« 下風呂温泉 ホテルニュー下風呂(5) | トップページ | 奥薬研温泉 夫婦かっぱの湯 »

2008年7月 1日 (火)

恐山温泉

日本3大霊場の一つで「いたこ」の「口寄せ」などでも有名な恐山(おそれざん)。
ここにもなんと温泉がある、と訊いたので、行って見る事に。

Imgp6205入り口で入山料500円を払えば中の4つある浴場に入れるらしいです。

Imgp6216これが場内の案内図。
左から「冷抜の湯(女湯)」、「古滝の湯(男湯)」、「薬師の湯」、「花染の湯(混浴)」

Imgp6210本堂に向かって右手にある「薬師の湯」へ。

Imgp6211簡素な脱衣所。
ヒノキか青森ヒバなのか、木造りの柔らかな鄙び感。

Imgp6212やや緑掛かった白濁の硫黄泉。湯口は透明です。
掬って飲んでみるとかなり酸っぱい酸性泉。
肌触りはキシキシする感じ。湯上りはカサカサ系。
酸ヶ湯や須川温泉を思い出します。
源泉温度が高いため加水しているようですが掛け流しの適温、湯の花も豊富で心地よいお湯。
誰も入っていない湯小屋を独占出来ました。

他の湯小屋も微妙な違いはあるが基本的に湯小屋の作りはみな同じよう。

Imgp6222

Imgp6227

Imgp6226
Imgp6213
参拝客はほとんどが観光のみで温泉には興味がないのか、どの浴室も貸切状態でした。

※泉質表示見当たらず。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 下風呂温泉 ホテルニュー下風呂(5) | トップページ | 奥薬研温泉 夫婦かっぱの湯 »

コメント

明日の夜から下北へ向けて出発したいと思っています。

宿泊は迷いましたが下風呂の「まるほん旅館」です。

恐山、尻屋、大間、薬研・・・行きたいところは色々ありますが1泊なのでどの程度廻れるか?

ばびさんのブログ~とても参考になりました。

投稿: 東北パラダイス | 2008年7月 1日 (火) 23時29分

東北パラダイスさんいつもコメントありがとうございます。
「まるほん旅館」さんですかぁ♪いいですねぇ。下風呂の立ち寄り湯なら是非「さつき荘」にも行ってみて下さい。
あと、奥薬研の「夫婦かっぱの湯」から先の「あすなろライン」は酷い砂利道なので通行は非常に危険です。知らずに通ってしまうと車の底がボコボコになります。佐井方面に抜けるなら「急がば回れ」で引き返して遠回りの舗装道です(苦笑)

投稿: ばび | 2008年7月 2日 (水) 06時54分

こんにちは☆
恐山の温泉も時間があったら入ってみたいです。
まるほん旅館は猫ちゃんがいるんですよね。湯めぐりで立ち寄りできたら立ち寄り湯したいです。

投稿: かや | 2008年7月 2日 (水) 12時36分

かやさん、いつもコメントありがとうございます♪
下風呂から恐山までは40~50分位は掛かったと思います。
10時に下風呂を出て、11時恐山、12時に奥薬研、のペースでした。

投稿: ばび | 2008年7月 2日 (水) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐山温泉:

« 下風呂温泉 ホテルニュー下風呂(5) | トップページ | 奥薬研温泉 夫婦かっぱの湯 »