« 雄物川温泉 雄川荘(3) | トップページ | 谷地温泉(2) »

2008年11月 3日 (月)

谷地温泉(1)

Imgp7411開湯400年と云われる、日本三秘湯『谷地温泉』。
経営していた十和田・八甲田観光が自己破産し、一時閉鎖していましたが、伊東園ホテルグループの経営に替わり、今年の7月にリニューアルオープンとなった谷地温泉に泊まりに行って来ました。

今回はお得なじゃらんnetの「源氏の間」プランを利用。

Imgp7412目の前には八甲田連峰の黒森山を望む谷地湿原。

Imgp7415かつては日本秘湯を守る会の宿でしたが現在は加盟してません。

Imgp7416玄関前には美味しい源流水が。
口当たりが柔らかくて甘く美味しい水。
ペットに詰めて帰りにも頂きました。

Imgp7442フロントの様子。

Imgp7434フロントと食堂のある本館、浴室の棟を抜けて奥にある東館へ。
宿泊棟は本館(旅館部&自炊部)、東館、西館とあります。

Imgp7433東館の廊下。
東館は他の棟と比較すると新しい様子。

Imgp7430この辺の壁には何気に瀬戸内寂聴さんの作品が。

Imgp7429部屋は東館の「源氏の間」。
部屋の入り口に掲げてあった謂れ書。

Imgp7418かの瀬戸内寂聴さんが「源氏物語」を執筆された際に使用した有名な部屋らしいです。ちなみに前経営者の時代に何度か宿泊交渉をしたが断られた経緯あり。一般には滅多に貸し出さなかったようですね。



部屋を彩る瀬戸内寂聴さんゆかりの品々。Imgp7428Imgp7426Imgp7427きっとファンならきっと堪らないんでしょうねぇ。

Imgp7419布団が既に敷いてありました。
従業員さんのスタンスはあまり構われず、笑顔で親切。
テレビ、金庫、蛍光スタンド、温風ファンヒーター、お茶道具、と一通り。

Imgp7422Imgp7424 「源氏の間」を予約した理由の一つ。
この部屋だけが唯一、洗面所&トイレ付き(温水洗浄)

Imgp7421
空の冷蔵庫もあり。

Imgp7425お茶受けはこんな感じ。

部屋はカメムシ多数。。ガムテープで一晩中虫取りが続きました。

次回はお風呂をご紹介。

谷地温泉さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 雄物川温泉 雄川荘(3) | トップページ | 谷地温泉(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷地温泉(1):

« 雄物川温泉 雄川荘(3) | トップページ | 谷地温泉(2) »