電話: 022-354-2023
・ガイド(有料) 松島観光ガイド 022-354-3218
・身体障害者割引 大人300円(身体障害者手帳の提示願います)但し、車椅子での本堂拝観はできません。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

県立自然公園 福浦島

福浦島に渡ってみました。

Imgp8251松島海岸の東に浮かぶ面積約6ヘクタールの小さな島。

Imgp8252松島観光桟橋から見える朱塗りの橋が、全長252メートルの福浦橋。
この橋で陸側と結ばれています。
通行料200円を払って島へ。

Imgp8253福浦橋は別名「出会い橋」とも呼ばれています。
福浦島側から。
 

Imgp8260 上陸した辺りの眺め。

Imgp8254島は赤松、杉、縦など約250種におよぶ草木が茂り、遊歩道も設けられた、自然公園。1周ゆっくりと散策しても30~40分程度。

Imgp8259今年はもう椿も咲いていました。

Imgp8257名刹 「弁天堂」。
その前に立っている石碑が「毒龍庵記碑(どくりゅうあんきひ)」。
この碑は1637年頃瑞巌寺100世洞水禅師(どうすいぜんじ)が開いた毒龍庵の歴史を同寺105生天嶺師(てんれいぜんじ)が1734年に記したもの。

Imgp8255

Imgp8258遊歩道沿いの見晴台からの眺望。

Imgp8262帰りの福浦橋から望む五大堂。

県立自然公園 福浦島

料金:大人200円 子供100円

営業時間:8:00~17:00
(但し,11月~2月8:00~16:30)

身体障者割引:大人100円(身体障害者手帳の提示願います)

電話:022-354-3457

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

松島 かき小屋

松島名物の「かき小屋」。ここんとこマスメディアにも多数取り上げられ話題沸騰中ですねぇ。
殻付き牡蠣が目の前で食べ放題。
チャレンジしてみましたが如何?

Imgp8229ホテル海風土前にあるかき小屋。
外観はどうってことないプレハブ。

Imgp8230養殖筏から採り立ての牡蠣が・・。

Imgp8231入り口で予約シートに名前と人数を書いて・・。
レジで前払い。
Bコース45分2000円也を人数分払います。
ちなみにAコース60分3000円だと食べ放題+かき飯セットに。

Imgp8233小屋の中はこの日もご覧の賑わい。

Imgp8234テーブル中央の鉄板に生牡蠣を置いてくれます。

Imgp8235そして蓋をしてしばし待つ事と・・。

手元にある牡蠣食べ放題グッズ。
紙はよく焼肉屋にある紙エプロン。
軍手は左手に。右手に洋食用ナイフ(右利きの場合)を持ってスタンバイ・・。

Imgp8239この間、いなせな女性スタッフさんが牡蠣の剥きかたを丁寧に説明してくれます。初心者でも全然オッケー。
ちなみに、カーブして深くなっている側を下に、蝶つがいになっている方を左に持って、右手で手元側からナイフを入れればキレイに貝柱が切れます。

Imgp8237焼きあがって来ました~~♪
口の空いた殻の白くなったヤツが食べ頃サイン。
ちなみに結構汁が跳ねるので汚れてもいいカジュアルな服装がベター。

Imgp8238さあ、いただきま~す! こんな感じ。
プリプリです♪

海水が程好い塩加減で何も付けなくてもメチャ美味しい!

Imgp8240Bコース45分の食べ放題なので、13時10分までの紙。

でも、お腹一杯になる前に同じ塩味に飽きてしまい、30個前後しか食べられませんでした。。

Imgp8241外に出るとは牡蠣殻が渦高く積まれてました。

電脳松島絵巻 - 松島観光協会
営業日 3月8日までの金土日祝日
問合せ 松島観光協会 TEL022-354-2618

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

松島温泉 足湯

一昨年以来の2年ぶり2度目の松島。
松島に温泉が沸いたというので以前から気になっていました。
今回は連休が取れたので、松島へお泊り。
まずは足湯のご紹介から。。

Imgp8242松島温泉足湯(ホテル海風土前)
利用時間:10:00~16:00(無料。ただし,タオルはご持参下さい。タオルは150円で販売。)
泉質:アルカリ単純泉

Imgp8244

Imgp8243

Imgp8245観光客で賑わう合間を見ての撮影。
すぐ向かいは松島名物の「かき小屋」 。
次回は殻付きかき食べ放題の「かき小屋」へ。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

大沢温泉 山水閣(3)

