« 谷地温泉(2) | トップページ | 津軽伝承工芸館 »

2008年11月 5日 (水)

谷地温泉(3)

さて、谷地温泉の食事。
以前はあまり評判が芳しくなかったようですが、経営が替わり再開されてからは中々上々のよう。

Imgp7446 Imgp7445
夕食は食事処で。時間は17時30分から19時30分の間に着席。テーブル側からお座敷側まで、人気宿の食事時はほぼ満席。
当然お隣同士相席となります。

Imgp7447お膳の様子。

Imgp7448お品書きがテーブルにちゃんと載ってました。

Imgp7460焼きたてが後出しで運ばれてきた岩魚の塩焼き。

Imgp7450
ご飯と味噌汁はセルフで採り放題。

Imgp7453さて、名物の「秘湯鍋」とは・・。

Imgp7449大鍋から採り放題の秘湯鍋の「上の湯」側。
この白いほうが「上の湯」で、豆乳鍋。

Imgp7461こちらはテーブルに並んでいたすまし仕立ての「下の湯」。
どちらにも入っている豆乳つみれのグニグニした食感が忘れられない美味しさでした。

Imgp7452この日のデザートはオレンジとパイン。

ボリューム、味、焼き物のタイミング、名物鍋、どれを取っても不満は無く、味も悪くない感じでしたね。


Imgp7479朝食の様子。こちらも食事処で。

Imgp7477

Imgp7480朝も鍋(ポトフ)が付きボリュームも悪くなかったです。
残念だったのはコーヒーのサービスが有料(300円)だった事。

食事の質は以前の評判から察するに期待以上でした。一般の部屋ならば1泊2食付きで常時6800円とリーズナブルで、お一人様でもオッケーというのが人気宿の秘訣。
混みあう時期を避けられれば、オススメ宿と言えますね。

谷地温泉さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 谷地温泉(2) | トップページ | 津軽伝承工芸館 »

コメント

こんばんは☆
谷地温泉も白濁の硫黄泉なんですね。八甲田周辺ではまだ泊まったことないので、いつか泊まってみたいです。
お値段も安いですね。青森の温泉宿は泉質はすごく良くて料理も良いのに安めなので嬉しいです♪

投稿: かや | 2008年11月 5日 (水) 21時30分

かやさんいつもコメントありがとうございます♪
谷地温泉はお一人様でもウェルカムな宿でなかなか良さげな宿でした。
只、宿泊するなら混んでいる時期と、カメムシの時期は外した方が良さそうですが(苦笑)

投稿: ばび | 2008年11月 5日 (水) 21時37分

とにかく再開されて良かったです。人気宿なのに度々経営者が変わり散々な宿です。

食事もレベルアップしたようですし建物もそのまま活用しているので良かったです。

また、安売りのホテルグループに買収されたのでリーズナブルな料金設定も嬉しいです。

機会を見つけて再訪したいと思います。

投稿: 東北パラダイス | 2008年11月 6日 (木) 23時12分

東北パラダイスさんへ
いつもコメントありがとうございます♪
以前に自分も泊まりに行こうとして閉鎖されてしまい、もう行けないのかと思っていた宿でした。
再開されて、料金も安くなり食事もレベルアップしたのは嬉しかったですね。

投稿: ばび | 2008年11月 7日 (金) 05時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷地温泉(3):

« 谷地温泉(2) | トップページ | 津軽伝承工芸館 »