« 藤七温泉 彩雲荘(1) | トップページ | 藤七温泉 彩雲荘(3) »

2008年10月20日 (月)

藤七温泉 彩雲荘(2)

さて、ここ藤七温泉 彩雲荘のお湯はどうでしょう。

Imgp7221新館の部屋の窓から野天側を望む、の図。
スタッフの方がメンテナンスで屋根に登って作業されてました。

お風呂は2箇所。
混浴の外湯露天(野天5箇所、半露天1箇所、内湯1箇所)と
男女別内湯(内湯、露天各1)。

混浴の外湯露天は
□ 男女別混浴露天風呂あり(女性専用露天あり)、
□ 24時間入浴可能(ご宿泊のお客様)
□ 入浴のみご利用の方は、8:00~19:00可能
□ 外来入浴は料金500円
□ 女性専用入浴時間 19:30~20:30

となっています。

Imgp7227まずは混浴外湯側へ。

Imgp7241脱衣所はシンプルなもの。
貴重品は必ずコインロッカーを利用の事(お金戻ります)。

Imgp7229混浴外湯側の内湯。
香ばしい硫黄の香りに満ちている浴室。
強めの匂いは硝煙臭系な感じ。

Imgp7239カランは内湯に2箇所(露天に1箇所)
リンスインシャンプー、ボディソープ、シャワー付き(調節が難しい)。

Imgp7234
こちらは湯小屋側の露天。内湯に隣接した半露天になってます。

Imgp7233露天側シャワー。

Imgp7237
野天が5箇所、フィールドに点在してます。
ボコボコと源泉と気泡がスノコ越しに湯床から沸きだしてます。
山頂に向かって一番上が「気泡風呂」とも言うべき湯船。
泡が沢山ボコボコ云っててジャグジー状態。
他の野天より少しだけ熱めで人気の浴槽でした。




Imgp7235これは一番湯小屋側に近い野天。
野天はどれも加水量が多いのか、かなりぬるめ。

Imgp7319女性側脱衣所前に葦簀張りの野天が2つ。
多分混浴の家族風呂かと思います。目隠しがありました。

Imgp7320女性専用露天もあり(野天側)。

Imgp7228泉質表示。

源泉名 藤七温泉(第1号源泉・第2号源泉混合泉)
泉質  単純硫黄泉(硫化水素型)
源泉温度 90.6℃ pH2.8


次回は男女別内湯側を紹介。

藤七温泉 彩雲荘さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 藤七温泉 彩雲荘(1) | トップページ | 藤七温泉 彩雲荘(3) »

コメント

ここには泊まってみたいと思いながらもなかなか実行できません。
もっぱら日帰り入浴ばかりです。
いっぱいお泊まりの旅行ができるばびさんがうらやましいです。

投稿: おんせんたまご | 2008年10月20日 (月) 20時42分

おんせんたまごさんへ
いつもコメントありがとうございます♪
1泊ペースが当たり前になってしまってますねぇ(笑)
まぁ、最近タバコもやめて、お酒も禁酒中で、ダイエットもやってて・・温泉お泊まりが唯一の楽しみでもあります。

投稿: ばび | 2008年10月20日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/42846957

この記事へのトラックバック一覧です: 藤七温泉 彩雲荘(2) :

« 藤七温泉 彩雲荘(1) | トップページ | 藤七温泉 彩雲荘(3) »