大沢温泉の楽しみの一つに食事があります。と、毎回云ってますが本当に素晴らしいです。

Imgp8211夕食膳は部屋食。
タイミングを計って温かいものは後出しで運ばれてきます。

Imgp8217献立表もしっかり。
詳細はこちら



一品づつのアップ画像です。

Imgp8213

Imgp8214

Imgp8215Imgp8212

Imgp8216Imgp8220

Imgp8222Imgp8221

Imgp8223







翌朝の朝食膳は朝食会場でバイキング形式。
Imgp8224

Imgp8225朝食膳の盛り付け例です。

Imgp8226

Imgp8227コーヒーや他の飲料のサービスも。

実は採って来た朝食のトレイをこぼしてしまい、テーブルを汚してしまった時、側に居た女性スタッフがすぐさま「大丈夫ですか?お怪我はありませんか?」とすばやくテーブルの汚れを処理、その後、直ぐにこぼしたお粥の椀と味噌汁椀を換えてくれました。
この対応の良さがここのクオリティの高さを物語っているかも。
ますますお気に入り宿になってしまいました。

大沢温泉 山水閣さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 山水閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

大沢温泉 山水閣(2)

大沢温泉のお湯というと自炊部にある混浴大露天「大沢の湯」が有名ですが、今回はのんびりと夫婦水入らずで貸切家族風呂を利用しました。

Imgp8204家族風呂は「い」、「ろ」、「は」と、3つあり、山水閣宿泊者は空いていれば自由に使用できます。

詳細は前回ブログにて。

今回利用したのは「は」の湯。ちなみに泉質はどれも同じです。

Imgp8205

Imgp8206狭いが充分な設備の脱衣所。
それぞれ内鍵が掛けられます。

Imgp8207泉質表示。
源泉名 大沢温泉(大沢の湯)
泉質 アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性高温泉) 
泉温 51℃ pH 9.0
湧出量 753L/分

Imgp8208石造りに木枠の浴槽。豊沢側沿いで眺めも悪くないですね。
掛け流しで、やや熱め。でもサラリとしていて肌当たりはとてもグー。

Imgp8209段差が無くバリアフリー。
浴室の広さも若干ですが広め。

Imgp8210カランはどの浴室も各1基のみ。リンスインシャンプー、ボディソープ、
シャワーヘッドはお馴染みの「宝石ビタシャワー」というやつ。


次回は食事をご紹介。。

大沢温泉 山水閣さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 山水閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

大沢温泉 山水閣(1)

昨年10月以来の大沢温泉 山水閣。今回のプランは「お日にち限定 感謝デープラン、山水閣 新館 1間 庭側(駐車場側) (トイレ付) 」、というもの。
1泊2食付きで一人12,600円(入湯税150円別途)でした。

Imgp8228残雪は残るもののこの時期にしては雪の少ない3月中旬並の陽気。

Imgp8198

Imgp8197通されたのは 自炊部の大沢の湯と間逆に面する東側の外れの角部屋。当初予定の部屋よりはアップグレードして頂いたようです。
10畳プラス広縁付き。

Imgp8199眼下に豊沢川も望めます。
丁度、山水の湯の露天風呂の真上付近のあたり。

Imgp8200洗面所、トイレ周りもバリアフリー。
木の温もりが感じられる清潔感ある造り。
トイレも勿論温水洗浄付き。

Imgp8203浴衣類の換えもバッチリ揃えてあります。
言う事なし。

強いて言うなら大沢の湯に遠い事ぐらいかも。


まあ、何度も来ているので今回は家族風呂でゆったりと・・。
次回は家族風呂のご紹介を。

大沢温泉 山水閣さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 山水閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

元気な秋田観光プレゼントキャンペーン

4「元気な秋田観光プレゼントキャンペーンに当たってしまいました~♪
一昨日、郵便受けに「秋田の工芸品 樺細工ストラップ」の携帯ストラップが送られて来てました。
中々可愛いかも。

3と、思っていた矢先、昨日、今度はクール便で今度は「桃豚しゃぶしゃぶセット」が送られて・・キタ~~~♪

2今回キャンペーン対象で泊まった宿は、共林荘、休暇村乳頭温泉郷、ホテルニュースカイ、の3軒。その内2つも当選したのだから確率3分の2!!

秋田のキャンペーンは秋田県外の方が対象で、この他にも1000円分のガソリン券がもれなくもらえるものも併催中(※キャンペーン期間 2008年10月30日~2009年2月28日)だったんでダブルで嬉しかったです。

1「桃豚しゃぶしゃぶセット」の中身は桃豚、辛味大根、ポン酢が入ってました。冷凍だったんで、とりあえず冷凍庫へ。
その内有難く頂こうかと思います。
まぁ、岩手の「元気です岩手キャンペーン」も散々応募したんですが、そちらはさっぱりダメで諦めかけていたところだったので、秋田県観光課さん&秋田県観光連盟さん、ありがとうございました~♪

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

フクオカ食品

つい先週寿広園に泊まって来た時に出された「雫石の味力(みりょく)」プランの一つ、「フクオカ食品」さんの生湯葉。あんまり美味しかったので今度雫石方面行く時は是非買って来よう、と心に決めて、長栄館の帰りに立ち寄ってきました。
場所は雫石町役場の裏手。

Imgp8186見つけたのはなんと工場の建物。。
ここで本当に良いのかな?

