« 湯川温泉 御宿 末広(2) | トップページ | 麺飯処 一見家 »

2008年5月20日 (火)

湯川温泉 御宿 末広(3)

Imgp5907さて、評判の食事。場所は個室の食事処で。実はこの部屋のタイプが本来予約していた部屋・・10畳ですが意外に狭く感じました。

Imgp5909この日のお品書き。

Imgp5914すっぽんの肝と胆汁を割ったお酒もサービスで。

Imgp5906最初に並んでいたお膳。

Imgp5908

Imgp5904 旬の山菜づくし。
特に生の山独活(ウド)をお味噌で頂いたのが絶品でした。

Imgp5910山菜刺身三種(シドケ、アザミ、ホンナ)を3種類のそれぞれ拘りの薬味(左から醤油、オリーブオイル、塩)で頂く。(※本醸造丸大豆がとかエクストラヴァージンがどうとかは省きます)

まるで美味しんぼの漫画の対決シーンに出てきそうな。。

Imgp5916

Imgp5915岩魚もお刺身と炭火焼でアツアツを。

Imgp5918天麩羅は岩魚煎餅、行者大蒜。

どこぞの高級料亭のような使い回しはありません。念のため。

Imgp5911これがお待ちかねの“すっぽん鍋”。
プリプリでコラーゲンたっぷり~♪。
意外にしつこくない、さっぱり味。

Imgp5920あとで、雑炊にもなります。

Imgp5919稲庭うどんもついてました。

Imgp5933翌朝の朝食膳も同じ処で。

Imgp5930お膳はこんな感じでした。

Imgp5932何と自家製の出来たてお豆腐も付きます。


朝夕とも平日のせいか、女将自らお給仕して頂いて大変恐縮でした。
味、ボリューム、質、旬の地場食材をふんだんに使った季節感、文句のつけようが無い素晴らしい物でした。

御宿 末広さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 湯川温泉 御宿 末広(2) | トップページ | 麺飯処 一見家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯川温泉 御宿 末広(3):

« 湯川温泉 御宿 末広(2) | トップページ | 麺飯処 一見家 »