« 嶽温泉 山のホテル(1) | トップページ | 嶽温泉 山のホテル(3) »

2008年8月 1日 (金)

嶽温泉 山のホテル(2)

さて、ここ山のホテルのお湯は本館内湯(外来、宿泊者兼用)と別館内湯(宿泊者専用)の2箇所。どちらもそう大きくはないものの青森ヒバを使用した木枠のお風呂。両方ともウッディで雛び感があり、中々和む浴室です。

Imgp6620まずは別館内湯へ。

Imgp6657JR東日本のポスターにもなったこの別館内湯。

Imgp6624
脱衣所は宿泊者専用だけあってさほど広くないです。

Imgp6637パウダーコーナーは洗面ボウルが2基。整髪料やらドライヤーやらで充実してるよう。

Imgp66285、6人は入れそうな湯船はちょっと変った矢印状7角形?。(ちなみに岩木山観光協会のウエブの背景画像にもなっています)
勿論加水加温無しの100%源泉掛け流し。
見ようによっては函館の五稜郭にも似てなくもない。

Imgp6634もちろん嶽温泉のお湯だが、足湯とも若干違うような。。
こちらの方が内湯のせいか、硫黄臭(硫化水素臭)が幾分強め。

Imgp6629掬って飲んで見ると酸味分強くて、足湯ほど鉄味は感じられません。

Imgp6636これは湯口直前の湯溜めの樋。
湯の花はかなり細かくパウダー状で、軽くて舞っている時間が長いせいか、こちらの方が足湯より白濁度が高く、ややグレー掛かった白濁。

Imgp6632
源泉温度がさほど高くないため、長い湯冷まし樋は不要。
温度管理が良くてぬるめの適温。40度前後の使用位置かと。

Imgp6631
長湯出来て実に和みます。しかも宿泊者専用だから、毎回ほぼ貸切状態でした。湯上がり感はサッパリ系。
白濁の硫黄泉にありがちなキスキス感はまったく感じなかったです。

Imgp6626カランは3つ。
各シャワー、リンスインシャンプー、ボディソープ完備。


続いて女湯側。Imgp6638ドレッサー周りのアメニティも充実しています。

Imgp6639内湯浴槽は広さ、形とも同様の仕様でした。

Imgp6640カラン周りの備品がこちらは有名ブランドのシャンプー、コンディショナー、ボディソープに。

Imgp6644 Imgp6643

Imgp6623泉質表示
源泉名 嶽温泉(嶽温泉旅館組合4号~8号集湯槽)
泉質 酸性-カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
泉温 46.9℃(気温7.3℃) pH 2.05


次回は本館内湯を紹介。

嶽温泉 山のホテルさんの楽天トラベル宿情報

嶽温泉  山のホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 嶽温泉 山のホテル(1) | トップページ | 嶽温泉 山のホテル(3) »

コメント

雰囲気の良い内湯ですね~
宿泊専用なのは、残念ですが・・・

白濁のこの湯がたまりませんね。

源泉は、混合泉で共同配湯だったんですかぁ?
(知りませんでした)

投稿: 東北パラダイス | 2008年8月 1日 (金) 23時25分

こんばんは☆
青森ヒバっていろんなところに使われてますね~。
嶽温泉は名前からして火山系な感じですね。すごーく良さそうです。硫黄泉の濁り湯は大好きになりました♪

投稿: かや | 2008年8月 2日 (土) 21時52分

東北パラダイスさん、いつもコメントありがとうございます♪
ここの内湯の雰囲気は中々良かったです。
鶴の湯別館、山の宿の露天(やはりJR東日本のポスターになった)を凌ぐかもしれません。

源泉は混合泉で共同配湯のようですが、同じ表示の足湯とは明らかに香り、色、味とも違ってました。微妙に配分が違うのかも。

投稿: ばび | 2008年8月 3日 (日) 19時07分

かやさん、いつもコメントありがとうございます♪
ここの濁り湯は強いて言えば酸ヶ湯に近いかな。でも独特ですね。クリーミーで、酸性で好きなタイプのお湯です。

投稿: ばび | 2008年8月 3日 (日) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嶽温泉 山のホテル(2):

« 嶽温泉 山のホテル(1) | トップページ | 嶽温泉 山のホテル(3) »