Imgp8185はて、小売はしているのか・・とまずは工場の並びの事務所へ。
見たところ、普通の事務所ですが・・。

Imgp8188入り口で見つけた「いらっしゃいませ」のサインボード(笑)。
事務所にいた女性スタッフが笑顔で応対してくださいました。

Imgp8189ちゃんと売ってもらいましたよ(笑)
右、生湯葉は1枚60gで300円(この画像は2枚)

左、もめん豆腐は2丁分で1個170円。
早速食べたけどどっちも味も香りも絶品でした。
わざわざ遠方からの注文が引きも切らない訳が判ります。

Imgp8191地元雫石在住の女流漫画家、「そのだつくし」さん作の漫画で描かれたアイデアレシピを頂きました。


本社工場以外では土日ジャンボ市 で扱っているそうです。

㈲フクオカ食品
〒020-0546
雫石町稲荷下 78-2
TEL 019-692-2546

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

鶯宿温泉 長栄館

今年初の長栄館さん・・とは云っても12月にお邪魔していますが・・(笑)
これで4枚購入した友の会のチケットの最後の1枚。
2月は閑散期のため空いているが、その分スタッフに休暇を出す時期らしく、結果部屋食では無くなるらしいんですが使用期限が2月中のため止む無し・・。
Imgp8163いつもの正面玄関前ショット。

Imgp8165今回の夕食膳。
会場は2階の食事処(中宴会場)でした。

1~2月、冬の恵み膳のお品書き。Yuusyoku20090102長栄館さんのウェブサイトより転載させていただきました。

Imgp8176メインは黒豚の水炊き鍋と・・。

Imgp8167ボイルずわい蟹でした。


その他の料理もアップでご紹介(順不同)。

Imgp8168

Imgp8169

Imgp8170Imgp8171 Imgp8172Imgp8175

Imgp8177自分的にはこの蛸飯蒸籠蒸しが絶品でした。

Imgp8183翌朝の朝食膳も同じ中広間で。

Imgp8182内容はこんな感じ。
ん~~・・。悪くは無いけど以前よっか気持ちクオリティが下がったような気も。。

Imgp8184地元の小岩井牛乳もセルフで飲み放題でした。

Imgp8179朝方の雪見露天です。
お湯の詳細は
以前の記事をご覧下さい。

Imgp8181翌朝の窓からの眺め。
一晩であっという間に銀世界でした。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

鶯宿温泉 寿広園(4)

さて、今回の夕食は先に紹介した通り、地産地消の魅力溢れる「雫石の味力(みりょく)」プラン。

Imgp8138この日の宿泊はどうやら自分達だけだったようで、広間にある大きな掘り炬燵にお膳が並びました。

Imgp8139雫石牛のすきやきです。

Imgp8142これも雫石産のフクオカ食品さんの湯葉。
遠方からも多数注文がある逸品だそう。
実際とても風味が良く美味しかったです。
今度雫石方面行ったら是非買ってきたいです。

Imgp8140小鉢がずらり並んでます。

では1品づつをアップで。。

Imgp8143

Imgp8144

Imgp8146Imgp8145

Imgp8148Imgp8147

Imgp8152Imgp8149


Imgp8151シメは雫石産の蕎麦を。

Imgp8158朝食はフロント前の食堂で。
ここも自分達だけ。

Imgp8160内容はこんな感じ。ご飯とお味噌汁は美味しかったです。

Imgp8159セルフでコーヒーのサービスもあり。

今回の「雫石の味力(みりょく)」プランは2月28日まで。
リーズナブルでスタッフの応対も良し。オススメ宿。

鶯宿温泉 寿広園さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 寿広園さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

鶯宿温泉 寿広園(3)

さて、ここ寿広園の宿泊者にはもれなく「石の湯」の入浴券をフロントでもらえます。まず大浴場で汗を流した後、一旦部屋で小休止しても良し。

Imgp8130再びフロントへ行き、「石の湯入浴セット一式」をもらいます。
内容はタオルが大&小、専用浴衣、ゴザ、ミネラルウオーター。

Imgp8125男性は大浴場のロッカーで専用浴衣に着替えを済ませて廊下を行きます。細長い廊下を通り、いざ浴室へ。

Imgp8132中は45度に設定されていて蒸気が満ちていてこんな感じ。
寝る前から汗が噴出してきます。
湿気でデジカメ壊れそうでした・・(苦笑)

Imgp8137浴室は10畳ほどで玉砂利が敷き詰められた床にゴザを敷いて横になります。先客は誰もおらずこの時は貸切状態でした。

こちらで10分横になり・・

Imgp8133隣の休憩処で5分休み水分補給し、を3回繰り返します。

Imgp8135 実に汗が出易いです。サウナより呼吸も楽。
サウナ嫌いでもこれならイケます。
デドックス効果高そうです。体脂肪も落ちやすくなるそうです。

日帰り利用の場合は一人1800円(6枚綴りで5回分料金の回数券もあり)。

それでは次回は食事篇を。。

鶯宿温泉 寿広園さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 寿広園さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »