« 嶽温泉 山のホテル(2) | トップページ | 嶽温泉 山のホテル(4) »

2008年8月 3日 (日)

嶽温泉 山のホテル(3)

さて、本館内湯側。

Imgp6645こちらは外来、宿泊者兼用です。

昼間は嶽温泉の“丑湯まつり”の観光客でこちらの内湯も賑わっていましたが、夕方、タイミングを見て撮影できました。

Imgp6646こちらの脱衣所には鍵付きロッカーあり。

Imgp6647洗面ドレッサーは1つのみ。 

Imgp6649
宿泊者専用よりはやや狭めな感じですが、
これまた、浴槽から壁まで全面青森ヒバの作りがイイ感じの内湯。
浴槽の淵の滑り止め用の格子状切り込み加工がまた独特でイイ感じ。

Imgp6654浴槽は4、5人は入れそう。
硫黄臭の香ばしさは先の別館内湯同様。
洗い場は別館内湯よりこちらの方が若干広めに思えます。
こちらもややヌルめの40度前後かな。
長湯できるクリーミーな白濁湯。

Imgp6650湯溜めから竹筒の樋を伝って浴槽へ。
源泉温度が46.9度とさほど高くないためこの程度の湯冷ましで充分適温になる。

Imgp6653カランは3つ。
各シャワー、リンスインシャンプー、ボディソープ完備。


女湯側へ。Imgp6656
Imgp6702

Imgp6701男湯側と左右対称で同様の仕様でした。




泉質表示。
Imgp6648
Imgp6655源泉名 嶽温泉(嶽温泉旅館組合4号~8号集湯槽)
泉質 酸性-カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
泉温 46.9℃(気温7.3℃) pH 2.05

基本的には別館内湯と同じお湯のようです。

次回は評判の食事を・・噂の“マタギ飯”とは??

嶽温泉 山のホテルさんの楽天トラベル宿情報

嶽温泉  山のホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 嶽温泉 山のホテル(2) | トップページ | 嶽温泉 山のホテル(4) »

コメント

このあたりは未湯の地です。
お風呂の雰囲気といいお湯の色といいぜひ入ってみたくなりました。。

美味しくて有名なトウモロコシがあるのですよね、確か。

投稿: おんせんたまご | 2008年8月 3日 (日) 19時17分

おんせんたまごさんいつもコメントありがとうございます♪
以前からこの岩木山界隈の温泉は狙ってました。
特に嶽温泉は白濁の硫黄泉だというので行きたかったお湯です。

“嶽きみ”はこれからが旬らしいのですが・・ちょっと早かったみたいです。

投稿: ばび | 2008年8月 4日 (月) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嶽温泉 山のホテル(3):

« 嶽温泉 山のホテル(2) | トップページ | 嶽温泉 山のホテル(4) »